アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

英語学習は万人向け 子供や海外赴任者のためだけのものではありません

作成者 Atsushi、公開日 30/07/2019 Blog > 言語 > 英語 > 英語の読解力を高める方法

どの言語でも読解力をつけることは、その言語のコミュニケーション能力を全体的に向上させる上で重要です。けれども、語彙、綴り、文法、文章作成などの主要な学習項目でレベルを上げるには、母国語で読むことが特に重要です。

非常に重要な言語上のスキルである読解力(リーディング)があれば、新たな単語を習得し、語彙力を高め、より広範囲の題材を理解できようになります

読解力は基本的なスキルとされているので、幼い子供のうちから先ず教えられます。この初期の発達段階の間に、子供は書かれた文字や話した言葉を解読するのに必要不可欠なスキルである単語認識ができるようになります。

自然なこととして、子供は筆記(ライティング)のスキルを習得する前に、話すこと(スピーキング)で自分自身を表現するよう促されます。それでも、流暢に話せることは、効果的な読解力を身につける上で必須の要素の1つにすぎません。

子供たちが目に触れる最初のテキストは、物語だったり、童謡、民話やおとぎ話だったりしますが、その理由は子供の急速に伸びる想像力を養うことにあります。ストーリーは、感情を理解し、感情に向き合う方法、それに言語で感情を表現する方法を理解するのにも役立つため、成長上重要な役割を果たします。

幼い子供が目にする最初のテキストは、おとぎ話や童話です。フォトクレジット:インターネットアーカイブブックの画像 – Visual Huntより

多くの成人は読むことぐらいできると言うでしょうが、基本的または「受動的」な読者であるということと、自分自身は熟練したまたは「能動的」な読者であるということとの間には、大きな違いがあります。受動的な読者は、ページ上の単語を単に読むことはできますが、どのレベルのテキストとも「対話」していません。

けれども、能動的な読者は、テキストをただ読むだけではなく、言葉の並びから情報を抽出し、ストーリーを視覚的に解釈するための知恵を駆使して、知的で想像力豊かな方法テキストとつながります。これにより、細部への関心が高まり、読書体験がより楽しいものになり、全体としてより多くのメリットを享受できます。

あなたがすでに読解力を向上させようとしている熱心な読者であるか、はたまた単語をより幅広く拾えるようになるためのヒントを求める初心者であるかを問わず、能動的に読めるようになるための道はいくつもあります。特にリーディングに焦点を当てた英語のレッスンを受ければ、その過程で興味がわくような最高のテキストに触れながら、読むスピードを上げることもできますし、読解力を向上させる方法に関するヒントも得られます。

Superprofで紹介されている数多くの英語の先生のプロフィールに目を通してみてください。

初心者に英語のリーディングを教える

ブリティッシュ・カウンシルは、その英語教育の一連の過程で、初心者にリーディングを教えるときは段階を踏むことを勧めています。段階ごとに分けるのは、学習者がリーディングスキルを高めるさまざまな方法を学ぶのを助けることにその狙いがあります。

まず、先生は生徒に読み書き行うように促し、読解力がつくと最終的にどのようなことができるか・得られるかを明確にすることでそのモチベーションを高めるようにします。あなたが東京の英語の先生で、読解力の大切さを情熱的に伝えられるのであれば、生徒は積極的かつ熱意をもって読解力を身につけるように努力することでしょう。

プロセスの中で重要なのは、学習者のリーディングの準備を手伝う段階です。これはつまり、リーディングのさまざまなテクニックを教え、文章を読む前および読んでいる最中にそれをどのように適用するかを伝えることを意味します。リーディングに対する向き合い方を変えることも非常に大切です。読解力が大切な理由を知ることで、リーディングの方法に大きく影響するからです。

