アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

読解速度を向上させる方法

作成者 Atsushi、公開日 02/08/2019 Blog > 言語 > 英語 > 読解速度を向上させる方法

前の記事で触れたように、読者には2つの異なるタイプがいます。受動的な読者と能動的な読者です。読者の技術が高い人は通常、より頻繁に本を読む人で、内容の理解をおろそかにすることなく速く読むことができます。

一方、読むのが遅い人は気が散りやすいため、目の前の作業に集中するのが難しいと感じる傾向があります。

読書の技術を高めることは必ずしも知性と結び付いているわけではありませんが、読書をする習慣がある人は必然的に広く読まない人と比べてより多くの情報を吸収しようとします。より読書のレベルを上げたい人は、より賢明になりたいのか、ただ単にある分野で秀でたいのかはさておき、読書に対するアプローチを変える心づもりをする必要があります。専門科目を習得するのと同じように、熟練した読者になるには時間、労力、そして練習が必要です。

読書習慣を身につけることのメリットはご存知ですか?

読み始める前に考えてみる

気が散って本を集中して読めないという人は、落ち着いて快適と感じられる空間で読書を練習するとよいでしょう。その空間は静かなオフィスだったり、音楽が流れる寝室だったり、はたまた大型ショッピングセンターのど真ん中だったりするかもしれません。気持ちに一本糸を通すのに必要なことがあったら、それをやることです。

すぐに空想にふけってしまう人は、一点集中するために頭を鍛える必要があります。写真 – Visualhunt.comより

このような気持ちが落ち着ける環境で読書を練習すればするほど、読書がより普通のことのように感じられ、他に工夫したり訓練をつんだりしなくても自然とスピードが上がっていくことでしょう。

さらに、居心地のいい環境を抜け出していざ読書をするとなったときに、自分の好みの環境を理解しておくことで、読書のスピードを上げる取組みにプラスに働くことでしょう。自分がいたい場所に目を向けることで、他の何にも気を取られることなく集中できるようになるからです。それは「陳腐な教え」のように聞こえるかもしれませんが、優れた読者でいることの大半は心のコントロールができるかにかかっています。コントロールができることで、本を開くたびに感覚が研ぎ澄まされ、受容的になれます。

何よりも読む速度を向上させることに関心があるなら、なぜそうしたいのかをまず考えてみてください。頭の中に明確な目標を持つことで、その本を読むことで何を理解し、何をつかみたいかを明確にするのに本当に役立ちます。

たとえば、生物学、化学や物理学の分野の未だ知らないことを学びたいという想いをもって読むと、サイエンスフィクションをもっと速く読みたいと思うようになるかもしれません。この場合、単語をつなげて読み飛ばし、重要な用語にだけ焦点を絞って拾い読みすることをお勧めします。一方、文学的に見てどうかと評価するためにその本を読んでいる人は、作者のニュアンスや書き方に気付くように心がける必要があるため、読むのが遅くなるかもしれません。

文学をひも解くには、言葉のニュアンスの違いをしっかりと捉えられるようにすることが必要です。

読書の目的を定めることで、目標達成にどれくらい速く読むべきかを見定めるのを助け、結局は自分が今読んでいる速度が最適なスピードであると気づくことだってあるでしょう。

速く読むことには多くのメリットがありますが、ただ楽しむために読んでいるのであれば、周りの生徒と競って速く読むように無理に頑張る必要はありません。達成不可能な速度で読もうと自分にプレッシャーをかけることで、全体的な理解率が低下してしまう恐れもあります。読む過程で何も拾えないなら、一体何のために本を読んでいるのだという話になります。

自分の現在の読解スピードを知る

読書のパフォーマンスは人それぞれです。速読をしても情報をたくさん摂取することに長けている人もいます。けれども、読書のスキルを上げることは十分可能で、前より速く読めるように訓練することもできます。

最初にやるべきことは、自分の目的を念頭に、どの速度で読み書きしたらよいかを見つけることです。たとえば、先に触れたように、研究者として働く人は、単に娯楽目的で読んでいる人よりも速いスピードで読むことが求められることでしょう。就職活動をしている人が、志望する会社からどれぐらい速く読めるのか聞かれたら、次の水準をベンチマークとして使ってみてください。

大まかな目安として、眼球運動の専門家であるキース・レイナ―は、大学教育を受けた平均的な人が読める単語は毎分200400だろうと示唆しています。並外れた人で毎分500~600語だと言われています。とは言え、科学者の中には内容の理解を犠牲にすることなく毎分500語を超えて読むことはできないだろうと主張する人もいます。目を動かし、ある点に焦点を当て、情報を処理する機械的なプロセスには解剖学的な見地から限界があるからだ、というのがその根拠です。

それでも、達成しようとしていることがおおまかにつかめたら、時間を計って自分がどのぐらい速く読めるのかを計測してみましょう。自分の読解速度がどれほどかをよりよく理解するために、何度か試してみるのがよいでしょう。そして一番能率が上がるように、静かな環境で行うのがよいでしょう。

自分の1分当たりに読める単語数(WPM)を理解するには、タイマーを正確に1分にセットして、文章の理解を損ねることなく最も速く読めるペースで文章を読みます。平均読解速度をつかむために、タイマーをセットして読んでみる作業を繰り返してみてください。当然、自分がもっと速く読めるようになりたいと考える分野に関連したテキストで計測することがポイントです。

読む速度は、「WPM」と呼ばれる1分当たりに読める単語数を計測することで割り出されます。写真 – VisualHunt.comより

自分の納得できる「WPM」がわかったら、どれだけ速く読めるかを仕事の履歴書や学校の願書に記載して、志望先に読解レベルをアピールすることもできます。または、フリーランサーの方は、潜在顧客にアピールするために自分のプロフィールにそれを記載してもいいでしょう。

けれども、読解速度の向上に向けて努力する必要があると感じている人は、数多くのステップを踏み、理想の読解力を手に入れるのに役立つ無数のリソースに当たることができます。

ところで詩を読んでいるときの読むスピードに興味はありませんか?読解に役立つどのような英語の授業が受けられるのかもチェックしてみてください。

読解速度を向上させる

反復練習で完璧に近づける

速読を身につけるポイントは、練習することに尽きます。スキルを定期的に用いることで、より上手く読めるようになります。これは、1段落を毎日1~2回読めばいいというわけではありません。読む方法を本当に改善したいと思うなら、リーディングの課題を一定量こなすのに時間を費やす必要があります。日中の空いた時間をリーディングに当てれば、リーディングがより直感的になり、より多くの情報をより規則的に取り入れるように脳を徐々にトレーニングすることができます

この早い段階での読解力の向上にはボリュームが重要で、内容を深く理解することはそれに比べるとそれほど重要ではありません。実際、あまりにも専門的なものを読むとただ読むスピードが遅くなるだけだと思われます。そのため、基本的なテキストから始めて、細部にもっと注意を払う必要がある内容の本までレベルを上げていくのがよいでしょう。

多くの研究プログラムで、反射神経を訓練することで読解速度を上げることができるとされています。定期的に脳を働かせることで文章を読む力がつきます。

面白いコンテンツが子供たちを読書好きにするのにどれほど役立つか探ってみましょう!英語の手助けが必要な方は、リンクをクリックしてみてください。

読解速度を向上させるのに役立つ可能性のあるリソース

この技術的に進歩した時代にあっては、速読の訓練に適していると謳われるDIYや自己学習型のアプリがさまざま開発されています。

たとえば、Spreederは、長期的な視点から読む時間を短縮するように設計されたアプリで、世界で最も尊敬されている速読トレーナーや速読の記録保持者の指導にあやかり、最大3倍の速度で読めるようになると謳われています。

読解速度を向上させると謳われるモバイルアプリが開発されています。写真 – Visualhuntより

Spreederのように、AppleStoreから無料でダウンロードできるアプリもあれば、有料のものもありますが、勉強や研究のためにより効果的な速読法を身につけたいと考えている学生には学生の間で特に人気のあるツールもあります。

内容をよりよく理解しながらより速く読みたい人は、こちらのヒントを参考にしてみてください!

クラスに参加する

リソースと強い意志力を発揮して自分で読書のスキルを向上させようと頑張ってみることもできるかもしれませんが、経験に裏打ちされたコツを持つプロから教わるのに敵うものはありません。レッスンに実際に足を運ばなくても、学習を支援する講義や放送のような遠隔学習法を用いてオンラインで修了できるリーディングコースも数多くあります。

あるいは、自分の読書上の課題は何なのかを見極め、理想の読解速度の目標に向かって取り組むのに、地元の学校や大学、その他の教育機関でそれに合ったコースを見つけることもできるでしょう。それにより、自分に合った授業料でレッスンや授業を受けることができます。

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar