アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発

ボクシングを学びたいですか?
スポーツにの王様といわれる格闘技に挑戦したいですか?ボクシング愛好家であるか、単に健康になりたいかどうかに関係なく、ボクシングは老若男女問わず、素晴らしいスポーツです。


スーパープロフは、ボクシングレッスンを開始し、ボクシングクラスを開始したい人のために決定的なガイドをまとめました。すべてのタイプのボクシング(タイのボクシング、シャドウボクシングなど)のガイドをチェックして、お近くでボクシングインストラクターを見つけてください。

記事一覧 :

フルコンタクト・キックボクシングのチャンピオンになる方法
17/09
フルコンタクト・キックボクシングのチャンピオンになる方法 万人が認める世界チャンピオンになることを夢見ている人は、フルコンタクト・キックボクシングに挑戦してみませんか? フルコンタクトは同じ格闘技のサバットと比べてテクニック重視で暴力的な競技で、近接戦と破壊力の強い攻撃がベースです。 全身を使って相手にダメージを与えポイントを奪うフルコンタクトは、世界中の多数の格闘家を惹きつけています。 このように一瞬のうちにKOされてしまう可能性もある競技では特に、格闘家は集中力と努力が基盤です。もちろん、常にルールを尊重しなければいけません! Superprofでは、フルコンタクト・キックボクシングについて知っておくべき基本的な知識を伝授します。  £5£17£10 Mubeen キックボクシングとフルコンタクト 毎日のトレーニングでもスリルを感じたい人やプロを目指したい人には、フルコンタクト・キックボクシングがおすすめです。 フルコンタクト・キックボクシングのルールは同じ格闘技のサバットやムエタイとかなり違い、ふたりの対戦者同士の近接戦を重視しています。  接近は許可されているというより推奨されています。近接スタイルの格闘技により反射神経や集中力が極限まで磨かれます。 米国生まれのフルコンタクト・キックボクシングは、その名前が全てを語っています。接近と格闘において禁じ手がほとんどありません。始めてみれば空手やポロ、適度な打ち合いが認められているホッケーとも違うことにすぐ気付くでしょう。 KOが認められていて選手はぶつかり合うこともある上にボクシングクラブには物があるため、感染のリスクは他のアマチュア格闘技よりも高くなります。 だから、総合格闘技(MMA)を始める前に自分の身を守るためにしっかり準備運動をすると同時に、自分の健康を脅かす可能性があることに挑戦しようとしているという自覚を持ちましょう。 フルコンタクトのポリシーが適用されるスポーツはボクシングだけではありません。ラクロス、アメフト、ロデオもフルコンタクトとして考えられています。コンタクトスポーツはアメリカのお家芸です。 キックボクシングの歴史 アメリカで様々な格闘技が大人気となったのは1960年代でした。 地元の人たちはボクシングのテクニックを間近で観るためにボクシングのトーナメント戦を企画しました。しかし、当時のボクシングはフルコンタクトとは程遠く、空手なども相手との接触がなかったので、競技者たちにリスクは大きなリスクを負うことがありませんでした。 接触ありの格闘技のアイディアを最初に出したのは有名な俳優で優れた武闘家でもあったブルース・リーでした。彼は脛ガード、ヘッドギア、グローブを着用した本格的な格闘技を推奨しました。 米国はフルコンタクト・キックボクシング発祥の地で、総合格闘技やキックボクシングで下記をはじめとする多数のスター選手を育ててきました。 マイク・タイソン フロイド・メイウェザー(大金が賭けられた最近のコナー・マクレガーとのKO試合を覚えている人も多いでしょう) ジョー・ルイス モハメド・アリ(史上最も有名なボクサー) ロッキー・マルシアノ イベンダー・ホリフィールド ジョー・フレージャー ジャック・デンプシー ジョージ・フォアマン 1970年代に入ると、記者たちは新しい近接戦スポーツを「フルコンタクト」と呼ぶようになります。強い競技者たちはフルコンタクトが提供してくれる解放感にのめりこみました。 アメリカで格闘技の人気が高まると、世界もこのスポーツに関心を持ち始めました。1970年代半ばになると、他の国でもキックボクシングの先祖である競技空手を導入し始め、キックボクシングは公式スポーツになり、米国では公式ファンクラブまであります。 1970年代以降、キックボクシングは国際的な武術サークルにおける地位を確立して近接戦の世界トーナメントにも定期的に登場しています。 新しいスポーツであるシャドーボクシングについての知識はありますか? フルコンタクト・キックボクシングのルール 従来の総合格闘技と違い、このスポーツのルールは選手が重傷を負うリスクを避けるために制定されました。  対戦相手からのパンチや蹴りによる怪我を避けるためには、鍛え上げた肉体が必要となります。キックボクシングはアマチュアのボクシングスタイルとは全く異なります。通常はカンフー、テコンドー、柔術などの格闘技を数年やった後に挑戦します。 パンチのみ許可されたボクシング(パンチのみ可)とクラヴ・マガ(護身術)や合気道、ボビナムなど蹴りも認められた武術のルールを採り入れたキックボクシングでは、攻撃対象として頭部、胴体、足に重点を置いています。 それでも、この格闘技では、下記をはじめとする多くの行為を禁止しています。 相手を掴むこと 既に倒れている相手を攻撃すること レフェリーが「ストップ」と言った後も攻撃を続けること 禁止されている体の部位を攻撃すること パンチとキック以外の打撃を与えること 相手に背を向けること 相手を持ち上げたり投げ飛ばしたりすること リングのロープにもたれている相手を攻撃すること 他にも試合のレベルに応じて様々な規則が設けられています。どんな状況においても対戦相手に敬意を払うように、トレーナーやコーチも厳格なルールに従う必要があります。 従って、キックボクシングに挑戦するにあたり、違反すると制裁、罰則、資格はく奪が科せられるルールを必ず守りましょう。公式ルールに違反した場合には、警告、ポイントの削減、試合取消、スポーツクラブや連盟からの除籍などの処分の対象となります。 フルコンタクト・キックボクシングは相手への敬意とスポーツマンシップに則った競技です。  フルコンタクト・キックボクシングのスタイル この競技でチャンピオンとなるためには、ボクシングの基礎の習得が絶対に欠かせません。 キックボクシングはストレス発散のためだけに存在しているわけではありません。ボクシング初心者の憧れの的であるブラックベルトを手に入れるためには、選手は競技の手法を正しく理解して定期的かつ集中的なトレーニングを実施しなければなりません。アマチュアボクシングの試合では、ポイントを勝ち取りジャッジに良い印象を与えるためには、しっかりしたテクニックが求められます。 ここで、フルコンタクト・キックボクシングのテクニックの一部をご紹介します。 パンチング:アッパーカット、ダイレクト、フック、バックフィスト、オーバーカット […]
中国拳法について
17/09
中国拳法について スペインには、「決闘の準備が十分なら既に半分勝ったようなものだ」という諺があります リングに上がりボクシング、サバット、ムエタイのチャンピオンと対峙する前に、準備運動は何よりも大切だということを頭に入れておいてください。 中国には様々な格闘技が存在するため、その正確な数を出すことは困難です。格闘技の種類は多すぎるため、「中国武術」と総称されています。 武術は中国では「Wushu(武術太極拳、ウーシュー)」、台湾では「Gongfu(國術、グオーシュー)」と呼ばれています。 この「Gongfu」から何か思いつくことばはありませんか?そうです、「Kung-Fu(カンフー)」です。 中国武術はカンフーとも呼ばれています 中国武術は、古代中国で自衛と軍事訓練の必要性から生まれました。 格闘技や武術に興味がある人は、まず自分が練習している武術の由来を理解することが大切です。中国武術と繋がりがある古代拳法についても学習しておきましょう。 この記事では、上記のような読者を対象として中国武術について説明していきます。 中国武術 中国武術には様々な門派があるため、「中国拳法」ということばはかなり総称的な用語です。 西欧では自制心、エネルギー、呼吸法、精神の鍛練を重視した中国拳法のスタイルは内家拳と呼んでいます。一方、近接戦を基本として肉体とスピードの増強を重視した武術は外家拳と呼ばれています。 太極拳は、呼吸法を特徴とした内家拳です。体の均衡を保つ健康法として人気が高く、多くの人がストレス解消法として実践しています。 中国標準語で「太極拳」は「至高の拳」、「究極の拳法」、「無限の拳」などと訳されています。 太極拳の特徴は、必ずしも最も効果的な護身術とは言えないのに、世界中の数百万もの人から健康促進や瞑想の手段として採り入れられている点です。 武術太極拳(カンフー)はバリエーションに富んでいますが、競技として体系化されています。この格闘技では対戦において素手だけを使うスタイル、剣やヌンチャクなどの武器を使うスタイル、套路(とうろ)などの型、リラクゼーション運動、散打などの戦闘技術が活用されています。 散打について 散打は軍隊や民間において盛んに行われていた格闘技です。民間で実践されている散打はルールにより規制された、ムエタイやキックボクシングに近い競技です。 もうひとつのスタイルは軍部で実践されている美術で、背骨や股間を含めた急所への打撃も認められています。 巧夫(カンフー)という用語は拳闘を表す用語として1970年代に欧州に導入され、ブルース・リー(1940-1973年)、ジャッキー・チェン、ジェット・リーなどの人気俳優が出演するアクション映画で人気を博しました。 カンフーは「長期間の過酷な訓練を要する武術」として定義され、「カンフー(巧夫)」の「カン(巧)」は中国語で「技能」を、「フー(夫)」は「主人」「旦那」「学識」を表します。つまりカンフーは、「優れた技能を備えた男」という意味を表します。 