リーディングは往々にしてライティングと並行して教えられます。2つのスキルは誰の目からも明らかな理由で非常に密接につながっているからです。学習者にライティングの課題を与え特定のプロセス(たとえばまず何を伝えたいかのアイデアをまとめること)に従う手順を学ぶことで、文章を通じたコミュニケーションの理解を深めるのと同時に、読み書きの方法に変化をもたらすことができます。

最後に、学習者に幅広いジャンルや作文スタイルを紹介することで、さまざまな種類のテキストが色々な方法で読み手に伝達されていることがわかり、リーディングの練習にも役立ちます。たとえば、マニュアルを読むときの読み方は、恋愛小説を読むときのそれとはまったく異なります。

リーディングの速度を向上させる方法

速読ができるようになるための最初のステップは、科学的な方法とは似ても似つかないものです。読むのが遅い人たちは気が散りやすいため、目の前の作業に集中するのが難しいと感じているきらいがあります。腰を落ち着けて読むには、気持ちを落ち着けて快適に感じる空間でリーディングの練習をするのがよいでしょう。それは静かな部屋であるかもしれません。あるいは喧しいショッピングモールであるかもしれません。自分にとって最も効率が上がる環境を理解することで、読解のスピードを向上させるのに打ち込むのに役立つでしょう。

速く読むことには多くのメリットがありますが、内容の理解を犠牲にしてまで速く読まないと、とプレッシャーを感じないでください。結局、内容を何も理解できないなら、速く読むのに何の意味もないからです。読むのが上手い人は、ただページをめくるのが速いだけではない理由がそこにあります。

英語の先生のコーチングを受けて、速く上手く読めるようになりましょう。

自分の現在の読解スピードを知る

読む技術を向上させることは可能です。けれども最初にすべきことは、自分の目的(たとえば研究職にある人は、楽しみのためにブログを読む人よりも速いスピードで読むことが求められるでしょう)に対してどれほどのスピードで読み書くことができるかを知ることです。そして自分の目的に合った目標速度を推し量るのです。

自分の「1分当たりに読める単語数(WPM)」を理解するには、タイマーを正確に1分にセットして、文章の理解を損ねることなく最も速く読めるペースで文章を読みます。平均読解速度をつかむために、タイマーをセットして読んでみる作業を繰り返してみてください。自分の納得できる「WPM」がわかったら、どれだけ速く読めるかを仕事の履歴書や学校の願書に記載して、志望先に速読スキルをアピールすることもできます。

読解速度を向上させる

速読を身につけるポイントは、練習することに尽きます。スキルを定期的に用いることで、より上手く読めるようになるでしょう。

たとえば子供でも読解力をつけるには時間がかかることを頭に入れておいてください。

速読をマスターする第一歩は、基本的なテキストを読むことです。あまりに難解な文章では読む速度が落ちてしまうからです。多くの研究プログラムで、反射神経を訓練することで読解速度を上げることができるとされています。そこで、定期的に脳を働かせることで文章を読む力がつきます。

技術が発達したこの時代にあって驚きではないでしょうが、速読の訓練用のアプリをダウンロードすることもできます。たとえば、Spreederは、長期的な視点から読む時間を短縮するように設計されたアプリで、世界で最も尊敬されている速読トレーナーや速読の記録保持者の指導にあやかり、最大3倍の速度で読めるようになると謳われています。Spreederのように、AppleStoreから無料でダウンロードできるアプリもあれば、有料のものもありますが、勉強や研究のためにより効果的な速読法を身につけたいと考えている学生には学生の間で特に人気のあるツールもあります。

Superprofの英語の先生にコンタクトして、英語の読み書きの上達を図るのも一つの手です。

毎日読書することのメリット

現在定期的に読む習慣を身に付けていない人は、非常に重要な機会をみすみす逃してしまっているかもしれません。

読書をすることで心が落ち着き無料の娯楽記事を読んでいて楽しいだけでなく、知識を習得する上で非常に重要なプロセスでもあります。そのため、毎日読書をすることで情報がさらに入ってきて脳に適度な刺激が与えられ、様々なトピックについての理解を広げることができます。さらに、より多くの文章にさらされればさらされるほど、自身の語彙力が高まることでしょう。

けれども、読むことは、新しいスキルを習得することだけにとどまりません。読み書きのような課題をこなすことで脳が継続的な刺激を受けられ、アルツハイマーや認知症といった老年期にまつわる精神障害や脳細胞の活動の低下の進行を遅らせるか、完全に止めることさえできることが科学的に証明されています。

身体の筋肉と同じように、脳が活発で力強くあり続けるには、動かし続ける必要があります。

これは記憶力にも当てはまります。より多く読めば読むほど、脳内で情報を保持する力が高まります。

精神的な健康上の利点に加えて、読書のおかげで日常生活の喧騒から離れることによってストレスレベルを抑えることができ、(少なくとも読書時間中は)悩みから解放されることでしょう。現実から離れる手段を見つけることで、理性的になり物事を客観的に捉えるのにも役立つため、長期的にポジティブな効果をもたらす可能性もあります。

知的レベルでも、読書で得られるメリットを知ることは重要です。テレビ、メール、ソーシャルメディアといった最新のメディアに気を取られることで、それがなかった時代と比べると生産性と集中力が低下してしまっています。読書は一つの物語や記述に注意のすべてを傾けるのを助け、物事の細部を頭に入れることを可能にします。

最後に、定期的に読書をすることで、より優れた分析スキルを習得、批判的に物事を観る力を養うことができます。これらのスキルは文章をより高いレベルで解釈する能力に作用し、その結果、書き言葉と話し言葉の両方でコミュニケーション能力が上がります。

子供たちの読書を後押しする方法

技術の進歩とKindleタブレットの人気の高まりで、子供は本を読む大人を見かける機会がめっきり少なくなりました。そのため、子供たちにあなたが読書をしている姿を見せることで、子供たちの読書習慣を養うことができます

子供たちや若い世代に、大人が読書をしている姿をもっと見せる必要があります。フォトクレジット:DonnierayjonesVisualhunt.com/CC BYより。

本棚をお気に入りの小説でいっぱいにしたり、休日に本を何冊も持って出かけたり、ベッド脇にお気に入りの物語を置いたりして、環境の中で子供が本に親しめるようにすることをお勧めします。

かつては、家中に紙の説明書、雑誌や本が置かれて目にする機会もたくさんありましたが、今日では情報の大部分がデジタル化されています。驚いたことに、子供向けの本の中には、電子書籍形式でしか購入できないものまであります。

子供向けの本の作家間の競争が激しいため自己出版余儀なくされAmazonのKindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)といったプラットフォームを使用していることが原因として挙げられます。けれども、テキストの受けがオンラインの視聴者に十分よければ、大抵児童書籍の大手出版社の白羽の矢が立つことはなく、著名なイラストレーターのイラスト付きで印刷されることはありません。

未就学児のための読解力

ありがたいことに、読み物または触って楽しむものとして子供に本を買ってあげる習慣はまだまだ根強く、子供部屋や保育園の多くに本棚があります。出版社はまた、本で子供の感覚を養うメリットにあやかっています。たとえば、Usborneが出版したアクティビティブックのコレクションをのぞいてみてください。

低年齢の児童を対象とした単純明快なテキストは、明るく、カラフルなイラストとページをめくるたびに感じるように様々な質感を楽しむことができます。扱っているテーマが幅広いことで、どの子供にもピッタリなテーマが見つかることでしょう。

子供たちに読書を促す上で、子供たちが何に興味を持っているかを理解することが非常に重要です。たとえば、子供が消防車に強い興味を示していたら、人命救助や人助けの物語を読んであげるとワクワクしながら耳を傾けてくれることでしょう。

