アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発

経済について学びたいですか?

経済学はとても難しい科目の様にも思えますが、スーパープロフの優秀な先生から学ぶことで、簡単に経済について理解できる様になるでしょう。

スーパープロフは大学レベルからさらには専門的なレベルまで、数多くの講師がいます。スーパープロフであなたにぴったりの経済学の先生を見つけましょう。

記事一覧 :

サルでもわかる経済学
24/04
経済学の基本のおさらい 経済学とは何か、そしてそれはどのようなものかを理解することは難しい場合があります。このブログ記事では、経済学について知っておくべきイロハをご紹介します。 経済学とは 「経済学」を定義することは非常に困難で、現在学校や大学で経済学を学んでいる場合はますます混迷を深めるでしょう。 多くの経済学者は、自分自身の分野の定義を見つけようと模索してきました。たとえば: アダム・スミス ケインズ ライオネル・ロビンズ 経済学は、アダム・スミスの理論に沿って自分に関心のある個人が行動した結果であると考えるか、トーマス・カーライルが19世紀にひねりを利かせて「憂鬱な科学(dismal science)」であると言い放ったように考えるのかはともかく、経済学の意味は多くの教科書で広く定義されているところです。そして実際、その定義は結局、経済学と経済学の原則を勉強することがその個人にとって何を意味するかという、あなた自身の見方に帰結します。 たとえば、古典派を含む初期の経済学者の多くは、経済学と経済理論は主に富の創造(wealth creation)によって定義されるという信念を抱いていました。 経済学には、地域経済と世界経済の両方で、間違いなく貨幣と富に焦点を当てている側面があります。金融政策がその好例です。けれども、経済学はより広い文脈の中で考えるべきだと主張する人もいます。 たとえば、アルフレッド・マーシャルはかつて、経済学は「普通に生活している人間についての学問である」と言いました。明らかに、そのような定義ははるかに広く、私たちの日常生活に経済学と経済的概念がどれほど浸透しているかを考える方向につながっていきます。 今日、多くの人が、その中心となる経済学は人間の営みの研究であり、経済学の原理は私たちが決定を下し、行動を起こす上で駆り立てるものは何かを説明するものだと捉えています。 その結果、人間の行動の影響を調べる比較的新しい経済分野が過去数十年にわたって現れてきました。行動経済学がその一つです。 けれども、実際に経済学は学問分野としてどのようなものか、そして経済分析が何を意味するのかを明らかにすることの難しさは、経済学にはさまざまな種類の研究分野があることに着眼することで増大します。経済学には、たとえば次の分野があります。 国際経済学 金融経済学 行動経済学 環境経済学 さらに、経済学者の中には、金融政策や財政政策、国際貿易、雇用、国内総生産などのマクロ経済の問題や課題に焦点を当てている学者や、ミクロ経済学に着目して研究に勤しむ学者もいます。 マクロ経済学とミクロ経済学は似ても似つかないもので、前者が経済全体として機能する経済を見ているのに対して、後者は個人が経済に与える影響を調べています。そのことから、経済学者の研究がそれほど多大に異なる可能性があるとき、「経済学」のある定義を全分野に適用することが果たして公正なのかという疑問を投げかけます。 自分の定義を見つける 煙に巻くような答えは、すべての経済学者を納得させられる可能性が高い「経済学」の定義や、経済学の研究全体をとらえるような包括的な定義が実のところ存在しないということです。 ただし、経済学を学ぶ学生にとって重要なことは、自分に最も適した経済学の定義を試行錯誤してみることです。さまざまな経済学の定義を研究することによって、過去と現在のさまざまな経済学者が自分たちの分野についてどう考えているのかを理解できるようになるでしょう。さらに、あるテーマ全体についてより広い理解を得て、自分はどの分野に興味があるのかについての考えを膨らませることができるでしょう。 