達人が習得する伝統的な中国巧夫は、実際の戦闘で行われるスパークリング技術とは全く異なり、後者は鈎(槍、鉤、刃から構成された中国武具)で敵から身を守る術を表します。 武術太極拳の選手は、次の2種類の競技に参加しています。 相手に対して拳と脚を突き出す散打と呼ばれる徒手美術 刀剣を用いた戦闘スタイル 武術太極拳は、下記を含めた複数のテクニックに分類されます。 北派から伝わる「長拳」と呼ばれる突き出しや蹴り技 南派から伝わる「南拳」と呼ばれる拳法 結局のところ、カンフーは中国で実践されていた頭部、肘、膝を狙った蹴りや拳による数百もの中国拳法をミックスした技です。急所を攻撃しない散打、太極拳、詠春拳などは特に高い評価を受けていました。 中国拳法はサバットとはスタイルが全く違います。 中国拳法の歴史 中国武術は2000年前の古代に発展しました。この武術の起源については多くの逸話が遺されています。 多くの道場や流派では動物(虎、豹、猿、蛇、熊)、鳥(鷲、鶴、鶏)、昆虫(カマキリ)の戦闘スタイルを模倣しています。 動物の動きを模倣する理由としては、当時は動物には過酷な自然環境で生き残るための天性と戦闘能力が備わっていると考えられていたためだと言われています。 これらの武術を習得するには、道場で鷹の激しい気性や鋭い爪、虎の拳、鶴のくちばしや翼による攻撃動作を模倣することが一番の近道です。 史実によると、武術は古代中国で自衛と軍事訓練の必要性から生まれました。 紀元前27世紀の中国を統治した黄帝が、現在の中国武術の礎を築いたと言われています 5世紀になって、達磨大師という仏僧が仏教を説くため少林寺に出向した時に、略奪者や悪党の手から少林寺を守るために、僧の肉体を鍛えるエクササイズを考案したと伝えられています。 この運動が、少林寺の僧が実践する武術へと次第に進化していきました。 この少林拳のスタイルがアジア諸国に伝わり、日本の空手や韓国のテコンドーが生まれました。 少林寺の僧により少林拳に関する史書が作成されたのは、16世紀から17世紀にかけてでした。 20世紀半ばまでに、少林拳やカンフーは拳を使った中国拳法から瞑想を中心とした武術へと進化しました。 1949年に毛沢東が中華人民共和国を建てた時、仏教僧の中国武術は国技として制定されました。 この時代には、現代的な武術太極拳やアクロバティックなカンフーが発展して、伝統的な中国武術の功夫から分流しました。 伝統的な中国武術が道場や教室で導入されたのは、毛沢東政権が終わった1975年以降でした。 英国式ボクシングやアメリカのキックボクシングの起源についてご存知ですか? 拳法の伝統的な構えと稽古 中国文化は精神性と肉体の鍛練を重視しています。中国拳法も、ただ相手を倒すだめの武術ではありません。 中国拳法は護身術であると同時に、武術による心身の鍛練、人生哲学の体現、肉体及び精神の限界への挑戦でもあります。 これは個人の達成感の問題です。 中国拳法の訓練は、心身の鍛練を目的としています 中国拳法は怪我を防ぐやり方での筋肉の増強や強烈なパンチ、一連の攻撃動作のための構えの習得に効果的です。また、攻撃や防御のテクニックや、ガードを維持する方法も身に着けた方がいいでしょう。 ボクシンググローブやシューズを着用した武闘家は、急所へのダメージを避けるために俊敏なフットワークを身に着ける必要があります。 武闘においては背中、首、背骨も攻撃の対象です。 […]
シャドーボクシングについて
06/09
シャドーボクシングについて ボクシングを習ったことはありますか?エアギターについて聞いたことはありますか?ボクシングとエアギターを掛け合わせたものがシャドーボクシングです。シャドーボクシングは新しいフィットネスで偉大なボクサーたちが実践してきた確実なトレーニング方法です。ボクシングをやる人には、このテクニックは欠かせません。 「ボクシングでは練習で流す汗が多いほど試合での出血が少なくなる」ジュリアン・ロルシー(ボクシング世界チャンピオン) ボクシングのリングに上がる前にシャドーボクシングについて学習しましょう。 シャドーボクシングに関する基礎知識 シャドーボクシングは、ボクシングのテクニックを磨くために体を動かしながら仮想の相手にパンチを繰り出す特訓法です。文字通り見えない敵(シャドー)と対戦します。 自分の戦闘スキルを高め筋肉や体調を整えるために、多くのプロボクサーがウォームアップでシャドーボクシングを採り入れています。この練習法は、試合前の心の準備としても使われ、対戦開始前に相手にパンチを打ち、コンボを繰り出すことをイメージします。 サバットを実践している人には、シャドーボクシングはテクニック、スピード、パワーを高める役に立ちます。  また、フットワーク、スタミナ、防御力も向上します。 つまり、適切な目的を持って真剣に取り組めば、シャドーボクシングにより、あらゆる点でボクシングの能力を高めることができます。 シャドーボクシングの効果 シャドーボクシングの主な利点は、自分の動きに集中できることです。 従来のボクシングのスパークリング練習と違い、自分の気をそらす相手と直面しないで済みます。 相手からのパンチをよける必要、相手の次の動きを心配する必要、相手の弱点を見つけることに集中する必要がありません。もちろん、これらに集中しても構いませんが、この練習の目的は違います。 シャドーボクシングは独りで行うので、自分の動きやコンビネーションを磨くことに専念できます。時間をかけて自分のジャブ、フットワーク、姿勢を分析することで、これらの動きを改善して第二の天性にできます。 シャドーボクシングには、痛い思いをしないというメリットもあります。殴られるリスクを追わずに自分のテクニックを磨けるので、対戦相手に直面した時の心構えができます。 シャドーボクシングの練習中に自分の想像力を集中させれば、どんなボクサーにでも立ち向かっていけるでしょう。相手が自分より大柄でも小柄でも、ヘビー級であろうとフェザー級であろうと、あらゆる状況に自分の動きを適用できるようになります。 シャドーボクシングを完璧にこなすための4つのヒント テニスボール ディフェンス力や動きを改善するために、テニスボールを様々な方法で活用できます。 まず、バスケットボールのようにボールを弾ませて、その間に片足ずつジャンプします。このテクニックにより移動しながらフットワークを整えます。 また、テニスボールを肘と胸の間に挟み、片手でパンチを繰り出している間に自分の顔をガードするように、腕を顔の近くに保つ習慣を体に覚えさせることもできます。 最後に、ボールを自分の顎と胸の間に挟み、その姿勢のままで頭を下げておくことで、ムエタイでの試合でのノックアウトのリスクを減らせます。 ゴムバンド 両足首にゴムバンドを巻き付けます。ゴムバンドの直径は自分が維持すべき左右の足の距離(スタンス)に合わせます。ゴムバンドを付けた状態でシャドーボクシングを行うことで、トレーニング中に背の高さとリーチが減少しないように両足の幅を小さく保つ習慣をつけられます。実際、左右の足の幅を広げすぎると、自分と同じ体格か大柄な間に対して体格とパワーの点で大きな不利となります。 ダンベル 両手にダンベルを持ち、蹴りを出すたびに、そのダンベルに意識を集中させます。地面に対してダンベルを並行に保つことに専念すると、キックの精度が上がります。また、このエクササイズは打撃力の増強にも効果的です。 クラウチングスタイルでのフットワークの向上 シャドーボクシングの練習中に、足の支持力と筋肉を強くするためにクラウチングスタイルをとってみましょう。これはサバットの試合でも効果を実感できるスタイルです。 シャドーボクシングのテクニック シャドーボクシングの手法はひとつではありません。自分のニーズを満たし欠点を補う最適なテクニックを自分で見つけましょう。 独りで場所や時間を問わずできるシャドーボクシング:このスタイルには制約がないため、自分のペースで集中できます。道具も必要ないため、空き時間にすぐに練習できます 独りで鏡の前でやるシャドーボクシング:この練習法の利点は、自分の動きを観察できることです。自分の動きを観察または制御して、必要に応じて修正することで、悪い癖や不適切な動きを防止できます パートナーやコーチの前でのシャドーボクシング:実際に相手に接触しないで対戦をシミュレートすることで、反射神経と動体視力を養います。相手にはただ自分の動きを観察してもらい、コンボ、リズム、フットワークの品質についてコメントをいただきます。 サンドバッグを使ったシャドーボクシング:サンドバッグをパンチして動かし、バッグが回転しながら元の位置に戻る前に素早くパンチまたはコンボを繰り出します。物体の動きを追う訓練に効果的で、感覚を研ぎ澄まし、色んなポジションに対応し、視覚と手の協調にも役立ちます 中国拳法についての知識はありますか? フィットネスの目標を達成する手段としてのシャドーボクシング 筋肉をつけてスタイルを磨きたいとお考えですか?フィットネススタジオやエアロビクスはもう時代遅れです。最近ではシャドーボクシングやキックボクシングなどの格闘スポーツが、理想のボディを手に入れる最先端のトレンドとして注目されています。多くのジムでは、全身のワークアウトとシェイプアップのためのボクシング教室を用意しています。ワークアウトにはダンベル、縄跳び、スピーディな動きが採り入れられた短期集中型の有酸素運動から構成されています。 ボクシング初心者にとっても持久力をつけたい人にとっても、シャドーボクシングは筋肉、呼吸、柔軟性、心拍数を向上させる総合的なトレーニング方法で、様々な効果が得られます。 左足を前に出し、膝を曲げ、両肘を胸の近く、拳を顎の近くに引き寄せます。これは最も効率的にカロリーを燃焼できるシャドーボクシングの動きです。左利きの人は右足を顎の前に出し、逆の手足で下記の指示に従います。 ジャブ:この運動では掌を地面に向けたまま左の拳でパンチを送り出します クロス:腹筋を使ってパンチを繰り出す従来のテクニックです。肩の柔軟性を保ち、自分の体重を前に傾けるために後ろ足を回転させます 左フック:クロスやジャブを打つには近すぎる距離に相手がいると想定します。前腕を地面に対して並行に保った状態で左から動き始め、前足、臀部、肩を回転させます。