学齢児童のための読み物

他にも、子供がどの程度の理解力を持っているかを理解することも大切です。子供の年齢と理解力の水準を考えるとあまりに難しい本を与えると、読書は後回しになり、越えられない山のように感じてしまうかもしれません。たくさんの絵が含まれる本を楽しい雰囲気で読んであげましょう。そうすることでインスピレーションを継続的に受けて、読書で創造性と想像力を持続的に掻き立てられるようにしてあげてください。

さらに、インタラクティブな本を題材にすることは、児童が読書にもっと身を乗り出せるようにするよい方法です。お絵かきするための絵、遊び心、さらに頭をひねる要素が盛り込まれた本に触れさせることで、子供にその内容に興味を持ってもらい、物語を解釈するスキルを身に付けさせるのに役立ちます。

10代の若者のための読み物

10代のお子さんがいる家庭では、子供が読書に興味を示さず、さらに楽しみを奪う厄介なものと捉える向きがあるかもしれません。読むことが子供の「十八番」であるかどうかにかかわらず、教育上とても有意義であるため、読書を続けることを促すべきです。

たとえば、自転車の雑誌、釣りのガイド、馬に関する本といった読み物を読むことに興味を示さない子供たちに差し出せば、アクティビティにもっと興味を持ってもらうのに役立つことでしょう。

本丸ごと1冊でなくても、詩や物語の一片を読むことで満足感を得られる子供たちもいるかもしれません。その場合、その分野をもっと読み進めてみたいと思うのではないでしょうか。大家が書いたフィクションやノンフィクションの本もためになるでしょうが、10代の子供たちにとってはそれほど年が離れていない作家が書いた物語を読むことにアンテナが向くかもしれません。あるトピックやテーマの読み物に身を乗り出す子供もいるでしょうが自分自身を言葉で表現し、自分の物語を紡いでみたいという衝動に駆られる子供もいることでしょう。

最高の英文学

英国の学校に通ったことのある人たちは古典的な英文学に触れる機会が何度かあったかもしれませんが、学校教育の課程の一環として国語を勉強すると、読書好きになるか、読書嫌いになるかの両極端に分かれることがよくあります。オックスフォード・ロイヤル・アカデミーは、たとえば以下のような万人にお勧めの英文学のリストをまとめています。

エミリー・ブロンテ、『嵐が丘』
ジョージ・エリオット、『ミドルマーチ』
J・R・R・トールキン、『ロード・オブ・ザ・リング』
フィリップ・プルマン、『ライラの冒険』の3部作
シャーロット・ブロンテ、『ジェーン・エア』
チャールズ・ディケンズ、『大いなる遺産』
トーマス・ハーディ、『遥か群衆を離れて』
ジェーン・オースティンのすべての小説

けれども、このコンパクトにまとめられたリストから欠けているものは何でしょうか?英国は少なくとも15世紀以来、貴重な文学作品を生み出してきました(チョーサーやシェイクスピアを手始めとして)。そして今日も素晴らしい作品が出版され続けていることを考えると、リストに追加すべき本は枚挙にいとまがありません。

古典といわれると、古臭いものやヴィンテージを思い浮かべますね。最高の古典的な英文学を挙げてみてと問われたときに、過去の作品が口を突いて出る人が多いのはそのためです。さらに、古典文学として評されるには、内容が時の試練に耐え時代を超えて読者に感銘を与え続けなければなりません。

オックスフォード・ロイヤル・アカデミーの選択に異論はありませんが、イギリス文学を形作るのに寄与し、世代を超えた影響力を持つことを証明した小説がまだほかにも多少あると私は考えます。

1つ目は、F・スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』です。1925年に書かれたこの小説は、時代を超えた古典と比べて何ら遜色ありません。当時の社会に焦点を当てていたにもかかわらず、フィッツジェラルドの小説はテーマが普遍的であるため、100年前の当時と変わらず今の時代にもうなずけるところが多々あります。

