アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発

ピアノが弾けるようになりたいと思ったことはありませんか?

そんなあなたに朗報です!スーパープロフの経験豊富な先生は最適なアドバイスと知識を教えてくれます。あなたのレベルに合わせて上達するお手伝いをします!

スーパープロフには5000人以上のピアノ講師がいます。プロフィールを確認してレッスンを受けましょう!

記事一覧 :

ピアノ初心者へのアドバイス
20/05
どうやってピアノを始めたらいいの? ピアノを習いたいと思っても、音楽やその理論となるとさっぱり分からない。楽譜やリズムなどと言われてもピンとこない。そんなあなたもご心配なく!少しずつわかってきます。 昔は、個人指導の先生を雇い、ピアノを弾くことができたのは裕福な家庭だけでした。しかし今では、ほぼ誰でも先生を雇ってピアノを習うことができます。オンラインの個別指導では、魅力的な価格でピアノレッスンが提供されています。 音楽の学校に通うのは向いていないという場合は、自宅で快適にピアノのレッスンを受けるというオプションも。個別指導の先生の助けを借りて、楽譜の読み方を学ぶことができます。オンラインのチュートリアルで、指使いなども教わることができます。 人それぞれピアノのゴールは異なりますが、初心者向けのアドバイスを以下にご紹介します。  迅速な習得への近道は基礎をマスターすること 最初のピアノレッスンを受ける前は、できる限り早くすべてを習得したいと考えるかもしれません。けれども、ピアノを弾くには辛抱強さが求められます。楽器のレッスンは、典型的な学校の授業とは全く違うのです。 ピアノを弾く前に、いくつか知っておくべきことがあります。 片手ずつ練習し、一音符ずつ解釈して、ピアノの弾き方を学びましょう。これは、ピアノを上達させるのに不可欠なテクニックです。基礎をマスターしないと、どんな練習も無駄になってしまいます。 数週間後のいとこの誕生日に、ピアノを弾いてびっくりさせたいなどというシチュエーションもあるでしょう。「チョップスティック」などの簡単な曲を弾くことになるかもしれません。 最初は、何度も聞いたことがあるよく知られた曲を選ぶと良いでしょう。ピアノでも電子ピアノでも構いません。リズムとメロディーはすでに頭に染み込んでいて、自分のものとなっているはずです。 ただし、曲を知っているだけでは上達しません。オンラインで無料で公開されているピアノレッスンを利用したり、資格のある先生の指導を受けたりすれば、速く習得が進みます。 個別指導の先生に学ぶことだけがピアノ習得の方法と思っているかもしれませんが、オンラインのチュートリアルでも学べます!バーチャルで曲の弾き方や楽譜の読み方を学べるのです。弾きたい曲のチュートリアルを探すだけで、すぐに練習を始められます。 もう一つ大事なのは、楽しんで学ぶこと!イライラしながら弾いていると、習得も遅くなります。そうすれば、学びたいという思いも低下し、いいことはありません。リラックスして、定期的に実践できる達成可能なゴールを設定しましょう。 一番は「楽しむこと」。それができれば、どんな曲でも弾けるようになるでしょう。 大人になってからピアノを学ぶ 大人になってからピアノを弾けるようになるのは難しいと考えられていますが、実はそうでもありません。学ぶためのテクニックが異なるだけです。 「楽器を学ぼう!」と決心する大人の数は増加傾向にあります。名ピアニストになるには遅すぎる、と年齢を気にする必要は全くないのです。 しかし、「一日で名曲を美しく弾けるようになる」などというのは、目標を高く設定しすぎています。簡単なメロディーのシンプルなピアノ曲から取り組みましょう。 忍耐強くなり、困難に直面しても冷静に対処していきましょう。小学生のときとは、学びのスピードも学び方も異なるからです。 楽器を学ぶには、練習するための時間を十分に確保する必要があります。仕事や家庭の事情で難しい場合もありますが、鍵盤の前で数時間はスケールやアルペジオを練習したいものです。一週間に数時間練習の時間を予定し、その予定を守るようにしましょう。 モチベーションはとても重要です。一回苦戦しただけで諦めないように!自分の好きな曲を選んだ結果、3日後には難しすぎて気が変わったということのないようにしましょう。時間をかけて努力をすれば、どんな困難も乗り越えられるものです。実際にやってみればわかります。ピアノを習うことで、辛抱強さも身に付きます! モチベーションが低下しないよう、最初はシンプルな曲を選びましょう。初心者向けの簡単なコード進行の曲から始めてみてはいかがでしょうか。難しい曲は、もう少し後になってから取り組むようにしましょう。ベートーヴェンの交響曲第5番やラヴェルのボレロは、初心者向けではありません。 モチベーションの維持が難しいと自分でわかっている場合は、友達と一緒にピアノを学んだり、個別指導の先生を検討したりしてみましょう。基礎を学ぶときの課題克服をサポートしてくれるはずです。 ピアノを学ぶための本 ピアノ初心者の間では独学をする人が増えています。独学しはじめたばかりの時は、本がとても役に立ちます。基礎を学べ、個別指導と合わせて使えばより強力な学びのリソースとなります。参照用としても効果的です。 しかし初心者の場合、どんな本が良いのでしょうか? どの本を選ぶかは、実はとても重要です。何千もの本が販売されています。あなたに合ったピアノの本は、あなたの期待に応える内容のものです。 例えば、 音楽理論についての本:ピアノの弾き方と音楽理論を学べる本がたくさん出ています。そういった本なら、初心者でも楽譜の読み方や音楽全般の基本事項を学ぶことができます。ワークになったものや、DVD 付きのものまで様々な種類があります。 ピアノコースに補足して使える本:ピアノのコースに加えて手元に持っておくと便利な本です。 ピアノ自体を学ぶための本:何かと忙しく、独学で学びたいという人の場合、指の置き方や運指などのテクニックが説明されていて、コード表が記載されている本が良いでしょう。初心者向けのものもたくさん出ています。 習い始めは、理解しやすい本を選ぶことが重要です。文章と図解がバランスよく掲載され、読むのに時間がかかりすぎて練習の時間がなくなるということがない本にしましょう。 しかし、ピアノの場合、いくら良い本でも、経験と専門性を持った先生にとって代わることはありません。ただし、どこへでも持っていける、という本にしかない良さもあります。 ピアノで即興演奏ができるようになるには? 即興といっても、ただ流れに乗って音を出せばいいわけではありません。実際、即興演奏ができるようになるのは、音楽理論を学びピアノをマスターしてからです。理論やテクニックがあれば、演奏しやすくなります。 即興のテクニックはたくさんあり、学ぶのには多くの時間がかかります。 初心者の場合、少なくともスケールについて知らなければなりません。 スケールとは? スケールとは、一定の音の集まりのことです。西洋の音楽では、メジャースケール、マイナースケール、クロマチックスケールがよく使われます。初心者の場合、即興演奏をする前にスケールを知ることが重要です。 初心者でも少しの自信を持っていること、そして、即興演奏をする場合、理論と楽器の両方について知っていることが大切です。そうすれば、理論を実践に応用し、ルールに縛られずに演奏できるからです。例えば、左手で、コードではなくメロディーを弾くといったアドリブができます。 音楽のレパートリーを増やすのもよいでしょう。モーツァルトやバッハ、ショパンを聞くだけでなく、久石譲など現代的な音楽も聞いてみましょう。レパートリーを増やせるだけでなく、異なるスタイルやジャンルへの興味の域を広げていくことができます。 即興演奏には制限がありません。自分の感情をあくまで自分のやり方で表現します。自分らしい演奏をして、次なるピアノの巨匠を目指しましょう。今はたとえ、いとこの誕生日パーティーのためでも…