一般教科 音楽 ヘルス&フィットネス 言語

フランス語を習いたいですか?

私達のフランス語の講師はフランス語の学び方についてのヒントをくれます。例えあなたがフランス語のビギナーだとしても、試験や検定をひかえていても、さらなる会話力の向上のためでもきっとあなたにぴったりの講師が見つかるはずです。フランス語が習いたいなら、スーパープロフで先生を探してみましょう。

記事一覧 :

フランス帝国の事実
15/03
フランスについての面白い事実:フランス帝国 フランスは、イギリスがとても愛する国。その一方で、イギリスが嫌う国でもあります。愛される理由は、その料理とファッション。嫌われる理由は、フランス帝国とイギリス帝国の間で多くの戦争があったためでしょう。けれど、フランスはどのように帝国として這い上がったのでしょうか?以下で、その問いにお答えしています。フランスについての面白い事実もチェックしてみてください。 フランス植民地帝国:第一の試み フランスはその歴史上、王が統治する王国であった時代がとても長かった国です。最初のフランス国王は、5世紀に生きたフランク人のメロヴィクスであったと言われています。しかし、その当時中央ヨーロッパの大部分を支配していた(例えば、カール大帝のころ)にも関わらず、帝国と名乗るようになったのはナポレオンの時からです。 フランスは多くの植民地を支配する強国として存在。最初の植民地化の波は、主に17世紀に起きました。 ヌーベルフランス(ニューフランス) 16世紀、アメリカ大陸の発見後、スペイン人による誇大な騒ぎに便乗し、フランスも及び腰のまま、何回か新世界での植民地化を試みます。フランスは1605年にアカディア(後のカナダ、ノバスコシア)の新しい土地にポート・ロイヤルを設立。これが最初の真の植民地でした。 3年後の1608年、サミュエル・ド・シャンプランがケベック植民地を構築。ケベックは、ニューフランス植民地の首都となり、主に毛皮貿易で栄えます。フランス人探検家らがセントローレンス川沿いの西へ、次に、五大湖と川を経由した南へと領土を広げ(1699年に、ミシシッピ川西の広域を含むルイジアナの所有権を主張)、川沿いに新たな商館を設けます。しかし、フランス人は農業を確立させるよりも、地元の民族との毛皮貿易のネットワークを築くことに力を入れていたため、このアメリカの植民地で大幅に人口が増えるということは一度もありませんでした。 赤道の南 西インド諸島では、1625年にセントキッツ(フランスとイギリスが領有権を分かち合った島)に植民地を築いたのが最初でした。1635年、リシュリューがカリブ海諸島を支配しタバコプランテーションを築くため、無力であったセントクリストファー会社に代わる北アメリカ会社を設立します。影響が及んだ国には、サン=ドマング(フランスがスペインと分割し、それぞれの領土は後にハイチおよびドミニカ共和国となる)、クアドループ、マルティニークがありました。北アメリカでフランスは現地人とカリブ海のプランテーション運営に取り組み、最初はタバコ、後にサトウキビを対象としました。これは、現地の人の奴隷およびアフリカの奴隷貿易にほぼ頼った形行われていました。実際、連続的に反乱が発生して民族浄化の動きへと繋がり、1660年にはカリブ海の住民が虐殺され、マルティニークの島民がほぼ絶滅したと言われています。 現地人とその他の植民地支配国の間で数多くの争いがあった後、1676年以降、今のフランス領ギアナ(ブラジルの北)に植民地が築かれました。 アフリカへの最初の襲撃 1664年、セネガル沿岸に商館が建てられてたことが、フランスによるアフリカ植民地支配のはじまりでした。フランスは主にアフリカ内地からの奴隷を、カリブ海の植民地に送りました。 フランス東インド会社は1665年、レユニオンとモーリシャスでの植民地構築に成功(ただし、フランスはこれより前に領土所有を主張している)。これらの場所は、東行きの船の供給地点として機能しました。1719年までにフランスはインドに最初の足場を築き、さらに、ムガル帝国の崩落を上手く利用し、インド現地の対イギリス派支配者を支援しました。 最終的に敗退したフランスは、ポンディシェリとチャンダンナガルのみ所有権を維持。そのどちらも1954年に、独立国となったインドに統合されています。 最初の植民地帝国の敗退 ユトレヒト条約は、アメリカにおけるフランスの植民地にとても重要な影響を及ぼしました。この条約の主な目的は、ハプスブルク家のチャールズ2世による王位継承失敗をうけ、スペインのその後の継承を規定することでした。