作家の死後、いくつかの改作が行われ(実際、フィッツジェラルドは『グレート・ギャツビー』が陽の目を見ることはなかったと思って死んでいきました)、バズ・ラーマンによる最新のハリウッド映画が成功したことは、フィッツジェラルドが表現した特徴、プロット、テーマは物事が目まぐるしく移り変わった1920年代を見事に捉えていたことを物語っています。1920年代は、私たちの多くを未だ魅了し続ける魅惑の時代でした。

最後に、ウィリアム・シェイクスピアの演劇の名詩選集を手に取って、少なくともその中の1つを読むことを読者の誰に対してもお勧めします。史上最高の作家の一人と目されるシェイクスピアの作品が未だ世界中の英文学のコースで研究されているのを見ると、シェイクスピアが多くの古典を生み出したことに異論はないでしょう。

シェイクスピアのユーモアに富んだキャラクター、ウィットが効いた言葉使い、現代に通じるプロットは、その文学作品が今日もなお非常に人気がある理由のほんの一部です。

感銘的な詩

詩が魅力的に思える文学の分野であるかどうか自信がない人には、心を閉ざさないでと私は伝えます。膨大な選択肢があるため、あらゆる人の好みに合った詩がきっと見つかるだろうからです。

詩を読むことは、エリートクラブのように、同じ特別な表現力を持った他者の作品を読む創造的な作家グループをかつては連想させました。けれども、韻を踏む文学作品を楽しむのに自ら作詞家になる必要はありません(ただし、すべての詩が韻を踏むわけではありません)。

大学で英文学を学ぶ学生は、とりわけキャロル・アン・ダフィー、クリスティーナ・ロセッティ、エリザベス・バレット・ブラウニング、ジョン・クレア、シームス・ヒーニー、そしてウィリアム・ブレイクといった有名な詩人が作った詩を学ぶ必要があるでしょう。

以上ご紹介したのはさまざまな時代や文化からの詩の恰好の見本にはなりますが、心の琴線に触れない人も中にはいるでしょう。少なくとも、情熱的で賢い先生の助けを借りずにその世界に入り込むのを尻込みする人もいると思います。

詩を読む方法、それを解釈する方法を教えてもらえば、心を開いてテキストを手に取ってみる上で大きな追い風になることでしょう。たとえば、筆者と大学の仲間はかつてある教授から詩を渡され、その詩について思うところを述べよという課題を与えられました。その詩は、次のように書かれていました。

He clasps the crag with crooked hands(湾曲した手で岩礁を握り)、
Close to the sun in lonely lands(孤独な土地の太陽の膝元で)、
Ring’d with the azure world, he stands(紺碧の世界に輪をかける)。

The wrinkled sea beneath him crawls(眼下に広がる大海原)、
He watches from his mountain walls(山肌から眼下を見下ろし)、
And like a thunderbolt he falls(落雷のように下り落ちる)。

ごく自然に、この詩を初めて読んだ人たちは(私たちがそうではなかったように)自殺、うつ病、絶望といったテーマを思い浮かべることでしょう。それでも、詩のタイトルを教えてもらうことで、先生は言葉の力を理解する上で貴重な教訓を教えてくれたことに気づきました。その詩は詩人のアルフレッド・テニスンが作詩した「鷲(Eagle)」というタイトルの詩で、実際には自由についてのポジティブな詩を意図していたのです。とは言え、私は最初にそれを理解した方法で詩を詠むことの方が好きです。なぜなら、それがその詩の第一印象だったからです。

テニスンの「鷲」は、そのタイトルなしで読むと誤解される可能性がある「自由」についての詩です。フォトクレジット:jbylundVisualhunt.com/CC BY-SAより

詩に感銘を受けることは、提示された内容と常に直接的な相関関係があるわけではありません。それはその物語をどのように解釈し、私たち自身の世界に対する理解にそれをどう当てはめるかに関わります。詩は結局、私たちのような人間が作詩し、ロマンス、友情、欺瞞など、今日の社会に常に存在するテーマに焦点が当てられているので、誰もが何らかの形で詩を身近なものとして捉えることができるでしょう。

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar