アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

ピアノの種類

作成者 Ryoko、公開日 19/10/2019 Blog > 音楽 > ピアノ > ピアノの選び方

アリシア・キーズやフィル・コリンズ、スティービー・ワンダーなどの有名なミュージシャンのコンサートに行くと、必ず使われているピアノ。

世界中のさまざまなミュージシャンや作曲家、指揮者がピアノの世界に惹きつけられ、この楽器を採用しています。ピアノのメロディーは時代、社会的な違いに関わらず好まれ、ピアノの名曲は聴く人の心を魅了してきました。

若い頃からピアノを習い始めたラッキーな人たちも、最初はコンパクトピアノ、電子ピアノ、キーボードなどで練習を始めていたりします。

ピアノは多目的に使える楽器です。1つの場所でグランドピアノで弾くことも、キーボードで色々な場所で弾くこともできます。また、曲の構成に魅了されたら音楽理論を学ぶこともできますし、自由に自分の曲を作ることもできます。

ただし、ピアノのプロ、作曲家、あるいは素人のピアニストになる場合でも、まずはピアノを習い始めなければなりません。

ピアノの習得については音楽の先生に、ピアノを買うのであれば音楽店のオーナーに聞いてみることをお勧めしますが、この記事でもいくつかアドバイスをしたいと思います。Casioがいいのか、ヤマハがいいのか、スタインウェイがいいのか、クラビノーバがいいのか。どのように自分に合ったピアノを見つけるのか、といったことをテーマにヒントをお伝えします。

音楽学校や個別指導のレッスンでは、ピアノの魅力を知ることができます。

お近くのピアノレッスンを検索してみましょう。

子どもが使うピアノの探し方

ピアノとビート ピアノでビートを刻む

歌でもダンスでも、ただ手を叩くだけでも、初めて子どもが音楽に興味示してくれることは、親が誇りを感じる瞬間でもあります。

まだ音楽の世界を知らない子どもも、音楽好きの親の奏でる音楽に聴きなれている子どももいますが、いずれにしろ、子どもの音楽への目覚めは、楽しく本人の関心に応える形で促されることが大切です。

音楽教室や、6歳以下の幼児用の音楽セッション、自宅での個別指導など、どのような形であれ、まずは子どもにいくつかの種類の楽器を試させるのはお勧めです。

もし子どもがピアノ好きとわかったのなら、時期を見て自宅に一台購入するのもいいでしょう。自宅にピアノがあれば、コードや指の動かし方をいつでも練習できますし、曲を弾いてスキルを高めることができます。音楽のレッスンへの送り迎えが大変な場合は、先生に自宅に来てもらうことを検討するとよいでしょう。

子どもがまず初めに取り組む楽器として、ピアノは最適だと言われています。その理由には、いろんなジャンルの音楽に対応するピアノの特性があります。ピアノなら、ジャズ、クラシック、ソウルミュージックなどを落ち着いて奏でることができます。音も、さほどうるさくありません。

子どもにピアノを選ぶヒント

ピアノの調性のあれこれについて話す前に、まず簡単に子どもに最適なピアノを購入する際のコツをお伝えします。

  • 購入する前に、地元のピアノ店からレンタルできないか検討してみましょう。幼い子どもは気持ちも変わりやすいので、後でピアノの購入が無駄だったということにならないように少し慎重になりたいものです。子どもの場合、ある日はピアノが好きと言っていたのに、次の日にはサッカーが好きなどと言うこともあります。
  • アコースティックピアノの代わりに、キーボードを検討してみましょう。持ち運びに便利ですし、ピアノほどスペースも取りません(特にアパート暮らしの場合はこの点は重要)。また掃除も、ピアノ(すべての鍵盤のほこりを払うのはとっても大変!)より楽です。
  • ヘッドフォンが使えるキーボードを検討しましょう。どんなに愛している子どもでも、仕事で疲れて帰ってきて弾き間違っている音を毎日のように聞かされるのはつらいかもしれません。

グランドピアノについて

ピアノの楽譜 手で音符を書き起こすのは、暗記に効果的

グランドピアノの特徴

18世紀にイタリアでバルトロメオ・クリストフォリが初めて製作したグランドピアノ。イタリアでは“piano forte”という名でも知られています。

グランドピアノは、クラヴィコードとダルシマーという楽器の進化した形であり、それ自体が芸術品であると言えます。

グランドピアノは特別なシーンで演奏される、贅沢な楽器と考えられています。また、コンパクトなアップライトピアノよりもずっとパワフルな音が出ます。水平に広がるデザインのグランドピアノは、独特なサウンドボードが使用されたピアノ界のロールスロイスです。

構造面からは、以下のようなパーツから構成されています。

  • 楽器の内部構造を保護する屋根や側板
  • 音を出すサウンドボード
  • 弦を固定するブリッジとブリッジピン
  • バス弦とトレブル弦
  • チューニングピンとピンブロック
  • 弦を叩き振動を止めるハンマーとダンパー
  • ペダル(ある音の響きを増幅したり強調したりする)
  • グランドピアノのキーボード(黒と白合わせて88鍵)

グランドピアノの種類

年月の経過ともに、いくつかの異なったバージョンのピアノが誕生しています。それぞれで音の質や、本体の大きさ、実用性が異なっています。以下に例を挙げます。

  • ベビーグランドピアノ(長さが1.8メートル以下)
  • クラシック / 標準グランドピアノ(べビーとコンサートの間の大きさで、長さ1.8メートル~2.1メートル)
  • コンサートグランドピアノ(長さ2.1メートル以上。コンサートやシンフォニーなどの場面で壮大に演奏する際に使われる)

電子ピアノについて

アコースティックピアノ 電子ピアノは、アコースティックピアノの音と雰囲気に負けない?