この条約でルイ14世の孫にスペイン王位が認められましたが、フランスのいくつかの植民地の所有権が変わることになります。例えば、ハドソン湾近くのニューファンドランドとルパート・ランドは、イギリスに譲渡されました。 その後百年以上、フランスは主に戦争に負けたことが理由で、植民地の大部分を少しずつ失っていきます。オーストリア継承戦争 (1744-1748)、アメリカではフレンチ・インディアン戦争と呼ばれる七年戦争 (1756-1763)、そして、フランス革命 (173-1802) により、フランスはカナダとカリブ海の大部分の領土をイギリス帝国に譲ることになります。ルイジアナは、1762年に秘密裏に結ばれたフォンテーヌブロー条約により、スペインに譲渡されます(ただし1800年に、これもまた秘密のイルデフォンソ条約により、フランスがスペインから再度購入)。 フランス第一帝政:ナポレオン・ボナパルト フランス革命の後、アンシャン・レジームの崩壊をうけ、フランスは適切な政治のあり方を見つけようといくつかの体制を繰り返します。恐怖政治の後、総裁政府は帳尻を合わせようとしますが、ナポレオン・ボナパルトがブリュメール18日のクーデターで総裁政府を打倒(実際には1799年11月9日だった)。三人の統領から成る統領政府が立ち上げられ、ナポレオンは第一統領になります。1802年にイギリスとアミアンの和約が結ばれると、ナポレオンは生涯の統領となることが投票により可決されます。 その間カリブ海では、元奴隷のトゥーサン・ルーヴェルチュールが率いるハイチでの暴動により、ナポレオンは1803年、アメリカへのルイジアナ領土の売却を強いられます。これによりフランスの植民地が大幅に削減されました。 1804年、国会はフランスを帝国とする法案に可決し、ナポレオンが皇帝に在位します。12月2日に戴冠式が執り行われました。 フランス帝国の全盛期 ナポレオンは、総裁政府の下で征服を開始します。対象となったのは以下の地域でした。 イタリアの大部分 スイス オランダ ベルリンからライン川西岸に至るまでの領域 第一統領であるナポレオンはイタリアの征服を続け、ライン川流域を超え、ドイツ北西沿岸のハノーバーとクックスハーフェンまでフランスの領土を広げました。 皇帝の座についてからは、ドイツ西部の大部分(バイエルン、バーデン、ヴュルテンベルク、ザクセンの各州)を併合し、スペインの征服に着手します。 困難と失脚 ナポレオン皇帝に対するスペイン人からの反乱が強まり、フンタと呼ばれるゲリラも発生します。数年のうちに、ナポレオンはイギリスのウェルズリー(ウェリントン公爵)に撤退を迫られることに。その間、プロイセンは秘密裏に同盟を築いていました。ナポレオンははじめアウステルリッツの戦いで勝利しますが、元同盟国であったロシアが間もなく対フランスの連合軍に加わると公表。ナポレオンは1812年にロシア戦役を開始します。しかし、その間も軍隊の大部分がスペインでの反乱の対応に追われていました。 優れた軍事力を発揮したものの、ナポレオンは何度も後退を迫られ、1814年、パリは敗北を表明します。ナポレオンは4月に退去し、ナポレオン戦争が終結します。 ナポレオンはエルバ島に追放されますが、1815年、新しい「7月王政」の王であるルイ18世(ルイ16世の弟)に対して、クーデターを試みます。その後百日間ほど統治しますが、ワーテルローの戦いで敗北。今度はセントヘレナ島へ追放され、1821に死去しました。 フランス第二帝政:ナポレオン3世 ルイ18世による王政復古の後、彼が1824年に死去すると、弟のシャルル10世が即位します。シャルル10世が1831年に退位すると、ルイ・フィリップ(ルイ16世のいとこ)がフランス国王に選出されます。 1848年の革命の後、ルイ・フィリップは退位し、孫に王位を譲りますが、政府により王政は廃止され共和政が返り咲きます。政府は、ナポレオン1世の甥であるナポレオン3世をフランス初の大統領に選出します。しかし、この政体では大統領二期を務めることができなかったため、彼は1851年にクーデターを起こし、1852年にナポレオン3世の名で皇帝に即位し(叔父のナポレオン・ボナパルトと同じ12月2日に)戴冠式を行います。 ナポレオン3世は、最後の普仏戦争となったセダンの戦いでドイツに降伏する1870年まで君臨します。 こちらでフランスに関する事実をさらにご紹介しています。 フランス植民地帝国:第二の試み ナポレオン戦争終結後、イギリスは以下を含む海外領土の大部分をフランスに返還します。 フランス領ギニア セネガルの商館 インドの植民地 しかし、セーチェルとモーリシャスはイギリスが併合します。 シャルル10世はハイチ所有権を回復しようと試みましたが、最終的に独立を認めます。ただし、独立の際はハイチに対し、フランスのプランテーション経営者に賠償金を支払うように強制しました。 1830年、アルジェの太守とフランス領事の間で揉め事があり、フランスはアルジェリア侵略を決行。しかし、完全に征服したときにはすでに1847年になっていました。 その後、ナポレオン3世の統治下で、フランスの膨張主義が返り咲きます。今回の対象はヨーロッパではなく、植民地でした。ナポレオン3世は、ニューカレドニアおよびコーチシナ(ベトナム南部の地域)に植民地を築き、カンボジアの一部を保護国とします。さらに、アフリカの植民地化も進め、セネガルの商館から奥地へ進み、西海岸沿いを植民地化します。1848年に奴隷が禁じられますが、それに変わり、新たなアフリカの植民地では、アラビアガム、ピーナッツ、バンバラマメのプランテーションに力を入れるようになりました。 ナポレオン3世は南アメリカへの領地拡大も試みます。ベニート・フアレス率いるメキシコ臨時政府が、転覆した政府の外債支払いを拒むと、それを不満とするフランス、イギリス、スペインが武力干渉に踏み出します。フランスはさらに、マクシミリアン(オーストリア皇帝の弟で、ベルギー国王の娘婿)をメキシコ皇帝に即位させます。しかし、メキシコの抵抗はまもなく勢いを増し、ナポレオン3世は1866年に援護を停止。マクシミリアーノ1世は、一年後に処刑されています。 脱植民地化 第一次世界大戦でフランスが植民地の役割を認識しなかったため、植民地で異議を持つ人が増えましたが、フランス政府はいかなる政策も講じませんでした。しかし、第二次世界大戦が終わると、フランスは植民地の自治権を認めるようになります。1946年、DOM(海外県)が形成され、フランスに残ることを希望する特定の植民地に、本土のフランス市民と同等の権利が認められました。以下は、DOMとなった植民地です。 グアドループ […]
フランス語を話す30の国
12/03
フランス語を話す国って? 「リンガ・フランカ」という言葉を聞いたことがありますか?これは、共通語を意味し、多くの人々に話されているために通商語として受容されている言語のことです。今日のリンガ・フランカは英語です。 しかし、リンガ・フランカは実は「フランス語」を意味するのです。 イギリス帝国について多く語られる一方で、フランスも顕著な植民地帝国を築いたという事実は忘れられがちです。アフリカと南アメリカの一部、オセアニア諸島などが主でしたが、当時は、広範な地域を占めていたため、他国の人との会議に用いられた言語はフランス語だったのです。 ここでは歴史の話は後にして、フランス語とその学習法について見ていきましょう。 フランスとその言語についての面白い事実もチェック。 フランス語を話すために 周知の通り、フランス語はラテン語から派生したロマンス語です。よって、フランス語の単語の多くは、ロマンス諸語(いわゆるヨーロッパの方言)との近似性が見られます。英語はその特色の多くが共有されていませんが、今もいくつかの英単語と表現はフランス語が起源となっています。ですので、英語話者がフランス語を学ぶのは比較的簡単です。 よく使われるフランス語のフレーズ「déjà vu」「je ne sais pas’」「‘c’est la vie’」なども、英語の会話でよく使われています。 「tion’」や「sion’」で終わるフランス語の単語は、英語のスペルとほぼ全く同じで、その意味することも大抵同じ。学習者には嬉しいことです。 フランス語を学ぶのであれば、ジェンダー、動詞の活用、鼻音の発音を理解する必要があります。また、いくつかの母音にはアクセントがあり、よく使われる動詞には「不規則」に分類されるものがあります。実際、深く学べば学ぶほど、すべての動詞の活用のきまりには例外があることがわかります。 以下は、最も一般的な動詞です。 être – ~である、~になる avoir – ~を持っている、~を手にする aller – 行く・進む venir – 来る フランス語を学べば、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、カタルーニャ語などの他の言語の習得が楽になります。 フランス語を話す国(ヨーロッパ) フランス語話者と言われると、パリやバケット、こじんまりとしたカフェ、石造りの家…
フランスの面白い事実
08/03
フランスの国、歴史、言語についての面白い事実 言語は歴史によって形作られますが、フランスの歴史には、興味深い事実がたくさん含まれています。Superprof では、フランスの文化についてできる限りたくさん知ってもらいたいと考えています。 フランス語にまつわる面白い事実 フランス語を学びたくて仕方ない?アリアンスフランセーズや Superprof のレッスンをもう予約しましたか?フランス語についての面白い事実を、以下に並べてみました。 フランスはロマンス語の一種であり、主にラテン語から進化した言語である。 ユリウス・カエサルがガリアを侵略し、ラテン語が行政言語となる前、ガリア人が話していた言語はガリア語であった。 カール大帝は子供のとき、読むことを学ばなかった。大人になってから学び、識字向上のため学校の設立を推し進めた。 中世には、フランス語には主に二つの方言があり、一つはオック語(「Langue d’Oc」-フランス南部のラングドック=ルシヨン地域圏の名前の由来となった)、もう一つはオイル語(Langue d’Oil)であった。これらの言語名は、それら二つの言語において「はい」を意味した。 フランス語で小説を意味する言葉は「roman」。ラテン語ではなくフランス語(「Roman」とも呼ばれる)で書かれた最初の本で、騎士道と冒険の物語であった。 フランス語と現地の言語の文法と語彙を合わせたフランスのピジン言語は、「クレオール」と呼ばれる。マルティニーク、グアドループ、フランス領ギアナ、アフリカ諸国で話されているクレオールがある。 最初のフランス語辞書は1606年、最初の文法書は1531年ににさかのぼる。 歴史:王国、フランス共和政、帝国と植民地支配 フランク王国 ローマ帝国の崩壊に伴い、ゲルマン民族がヨーロッパ全土に新たな国家を設立しました。その民族の一つが、メロヴィング朝が支配するフランク族でした。フランク王国最初の正式な王はおそらくキルデリク1世でしょう。彼は、メロヴィング朝の伝説上の創設者の息子とされています。キルデリクの息子クロヴィスは496年にカトリックに改宗したことでよく知られます。 メロヴィング朝に続いたのはカロリング王朝で、事実上初のフランス帝国となりました。ただし、当時は帝国とは呼ばれていませんでした。カロリング王朝の下、フランク族はヨーロッパ本土の大部分に力を及ぼし、東はバルト三国、北はデンマークとの国境、南西はスペインを除く全土を支配しました。 フランスを支配した最後の王朝は、ブルモン家でした。987年に即位したカペー家の分家であるブルモン家が、1589年に即位しました。 共和政、総裁政府、統領政府 革命後の1792年に明確な計画があったアメリカとは違い、フランスはよろめきながら民主主義へと進んでいきます。民衆が人民評議会での十分な代表権を求めると同時に、貧困とインフレに対する不満を抱いたことから生じた数々の暴動は、マラーやロベスピエールのような扇動家をリーダーとしたバスティーユ牢獄の襲撃へと急速に展開。それらの扇動家らは、フランス革命中にフランス民衆を駆り立て、自由に反対する人々の迫害を扇りました(「自由に反対する」という曖昧な概念により、ギロチンで多くの人が死刑にされた)。 最初、フランスは立憲君主制を目指していました。ルイ16世をベルサイユ宮殿からパリのルーブルへ移動させ監視を強めましたが、彼は妻のマリー・アントワネットとオーストリアへ脱出しようとして信頼を裏切り、ギロチンにかけられ処刑されました。 その後、総裁政府が設立されますが、ほとんど機能せず。そこで、ナポレオン・ボナパルトが登場し、クーデターを扇動し、3人の連合政治を樹立。第一執政官となります。 最初の帝国 政治的な動きの中で、ナポレオンは選挙を実施。コルシカ出身の若い少将ナポレオン1世を初の正式な皇帝として、フランスを帝国とすることがほぼ満場一致で決定されます(この時点ですでに総裁政府は、イタリア侵略、ベルギーとオランダをの併合に勤しんでいた)。 ナポレオンは膨張主義を継続し、ドイツ南部を併合し、イタリアでも軍事を推し進めることになります。それまで同盟国だったロシアの援助を受け、ナポレオンはスペインを侵略します。 そこで最終的にウェルズリー少将により撃退を強いられる一方、ロシアと、プロイセン率いる対抗同盟により、1814年に敗北することになります。 フランス第二帝政 フランスはまだ目指すべき方向性が定まらず、再び王政が返り咲きます。ルイ16世の弟ルイ18世が立憲君主として即位。しかし、コルシカ島出身のあのナポレオン・ボナパルトがまもなく力を取り戻したことにより、治世が乱れることに。ナポレオンはワーテルローの戦いで破れ、セントヘレナ島に流されました。 その後二度の王制(シャルル10世、ルイ・フィリップ)の後、フランスは共和政に戻ります。ナポレオンの甥であるルイ=ナポレオンが最初のフランス大統領に選出されます。 残念ながらこの新しい体制では、第二期任務に向けた立候補ができなかったため、彼は自らを皇帝であると宣言します。 フランスは今、第五共和政が続いています。 植民地支配の栄枯盛衰 17世紀におきた植民地化の最初の波は、北アメリカ(ケベックとルイジアナを含むヌーベルフランス)、南アメリカ(カリブ海地域、フランス領ギアナ)、そして、インド貿易の中継地とするためのマダガスカル周辺の島々を中心としており、限定的ではありましたがフランスはインドにも入植しました。 戦争と不利な条約の締結が重なり、フランスの植民地は激減しましたが、セーシェルなどはナポレオン戦争後も領有権が保持されました。 総裁政府(ディレクトゥール)と統領政府(コンスル)はどちらも、ヨーロッパ外での領土確保を試みました(特によく知られるのは北アメリカ)。膨張主義の第二の波がナポレオン3世の下で訪れます。フランスは、北アメリカの大部分とベトナムおよびカンボジアを所有します。 脱植民地化 二回のフランス共和政が遂行する中、それらの植民地では不満が高まっていました。第二次世界大戦後ようやく、海外県(グアドループ県やマルティニーク県など)が、正式にフランスの一部となりました。 残りの領土(フランス領ポリネシアなど)では、独立したり、フランス共和国での特別な地位を獲得したりするようになりました。そういった地域では、最初は海外領土、2007年からは半独立の海外共同体の地位を得ています。フランス帝国についての詳細は「フランス植民地帝国」で読むことができます。 言語:フランス語は世界約30カ国以上で話されている フランス語は、すべてのフランス海外県・海外領土で公用語(または、公用語の一つ)として今も話されていますが、旧植民地や領土の多くでは、フランス語が公用語の一つとなっています。例えば、ポンディシェリとシャンデルナゴルのインド地域では、行政言語となっています。実際、20世紀前に敗北した多くの植民地では、今も何らかの形でフランス語が話されています。ケベックとルイジアナ州の一部はその例です。 ヨーロッパのベルギーやスイスの一部などでは、一度(あるいは二度、あるいは何度も)フランスの領土となった地域で今もフランス語が話されています。EU のいくつかのミニ国家でもフランス語がは話されています。 フレンチリビエラ沿い南のコート・ダジュール ストラスブール、欧州連合本部のあるブリュッセル近くのルクセンブルク ピレネー山脈にあるアンドラ(フランス語は公用語ではない) イギリスの一部でも、今だ一部の住民によりフランス語の一種が話されています。イギリスのチャンネル諸島では、ノルマンディーで話されるフランス語の一種が話されています。 学校で教えてくれない、フランスについての豆知識 フランスのモン・サン=ミシェルは、干潮時には歩いて行ける フランスのノルマンディーの海岸で、潮の満ち引きによるとても美しい自然現象が見られます。引き潮のときには何キロにも渡る砂浜が現れ、修道院と町のある小島に歩いて行くことができます。もちろん今は高潮でも、本島とを繋ぐ橋を渡ってモン・サン=ミシェルへ行くことができます。フランス一美しい場所の一つで、ノルマンディー海岸で人気の訪問地となっています。 プログラムできる初の機械はフランスで生まれた コンピューターの進化というとシリコンバレーを想像しがちですが、最初のプログラムは、リヨンの機織り屋のフランス人ジョゼフ・マリー・ジャカールが発明した力織機でした。ジャカールは織物のデザインで知られ、穴の開いた丸いロール紙を使用して、力織機で経糸と緯糸を調整して自動的にパターンを生成する方法を思いつきました。フランスの観光客は、リヨンで織物装飾芸術博物館でオリジナルを見ることができます。 最初のコンピュータプログラムは、ジョージ・ゴードン・バイロンの娘、エイダ・ラブレスが、イギリス人発明家チャールズ・バベッジの解析機関のために書いたものでした。しかもこれには、一切電気が使われていません。 […]