熟練したピボット運動により、腹筋は硬く引き締まります。ストロークの最後に両肘を胸に近づけるようにすると、背筋や肩の筋肉も強化できます 右フック:支持足とパンチを出す腕を逆にして、上記の動きを繰り返します 左アッパーカット:対戦相手の顎を狙って、下から左手の拳を打ち上げます。右アッパーカットの場合は、右手の拳を使いますから ドッジング:次はディフェンス力と腹筋を同時にアップさせましょう。両肩の向きを変え左右の足を回転させます。相手が左右から自分を打ってくることを想像しながら動くと、より効果的です 「想像力のない奴に、翼は持てない」  –モハメド・アリ 回転ドッジング:ここではピボット動作は行いません。この動きでは毎回低くかがみながら体重を右足から左足に移動することで、仮想の攻撃をかわします。この運動は足の引き締め効果があり、実際に殴られることもありません 上記の運動を60秒ずつ繰り返すと、心拍数や筋肉への効果をすぐに実感できるでしょう。更に効率性と運動効果を高めるためには、足首用ウェイトをお使いください。 また、キックボクシングのテクニックも磨けるでしょう。 ここまでの説明で理解していただけたと思いますが、アマチュアボクサー、プロのボクサー、ストレス発散や筋肉増強のための楽しく効果的なスポーツを探している人にとって、シャドーボクシングはとても効果的なトレーニング法です。 さあ、ボクシンググローブをはめて、リングに上がりましょう。 自分に合った格闘技をお探しの方はこちらをご覧ください。 ムエタイについての記事は、こちらをご覧ください。 サバットについての情報はこちらをご覧ください。 […]
ムエタイについて知っておきたいこと
06/09
ムエタイについて知っておきたいこと  「ボクサーが一番得意なことは拳で殴り合うことだ」– 『ロッキー・ザ・ファイナル』でのロッキーの台詞 ストレス発散や心身の活力増進を含めて、ボクシングには多くの利点があります。 西欧式ボクシングは世界中で最も有名な格闘技スタイルで、フランス式ボクシング(別名サバット)は権威あるフランスボクシング連盟により世界中から多くの熱狂的なファンを集めています。 しかし、第3の格闘技も強烈な魅力を放っています。 そう、第3の格闘技であるムエタイを忘れてはいけません その名が指し示す通り、ムエタイは激しいモンスーンで有名な東南アジア諸国で生まれました。 ムエタイは、人生を変えたいと思っている格闘家や他の人と違うことをしたい選手の間で特に人気があります。 多くの場合、ムエタイに挑戦する人は英国式ボクシングやフランス式ボクシングのルールに縛られずに違うスタイルの格闘技を習得したいと考えています。 その理由については、後にわかるでしょう。 ムエタイの起源 ボクシングには数世紀にも遡る長い歴史があることをご存知でしたか?どんな競技にもそれぞれの歴史と背景があるし、ムエタイも例外ではありません。 ムエタイが体系化され、現在のスタイルに近いバージョンに近代化されたのは16世紀でした。 タイを連想させる「ムエタイ」という名前は古来からの正式名称です。また、この名前はムエボーラン(古式ムエタイ)との関連性を示しています。このようなアジア風の響きはバンコクでは一般的です。 博識な人なら、武術は東南アジア諸国では神聖視されていると想像できるでしょう。実際、西欧人がキックボクシングを見ると、東洋で言う武術を思い浮かべます。 タイは現地の慣習が残る偉大な国で、このムエタイの祖国ではタイ式ボクシングは複数の「流派」に分かれます。「タイ式の戦い」を意味する「ムアイ」の接頭辞に北部では「タサオ」、中部では「ロッブリー」、東部では「コラット」、南部では「チャイヤー」の語尾が付きます。 各流派で特定のテクニックを重視していますが、国技とされているのはムエタイです。政府や軍隊はこのスポーツを信奉していて、この500年間で兵士の訓練の一部として採用されてきました。 バンコクはタイの首都であると同時に、ムエタイの中心地でもあります。 西欧でムエタイにボクシンググローブを使うようになる前は、従来のムエタイボクサーは綿で覆われた馬毛のグローブを着用していました。 西欧人はタイへの観光旅行でムエタイを見る機会ができました。ムエタイは複数の格闘技のライバル競技となりました。フランスや英国ではあちこちで地元のチャンピオンが出現して、多くのジムでインストラクターがトレーニング教室を開きました。受講者たちはボクシングジムにも入会できます。ボクシングは健康増進とスタイル維持に効果的な運動です。トレーナーとグローブを確保したら、すぐに始められます。 オランダは欧州トップのムエタイ強豪国で、フレッド・ロイヤース、ロブ・カーマン、アーネスト・ホースト、ラモン・デッカー、ピーター・アーツなど多数の格闘技チャンピオンを輩出しています。 世界中で人気が高まっているキックボクシングは、実際は日本発祥のムエタイのバリエーションのひとつで、日本の武術である空手からもインスピレーションを得ています。 サバット、ムエタイ、キックボクシングの中で、どの格闘技に興味がありますか? ムエタイの基本テクニック 格闘技の初心者にとって、ムエタイは拳、足、肘、脛、膝を使えるので最も総合的なボクシングに見えるでしょう。この戦闘技法から、ムエタイでは動き回ることが推奨されています。 ムエタイの代表的な蹴り技は回し蹴りです。 このスポーツでは高い柔軟性が要求されるため、柔軟性を神聖視する西欧人を惹きつけています。 欧州ではラウェイ(ミャンマーの立ち技格闘技)、ボビナム(ベトナムの伝統格闘技)クメールボクシング、ラオスのムエラオも盛んですが、ムエタイはこれら東南アジアの格闘技の中で圧倒的な人気を誇っています。日本でも多数のムエタイ教室が開催されています。 実際、13の体重別階級により最初にプロ競技ができた格闘技はムエタイでした。近年ではムエタイの人気がますます高まり、完全に体系化されました。もちろん、これにはテレビ、広告、大都市バンコクの潤沢な資金が大きく貢献しています。ムエタイを始める場合、最低限の装備が必要です。男性の場合、ファウルガードも欠かせません。 もちろんムエタイ用ボクシングショーツも必要ですが、足首を守るガードも購入することをおすすめします。一方、ムエタイでは男子は上半身裸で靴は履きません。 ムエタイの起源においては、現地のムエタイ選手による多神教や精霊信仰の影響も残り、対戦の前には挑戦者が神への勝利を願うラムムアイまたはワイクルーと呼ばれる踊りを披露します。 現地のプロはワイクルー・ラムムアイの習得が必要です タイ人でなくても、自分でもワイクルー・ラムムアイができるか自分の目で見て確認しましょう。 新しい武術スタイルであるシャドーボクシングについて聞いたことがありますか? ムエタイのルール 現地の人は、よくムエタイのことを「何でもありの格闘技」と揶揄しますが、これは誇張で、もちろんムエタイにもルールは存在します。 正確に言うと、殴打、蹴り、肘打ち、脛蹴りが認められているだけです ムエタイのルールはサバットとは全く違います。ムエタイでは蹴りの種類や難易度も「ハイ」から「ロー」まで様々です。これは場所や状況を問わず自分の身を守る方法を知りたい人にとっては理想的な格闘術です。都心のテロリストがボクシンググローブを着用している姿やサバットのクインズベリー・ルールを遵守することは想像できないからです。 また、プロのムエタイのルールにはアマチュアと大きく異なる部分があります。 まず、試合は1ラウンド3分間で5ラウンド実施するため、実質的な試合時間は15分間で間に伝統音楽が流れます。インターバルは1分30秒か2分間で、連盟により異なります。 以前のルールでは、ムエタイ選手は対戦相手をKOするか、相手にギブアップさせないといけませんでした。当時のムエタイは極度に暴力的な格闘技で、選手は致命的なパンチを浴びせるために手のバンテージにガラスの破片を巻き付けることができました。 命の危険を伴うとの理由で、ムエタイは1921年に全面的に廃止されました。この廃止は結果的に吉となりました。1930年にムエタイは人道的なルールにより復活したからです。 ルールは標準的でボクシンググローブの着用、5×7メートルで3方位以上をロープで囲んだリンク、腕を保護するための肘サポーターの使用と股間への攻撃の禁止が定められています。ムエタイのルールが再制定されてから、以前より選手に敬意が払われるようになりました。 ルールでは、対戦相手を傷つける方法でのロープの使用、噛みつくこと、唾を吐く行為、髪の毛を引っ張る行為、相手を床に打ちつける行為、指での目潰しが禁止されています。  ジャッジはテクニック、俊敏性、防御力、戦闘力に従って採点します。サバットから採り入れられた「ライトコンタクト」と呼ばれるバリエーションもあります。 自宅近辺のムエタイ教室をGoogleで検索してみましょう。 ムエタイとサバットの違いを説明できますか? ムエタイの歴代チャンピオン ムエタイの歴史は長いため、階級やスキルが異なる多数のチャンピオンが生まれてきました。 古代ムエタイの歴代チャンピオンの多数が王族だと聞いたら驚きますか?頑強な戦士だったソムデート・プラチャオ・スアは「虎王」と呼ばれていました。 18世紀になると、タイ人にとってのムエタイはスペイン人にとっての闘牛のようなものでした。村人たちは総出で試合を観戦しに行き、リングの反対側からお気に入りの選手を応援しました。 偉大なタイ国王だったナレースワンは、16世紀末にこの格闘技を普及させました 一部では俗説だとされていますが、国民的英雄だったムエタイ戦士のナーイ・カノム・トムは、1767年にミャンマー軍との戦いで囚人となった後に格闘技奴隷として10人を1度に倒したと言われています。 近年でも、アピデート・シットヒラン(102対戦中95勝)、パトリック・ブリゾン(1979年欧州初ムエタイチャンピオン)、ヤモーン・サイダリ(177対戦中162勝)、サーマート・パヤクァルン(ハイキックで有名)、オーランド・ウィット(5連続世界チャンピオン)、デニー・ビル(世界タイトルを7回獲得したフランスの黒人ファイター)、ディダ・ディアファ(世界タイトルを11回獲得したフランス人)の他に、タイ本場出身のブアカーオポー.
英国式ボクシングについての初心者向けガイド
06/09
英国式ボクシングについての初心者向けガイド  「リスクをとる勇気がない奴は、人生で何も成し遂げられない」 –モハメド・アリ ボクシング界のレジェンドで全階級を通して最強のファイターであるアリの格言を信じてもリスクは少ないでしょう。 リスクがあるとしても、せいぜい試合中にあざができるか、最悪でもノックアウト(KO)されるくらいです。もっともアマチュア同士の試合ではKOは稀です。この記事では、格闘技の中でも近接格闘術の主流であるボクシングについて解説します。  「高貴な芸術」と呼ばれるボクシングについては、多くの国の大衆文化において書籍、映画、文学でとりあげられている割には、あまり知られていません。 大半の人はサッカー、ダンス、陸上競技などに夢中になり、グローブをはめてみたいと思う人は少数なので仕方ないかもしれません。 だからこそ、リングに上がり注目を集めてみませんか? この健康的なスポーツに取り組む前に、ボクシングについての基本的な知識を身につけましょう。 自宅近辺のボクシング教室を検索してみましょう ボクシングの基礎 大半の人は、ボクシングについて最低限の知識を持っています。拳を使う格闘技と聞くと、多くの人はボクシングを思い浮かべますが、他にも色んな種類の格闘技が存在します。 通常、ボクシングでは中綿入りのボクシンググローブを着用した2人のボクサーがリングで12ラウンドを闘います。 ボクシングは格闘技です。暴力的な要素は確かにありますが、ルールとテクニックの確立により、野蛮な喧嘩から勝敗を決するスポーツにまで進化しました。KOによるダウンからレフェリーが10カウント数えるルールにより、無分別な殴り合いから試合へと変化しました。 ラウンド数は連盟により異なりますが、通常は1ラウンド3分間で、間に1分間の休憩を挟みます。この休憩中、選手は自分のコーナーに戻って体を休めながら、チームメートやトレーナーからのアドバイスに耳を傾けます。各選手には自分のコーナーが割り当てられます。「青コーナー」では挑戦者やランキングが下位の選手の名前がコールされた後に、「赤コーナー」でチャンピオンまたはランキング上位者の名前が呼ばれるのを聞いたことがあるでしょう。コーナーはベンチやサイドラインのようなもので、対戦者がベルに救われた場合を除き、選手にとっては一番の味方です。 通常、レフェリーのテーブルにあるリングサイドの時計でラウンドと休憩時間を計測して、ラウンドが終了するとチャイムが10秒間鳴り響きます。 アマチュアボクシングのリーグは3分3ラウンド制(女子は2分4ラウンド制)です。プロボクシングの場合は12ラウンド制です。レフェリーが必ず試合に立ち会い、選手がダウンしたらカウントをとります。 試合ではグローブによるベルトラインより上のパンチのみが認められます。相手の身体に抱き着くテクニックである「クリンチ」は短時間の場合は認められますが、レフェリーがその状況により判断します。 ここで、英国ボクシング管理委員会(BBBofC)ルール第3.
ボクシングの手法とスタイル
06/09
ボクシングの手法とスタイル 「ボクシングはつま先立ちでリング中央に立っているだけのスポーツではなく、とてつもない緊張の中で冷静さと優美さが求められる競技なのです」  ピーター・バーグ ボクシングというと不良がやるスポーツのイメージがありますが、決してそんなことはありません! ボクシングはストレスを発散させ審判がKOを叫ぶ声を聞くためにしつこく打ち合うだけのスポーツだと誤解している人たちに、その悪いイメージを払拭してもらいたいと思います。 実際、この格闘技は繊細で精緻な技術が求められ、国や地域により様々なバリエーションがあります。 映画、小説、ポピュラーカルチャーでとり上げられているボクシングは、大半が拳だけを武器として使用することが許された英国式ボクシングですが、他にも世界各国色んなスタイルの格闘技が存在しています。 米国式ボクシング、空手、キックボクシング、テコンドー、ミャンマーのラウェイ、総合格闘技(MMA )、ベトナムの伝統格闘技であるボビナム、ブラジリアン柔術、フリーファイティング、クメールボクシング、フルコンタクト、カンフー、合気道、ラオスのムエラオ、武道、太極拳、護身術、フランス式ボクシングのサバット、ムエタイ、英国式ボクシングと数えたらきりがありません。 この記事では最後の3種類の格闘技を中心として、その他にリングを自在に移動する練習とあらゆるボクシングの共通点としてシャドーボクシングを加えて説明していきます。   フランス式ボクシング キックボクシングから生まれたフランス式ボクシングは19世紀に広まった「サバット」と呼ばれる競技で足も使います。 その名が示す通り、フランス式ボクシングは主にフランスで実施されています。比較的歴史が浅く、戦時中は競技者がいなくなるという黎明期を迎えますが、このフランス伝統のスポーツの起源は遥か昔までさかのぼります。 19世紀には既にフランス文学において複数の書物に「リング」(「ボクシング」を表す当時の英国風表現)が登場しています。 テオフィル・ゴーティエも、「サバット」に興味を持った作家のひとりです。彼はフランス式ボクシングについて、「落ち着き、計算、俊敏性、力強さが求められる深遠な科学だ」または「輝きとロマンに満ちた荒々しいゲームだ」と語っています。フランス元首相のクレマンソーは、かの有名な「タイガー・ブリゲード」を開始した時に、この競技について十分に理解していたのでしょう。 『三銃士』や冒険物語の作者であるアレクサンドル・デュマは、サバットまたはフランス式キックボクシングについて、「サバットはボクシングとは正反対であるという点を除いてはボクシングと全く同じである」という捻った感想を書いています。彼はフランス式ボクシングの祖であるシャルル・ルクールのことを「天才」と評しています。 これらの情報をもとに、サバット用シューズを着用する紳士たちが集うサバットのクラブを検索してみましょう。 サバットは、西欧のキックボクシング手法を組み合わせて手足を武器として使うフランスの武術です。 フランス式ボクシングではチェストガード(胸部プロテクター)、マウスガード、グローブ、ボクシングシューズを着用します。 性別、体重、階級、年齢、大会に応じて1ラウンド1分30秒から2分を3~5ラウンド実施します。 許可されている技は洗練されていて、厳しくルールが設けられています。特定の打撃しか許可されません。この競技では、パンチよりも足技の方が重視されています。 フランス式ボクシングは驚くほど優美で、選手には厳しいマナーとフェアプレイの精神が求められます。現在、フランス国内の競技人口は5万を超えています。 フランス式ボクシングにはサバット・フォルム、サバット・ディファンス、フェンシングのようにステッキを使うカンヌ・ド・コンバットなどの複数の流儀があります。 英国式ボクシング 英国式ボクシングは最もよく知られた拳闘形式で、英国内にとどまらず世界中に広まりました。 この普及と、他の格闘技と比較してルールが簡単だったため、英国式ボクシングは「高貴な芸術」という称号を得ています。ほとんどの選手は、ボクシングの世界チャンピオンになることを夢見ています。ボクシングはオリンピックの正式種目にも含まれています。 ボクシングは、英国のブックキーパー(賭け屋)たちの間で編成された野蛮な地下格闘技の体系化により進化しました。英国人が何でも賭けの対象にするのが好きなことは有名です。 即興のストリートファイトから規制されたボクシング形式に成長したことで、必ず選手に大きなダメージを残していた野蛮なピュージリズム(古代ボクシングの名称)は表舞台から姿を消しました。それまでのボクシングでは多くの死者が出ていました。18世紀に、ジャック・ブロートンはリングで対戦相手を過失で死なせてしまったため、このスポーツにはもっと規制が必要ではないかと考えました。 彼はスコットランドの有名なクイーンズベリー侯爵の助けを借りて、ブロートン・コードを発表しました。このコードは現在でも英国式ボクシングの精神の一部となっています。 安全グローブ、片方が「ストップ」を叫んだ場合の攻撃の中止、つかみ合いその他反則行為の禁止、地面に倒れている相手への攻撃の禁止など、現在では当然に思えるルールがあるのも、このふたりのおかげです。 装備はボクシンググローブ、シューズ、アマチュアの場合はヘッドギアです。プロボクサーは常に圧倒的な人気を誇っています。 マイク・タイソン、モハメド・アリ、タイソン・フューリーの名前を聞いたことがない人はいないでしょう。 自宅近辺のボクシングレッスンを検索すると、多数の候補が表示されますが、Superprofのボクシング講師なら外れがありません。 タイ式ボクシング(ムエタイ) その名が示すように、タイ式ボクシング(ムエタイ)の発祥地は東南アジアです。特にタイでは格闘技が盛んです。 タイ式ボクシングはプロフェッショナルなスポーツ競技で、タイの伝統的な国技であると同時に地元経済の大事な収入源としての役割も果たしています。 この記事では他の格闘技と区別するために「タイ式ボクシング」と呼んでいますが、東南アジア諸国では、古代の戦闘技法の基本的な武術を表す「ムエタイ」として認定されています。 はっきり言うと、ムエタイは前述のフランス式ボクシングや英国式ボクシングよりずっと暴力的です。近接戦のため、あらゆる状況下での攻撃や防御のテクニックを学びたい人におすすめです。この技法は、過激な暴力に溢れた時代には有効でしょう。 しかし、ムエタイではどんな技でも許されているわけではありません。他の格闘技と同様にルールは存在します。 かつて、タイでは多数のボクサーたちが試合中に不慮の死を遂げていました。一部の決闘では迅速かつ効率的に闘うために拳に割れたガラスをあてるなど、卑劣な手が使われていました。 この時代は、1921年にタイでムエタイが廃止された時に終わりを告げました。この廃止により暴力的な格闘技が疑問詞されるようになり、数年後に英国式ボクシングを採り入れた現代的なルールによりムエタイが復活しました。 グローブ、リング、ラウンド、ベルによる試合終了、頭部などへのハイキックやローキックなどもルールに盛り込まれました。タイ式ボクシングはこの半世紀の間に世界中で人気となりました。 タイ式ボクシングでは拳、足、肘、脛、膝、二の腕など前述のフランス式ボクシングや英国式ボクシングより多くの部位の使用の他、首相撲も認められています。 シャドーボクシング 格闘技について読んだ後は、少し穏やかな話題でひと息いれましょう。 血生臭い話が苦手な人には、シャドーボクシングがおすすめです。これは対戦相手も痛みもないボクシングです。 そんなボクシングがあるわけないと思うかもしれませんが、シャドーボクシングでは仮想の敵、つまり霊や影(シャドー)と闘います。言い換えると、虚空に向かってボクシングをするわけです。 このエクササイズは想像するよりも楽しくて効果的です。シャドーボクシングは本来、プロまたはアマチュアのボクサーがトレーナーの代わりを務めるために編み出されました。 シャドーボクシングは有酸素運動です。このエクササイズはサバット、英国式ボクシング、東洋格闘技などあらゆる種類の格闘技に有効です。選手は自分の競技ルールに合わせて防御法、手法、ストローク、フットワークを磨きます。また、競技の時間、分数、秒数などのタイミングを計りリズムを整える効果もあります。 コーチに自分のフォームを見てもらうことも有効です。コーチは欠点などを指摘して適切なアドバイスを与えてくれます。コーチがいない場合は、シャドーボクシングをしている自分の姿を映像に収めるか、鏡に囲まれた状態で自分のフォームを観察します。 音楽が好きな人は、ミュージックをかけながらシャドーボクシングをしてもいいでしょう。フィットネス・ボクシングはシャドーボクシングから派生したエクササイズで、パンチングボールやサンドバッグに近い運動です。 フランス式キックボクシング サバットは、1797年に登場した格闘技で、当時は不良たちのスポーツでした。 ボクシングシューズはマルセイユで誕生して、足だけを使う格闘技で使用されました。 […]