もちろん、有名な経済学者について研究するのに手助けが必要な場合は、Superprofの経済学者の先生も喜んで力をお貸しします。 知っておくべき25の経済学用語 経済的な知識を身に付けたい人は、試験の準備、特定の分野についての一般的な知識の習得、または成績の全体的な向上が目的かどうかにかかわらず、最も一般的な経済学用語に精通している方がいいでしょう。 経済学には、数多くの用語があります。たとえば: 強気相場と弱気相場 ケインズ経済学 需要の価格弾力性 インフレ、デフレ、スタグフレーション 用語の数が多いため、その用語に慣れていないと理解しにくい場合があります。最初は経済学を勉強するのが少し難しいかもしれませんが、定期的に新しい用語を学ぶことによって、次回のエッセイ、授業の課題や試験に自信を持ってそれらの用語を駆使できるようになるでしょう。 そのため、ゆっくりとしたペースで、週に1つか2つの重要な用語に慣れるようにし、その用語の使用法やその意味に慣れてきたら次へ進む、というようなアプローチを取るのが一番いいでしょう。学習過程をいくつかのセクションに分けて、マクロ経済学の用語を1週間みっちり学び、ミクロ経済学の用語は次の週に学ぶというようにしてもいいでしょう。 重要な経済用語の学習で助けを借りたい人や、経済用語についてもっと詳しく学びたい人は、Superprofの先生を雇って、目にする可能性がある最も一般的な経済用語について説明してもらうのも一つの手です。 Superprofは、個別に、またはグループで、オンラインと対面式のレッスンを提供させていただいているため、優れた先生を見つけて簡単に学習のスタートラインに立つことができます。 経済学:理論か科学か? 上記のように、経済学のコミュニティでは、厳密に経済学とはどういう意味なのかの定義については諸説紛々としていますが、なにも定義することだけが経済学で交わされている唯一の議論というわけではありません。 近年最も激しく議論されているテーマの1つは、経済学を(自然)科学と見るべきか、社会科学と考えるべきか、はたまたまったく科学と見るべきではないかという点です。議論は何年も続いていますが、それは次の3人の経済学者がノーベル経済学賞を受賞した後の2013年にピークに達したように見えます。 論争になっていたのは、2人の経済学者、ロバート・シラーとユージーン・ファーマは互いに反対の考えを持っているようだ、という点でした。 経済的な実験は同じ制御された条件下では実施できないので、経済学は、生物学、化学、物理学などの自然科学と分類することはできないという議論もあり、それは何年も続いています。 これは、多くの経済学的テストが、ご存知のように時に不合理で予測不可能な人間の行動を調査対象としているためだ、ということが多分にあります。 その結果、多くの人が経済学を心理学、政治学、法学などの分野に属する社会科学に分類することで手を打ちました。 経済学を自然科学と呼ぶことをもっともだと思わせるのは難しいかもしれませんが、これはテーマとしてのその重要性を損なうものではなく、また経済的傾向や人間の行動に対する議論を生み出すために数学的あるいは統計的要素を用いる経済理論を批判することにもなりません。 経済学は、日々のニュースの見出しに始まり、私たちがどのように基本的に相互に係り合うかに至るまで、私たちの身の回りで起こっていることを扱っているところが多々あるため、その重要性については議論を挟む余地はありません。 ノーベル経済学賞の歴史 経済学が自然科学であるか社会科学であると考えられるかにかかわらず、ノーベル経済学賞の位置づけから、未だ科学として分類されるという事実が残っています。ノーベル経済学賞のフルネームは、「アルフレッド・ノーベル記念経済科学(Economic Sciences)スウェーデン国立銀行賞」です。 最初の5つのノーベル賞の分野は、スウェーデンの化学者、発明家、そして産業家であるアルバート・ノーベルの意志で1895年に創設されましたが、ノーベル経済学賞が実際に確立されたのは1968年でした。 それ以来、ノーベル経済学賞は以下の人たちを含む尊敬される数多くの経済学者に授与されてきました。 フリードリヒ・ハイエク ミルトン・フリードマン ダニエル・カーネマン […]