アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発

生物学を知ろう

自然を発見し、生物学が日常生活をどのように形成し、どのように進化したかを学びませんか? Superprofは、あらゆるレベルの生物学の先生に最適なプラットフォームです。

記事一覧 :

アッと驚く芸術と生物学のつながり
25/09
生物学に見る芸術 芸術と生物学の間でつながりを見つける。それは、以前は思いもよらなかったことかもしれません。けれどもこの一見異質な分野の間に多くの共通点を見出せます。長い間、芸術は人間や他の動植物をよく観察し、自然の複雑な営みを絵や彫刻の形にしてきました。 もちろん、科学の概念について教えるために、学校の教科書にはイラストや挿絵が必要ですが、それにとどまらず、生物学と芸術の世界とのつながりがはるかに強くなってきています。 この記事を読み進めて、科学と芸術が生物学的な過程と現象を捉えてどのようにつながるかを探ってみてください。これにより、芸術の愛好家は生物学も愛することができるかもしれません! 生き物の描画 – ヒトの造形 人間の姿は長い間多くの絵画のテーマになってきました。ヌード写真はいまだに物議をかもしていますが、歴史的には芸術として捉えたヌードに恥ずべき点はありません。 人物画の描写、それにさまざまなポーズや姿勢をとった男女のモデルのスケッチは、何世紀にもわたって存在してきました。この分野の芸術家は、純粋な観察を通して自分の目の前に立つ生身の人間をモデルとして作品を構成しているため、表現の幅が限られてきます。 先史時代でさえ、社会は人の身体の観察に関心があり、すでに人の姿を洗練された形で捉えていたことが壁画から分かります。1700年代後半には、描画スキルがアーティストの前提条件であると見なされ、多くの人がアトリエで時間をかけて作画を練習しなければなりませんでした。 今日まで、美術を専攻する学生は、他の人との視点の違いを演出するために、円や半円を重ねてモデルを描く傾向が続いています。 現代のアーティストは、モデルの外観を誇張したり湾曲したりして、作品に余分なものをもたらし、構成とスタイルの間でバランスを取っています モデルをデッサンする人は、あらゆるタイプの人物を描く方法を学ぶことがよしとされています。そのため、体形は人それぞれ異なるという事実に目を向けます。 人体の観察の芸術 動植物や人物画は、その描き方が非常に重要で、表面に見えるものを紙に描写することに重点を起きますが、一部のアーティストは、表面の下にあるものにもっと興味を持っています。 私たちの多くは、解剖学や、毎日刻々と生き続けるために器官がどう働いているかといった、体の仕組みの複雑さをあまり知らずに人生を過ごしています(心が生涯にわたって経験する感情の起伏については言うまでもありません)。 けれども人物画を描くアーティストは人間を非常にリアルなスタイルで描き、筋肉、骨、臓器などの人体の構造をつぶさに観察しているところを示します。この最もよい例に、ミケランジェロが裸体の男性について詳細な観察を行ったことが挙げられます。 カンバスの上で人の身体を再現しようと苦心するアーティストのように、ひとたび身体の部位をより詳細に観察し始めると、身体がいかに精巧にできているかに刮目するのではないでしょうか。私たちの身体は何ができ、それをどれだけ上手く使っているかを理解したら、身体の見方が180度変わるかもしれません! レンブラントは、ミケランジェロのスケッチほど詳細ではありませんが、外科手術に焦点を当てた一連の絵画を創作したことで有名で、人体解剖学に対する関心を高めることになりました。 当時は皮膚の下にあるものについての情報と知識が足りなかったため、検死と解剖への注目は否応なく高まりました。人々は自然に死体に注目するようになり、アーティストのモチーフは解剖学のレッスンを反映することでした。 抽象芸術と人間の造形 スペインの芸術家、パブロ・ピカソは、20世紀の芸術の巨匠で、人体を表現することにかけて非常に独特なスタイルを持っていました。 革新的なアーティストであるピカソは流行に流されることなく、男性と女性の身体の伝統的な見方を抽象的な形に再配置しました。ピカソは今まで普通に捉えられていた形を完全に放棄し、何が現実で何が幻想であるかという問題を提起して、人々の感情を掻き立てました。 このアプローチは今日さらに身近なものになり、以前にも増して何が美しく見えるか、そして美とは何かに多大な焦点が当てられるようになりました。ピカソがまだ生きていて今日も絵を描いているとしたら、整形外科のまやかしや、メイクアップや染毛剤を使用する現代のやり方に由来する驚くべき変容をどう描写したでしょうか? 生物写真 必ずしも一般的な芸術形態というわけではありませんが、写真は生物学の世界、特に犯罪捜査の分野で非常に重要なウェイトを占めています。 犯罪現場では、現場を視覚的に物語るものとして証拠写真を撮影します。これには、事件に使われた凶器や、殺人事件の場合は死体も含まれます。暴行致死や強盗殺人の場合、犯罪現場の捜査官は死亡した人の写真撮影を手配します。テレビドラマの『CSI:科学捜査班』や『法医学捜査班』を見たことがある人は、 このプロセスに詳しいはずです。 ほとんどの写真は警察のファイルに保存されますが、1910年代のニューヨークの犯罪現場を示す写真など、身の毛もよだつ写真が後に公開されることもあります。その写真は、ウィルフリード・カウトが著した『Murder in the City』という本の中に収められています。 写真は一般公開を予定したものではありませんでしたが、20世紀初頭の10年間(殺人の比率が非常に高い時代でした)にニューヨークでどのような犯罪がはびこっていたかを見せるために編纂されました。 バイオアート – アートを極致へと導く バイオアート(BioArt)は、アーティストや科学者が生きた組織、細菌、その他の生物を使って(主に研究室で、他にもスタジオやギャラリーでも)作品を制作する比較的新しい芸術手法です。 この芸術分野の先駆者は、自分の身体や他の生物を使用し、技術者や科学者の助けを借りて、科学を芸術作品に作り変えることを試みてきました。 たとえばオーランは、美容整形の手術を用いて、パフォーマンスの一部として、芸術作品の有名な女性の絵に似せるように自分の外観を造り変えたアーティストです。 彼女の目的は、テクノロジーがいかに私たちの身体の見せ方を変えることができるかに焦点を当てることでした。オーランの作品は、人間の健康の観点からもそれまでの常識を打ち破り、手術を使った数々の試みを行っています。それは技術への献身がなせる業ですね! 完璧な体型を見つけるための探求? 上記で触れたことを考え合わせると、芸術の中の生物学は完璧な体型を見つけることに力を入れていると考えることもできるでしょうか? 社会における男女の美意識はおおざっぱに似通っていますが(雑誌のアンケートやテレビの世論調査で同じ俳優や歌手が「最もセクシーなアイドル」や「最も魅力的な芸能人」に投票されるのはこのためです)、この魅力的か否かの信念は時代の影響を大きく受けているように思われます。 その証拠に、18世紀に非常に美しいとされていた女性やとってもハンサムと思われていた男性の絵画を見ても、パッとしないことでしょう。これは、他の点でもいえることですが、好みは変化し、外的要因が大きな役割を果たすためです。18世紀の人々は、キム・カーダシアンの世上名高いひょうたん型の美ボディや、アーノルド・シュワルツェネッガーの筋骨隆々な上腕筋を見て、一体何を思うでしょうか? そのため、前述の完璧な体型に関する質問に対する答えは驚くべきものではありませんが、芸術の中の生物学は、個性的な特徴や欠陥のすべてを含めて人の身体を受け入れることにミソがあります。私たちの身体がどれほど強靭であるかを愛でながら、身体でどのようなことが行えるかに度肝を抜かれるといった具合に。 園芸芸術 人体の美しさという永遠の論争から離れると、植物についても、長年にわたって多くの芸術家の注目を集めてきました。 花に惹かれるのは、人と同じように花が持つ繁殖能力のためなのでしょうか、それとも単に見栄えが良いからなのでしょうか。 花をつぶさに観察した絵を家に飾るのは非常にポピュラーで、多くの版画や絵画がオンラインで、それに画廊やデパートでも購入できますが、テーマは生物学的な研究とも密接に関わってきます。 高校生物では、雄しべと雌しべの性細胞や受粉と呼ばれるプロセスなど、植物の繁殖について学ぶ必要があります。 花は多くの植物にとっては生殖器官であり、自然の不可欠な1ピースで、愛でて楽しいものです。 科学的なボタニカルアートと呼ばれる分野もあります。ここでは科学的な基準で植物を描く能力、つまり観察を通して植物とその構成の詳細なイラストを作成する能力を探求します。 これは生物の中で非常に重要な分野です。なぜなら、これは植物学者が種を認識して区別するのを助け、そのおかげで植物の正式な分類に従ってこの情報を文書化できるためです。 生物学は私たちの日常生活に影響しています。 この分野のセンセーショナルなブレイクスルーについてさらに学習するには、ここをクリックしてください。 […]
生物の勉強に役立つ基本用語
25/09
生物の授業を理解するのに役立つ用語集 生物学の勉強に用語をマスターする必要はあるか? ここまで見てきたように、生物学は膨大な数のトピックをカバーする非常に幅広いテーマです。そのため、頭に入れるべき用語も無数にあります。 けれども、生物学は高校レベルで勉強するにとどまり、後は他の研究分野に移る場合はどうでしょうか。覚えた用語を再び使うことはないかもしれないのに科学的な専門用語を学ぶ努力をする必要があるのでしょうか? 生物学は生命の科学であり、人間について、そして私たちの環境について教えてくれ、日常生活の中で自然と生物学の用語に自然と触れる機会があることでしょう。そのため、キーワードを学ぶのは必ずしも無駄というわけではありません。 また、高校生物のキーワードを把握することで、生物をさらに進んで学ぶことにした場合に、難なく新しい生物学的な単語や用語を身につけることができることでしょう。 けれども、すべての人が生物基礎(生物1)から生物(生物2)まで勉強することを望んでいるわけではないため、先ずは高校1・2年生で学習する最低限必要な項目に焦点を当てるのが賢明でしょう。 けれどもこの基礎レベルでは、最初に少し戸惑うかもしれない言葉も、実際にはそれほど難しくないことがきっとわかることでしょう! 高校生物の基本用語 文部科学省は2018(平成30)年3月に高等学校学習指導要領を発表しました。新学習指導要領では、『生物基礎』、『生物』を学ぶ目標として「生物や生物現象に関わり、理科の見方・考え方を働かせ、見通しをもって観察、実験を行うことなどを通して、生物や生物現象を科学的に探究するために必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す」と記載されています。 新学習指導要領における「理科の見方・考え方」とは、「自然の事物・現象を、質的・量的な関係や時間的・空間的な関係などの科学的な視点で捉え、比較したり、関係付けたりするなどの科学的に探究する方法を用いて考える」ことであり、『生物基礎』と『生物』に特徴的な視点として、「生命に関する自然の事物・現象を主として共通性と多様性の視点で捉えること」が挙げられています。 『生物基礎』 (1)日常生活や社会との関連を図りながら、生物や生物現象について理解するとともに、科学的に探究するために必要な観察、実験などに関する基本的な技能を身に付けるようにする。 (2)観察、実験などを行い、科学的に探究する力を養う。 (3)生物や生物現象に主体的に関わり、科学的に探究しようとする態度と、生命を尊重し、自然環境の保全に寄与する態度を養う。 『生物』 (1)生物学の基本的な概念や原理・法則の理解を深め、科学的に探究するために必要な観察、実験などに関する基本的な技能を身に付けるようにする。 (2)観察、実験などを行い、科学的に探究する力を養う。 (3)生物や生物現象に主体的に関わり、科学的に探究しようとする態度と、生命を尊重し、自然環境の安全に寄与する態度を養う。 新学習指導要領では、(1)知識及び技能、(2)思考力、判断力、表現力等、(3)学びに向かう力、人間性等、の三つの柱に対応する形で、上記(1)~(3)のように『生物基礎』、『生物』の指導を通して、どのような資質・能力の育成を目指すのかがより明確に示されました。 『生物基礎』で扱うトピックは、(1)生物の特徴、(2)ヒトの体の調節、(3)生物の多様性と生態系の三つの大項目から構成されています 生物としての共通の特徴、ヒトという動物の生理、生物の多様性に注目した生態系など、ミクロレベルからマクロレベルまでの領域を学ぶように、また、人間の活動と環境との関連や健康に対する認識を深めるように構成されています。 『生物基礎』と『生物』で扱われる重要用語の数は大幅に減少しますが、扱われる内容と分量はこれまでと大きな違いがみられないので、入試内容が大きく変化することはないでしょう。とはいえ、新学習指導要領では「科学的に探究する力」の育成が強調されており、考察問題や論述問題に変化がみられる可能性があります。 大学入学共通テスト(以下、共通テスト)では、『生物』については、試行調査(プレテスト)でも多く出題されていたように、新学習指導要領への移行後には、データの分析や解釈・推論を問うような工夫された問題が多く出題される可能性があります。『生物基礎』については、共通テストでは思考力や判断力を必要とする問題の割合が高まることが予想されます(出典:河合塾)。 高校生物を一歩進んで勉強し始められるように、目にするだろうトピックについて次にご紹介します。 細胞生物学 細胞生物学は細胞の構造と機能を研究する分野で、細胞はすべての生物の基本単位であるという概念を探究します。細胞生物学は、細胞の特性をカバーしていて、細胞それぞれが構成する組織と有機体を扱います。細胞は生命体の最小単位であるため、この生命の構成要素は顕微鏡で観察する必要があります。 組織 組織は、生物学的システムと構造のヒエラルキーを記述するために用いる生物学的用語です。植物と動物は、類似した構造を共有するさまざまな種類の細胞を持っています。科学者は「組織」を還元主義的アプローチで用いています。つまり、あるヒエラルキーのレベルは、前のレベルの基本単位に基づいて組織の複雑さが一歩増すことを表します。 感染 「感染」はなじみ深い言葉ですが、これは感染性病原体が宿主生物の組織に侵入して増殖し、疾病に冒される過程または状態を指すといえるかもしれません。体内に通常は見られない感染性病原体には、ウイルス、細菌や寄生虫があります。 生体エネルギー 生体エネルギー学は、化学と生物学の両方に関係する分野で、生物に見られる分子の化学結合を形成および切断するエネルギーに焦点を当てています。 ホメオスタシス ホメオスタシスまたは恒常性とは、外部の変化に対処するときに、細胞または細胞群が安定した状態を探して維持する能力を指す用語です。これは一般的に、腎臓、肝臓、皮膚などの身体部分の機能を説明するために使用されます。各部位は、外部環境がどのように変化しても一定の内部環境を維持しようとします。 遺伝 生物学でいう遺伝とは、親から子孫に遺伝的な特性を伝達するプロセスを意味します。 変異 生物学でいう変異とは、遺伝子型の変動によって引き起こされる細胞、生物や有機体の違いを指します。これは、特に表現型変異と呼ばれる環境要因によって引き起こされる違いも示すこともできます。 進化 進化とは、連続した世代にわたる生物の遺伝特性の自然な変化です。通常、突然変異、遺伝的浮動または自然淘汰(または自然選択)に起因して、ある世代から次の世代へ集団の遺伝子に変化が起こります。そのような進化の理由は、生物が物理的または行動的に適応するためです。 エコロジー/生態学 エコロジーまたは生態学は、生物とその物理的環境との関係に取り組む生物学の一分野です。この学際的な分野には、生物学と地理学の側面が含まれます。 最新の語彙 高校で学ぶ生物に関する他の記事でも見てきたように、現代の科学者は、学習指導要領が生物学の新しい進歩を反映しているとは感じていません。 技術の進歩は、科学の世界だけでなく、私たちが行えることや発見できることのゲームチェンジャーであるため、技術が隆盛する現代における生物学が、その大きな影響を与えることは不可避です。それは生物学の目を見張るようなブレークスルーにも表れています。 実際、現代の分子生物学は、新しいテクノロジーに大きく依存しています。ただし、高校生物の学習指導要領の技術的要素は、過去数十年にわたってほとんど変化していません 現代の生物学がそれを学ぶ若者を本当に励まし、今日の生きた科学から洞察が得られるようにするには、履修内容を最新のものにし、テクノロジーと学問との関わりを高められるようにする必要があると科学者たちは考えています。 物理学は時代とともに進化しているように見えますが、生物学の分野の専門家は、生物学は教育過程で物理学と同じレベルの洗練された内容が教えられていないと感じています。そのため、DNAの塩基配列や遺伝子予測のアルゴリズムなどを真に理解するのに必要な基礎的な学習が行われていない、と。 バイオインフォマティクスと呼ばれる概念は、今の時代に生物を学ぶ者にとって重要で、それに関連付けられた用語も覚えておいて損はありません。 その他の用語集 生物の用語と定義をより詳しく学びたい場合は、まず教科書を開いてみるのがよいでしょう。ほとんどの科学教科書には学習用の用語集が含まれているか、授業中に出てくる難解な言葉を理解するのを助けてくれます。 あるいは、それよりももっと幅広い生物学用語集をお探しの方は、オンラインで用語集が多数見つかります。 Weblioの生物学用語辞典や学会の各分野の生物学用語集といったウェブサイトでは、テーマに関わるキーワードが参照でき、高校の生物の学習にも役立ちます。 先生による用語習得の手助け […]
生物学の復習:生物学が日常生活に与える影響
17/09
生物学の勉強:生物学が日常生活に与える影響 生命科学としての生物学を学ぶ大切さ 生物学は生命の科学であり、すべての人が自分に関係していることと捉えられるテーマであるため、本当に身を乗り出して打ち込める学問分野です。多くの人が、人類の起源など、ヒトという人種に堪えず興味を抱き続けてきました。生物学では、出産といった生命の不思議を探る一方、薬物などの危険性にも光を当てます。 そのため、生物学は人体、その機能し、そして人の身体を保護する方法について非常に良いレッスンを教えてくれます。生物学を履修する学生は、人体について学ぶだけでなく、環境の中での人間の立ち位置、生物が地球上で生き延びるための互いの依存関係、および捕食者と被食者を階層上に分ける自然の食物連鎖の神秘を紐解きます。 上記の紹介を読んで、生物学のレッスンに食指が動いたら、この記事を読み進めて具体的な中身を探ってみてください! 生物学の研究から期待できること 生物学の学生には多くの実験が待ち受けているので、実地学習を通して実践的なスキルを身につけることができます。学生は、生物学がどのように世の中で作用するかだけでなく、問題解決に科学的な要素をどのように当てはめられるかについても考察するように促されます。 生物学のどの分野で秀でていたとしても、生物学のコースは生物学のコンセプトとなる知識・教養を高め、科学史に残るようなブレークスルーをつぶさに研究するため、さまざまなキャリアにとって有用な素晴らしいテーマです。また、学習しながらためになる科学用語も覚えることができます。 さらに、個人の健康・衛生状態をどのようにケアするか、薬物やアルコール依存の過程で体の一部に何が起きているかなどなど、人生に関する基本的なレッスンを数多く教わることができます。 生物学は、他の科学とともに、健康分野でまたは科学者としてのキャリアを築くための足掛かりになる学問分野ですが、他の多くの職種にも役立ちます。薬剤師、動物園の管理者、微生物学者、その他の多くの専門家は、生物学の研究で学んだことから恩恵を受けることでしょう。 医療系のキャリアを追求する必要はなく、科学の先生になったり、生物学の分野で寄稿する評論家になったりすることもできます。さらに、食物の酵素や発酵について学ぶと、食料や飲料メーカーで勤務する場合に役立ちます。 生物学が日常生活をどう形作っているか 何もあなたは生物学を専攻する学生だったり、その専門的な科学者だったりする必要はありません。生物学など、科学に触れる機会は私たちの身の回りにたくさんあります。多くの人が科学をハイテクな研究所内で発生するものと想像していますが、真実は生物学的プロセスと発見は日々の生活に影響を与え、生きる上で役に立っています。生物学は創造的な芸術とさえリンクしています! まだ信じられない場合は、食料品、清潔な衣服、暖房、その他細菌・微生との共生なくしてどう生きられるかを考えてみてください。そうです、ご想像のとおり、日常生活の一部は、何らかの形で科学のイノベーションの影響を受けています。私たちの日常生活を形作る上で、生物学がどのように役割を果たしているかを具体的に見てみましょう。 食べ物の中の生物学 食べ物は人生に欠かせないものです。欠かせないのは食べ物が美味しいからだけではありません。それが私たちの身体の機能を維持するのを助ける燃料となるからです ご存知のとおり、他の食品よりも栄養価が高い食品もありますが、買い物かごの中の基本的な食品でさえ、生物学的なプロセスなくしてスーパーの陳列棚に並べられることはなかったでしょう。 たとえば、牛乳とパンを例に取ってみましょう。登校前に朝食を取るとき、シリアルに注ぐミルクがどのようにボトル入りのミルクになるのか、小麦粉が最終的にどのようなプロセスを経てパンになり、バターとジャムを塗り広げて食べるか、フシギに思ったことはありませんか? 牛が私たちの食事に不可欠なミルクを生産するために、健康を維持し植物を食べなければなりません。これは光合成のプロセスのおかげでもあります。 また、ミルクの生産が生物学から多大な影響を受けていることは言うまでもありません。なぜなら、牛が1日に必要な量の牛乳を生産するためには、少なくとも年に1頭の子牛を産まなければならないからです。乳牛が約3年間ミルクを生み出した後、殺処分され、その肉はお肉屋さんやスーパーで牛肉として店頭に出されます。 さらに、生物学的な発酵プロセスは、小麦粉をパン生地にしています。 パン作りの際、パン職人は酵母を使用して、パンが膨らむのに必要な二酸化炭素を生成します。酵母は、砂糖を食べる単細胞の微視的真菌であり、パンの製造プロセスやアルコールの醸造プロセスに不可欠です。そのため、この生物工学は、私たちが食べたり飲んだりする方法に大きな影響を与えます。 生物学は家事の仕方を決定する けれども、細菌の酵素は食物連鎖だけに関与しているのではありません。私たちの毎日の雑用も、たとえばメーカーは洗剤に酵素を入れて洗濯物の垢や汚れを分解するなど、微生物の力を活用しています。 毎日きれいな衣服を着れる贅沢がない生活は想像できますか?科学者が生物学を応用した洗剤を製造する方法を発見するまで、多くの人たちは衣服やシーツにしみ込んだ細菌がすべて撃退されたかどうかわからずに、はるかに効果の低い製品や処方で衣服を洗わなければならなりませんでした。 洗濯用洗剤には、暑い環境での生活に適した酵素が含まれており、この酵素は残した食べ物、汗、泥、草などの汚れや土中のタンパク質、脂肪やデンプンを分解します。 色あせを防いだり、白をより明るく見せたりするために特別な洗剤も開発されており、清潔さには直接影響しませんが、衣服を長持ちさせるのに役立ちます。 洗濯した物を着ることがとても勉強になるなんて、考えたことがあったでしょうか?これで家事を分担して手伝わない訳にはいきません。家事をすることで、生物学を勉強しているようなものだとわかったのですから! そのため、次回テレビを見る際、お気に入りのテレビ番組にアタックなどの洗濯用洗剤のCMが流れてきたら、舞台裏では科学者たちが衣服の衛生状態を改善する新しい高度な方法を見つけるために日夜研究に励んでいるんだなと感じることができるでしょう! 生物学が私たちの身体に与える影響 生物工学には、ワクチン、アレルギーの予防接種、感染性病原体の血液ドナーをスクリーニングするテストなど、病気や疾病を予防することで私たちの生活を改善する製品を製造する領域も含まれます。 バイオロジックスとしても知られる生物学的製剤は、さまざまな天然のヒトおよび動物の細胞や微生物から作られているのが一般的です。この手の医薬品の主な利点は、病気や疾病を診断または予防することです。 10代で打つ破傷風、ジフテリア、ポリオという3大疾病から保護するワクチンなど、毎年インフルエンザのワクチンを打っている人は、次回ワクチンを接種する際、健康的な生活を維持するために過去数十年間行われてきた生物学的研究に、感謝の思いを抱くことができるでしょう。 生物学は日々の生活に快適さをもたらしてくれる 最後に、ご家庭でどれほど生物学が活躍しているかをご存知でしょうか?再生可能エネルギーの使用はますます増えてきていますが、熱源を供給するために石油や石炭などの化石燃料を燃やし続けています。 これらの燃料は、数億年前に地球を彩った生物たちの残骸で、時を経て石油、天然ガス、石炭などのエネルギー源に変わりました。ところがこれらの化石燃料から廃棄物として放出される二酸化炭素の危険性の認識の高まりを受けて、現在、太陽光発電などの環境に優しい新しいリソースの調査が進み、屋根にソーラーパネルを設置する人が増えています。 生物学の研究の過程で、生物学の先生は間違いなく家庭内のエネルギー効率について教えてくれることでしょう。従来の熱源が残す大きな環境フットプリントを考慮し、家を建てる人のエネルギー効率への関心が年々高まってきています 暖房用の太陽エネルギー、断熱壁、二重または三重ガラス窓、熱を保持する密閉性の高い空間のおかげで、多くの家屋は現在、エネルギーを消費する代わりにエネルギーを節約して、エネルギーの全体的な無駄使いが少なくなるようにしています。 最も優れた生物学的発見について、もっと探ってみましょう。 高校の生物学の家庭教師を見つけましょう。
生物学の復習:生物学の分野の画期的な発見
17/09
生物学の最大のブレークスルーとその発見者 生物学的研究で私たちの生活はどのように向上したか? あなたは生物学に傾倒する学生として、科学の概念にすでに精通していることでしょう。けれども、生物学的なブレークスルーが私たちの世界にどれほど大きな影響を与えているかご存知でしょうか? 生物学は農業、医学、そして心理学の分野でさえ大きな役割を果たしています 多くのブレークスルーは集団研究の成果であり、さまざまな頭脳が集まって共通の目標に向かってそれぞれが役割を果たし、一生懸命に努力した賜物です。けれども生物学者の中にもインパクトのある業績を残したと認めるのにふさわしい個人の生物学者もいます。 ここでは、生物学の分野で最も尊敬されている科学者と、最新の世紀の革新的なブレークスルーをいくつかご紹介します。 20世紀後半の生物学的発見 体外受精 体外受精、またはIVFは、ジョン・ロックが最初に受精卵を抽出した1970年代にさかのぼります。この技術を使用して、卵を受精させてから子宮に戻すことができることが明らかになったのです。 この興奮を覚えるような新技術は、不妊に悩む多くのカップルにとって光明となり、妊娠して家族を増やす機会をもたらしました。最初の人間の赤ちゃんがIVFで生まれたのは1979年で、その後さらに多くの命の誕生を見ました。 不妊のカップルの一般的なシナリオは、代理母を持つことでした。代理母は、意図した父親の精液を含むキットを使用して人工授精を受けます。この場合、代理母である女性の卵子を使って妊娠していました。 けれども代理出産の機会も増え、女性は対象となる母親の卵子を受け入れること(卵子提供)ができるようになりました。これにより、赤ちゃんを身ごもる女性は子宮内の赤ちゃんと遺伝的なつながりがないことになります。選択肢としてはより高価ですが、多くの代理母にとってより好ましい選択でした。これは状況的に代理母がより快適に感じるからです。 90年代前半、医師らは胚の凍結と解凍を実験し、この科学的手法をさらに成功へと導きました。 DNA DNAは1800年代後半に初めて発見されましたが、科学者がDNAを2本の鎖で構成される「巨大な遺伝性分子」と提案したのは1927年のことでした。 その後、1940年代の初め頃、(オズワルド・アベリー、コリン・マクラウド、およびマクリン・マッカーティを含む)生物学者のチームが、「形質転換因子」と呼ばれる、遺伝におけるDNAの特定の役割を示す事実を初めて発見しました。それは後に、1950年代にアルフレッド・ハーシーとマーサ・チェイスが行った一連の実験で検証されました。 この10年の間に、研究所は、今日よく知られているDNA構造の二重らせんモデルを思いついたのです。 私たちは今日、遺伝子とDNAの役割についてさらに深い識見をもっています。 たとえば、DNAはアデニン (A) 、チミン (T)、グアニン (G) とシトシン (C) の塩基のねじれた鎖でできており、遺伝子はこのDNAの一部であることが発見されました。各遺伝子には、特定のタンパク質を生成するためのコードが含まれており、遺伝子内の塩基配列により、どのタンパク質が生成されて結合し、新たなタンパク質分子が生成されるかが決まります。 ペニシリンの大量生産 一方、1940年代には、アレクサンダー・フレミングがペニシリンの大量生産の推進者でした。ペニシリンは、多数の細菌感染に対して効果的で、現在も有効な抗生物質のグループです。 フレミングによるこの抗生物質の発見は1920年代にさかのぼりますが、その発見は当初ふさわしい注目を集めていませんでした。それがハワード・フロリー率いるチームが製薬会社向けにこの抗生物質を大量生産し始めた1940年代になってやっと脚光を浴びるようになりました。 発見の3人の立役者であるハワード・フローリー、エルンスト・ボリス・チェーン、アレクサンダー・フレミングは、その功労を讃えられて1945年にノーベル生理学・医学賞を共同受賞しました。 過去25年間に起こったブレークスルー 不妊治療の進展 私たち自身、それに住んでいる世界についての発見や識見は、何百何千年という長年の発見と研究で積み上げられてきたものですが、過去25年間で画期的な発見と、生物学的概念の進化を数多く目の当たりにしました。 たとえば、不妊治療は今日でも進歩を続けています。1900年代後半には、科学者たちは胚を移植することでカップルの妊娠を助ける方法を発見しましたが、近年の大きな進歩は、卵巣を除去した女性でも卵巣組織移植のおかげで健康な子供を生むことができるようになりました。 さらに、自然に妊娠するのに苦労している男女にとって胚を成長させる最も効率的な方法は代理母とドナーでしたが、これらの代理母と精子と卵子のドナーは、女性の健康的な卵子を排出する能力と、それと同様に効果的な男性の精巣の精子の生成能力を高める新しい技術のおかげで、現在段階的に廃止されてきています。 テクノロジーは私たちの日常生活でより一般的になっているため、IVFプロセスは以前よりもはるかに安価になってきています。そのおかげで、より多くのカップルがこの人生を変えるテクノロジーのメリットを享受できるようになりました。 羊のドリーのクローン そのようなブレークスルーの1つで、生物学を学ぶ過程で必ず目にする出来事は、クローン羊のドリーが誕生したことです。1996年、科学者は、核移植と呼ばれるプロセスを使い、乳腺からの成体細胞を使用して、史上初めて雌の羊のクローンを産み出すことに成功しました。 その後「ドリー」と名付けられた羊は、正常かつ何の変哲もなく成長し、歴史にその名を刻みました。それ以来、科学者たちは他の動物もクローンで生み出してきて、絶滅危惧種や絶滅したばかりの種を救おうと科学技術を使ってクローンで再現しようとさえしています。 遺伝子組み換え 上記の発見と同じように、倫理上の問題もありますが、多くの科学的研究プロジェクトが顕微鏡の下で行われています。非常に物議をかもしているトピックの1つに、人間の成長の初期段階における遺伝子の編集に関する研究があります。それにより、ヒト胚の遺伝を修正することができます。 遺伝子編集は遺伝性疾患に終止符を打つ可能性がありますが、多くの人は、科学が制御不能になり、性別、目の色や髪の色など、不必要な決定をして胎児を選り好みすることになりかねないかと危惧しています。 中には科学者が人体へ干渉することに反対する人もいるかもしれませんが、この現在進行中の研究から数多くのすばらしいことがもたらされ、まだまだ発展途上の分野です。 生物学の重要なブレークスルーには他にも、医師が血液の疾患や癌を治療することを可能にする幹細胞の研究や、神経信号を使用してロボットの手足を脳で制御することに成功した生物医学研究があります。後者の発見は、戦争の最前線で命を賭して戦って手足を失った退役軍人の方にとって特に朗報となるでしょう。 有名な生物学者 不妊治療の分野 IVFのブレークスルーと開発に話を戻すと、イギリスの生物学者のロバート・エドワーズに触れないわけにはいきません。エドワーズは、生物学的プロセスの開発に貢献したことで、2010年ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。 けれども、カール・ウッドも同じ様に重要な功績を残し、その結果、胚の凍結と解凍を先駆けて行ったことで「IVFの父」と呼ばれるようになりました。 遺伝子組み換え 最近では、胚性幹細胞を使用して特定の遺伝子組み換えを誘導するための原理を発見したことで、オリヴァー・スミティーズ、マーティン・J・エヴァンズ、マリオ・R・カペッキが2007年にノーベル生理学・医学賞を共同受賞しました。彼らの研究はマウスで行われたものですが、この大きなブレークスルーは私たちの遺伝子の役割とその重要性を理解する上で大きなマイルストーンとなりました。 ノーベル生理学・医学賞とは何か? ノーベル生理学・医学賞は、生物科学および医学の分野における傑出した発見を讃えるために毎年ノーベル財団が授与する賞です インターネットを使用して生物学の学習に役立てる 生物学の歴史の形成に貢献した生物学者やその発見について詳しく知りたい場合は、インターネットを利用してそのような発見について調べ、生物学の学習に役立てることができます。 たとえば、現在何が研究されているかを知りたい方は、最近ノーベル賞を受賞した人を検索してみてください。調査結果の中には信じられないほど非常にインスピレーションに富んだものもあるので、今後の試験のために見返す際に素晴らしいアイデアをもらうことができるでしょう。 […]
テーマとしての生物学の進化
17/09
生物学の学習の進化 – 高校生物とその先 科学が進化してきたように、高校の授業で習う生物学は、生物学者が行った数々の新しい発見と駆使した研究手法を反映して、年々進化してきています。生物学は学習に値する素晴らしいテーマです。 たとえば、現在の文部科学省の高等学校における履修教科・科目の生物のシラバスでは、1996年以前には考えられなかった科学的ブレークスルー、クローン羊のドリーについて生徒に教えています。 時代とともに進歩してきたことには、作物の栽培法などを扱う新しいモジュールが追加されたことなどが挙げられます。作物の栽培、育種、収穫の研究が進んだおかげで、より多くのことが知られるようになりました。 私たちの知識が広がっただけでなく、展望も広がり、このテーマは今では全世界の経済に焦点を当てて教えられています さらに、バイオテクノロジーが進歩するにつれて、研究者は、より大規模なバイオ発酵槽の使用と酵素の商業的な使用方法を検討するようになりました。とはいえ、テクノロジーは現在、科学の中で非常に大きなウェートを占めています。現代の世界でどれだけ生物学が進化したかを反映するのに、履修内容にほんの少し加味するだけで十分なのでしょうか? 高校生物は近時の動向をしっかりと反映しているか? 高校生物に関する他の投稿でも述べたように、このテーマは自然と他の科学の科目とも密接に関連していますが、数学ともつながりがあります。けれども、生物学と情報技術も相互に関連するとは考えたこともないのではないでしょうか? テクノロジーの進歩により、科学の世界だけでなく、私たちができることや発見できることも刻一刻と変わってきているため、この現代のテクノロジーの時代が近年生物学に大きな影響を与えることは避けては通れません。もちろん、生物学が私たちの日常生活にどれほど大きな影響を与えているかは言うまでもありません。 実際、現代の分子生物学は、新しいテクノロジーに大きく依存しています。ただし、このレベルの生物学の技術的要素は、過去数十年にわたってほとんど変化していません。 現代の生物学がそれを学ぶ若者を本当に励まし、今日の生きた科学から洞察が得られるようにするには、履修内容を最新のものにし、テクノロジーと学問との関わりを高められるようにする必要があると科学者たちは考えています。 物理学は時代とともに進化しているように見えますが、生物学の分野の専門家は、生物学は教育過程で物理学と同じレベルの洗練された内容が教えられていないと感じています。そのため、DNAの塩基配列や遺伝子予測のアルゴリズムなどを真に理解するのに必要な基礎的な学習が行われていない、と。 バイオインフォマティクスと呼ばれる概念は、現代の生物学者にとって重要で、科学の分野に多角的な指導法を取り入れるために、この統計的手法を国のカリキュラムの一部として教えるべきだと科学界は考えています。 この教育論的な議論はまだ人口に膾炙していますが、近時の生物は、数学や物理学の専門家と協力してカリキュラムが作成されているという点に明るい希望を見出すことができます。 日本と比較したイギリスの高校生物の変更点 GCSEの科学試験の歴史 日本と比べて、イギリスでは生物がどのように教えられているのかをご紹介しましょう。生物はCSE、そしてOレベルとして知られているものの一部として何世代にも渡って教えられてきましたが、今日私たちが知っている資格は1988年以来のものです。けれどもそれは、学習要領が80年代以降変わっていないことを意味するものではなく、むしろ随分と変わりました。 まず、上記で例示したような内容の変更に加えて、GCSEコースの試験のマークの方法が変わりました。 たとえば、1988年から1994年の間に、AGSEからGCSEグレードが授与されるようになりました(その当時もUマークという最低グレードを取得してしまう可能性はありましたが)。ただし、90年代半ば以降、最高得点の生徒と残りのAカテゴリーの学生を区別するために、A*グレードが設けられました。 特に科学の試験は近年特に注目されており、従来の構造から離れて、学生は3つの科学のコンポーネント(生物、化学、物理)を研究し、これら3つの科目すべてを平等に採点した最終的な成績を受け取ります(日本でも2009年3月に公示された高等学校学習指導要領が2013年度の第1学年から実施され、それまでは「生物 I」、「生物 II」であったものが、新課程では「生物基礎」、「生物」に変更されました)。 現在、生徒は1つの科学(別名Core science)を研究し、追加科学(よりアカデミックな分野に焦点)と応用科学(より職業に活かせるようなアプローチが取られたもの)に区別される2つの補完的なGCSEのいずれかを選択できるようになりました(日本でも、2012年度の新課程から大幅な科目の変更があり、高等学校では「科学と人間生活」と基礎系科目1科目もしくは、基礎系科目3科目が必修となりました)。これらの重要な変化を反映するために、生徒には科目ごとに個別の成績が出されるようになりました。 モジュール式で学習する以前のアプローチも変更されており、多くの直線型のコースが導入されて、生徒により簡単な目標が提示されるようになりました これらの変更により、評価システムに基づく授業が廃止され(学習を奨励するために、宿題やコースワークを課すことはまだできますが)、2年間の生徒の成績は、記述式のマーク試験の成績のみに基づくようになりました。 これは、生徒がコースワークの助けを借りて試験委員会の判断を左右し、試験の成績を上げることができなくなったため、前向きな動きと捉えられています。 さらに、GCSEは近年、政府主導の改革を受け、4段階で導入されています。現在はフェーズ2の一環におり、他の多くのGCSE科目の中で生物がどのように教えられ評価されるかに影響しています。 現在、教師も生徒も同様に変化を経験しているため、この改革が古いGCSE構造から改善されたものであるかどうかは後々評価されることになるでしょう。 GCSEは2016年以降どのように評価されているか? GCSEの1年目または2年目に入るときに注意すべき重要な点の1つは、このコースに過去2年間だけで多くの変更点があったことです。これは、コースの構造と評価方法が以前とかなり異なる可能性があることを意味します。 そのため、古いバージョンのGCSE試験を受験した先輩や兄弟から受け継がれた復習ツールやアドバイスは、直接役には立たないかもしれません。 シラバスを読んで、この変更によりどのような影響があるかを見極めてください。これにより、試験に対するアプローチに自信を持つことができます。 ほとんどのGCSEの生徒は、A*~Gの範囲のマーク(A*が最高評価で、Gが最低評価。Uは非常に成績の悪い生徒に付けられるマーク)を授与された歴史的なグレーディングシステムに慣れ親しんでいます。けれども、新しい評価制度が英国の教育制度に段階的に導入されており、生徒はA*~Gの代わりに9~1の評価制度で採点されます。 この新しい評価方法は、この年のYear 11(日本の高校1年生)の生物で初めて導入されました。英文学、英語、数学の科目では、この修正されたGCSE評価構造がすでに導入されているのが見受けられます(2018年の夏の試験で、英国で初めてこの評価システムが取り入れられました)(日本でも、2020年にセンター試験が廃止され、その後継である「大学入学共通テスト」の最初の試験が2021年1月に実施される予定です)。 かなり簡単に聞こえますが、おなじみのA*~Gの文字が9~1の数字の評価基準にスムーズに移行したわけではありません。試験監督委員会は、2つの評価システムの境界線が異なるため、2つを直接比較しないように教育者に助言しています。そのため、現在、評価基準のどの位置にいるのか、どこまで成績を上げる必要があるのかを理解するために、もう少しシラバスに目を通す必要があるでしょう。 Uまたは評価なしのマークがまだある一方、グレード9、8、7はA*~Aとほぼ同等です。グレード6、5、4はB~Cにリンクさせることができますが、3は現在のDに近いと言われています。最後に、2と1はE、F、Gの評価に近い評価です(日本でも、2021年から始まる「大学入学共通テスト」では、大学へ提供される各教科・科目の成績が、配点に対する得点のほか、新たに9段階の段階評価が提供されるようになります)。 変更後の試験のリソース 試験委員会は依然古い仕様に関わる情報を提供し、改革前の過去の試験問題をダウンロードできるようにしていますが、2018年の試験は構造が同じではない可能性があることに注意してください。ただし、すべての科目の復習の大部分は試験テクニックであるため、これらの古いリソースを使用して、最終試験に先立って自信を持つために勉強しても害はないでしょう。 どちらかといえば、古い構造に慣れることで、改革の結果起こった変化に気づけるかもしれません! 新しい仕様に直接関連する最新の学習資料については、昨年作成されたオンライン資料や、書店で手に入る新しい出版物や刊行物を確認してください。変更点は必ず反映されているはずです。 生物学における最大のブレークスルーのいくつかを確認するには、こちらをご覧ください。 または、生物学の語彙をブラッシュアップしたい方は、このブログをご覧ください。 または、「近所の生物学の先生」を探してみましょう。 最後に、芸術と生物学の間にどのようなつながりがあるかを知りたい方は、Superprofの芸術とのリンクに関するブログをご覧ください。
生物学に恋して
17/09
生物学に恋して:生物学の先生が教えてくれること、教えてくれないこと 自然科学であり、生命科学でもある生物学は、研究対象として素晴らしい分野で、すべての人に関係する考え方や概念を掘り下げます。 老若男女問わず、多くの人々が、ヒトという種族に堪えず興味を抱いてきました。その分野には、ヒトが地球と呼ばれる惑星に住むようになった由来も含まれます。生物学は人間の進化に関係してくる学問分野ですが、ヒトという存在が他の生物とどう関わり合っているかにも焦点を当てています。 頭で考え、分析し、知識を蓄える能力を備えた生物、ヒト。ヒトは、生物、皮膚の下の組織や活動、それにヒトの周りの事象に対して、自然で直感的な好奇心を抱くようにできています。 私たちは人間の身体とその仕組みを積極的に理解するだけでなく、身体への注意の向け方と、問題のある部位を見つけ出す方法も知る必要があると感じています。さらに、私たちは生まれながらにして何かを育てたいという衝動を持っているので、環境に向き合う方法を見つけ出したい気持ちにもなります。 生物学が扱う分野と向き合わない日はないほどですが、さらに興味深いのは、見方によっては、研究分野がかけ離れているように見える概念も学べる点です。つまり科学の幅広さを体験できるのです。 たとえば、あるレッスンで身体が感染症とどう戦っているのかを探ったかと思うと、次のレッスンでは地中で育った食物から吸収する栄養分がどう免疫システムを助けることができるかに焦点を当てることになるかもしれません。「命の輪」とでもいいましょうか。あらゆる生きものが生物学とつながりがあるように見え、さまざまな側面が相互に関連し合っています。 頭の中ではぼんやりわかっているかもしれませんが、生物学を勉強している生徒は、生物学が扱うトピックがどれほど多様で、授業ごとにどれほど違うかで目を丸くすることがよくあります。 生物学は、自分自身について学びますが(つまり、健康を維持する方法、身体の仕組み、闘病方法など)、宇宙とその中のちっぽけな自分が占める位置についても学びます 学校で、または生物学の先生と一緒に、生命体と、他の生物との交わりや依存関係について学ぶことにより、私たちは自分自身と周りの環境によりよく向き合う方法を見つけることができます。 生物学の先生を今すぐ見つけましょう。 生物学と日常生活の関わり合い 生物学が人生に影響を与えるのに生物学を勉強していなければならないことはありません。科学は研究室外の日常に存在し、日々の生活に確実に影響を与えています! 食べ物を例にとってみましょう。朝食をとるのに席についているとき、コーンフレークやパンの原材料である穀物や小麦粉はどの植物から精製されたものか、考えたことはありませんか?そして朝に飲む牛乳が絞られた牛のこと、そしてその牛がミルクを出すのに食べなければならない飼料のことに思いを馳せたことはありませんか?あなたが摂取するものはすべて植物レベルにまでさかのぼることができます。私たちは本当に植物と、その光合成プロセスにお世話になっているのです。 けれども、細菌の酵素は食物連鎖だけに関連しているのではありません。それに加えて毎日行う家事も、微生物の力の恩恵を受けています。たとえば洗濯物の汚れを分解する洗剤にメーカーが入れる微生物のことを考えてみてください。 洗濯に、これほどまでに教育のエッセンスがつまっていようとは想像だにしなかったのではないでしょうか?次回洗濯をするとき、あなたはしたり顔になるかもしれません。これで家事を手伝ってお小遣いをもらうだけでなく、親に洗剤の仕組みを教えてあげられるからです! 他にも温もりを感じる家で、生物学にどれだけ依存しているかに気づいているでしょうか。再生可能エネルギーの利用はますます増えてきていますが、熱源を供給するために石油や石炭などの化石燃料をまだまだ大量に使用しています。 これらの燃料は、数億年前に地球を彩った生物たちの残骸で、時を経て石油、天然ガス、石炭などのエネルギー源に変わりました。 けれども、これらの化石燃料から廃棄物として放出される二酸化炭素の危険性を認識した今、人間は太陽光発電など、環境に優しい新たな熱源に目を向けるようになりました。 生物学界の最大かつ最新の出来事 私たち自身、それに住んでいる世界についての発見や識見は、何百何千年という長年の発見と研究で積み上げられてきたものですが、過去25年間で画期的な発見が数多くありました。 そのようなブレークスルーの1つで、生物学を学ぶ過程で必ず目にする出来事は、クローン羊のドリーが誕生したことです。1996年、科学者は、核移植と呼ばれるプロセスを使い、乳腺からの成体細胞を使用して、史上初めて雌の羊のクローンを産み出すことに成功しました。 その後「ドリー」と名付けられた羊は、正常かつ何の変哲もなく成長し、科学史上画期的な出来事として歴史に刻まれました。それ以来、科学者たちは他の動物もクローンで生み出してきて、絶滅危惧種や絶滅したばかりの種を救おうと科学技術を使ってクローンで再現しようとさえしました。 私たちが人間のクローンを作ることを議論する時が来るのでしょうか?生物学のレッスンを注意深く受けていると、その答えが見えてくるかもしれません! 上記の発見と同じように、倫理上の問題もありますが、多くの科学的研究プロジェクトが顕微鏡の下で行われています。非常に物議をかもしているトピックの1つに、人間の成長の初期段階における遺伝子編集に関する研究があります。それにより、ヒト胚の遺伝を修正することができます。 遺伝子編集は遺伝性疾患に終止符を打つ可能性があり、これはこれでもちろん非常に価値のある方法なのですが、科学が何でもありになり、いつかはメニューから注文するかのように胎児が作られる日が来るのではないかと多くの人が危惧しています。たとえば、自分の赤ちゃんの性別を自由に決められるようになると、自然の摂理から逸脱してしまうのではないかと多くの人が感じています。 科学者の中には人体へ干渉することに反対する人もいるかもしれませんが、この現在進行中の研究から数多くのすばらしいことがもたらされ、まだまだ陽の目を見ないことがたくさんあります。 生物学の重要なブレークスルーには他にも、血液および骨髄の疾患、障害や癌を治療するために移植できる幹細胞の研究や、神経信号を使用してロボットの手足を脳で制御することに成功した生物医学研究があります。 テーマとしての生物学の進化 科学が進化してきたように、テーマとしての生物学は、生物学者が行った数々の新しい発見と駆使した研究手法を反映して、年々進化してきました。 たとえば、高校で使う科学の教科書は、1996年以前には不可能と考えられていた科学的ブレークスルーである羊のドリーの誕生についての記述があります。 90年代というと遠い昔のように感じられ、その年代には生まれていなかったかもしれませんが、その間の出来事と併せて考えると20年はそれほど昔のことではありません。たとえばモーニング娘。やAKBはまだまだ根強い人気があり、イチロー選手は現役を引退したばかりです!そうは言っても、20年の間にさまざまなことが起こる可能性があります。あ、ここで言うさまざまなことは、モーニング娘。のメンバーが入れ替わったことを言っているのではありませんよ! 時代とともに進歩してきたことには、作物の栽培法などを扱う新しいモジュールが追加されたことがあります。作物の栽培、育種、収穫の研究が進んだおかげで、より多くのことが知られるようになりました。私たちの知識が広がっただけでなく、展望も広がり、このテーマは今では全世界の経済に焦点を当てて教えられています。 さらに、バイオテクノロジーが進歩するにつれて、研究者は、より大規模なバイオ発酵槽の使用と酵素の商業的な使用方法を検討するようになりました。 生物学のキーワード ここまで見てきたように、生物学は膨大な数のトピックをカバーする非常に幅広いテーマです。そのため、頭に入れるべき用語も無数にあります。 他の科目と同じ様に、生物学には覚えておくべき科目固有の独自の語彙があり、それほど単純ではありません。幸い、高校で扱う生物学の重要な用語を理解することで、授業とそこで扱われる難解な語彙がはるかによく理解できるようになるでしょう。 ポイントとなる用語は、有気呼吸、品種改良、生態系、遺伝子工学などです。高校の生物学専用の復習サイトで、キーワードと定義の用語集を見つけることができます。 生物学に見る芸術 バイオアート(BioArt)は、科学者が生きた組織、細菌、その他の生物を使って(主に研究室で、他にもスタジオやギャラリーでも)作品を制作する比較的新しい芸術手法です。この芸術分野の先駆者は、自分の身体や他の生物を使用し、技術者や科学者の助けを借りて、科学を芸術作品に作り変えることを試みてきました。 バイオテクノロジーの最も奇抜な形態の1つは、自身の顔と体をキャンバスとして使用する物議を醸すアーティスト、オーランによる衝撃的で挑発的なトランスフォーメーションです。 オーランは美容整形の手術を用いて、パフォーマンスの一部として、芸術作品の有名な女性の絵に似せるように自分の外観を造り変えました。身体の外見を変える技術の力に焦点を当てるオーランの作品は、人間の健康の観点からも手術を使った数々の実験を通して今までの常識を覆しています。それは技術への献身がなせる業ですね!