電子ピアノ(シンセサイザー)は、新しいテクノロジーを楽しむのに最適

伝統的なアコースティックピアノに比べ、ずっとシンプルで使いやすいのが電子ピアノ。機能も充実しています。アコースティックピアノと電子ピアノの関係は、普通のカメラとデジタルカメラの関係に似ています。

電子ピアノには主に2つの種類があります。

  1. 固定式電子ピアノ―動かすことが想定されていない電子ピアノで、大抵ポータブルよりも質や値段が高く、重さもあります。コンサート(ステージ)ピアノ、アップライトモデル、コンソールピアノはこの部類に入ります。
  2. ポータブル電子ピアノ―大抵固定式よりも安く、カフェ、劇場やコンサートなどでよく見かけます。実用性が高く、お財布にも優しいですが、音の質は落ちることが多く、ペダルもありません。

電子ピアノを選ぶメリット

電子ピアノは今とても人気ですが、それには理由があります。

電子ピアノの機能が人気の秘密なんです。

例えば、電子ピアノはデジタル形式で弾いた音を録音することができます。ですから、練習で弾いた曲を簡単に聴けたり、先生が弾いた音を後でチェックしたり、作曲に役立てたりできるというメリットがあります。

電子ピアノの鍵盤の種類

質や価格、メーカーなどに違いはありますが、どの電子ピアノにも次の3つのいずれかのタイプの鍵盤がついています。

  • クラシックキーベッド – 初期の電子ピアノは、ピアノの音に似せて音を調整する機能がありませんでした。初心者に最適。
  • ダイナミック(スマート)キーベッド – どのように弾くかによって、電子のアルゴリズムが音を調整するタイプ。アップライトピアノやグランドピアノに似せた音が出ます。
  • ウェイテッド鍵盤:ウェイテッド鍵盤つきの電子ピアノは、アコースティックピアノの鍵盤の音と雰囲気が最もよく再現されます。最近では、キーベッドにハンマーがついているものすらあるようです。

アコースティックピアノと同じキーベッドが使われた電子ピアノのモデルもあります(ただし、お値段は高めで、数も多くありません)。

キーボードやポータブル電子ピアノでピアノを習う

ピアノを弾く 音楽理論はとても抽象的に感じられることがある

64鍵?

88鍵?

ピアノを買う時には、この点も迷いますよね。

さて次はキーボードですが、アコースティックピアノ電子ピアノとはまた違ったピアノの一種です。

この記事で、全てのモデルについて触れることはできませんが、たくさんあることは確かです。

お店の店員は歩合制で働いていることがあるため、高めの商品を勧めてくるのではないかと心配になることもあるでしょう。そこで以下に、オススメのキーボードのモデルをいくつかご紹介します。

Wurlitzer(ウーリッツァー)のキーボード

64鍵で独特の音が出ます。1970年代から様々なパフォーマンスに使用されてきたモデルです。

Rhodes(ローズ)が販売されてからは格が下がり、主には音楽学校で使用されるようになっていますが、このモデルは次のアーティストの楽曲でその特有の音色を発揮しています。

  • Supertramp
  • Ray Charles
  • Steely Dan
  • Daft Punk
  • The Doors
  • Sun Ra
  • Neil Young
  • Queen

Roland Digital Pianos(ローランド 電子ピアノ) – RD-300 NX / RD-64 / RD-800

Rolandは、パフォーマンス向けの3種類の電子ピアノを販売しています。

  1. RD-300 NX :アコースティックピアノと似た音が出ます
  2. RD-64 :アップライトピアノ、グランドピアノ、電子ピアノ、オルガンの音を出すことができます
  3. RD-800:お値段6万円ほど

Korg(コルグ) SV1 ステージピアノ

Korg社 が見た目とスタイルにこだわったモデル。レトロな印象で専用ケースが付いています。ソフトウェアには様々な音が収録され、キーベッドは次の2つのタイプがあります。

  1. 73 鍵
  2. 88 鍵

Kurzweil Forte

キーボードと電子ピアノを組み合わせたようなモデル。他の電子ピアノが見劣りしてしまいそうです。以下の16の音を使い分けることができます。

  • Rhodes ピアノ
  • Wulitzer ピアノ
  • Clavinet ピアノ
  • チェンバロ
  • パーカッション
  • Celeste ピアノ
  • チャイム
  • ベル

88鍵のモデルで「アフタータッチ」機能のほか、次の機能も含まれています。

  • 23 個のカスタマイズ用ボタン
  • 録音、圧縮機能
  • 3つのバンド・イコライザー
  • 即時充電
シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar