一般教科 音楽 ヘルス&フィットネス 言語 アート&趣味

英語を話せる様になりたいですか?

スーパープロフの英語の先生はあらゆる知識を持ってレッスンを行っています。例えあなたが英語のビギナーレベルだとしても、試験や検定をひかえていても、さらなる会話力の向上のためでもきっとあなたにぴったりの講師が見つかるはずです。英語が習いたいなら、スーパープロフで先生を探してみましょう。

スーパープロフには世界中にたくさんの英語の先生がいます。もし英語のレッスンを受講したい場合は、こちらから先生を探しましょう。

記事一覧 :

TOEFL とIELTSの違い
19/04
ぜひ知っておきたいIELTSと TOEFLの違い 外国語として英語を学ぶ人がよく迷うのは、TOEFLを受けるべきか?IELTSを受けるべきか?ということ。 英語学習者であれば、「どちらの方が難しいの?」という疑問も生じます。 しかし、試験の難易度に関わらず、英語学習のゴールに合ったテストを選ぶにはいくつかの要素が関係してきます。 IELTS とTOEFL ‐2つのテストについて TOEFLは、世界中に5000以上のテストセンターがあります。オンラインでの受験が一般的となっています。 IELTSの方は、世界にテスト会場が1000弱あります。面接官と直接英語で会話するテストがあるため、オンラインで受けることはできません。 しかし、インターネットでIELTS に向けた英語練習用の教材が公開されています。 TOEFLの制限時間は4時間です。しかし、画面に表示されるストップウォッチの残り時間が0になる前に試験を終了しても構いません。 IELTSの制限時間は2時間45分です。試験の各セクションはTOEFL よりも短くなっていますが、ライティングは例外で、1時間が設けられています。 下のIELTS について述べた個所でその理由を説明しています。 TOEFLの教材は、北アメリカのアクセントおよびスペリングに対応し、IELTSの教材は、広範な地域(アメリカも含む)のアクセントに対応しています。 どちらも国際的な試験です。IELTSでは、短い回答問題や作文に使う単語のスペリングは、アメリカ英語でもイギリス英語でも構いません。 例えば、FavorとFavour のどちらを使っても大丈夫です。 しかし、アメリカ英語かイギリス英語のどちらかに決めたら、試験の回答では一貫して同じ方を使わなければなりません。アメリカ式とオックスフォード式綴りを混ぜて使ってはなりません。全ての回答が正しくても、ある単語が違う方式で書かれていた場合、不正解になってしまいます。英語の語彙をたくさん覚える方法はこちら。 いくつかの質問にイギリス英語で回答した場合、その後の設問でアメリカ英語を使った場合には不正解とされ、全体のスコアに影響します。 TOEFLの場合は、使う英語の形式が一貫しているかどうかはIELTS ほど重要ではありません。焦点は、統語論と文法にあります。 では、それぞれの試験を深く見ていきましょう。 TOEFLの開発経緯 背景 1960年代、海外へ比較的簡単に渡航ができるようになるにつれ、アメリカのカレッジは、しっかりとした英語力がないまま教育を受けに海外からやってくる学生数の増加という問題に直面しました。 そのため、政府と民間の経営陣から成る国家レベルのカウンシルが招集され、教育を受けにアメリカに入国するすべての外国人学生が、授業を理解し参加できるようにすることが目指されました。 TOEFLの初回版は、スタンフォード大学との連携により実施されました。後にカレッジ・ボードが、試験と内容更新の監督を任されます。 進化 最初、試験は従来型のペンと紙を持った方式で、教室環境で実施され、試験監督が監督していました。 スピーキングのセクションでは、受験者がブース(部屋)に一人ずつ呼ばれ一連の質問に回答しました。これは、スピーキング能力だけでなく、批判的かつ修辞的思考を問うものでした。 しかし、テストの需要は高かったため、アメリカの大学に入学を望む学生はTOEFLを受けて英語力を証明するのに、ひどい場合で2年間も待たなければなりませんでした。 そこで、CBT(コンピューターでのテスト)が開発されました。これが、全世界の英語学習者に今お馴染みのオンライン試験の基盤となりました。 TOEFLの今 インターネット接続がなかったり、当てにならなかったりする地域を除き、TOEFLはオンラインで厳しく実施されます。 コンピューターに頼っていない世界の地域では、今も紙とペンによる試験を行っており、試験監督と口頭試験の面接官がいます。 1962年に海外学生対象の標準英語試験として開始されたTOEFL は、ノンネイティブの学生が英語圏の大学に入学する前の必須条件となっています。 1980年、TOEFLに並びさらに詳細なテストIELTS が作成され、9年後に世界で実施されるようになりました。 IELTS の開発経緯 IELTSでは2つの試験を提供しています。一つは、職に就きたい移民がイギリスやその他のコモンウェルス諸国に入国する前に、英語の熟達度を証明するために受ける一般的なテスト。もう一つは、アカデミック英語で特にイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの大学に入学を希望する学生向けのテストです。 背景 当時はELTS(The English Language Testing Service)として知られ、ケンブリッジ英語アセスメント(ケンブリッジ大学の一部門)とブリティッシュカウンシルが提案したものでした。 テストには、ネイティブスピーカーが使う日常英語を反映した内容で、アメリカなど様々な地域のアクセントや方言が含まれていました(スコットランド英語は含まれず)。 また、開始以降、言語習得と英語教育の変化を反映した内容となっています。 進化 […]
オンラインテストで英語力を試す
19/04
英語学習者向け オンラインのクイズやテスト ある朝目が覚めて、新しい仕事を探す前に英語のレベルをチェックしたいと思ったとします。あなたの英語レベルは高い?それとも少し低下気味? 就職して半年でインターンに職を奪われることのないよう、英語力を高めたり、文法を見直したり、リスニングを鍛えたりしておきたいものです。 もしくは、近所の英語話者に迷惑をかけたのでライティング力を伸ばして謝罪の手紙を書き、関係性を立て直す必要があるかもしれません。コーヒーやディナーに誘ってみることもできるでしょう。 これらはすべて英語力を高める正当な理由ですが、その方法について考える必要があります。英語をオンラインで学ぶにしろ、紙と本を使って学ぶにしろ、 英語力の助けになるクイズやテストはたくさん出ています。 以下では、英語力をチェックするお勧めのツールをご紹介しています。 楽しいクイズで英語力を測る! 楽しみながら英語を学べるウェブサイトやオンラインゲームはたくさんあります。 5分でも時間があるなら、短い英語のテストを受けて自分のレベルを測ってみませんか。インターネットには、Facebook や YouTube 以上の使い道があるのです。生産的に時間を使い、友達の近況をチェックする以外のこともしてみませんか? 少し Google 検索するだけで、すぐにたくさんの英語のクイズが見つかります。 頭を抱えることもなく簡単に自分の英語力を評価し、文法をブラッシュアップできます。語彙、文法、スペリング、時制についてのクイズを受け、イディオムや表現を豊かにすることができるでしょう。そのためのリソースも出ています! 英語(ESOL)のコースを探しているなら、自分のレベルがどれくらいかを知ることがとても大切です。英語のコースに支払いをした後で、自分のレベルよりも難しすぎた、簡単すぎたとわかっては最悪です。自分に合わないクラスに入ることで、お金も損してしまいます。 クラスが簡単すぎれば、飽きて気が散ってしまうはずです。集中していないので、話を聞いていれば学べていたことも学べず、いいことはありません。 一方、クラスが難しすぎると、恐ろしくモチベーションも下がってしまいます。授業内容に見合った知識が自分になければ、常に戸惑った状態に陥り、諦めたくなってしまいます! さらにテストもあります。自分のレベルに合わないテストを受けることになったらどうでしょう?英語のテストには受験料がかかることもあります。 自分よりレベルが上のテストを受けたら、間違いなく落第するでしょうし、自分よりレベルが下のテストを受けたら、時間を無駄にしてしまうことになります! ケンブリッジのレベルチェックテストを受けてみる このページから、英語のレベルチェックテスト(25問)を受けることができます。自分の大体のレベルを把握でき、もっと英語に力を入れるべきか考えることができます。テストは無料で、文法、統語、活用が扱われています。 終えると、自分のレベルがわかり、自分の英語力に見合ったアクティビティが提示されます。これは、学習すべき内容を検討するときにとても役に立ちます。 英語力アップを目指すなら、次のことも行いましょう。 英語で映画を観る 英語の語彙を覚える 英語のスピーキングを練習する 発音を鍛える ブリティッシュカウンシルのレベルチェックテストを受ける もっと難しいチャレンジがしたいなら、オンラインでブリティッシュカウンシルのレベルチェックテストを探してみましょう。検索すると、英語のレベルチェックテストを提供している機関やランゲージスクールがたくさん見つかります。 上記のケンブリッジのテストと同様、ブリティッシュカウンシルのテストも25問で構成されています。質問は似ていますが、ブリティッシュカウンシルの方はコロケーションや、よく使われる語と語のつながりなども出題されます。 よって、英語レベルが高く、ネイティブスピーカーのように話したいという人には特に有効です。 ただし、いくつかの問題に惑わされ、低スコアだった場合も心配しなくて大丈夫。実は、このレベル評価における B2 は中学高校レベルに当たります。 これは、イディオムや表現をよく理解でき、ウェブサイトに書かれている大部分の内容がわかるというレベルです。自分のレベルを知る目的は、適切なアクティビティやエクササイズを把握し、英語力を上達させることなのです。 さらに、TOEICやBULATSの受験準備に役立つリソースがあります。独学しているにしろ、グループでの授業を受けているにしろ、個別指導の先生に見てもらえば学習が促されることでしょう。 Babbel や Gymglish などのサイトもチェックしてみましょう。 TOEIC のレベルチェックテストで英語力を測る TOEIC は英語力を認証する国際的な検定試験です。自分の英語力を測ることができます。多くの企業が採用時に TOEIC 750点以上を求めています。 お金をかけずに大体どんな内容かを知りたいという場合は、オンラインで多くの TOEIC テストが見つかります。ライティング、リスニング、スピーキングが含まれます。 このサイトで TOEIC の一部の問題にチャレンジすることができ、答えも確認できます。 仕事用に英語を学びたい人には最適なサイトです。 TOEIC […]
映画で英語の理解力を高めよう
18/04
英語で映画を観れば無料の英語レッスンになる! 映画、好きですか?嫌いな人はいないですよね? そこで朗報です。映画を通して、英語を学ぶことができるんです。 字幕を使って内容を把握しながら、英語で映画を観ることができます。 英語力向上のために映画を使う理由 映画は、英語上達の優れたツールとなります。特に耳が鍛えられ、リスニングの理解力アップに最適です。英語を聞く練習をすれば、話すスキルもアップすることでしょう。 本を使った英語の勉強や文法や語彙の学習に疲れたら、一旦休憩!ハリウッドに協力をしてもらってESOL(外国語としての英語)コースを開始しましょう。 同時に英語を向上させることもできます。 では、英語を学ぶのになぜ映画が良いのでしょうか? 英語の映画は、英語学習者のためではなく英語を母国語とする人向けに作られています。よって、出演者が英語のネイティブスピーカーのように話します。 映画では、英語がネイティブ言語として使用されています。ですから、英語の語彙や表現、スラングを聞き取るのに最適です。 映画は楽しいので、楽しみながら英語を学ぶことができます。楽しく英語のエクササイズをしているようなものです。気付かないうちに、習得していることでしょう。 また、英語で映画を観ることで、英語圏の文化をよりよく理解することができます。歴史的な場所について、たくさん知ることになります。 最後に、英語を聞くことで英語の発音が向上します。 まだ納得できない?そんな方のために、映画で英語を学ぶメリットを下に挙げました。 英語を学ぶのにお勧めの映画 英語を学ぶための適切な映画を選ぶのは簡単ではありません。 あなたの英語レベルがまだ高くない場合、(母国語で)すでに観た映画や、子供向けの映画をチェックしてみましょう(ピクサーの映画はどの言語でもお勧めです)。新しいフレーズや動詞、時制を学び、英語で流暢に話せるようになるための練習として最適です。 あなたの英語レベルが中級なら、もっと複雑な映画を観てもいいでしょう。 英語の字幕をつけて英語の映画を観てみましょう。この方法なら、同時に英語を読んで聞くことができます。こ新しい単語やイディオムを学ぶのに最適です。 難しいと感じる場合、母国語の字幕を付けて観てみましょう。知っている映画の場合は、字幕を英語に変えてみます。 同じシーンを何度も何度も見なければ、と心配することはありません。理解できなければ、いつでも巻き戻ししてOKです。 また、以下のことも忘れずに! 英単語を覚えること 自分の英語レベルを評価すること 英語のスピーキングを練習すること 発音を鍛えること 英語で観るお勧めの映画4選 ソーシャル・ネットワーク:Facebook の歴史に興味がありますか?この映画は、革命的にコミュニケーションのあり方を変えたハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグの物語です。 なぜお勧めなのかというと、面白く自然な脚本で有名なアーロン・ソーキンがこの映画の脚本を手掛けているからです。また、ストーリーは誰もが理解できるもので、IT およびソーシャルメディアの用語を学ぶこともできます。 ハングオーバー!:結婚を控える男性と3人の親友がラスベガスへバチェラー・パーティー旅行に出かけるストーリー。この映画では、おかしな出来事が4人を取り巻きます。 お勧めする理由は、1つとして面白くて笑えること。一方で、英語の日常会話を聞けるコメディであることです。この映画を観れば、海外に旅行しなくても、英語の語彙力をアップさせ、スラングを学ぶことができるでしょう。 トイ・ストーリー:このアニメは英語習得に最適な映画です。おもちゃで遊ぶのが大好きなアンディという男の子を取り巻く物語で、アンディのお気に入りのおもちゃはカウボーイの人形ウッディ。なんと、このおもちゃたちは実は生きていて、アンディがいないとき自由に行動することができます。アンディは誕生日に母親から新しいおもちゃ、バズ・ライトイヤーをもらい、バズが大のお気に入りに。当然ウッディは嬉しくありません! お勧めする理由は、とても面白く、家族で笑える映画だからです。ストーリーもあまり複雑ではなく、大人向けのジョークもいくつか含まれています。 パルプ・フィクション:この映画は3つのストーリーラインがあります。ロサンゼルスの二人の殺し屋を取り巻き、面白可笑しく血塗れの出来事が展開します。 観るべき理由は、タランティーノがアメリカ西海岸の日常会話をコメディに織り込んだ作品だからです。 どの映画を観るにしろ、理由は一つ「バイリンガルになるため」でしょう。 歴史ドラマ:伝統的な英語を学ぶ ヴィクトリア女王 世紀の愛 この伝記映画は、19世紀後半にかけての若き日のヴィクトリア女王を描いた作品。ヴィクトリア女王はイギリスではとても有名な人物です。 ジュリアン・フェロウズが脚本を手掛けた作品で、当時のタブーが垣間見えます。また、21世紀ではもう使われない単語や会話が使用されています。当時のイギリスを象徴する英語をフルに楽しみたいなら、英語で観る必要があるでしょう。 プライドと偏見 ジョー・ライトが監督した2005年の映画。世界中で多くの学問の対象とされてきたジェーン・オースティンの小説をインスピレーションとしています。この映画には、キーラ・ナイトレイやジュディ・デンチ、ドナルド・サザーランドなどの有名なイギリスの俳優が出演しています。 教育的な観点から言えば、「プライドと偏見」には18世紀の英語が使用されているため、当時の英語を知ることができます。また、階級の問題に触れており、エリザベスとフィッツウィリアム・ダーシーが格式ばった高等な英語を使っています。最高峰のイギリス文学を楽しみながら、伝統的な英語について学べる映画です。 コメディを観て英語を学ぶ the inbetweeners 思春期真っ只中 この映画は、チャンネルE4で放映されたイギリスのコメディシリーズをベースにしています。4人のイケてない高校生ウィル、サイモン、ジェイ、ニールを取り巻く物語。 このシリーズでは、ティーンエイジャーのリアルな生活や会話を描いていることから、イギリスでとても人気があります。 イギリス英語のスラングだけでなく、罵り言葉も学び楽しむことができます。 イギリスに移住し現地社会に馴染みたいという場合に、この映画で知った英語がとても役に立つことでしょう。 […]
ライティングスキルを伸ばすには?
17/04
英語のライティングスキルを伸ばすには? 誰もが学校(小学校や中学校)で英語を学びます。しかし、文法、ライティング、スピーキングのどれをとっても、学校での英語習得レベルはかなり低いものです。実際、世界では、大半の学生が言語習得へのやる気を失ってしまい、その状況が続いています。 もっと自然な方法で英語を習得できたらいいのですが、現実はそうではありません。 ロボットのように動詞の活用をリピートし、実際には一度も使用しない表現を習うといったつまらないクラスが多すぎるのです。 英語を上達させライティング力を上げるには? 英語で新聞を読む これは、基本の英語力しかなくても英語が学べる優れた方法の一つです。先ほど言った通り、学校の英語の授業でライティングが上手くなったという例は稀です。しかし、英語の新聞を読めばライティング力が伸びます。ESOL(外国語としての英語) コースなどと合わせて行うことで、一層効果が高まるでしょう。 その理由は? 基本的には、新聞には文学、ジャーナリズム、ビジネスといった各ジャンルの英語が合わせて用いられているからです。様々な語彙が豊富に使われ、ネイティブ英語話者向けの英語で書かれています。学校で学ぶよりも多様な英語表現に出会うことでしょう。失うものはありません。英語のライティング力を伸ばしたいなら、ぜひトライしてみてください。最初の段階で難しいと感じてしまい、すぐにやる気を失うことのないように気を付けて。 最初は簡単な新聞やニュースから始めましょう。世界には英語の新聞や雑誌が山ほど発行されていますし、言語学習者専用に書かれた新聞や雑誌まであります! 最初は、軽めの記事(海外セレブ情報誌やスポーツ、趣味、映画など)を選びましょう。学校の授業で習ったような簡単な語彙が使われているので読みやすいはずです。 最近では、紙に印刷されたものを買う必要はなく、ほぼすべての記事をオンラインで読むことができます。国際新聞では様々な記事やテーマが扱われているので、それらを利用すればオンラインで英語を学ぶことができるでしょう。 英語の小説を読む あまり本を読むことのない人でも、英語で小説や本を読むことにはメリットがあります。学校の英語の授業の一環として本を読まされるのとは違います。自分で本を選び、自分のペースで時間をかけて読めばいいからです。 お気に入りの本で英語を学べるか? ハリーポッターを例にとってみましょう。全部で7巻出ていて、世界の何百万という人々に愛されている本です。しかし、英語のネイティブスピーカーでない場合、新作が出ても素直に喜べなかったはずです。全世界で話題になっている本なのに、翻訳版が出るのを待たなければならなかったからです。 しかし、英語が第二言語であっても、多くの人が英語版を読むことでこの問題を解決したのです。英語で読んでしまえば翻訳版を待つ必要もなく、英語力もアップします。物語がどう進むのかを知ることができるだけでなく、母国語以外の言語で本を読むことで新しい言葉や表現を学ぶことができます。 英語の授業で学んだことは一旦忘れ、文学の魅力を発見しましょう。ハリーポッターでなくても構いません。自分の好きな本でバイリンガルに近づきましょう!すでに読んだ本の英語版を読むこともできます。読んだことのある本ならストーリーの詳細理解に行き詰ることがなく、言語にフォーカスしやすくなります。 英語で映画や TV シリーズを観る 英語を上達させたいなら、楽しい方法で!今、アメリカの TV シリーズは世界で人気を得ています。Netflix などのプラットフォームにより、あらゆる家庭のリビングで映画や TV シリーズが楽しまれるようになっているのです。 好きな時に誰もが観られる英語の作品がたくさんあります。夕方に空いた時間があるなら、それらを観て過ごすのもいいでしょう。あなた次第です。 ただし、吹き替え版が出るのを待ってから母国語で観るのは、英語上達の観点からは最悪です。英語力は全くアップしないでしょう。英語で観るのが難しい場合、母国語の字幕を付けながら見れば少し楽になります。 この方法なら、英語の発音を聞くことで耳が鍛えられ、字幕で文の書かれ方を知ることができます。映画でもこの方法が使えます。 英語の接続詞を習得する 英語のライティングを向上させたいなら、考えを言葉にして、わかりやすいように表現できなければなりません。 スピーキングに比べライティングでは、より多くの接続詞が多く使われます。書き英語は、「フォーマルな英語」を使う傾向があります。 大抵の場合、フォーマルな英語を使い、スピーキングよりも厳しい文法のルールに従わなければなりません。さらに、口語的な用語は避け、豊かな表現を用い、異なったフレーズや特定の文体を含める必要もあります。 しかし、タイムズ紙を編集するなどといったタスクに取り掛かる前に、ライティングの基礎を学び、流暢に英語を話せるようになる必要があります。そのためには、接続詞の複雑さも理解しなければなりません。 流暢になりたいのなら、接続詞を知る必要があります。「Nevertheless」   「Therefore」「Furthermore」といった言葉をご存知ですか? こういった接続詞はたくさんあります。時間をかけてできる限り多く習得するようにしましょう。テキストやメールを送るときに、文をうまく構成できるようになるほか、英語話者から理解してもらいやすくなるでしょう。 最後に、また昔の英語の教科書を取り出し、基礎を磨くことも忘れずに! 調子を取り戻したら、短い英語のテストを自分に課してみましょう! 英単語力を強化する 同じ表現や言葉ばかり使っていては、英語で書く力は伸びません。また、同じ5つの動詞ばかり使っていてはすべてを書いて表現することはできません。英語のライティングでは、多様な表現を使ってスパイスを加えていくことが大切なのです。 では、どうしたら良いのでしょうか?どこから始めたら良いのでしょうか?英単語力を伸ばすことに力を入れ、自分をわかりやすく伝える武器にしてしまいましょう。 そのためにできることはたくさんあります!毎日新しい単語を12個覚えましょう。12個が多すぎるなら10個はどうでしょうか?大変すぎるということはないはずです。他のことをしている合間に行えばいいのです。例えば、夕飯用の野菜を切っているときやシャワーを浴びているときに練習するのはどうでしょうか? 毎朝、前日に練習した単語を復習し、覚えているか確認しましょう。 これは基本的な方法ではありますが、単語力の強化にとても効果的です。 英語を書くことを自分に強制する これは学校でよくある筆記試験ではありません。あなた自身の仕事あるいはプライベート面での成長のためです。英語で上手に書けることは、あなたにとってとても重要なことかもしれません。その場合、どのような方法が好ましいのでしょうか?Superprof ではいくつかの方法をお勧めしています。 泳げるようになるには、水にと飛び込むのが最善の方法ですよね?ただし、ライティング力アップのためには自分を「書く」という作業に追い込むことが重要です。 英語で話せることと書けることは、同じではありません。書くときは、一貫性が重要になるからです。 英語のライティングは、スピーキングとはまた別のチャレンジなのです(他の言語で書くときも同様ですが)。英語で書くことが躊躇われるなら、とりあえずペンを持って書き始めてみるといいでしょう。 最初は当然間違いがあります。しかし、間違いについてメモをとっていけば徐々によくなります。特に語彙と文法の力がついてからは、上達を実感できるでしょう。また、接続詞を使うようになれば、ライティングが向上します。今から始めましょう! 辞書を使ってスペリングのスキルを伸ばす 自動修正機能のおかげで、私たちはスペリングに困らなくなっています。むしろ、頼りすぎの傾向にあります。これは、英語だけでなくあらゆる言語について言えることです。 誰もが学校でスペリングを学んだと考えがちですが、忘れている面も多くあります。スペリングの間違いは、就職にもかなりの悪影響を与えます。二人の候補者がいたとしたら、雇用者側は必ずスペリングエラーのない人を選ぶことでしょう。 […]
どうやって目標達成するか
29/03
英語が母語でない人が英語を上達させるヒント 英語を上手く話せるようになるまでにかかる時間は?新しい単語やフレーズを学ぶ段階から、第二言語として英語を流暢に話せるまでになるにはどうしたら良い? これは、英語の先生がよく受ける質問です。 残念ながら、シンプルな一つの答えはありません。いくつかの要素を考慮する必要があります。 英語力アップのための主な要素には、次のようなものがあります。 目標を定める まず、英語を「話す」とは何を意味するのかを考える必要があります。また、「言語習得」という言葉の定義はとても広いものです。英語話者と会話をして話す力を伸ばしたいという人もいるでしょうし、 スピーキングを上達させ、流暢にコミュニケーションが取れるようになりたいという人もいるでしょう。 ビジネス英語を学びたいという人もいますし、英語のリスニングスキルを鍛えてスラングを学び、好きなテレビ番組を観れるようになりたいという人もいます。 英語習得にかける時間も、その目標次第で変わってきます。あなたの英語は今どのレベルで、どのレベルを目指しているのか。このゾウの場合は、明らかですよね。 一夜にして流暢にはなれないということを、まず知っておくと良いでしょう。よって、達成可能な目標を定めるようにしましょう。 英語を完璧にするという目標は、中級レベルになってから設定します。バイリンガルになるには、長期間にわたり英語を頻繁に練習しなければなりません。英語を全く知らない人が「バイリンガルになりたい」という目標を立てるのは、「達成可能」という観点からは少しズレています。 妥当な目標を立て、その進歩を評価します。 以下のことに取り組んでみましょう。 英語で映画を観る、 英単語を覚える 自分のレベルを評価する 英語の発音に取り組む 粘り強く!英語習得の計画を立てる 外国語の習得には時間がかかります。習得にかかる時間は、その言語の種類とあなたの母国語によって変わってきます。 例えば、英語より中国語の方が難しいと感じる人もいるでしょう。 英語はいくつかの面で、習得が楽な言語だと言われています。英語の動詞や活用、時制は他の言語に比べ簡単であること、英語を学ぶための無料リソースが数多く出ていること、オンラインでも英語を学ぶことができ、世界のほぼどこでも英語で会話が通じること、などがその理由となっています。 一方、英単語は多様で、スペルはややこしく、ノンネイティブには理解が難しい英文法もあります。よって、英語の学習が大変だと感じることもあるでしょう。 最近ではどこに行っても、英語のネイティブスピーカーに出会うことがあります。また、基本的な英語あるいは会話ができる人、英語スキルがあり観光客に自信を持って話しかけられる人、英文法のルールをほぼ全て理解している人などは世界にたくさんいます。つまり、見知らぬ人とコミュニケーションをとって英語を学ぶチャンスが山ほどあるということです。 他の言語に比べて英語の習得が簡単であるとは言え、多くの時間をかけなければ、ネイティブのように話せるようにはなりません。「英語習得にかかる時間」を考えるにしても、明日までに習得するのは無理なわけです。 英語学習開始時のレベル 英語を学びたい人の中にも、英語を一度も学んだことのない人と学校で英語を習ってきた人がいます。ただし、大部分の人が学校で英語を習うので、一度も学んだことのない人は稀かもしれません。 一度は英語の授業を受けたことがあるはずです。ですから、0からのスタートではありません。 若い頃学んだ英語をすでに忘れてしまった人も多いと思います。ですから、誰もがゼロよりは上のレベルからスタートするわけですが、全員の英語レベルが同じなわけではありません。 よって、今持っている英語力によっても「英語の習得にかかる時間」は変わってくるのです。 英語の知識が少しでもある人は、忘れてしまった内容を思い出すことに時間をかけることになりますが、完全な初心者は習得にもっと時間がかかるでしょう。 この学習開始時のレベルは大事な要因ですが、もちろん、それだけではありません。 記憶と習得の能力 記憶力は一人ひとり異なります。誰一人同じではありません。 英語習得にかかる時間は、その人の記憶力と、言語学習に対するコミットメントによっても変わってきます。 言語習得には、しっかりとした記憶力が必要です。たくさんの語彙、文法の規則、活用、表現などを学ぶことになるからです。 記憶力は鍛えることができます。これは大事なポイント。 記憶力が良くなくても、世界の終わりではありません。記憶力や英語のライティング力を伸ばす方法があるからです。それぞれの面に磨きをかけていきましょう。 言語が好きかどうか:重要な要素 言語が好きで、言語習得の素質がある人というのがいます。 好きなことを習得するのはとても楽です。これは、すべての学びにあてはまります。ある教科が好きであるということが、モチベーションの重要な鍵となります。大好きなものを学ぶ時、人は意欲を高く保つことができるのです。 好きではないものを学ぶとき、人は難しいと感じるものです。子供の時、あるいは最近でも、そのように感じたことがあるのではないでしょうか。 英語をより迅速に習得するには、個人的成長あるいは仕事での進歩を視野に入れて、英語を習得するあらゆるメリットを書き出しましょう。たくさん見つかるはずです。言語面でのメリット以外も含めるようにしましょう。 メリットがわかっていれば、モチベーションを維持しやすくなります。 英語習得のコツ「継続は力なり」 私達は人に「英語習得にかかる時間」を尋ねるとき、3ヶ月、6ヶ月、2年などと、月や年の単位で答えが帰ってくるのを期待しているものです。 しかし、この答えは時間で考えるべきです。月に数時間しか英語に取り組んでいないのに、「5年間英語を学習している」というのは正しくないからです。学校教育で英語を学んでも、一言も話せないまま卒業することだってあります。 ですから、 時間単位で考えましょう。例として、英語力ゼロから始める場合、熟達までには1000から2000時間かかる、などと考えるとよいでしょう。 定期的な取り組みが成功への鍵となります。習得のためには、頻繁に英語と向き合うことが必要です。定期的に学習すれば、記憶もずっと定着しやすくなります。 適切な英語習得の方法を探す 重要なのは学習の頻度や量だけではありません。その質も大事です。学習の質は鍵となります。次に考えるべきは、「どのように英語を学ぶのか?」ということです 英語習得には数多くの方法があります。一つの完璧なメソッドが存在するわけではありません。 ある方法が効果的であるかどうかは、学習者とその学び方によります。様々な方法を知り、試してみて、自分に最も合った方法を選ぶようにしましょう。一方、嘘みたいな方法(一日に5分やるだけで3ヶ月であなたもペラペラに!などと約束するもの)には引っかからないようにしましょう。 本を使った学習も、効果があるかはその人によって異なってきます。一般的には、言語を学ぶのに2つのメジャーな方法があります。一つは海外で過ごすこと、もう一つは英語の個別指導を受けることです。 英語圏の国に滞在する […]
英語を母国語としない人のための英語学習のヒント
29/03
英語のスキルを高めるには? 「英語はフランス語を下手に発音しただけのものだ」と言ったのは、フランスの元首相ジョルジュ・クレマンソー。 外国語、特に英語を話すなんて簡単なことだ、と暗に意味しているかのようです。 しかし、この発言は、言語習得のプロセスを単純化しすぎていると言わざるを得ません。そんなに簡単だったら、世界にモノリンガルはいなくなることでしょう。 最近では、外国語はキャリアやプライベートで重要性を持つようになってきています。 英語は国際言語としてその地位を確立してきました。全体として、英語を話せればとても役に立ちます。 認知能力を高めてくれますし、誰とでも会話ができるようになります。 英語のレベルを高めたいというとき、必ずしも学校のように英語のレッスンを受ける必要はありません。 この記事では、英語力をできるだけスピーディーに向上させるためのアドバイスをご紹介します。 “SuperProf のお陰で、やる気があって学びに対して真剣な生徒を見つけることができました。SuperProf、オススメです!” 映画で英語を学ぶ! テレビの前に座っていても、英語をぐんと上達させることができます。 文法の本、語彙のワークシート、ニュースの記事などは必要ありません。英語をオンラインで学ぶ方法、それは英語で映画を観ることです! でも、映画を観るだけで、どうやって英語を習得できるのでしょうか? 英語で映画を観るのは、語彙力アップに役立ちますし、英語の発音を向上させたい人にはとてもオススメです! まず、イギリス映画を観るのか、アメリカ映画を観るのかを決める必要があります。この判断は、習得したいアクセントによって変わってきます。 あるアクセントを聞けば聞くほど、その発音方法を吸収することになるからです。 会話を聞くのは、リスニング力向上はもちろん、日常会話に使われる英語の理解に役立ちます。英語で会話する際は、習った表現を使ってみましょう。 観る前に、その映画で使われている英語のレベルを評価することも必要です。 あなたが英語のビギナーである場合、すでに観たことのある映画がオススメです。ストーリーがすでにわかっているので、英語の表現や語彙にフォーカスすることができるからです。 中級レベルのは場合は、あまり知らない映画にして、母国語の字幕をつけて観ると良いでしょう。 英語力が高い人の場合は、字幕なしで英語の映画を観てみましょう! 例えば、映画「ソーシャル・ネットワーク」や「ハングオーバー!」などどうでしょうか。少し観てみて、内容が複雑過ぎないか確認してみましょう。 速く習得するには、学習者が学ぶ内容にどれだけ興味を持っているかが関係します。ですから、好きな映画を選びましょう。 英語で映画を観るのは疲れる?その場合は、休憩をとりながら何回かに分けて観ると良いかもしれません。 思わずニコッとしてしまうような表現があれば、ぜひ学びましょう。ノートにメモをとり、後で時々見返すのはオススメの方法です。書き出すことで、習得が促進されます。 数週間後に二人の英語話者の会話を聞いて、どれだけ理解できるか自分の力を評価してみましょう。すべて理解するのは難しいので、高望みしすぎないように! TV シリーズを見て英語力アップ TV シリーズは英語力アップに最適です。 英語の音声で観ます。最初は、母国語の字幕を使って観ましょう。 その理由? まず母国語の字幕付きで観ることで、シリーズの概要やストーリーを把握することができます。 TV シリーズの各エピソードは短めなので、一日に1、2本見て毎日続けることができ、映画よりも英語習得に向いているかもしれません。 一日1時間も観れば、英語習得にちょうど良いでしょう。 映画と TV シリーズを使っての英語習得は、毎晩個別指導をしてもらうか、テスト前に復習のための集中授業を受けるか、の違いと似ています。自分に合ったバランスと習慣を見つけることが重要です。 TV シリーズでは言葉を学ぶだけではなく、その舞台となっている場所の文化も学ぶことになります。 英語で毎晩 TV シリーズを観れば、翻訳するのがとても難しいような慣用表現も学ぶことができます。「It’s raining cats and dogs」などの表現はその一例ですね。 TV シリーズならリスニング力が鍛えられ、聞いた表現を字幕の翻訳と関連させて理解することができます。音声を聞くと同時に字幕を読むことで、語彙や文法、発音の力もアップします。ただし、個別指導ほどは効果的ではありません。 吹き替えよりも字幕での放映が多い国から来た人は、より上手な英語を話すかもしれません。さらには、英語のみで番組を公開している国の方が、英語習得にはもっと向いているかもしれませんね。 他にも、英語力アップのためにできることはあるのでしょうか?もちろん!TV シリーズに慣れてきたら、英語の音声と英語の字幕付きで観てみましょう! […]
バイリンガルになるには
29/03
ネイティブのように話せるようになるには 英語を上達させる最善の方法は、毎日練習して英語に浸ることです。そうすれば、最もスピーディーにスキルをアップさせ、世界の英語話者と流暢に話せるようになることでしょう。 履歴書に「二ヶ国語を話す」と書けるのは大きなメリットであり、新たな文化があなたの前に広がります。 バイリンガルになるには、学校の英語の授業を受けるだけでは到底不十分です。英語を毎日話す必要があります。そして、英語の会話を聞き、その文化に身を投じ、発音の向上に取り組まなければなりません。今回は、そのためのアドバイスをご紹介します。 英語圏の国へ留学する 英語のスピーキングを向上させたい、英語を流暢に話したい、あるいは、ただ英語のネイティブスピーカーと出会いたいという場合でも、イギリス、アメリカ、オーストラリアといった英語圏の国へ行くことを検討しましょう。将来的なキャリアのために英語を習得したい場合、英語圏に行きその文化に浸れば毎日、英単語やフレーズを聞くことになるため、文法やスピーキングがずっとマスターしやすくなります。本気でバイリンガルになりたいなら、最低1年は英語圏で過ごしたいものです。 なぜ海外に行くべきなのでしょうか?それは、英語話者に出会えるだけでなく、英語環境に浸ることで英語で考える力がつき、結果的にスピーキングの向上に役立つからです。ある朝、目が覚めたら「I’m going to have a shower」などと(英語で!)考えている自分に気付くかもしれません。この時がまさに、バイリンガルに近づいていると感じる瞬間なのです。 間もなく、第二言語で夢を見る日が来るでしょう。英語圏の文化に完全に浸れば、大抵3週間から3ヶ月でこの段階に至ります。英語を話すのは簡単ではないので、語彙力を高め、英語の発音を向上させるのには6ヶ月から9ヶ月かかります。 英語を学習する人の年齢に黄金期はありません。英語のスキルは、一日にして無くなるものではないのです。事実、リスニング、スピーキングを練習して、空いた時間に英文法を勉強すれば、何歳でもたちまち英語が話せるようになるでしょう! ホストファミリーと暮らしたり、海外留学プログラムに参加したりすることもできます。英語の学校に通い、ホストファミリーと暮らせば、現地の文化や習慣を受け入れる良いチャンスになります。全体的として英語圏のあり方に触れて暮らすことで、速くバイリンガルに近づけます。 国際教育文化交流協会等が提供する交換留学プログラムを利用すれば、海外で英語を学ぶことができます。この機関では、ホームステイをしながら現地の小中学校等でインターンをするといったプログラムも用意されています。 海外で仕事しながら英語を学ぶ 勉学が好きではないなら、仕事をするのはいかがですか?英語圏の国で一時的に仕事を見つけて働くことはできますし、もしかしたら、正規の仕事が見つかるかもしれません! 興味のある仕事に就ければ、仕事に関連したビジネス英語や、少なくともいくつかの英語の言葉を学ぶことになるでしょう。 海外に行った人は、様々な種類の仕事をしています。生活費を稼ぐためです。主な目的は英語環境に浸り、バイリンガルになるためなので、仕事の内容はそこまで重要ではありません。ネイティブレベルの英語が求められないような学生向けの仕事に応募してみましょう。ただし、毎日英語を話す仕事を探し、実際に毎日英語を話しましょう。そうでなければ、英語環境に浸ったとは言えません。ファーストフードのチェーン店や映画館などは、採用されやすいでしょう。 休暇を使って海外へ行く かかる費用や家族の状況などから、他の国での長期滞在が不可能であることもあるでしょう。その場合、休暇を利用して英語圏の国を旅し、現地で英語を練習するのはいかがでしょうか。 次の休暇をロンドンなどで過ごしてみては?首都には興味がないなら、イギリスの他の場所やスコットランド、ウェールズ、アイルランドなども良いでしょう。英語話者のガイドと文化的な名所を巡り、そのアクセントを聞いて、現地での時間を最大限活用しましょう。滞在中に自分のアクセントを磨くのも良いですね。 予算がある場合、あまり一般的でない行き先を検討してみましょう。英語圏の場所はたくさんありますし、あまり知られていない行き先は、人気のロケーションよりも安い傾向があります。必ずしも、ロンドンやニューヨークに行く必要はないのです。 英語でニュースを見る 地方、国、国際と、ニュースには主に3つの種類があります。Sky News(スカイ・ニュース)やBBCで世界のニュースを聞いてみよう! 個別指導の先生の多くが、ニュースを録音したものをリスニング教材にしています。また、異なるアクセントに注意して聞いたり、ある国で放映されるニュースを他の国のものと比べながら聞いたりすることもできます。 表現をリピートしてみたり、アクセントとイントネーションを真似てみたりするのも良いでしょう。最初は全てを理解できないかもしれませんが、要旨をつかめないかチャレンジしてみましょう。 上達してきたら、自分の英語レベルを評価することも大事です。 MP3 プレーヤーで英語のレッスンを聞く 車やバスでの通勤・通学中にクラウドのライブラリまたはオンラインの英語レッスンを聞き、時間を有効活用してみましょう。 MP3 ファイルはダウンロードして聞くことができます。集中しやすい朝に聞くのがオススメです。 今日では英語話者の近くに住んでいなくても、英語のラジオ番組を活用して英語を聞くことができます。ポッドキャストも良いオプションです。 英語の映画や TV シリーズを観る 世界のますます多くの映画館が、元の音声で映画を上映するようになっています。できる限り、吹替版の利用は避けたいものです。しかし吹替版に慣れている場合、その俳優の実際の声を聞くと変な気分になるかもしれません。映画を使って英語を学びましょう。 なんだか慣れないという場合、まだ吹替版で聞いたことがない俳優が出ている、新しい英語の TV シリーズを見てみてはいかがでしょう。 バイリンガルになれば、さっぱりわからないということがなくなります。 DVD や BlueRay を購入し、元の音声のまま観てみましょう。最初は英語の字幕付きで見るのがオススメです。 ヤングアダルト小説で英語を習得する 「ハリーポッター」や「トワイライト」を知っていますか?すでに読んだことがあるなら、英語でも読んでみてはいかがでしょう。小説が販売された時、ハリーポッターファンは翻訳版が出版されるまで何ヶ月も待たなければなりませんでした。待ちきれなかったファンは英語版を購入したため、売上が伸びたほどです。大人の場合も、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編が販売された時、同じことが起きました。 今は新しい本が次々に販売されるので、英語の文学は語彙力アップの方法になります。ヤングアダルト小説で使われる言葉は、他のジャンルほど形式ばっていないので、言語習得を目指す人には向いています。また、内容も若い世代の恋愛ばかりではありません!ホラーやファンタジー、歴史なども扱われています。 英語を話す Skype 友達を見つける Skype […]