一般教科 音楽 ヘルス&フィットネス 言語

ギターを習いたいですか?

私達のギター講師はギターレッスンの助けとなる記事を書きました。世界のギタリストや、ロック、クラシック、ジャズなどについて新たに発見しましょう。5000人以上ものギターの講師がSuperprofにはいます。お近くのギターの先生を探しましょう。

記事一覧 :

ゲームでギター習得ができるのか?
07/03
電子的なギター習得法 “自分の子供たちがやってるの見ると、イラっとするんだ。ボタンの押し方をマスターするのと同じくらい時間をかけてギターを練習してれば、今ごろ超上手くなってたのにさ。” -ピンク・フロイド、ニック・メイスン ビデオゲームを使ってギターを学ぶことは、ミュージシャンに揃って認められている方法ではありません。 ただ、年齢に関わらず、ギターを弾けるようになりたいという願望を抱く人は少なくありません。 8~10歳頃あるいは思春期に好きなギタリストのリフを覚えた時から、あるいは大人になった今も、ギターは満たされることない情熱として私達の中に居続けています。 多くの人、特に男性にとって、ギターを弾くことは呼吸すること、食べること、飲むこと、避難すること、恋をすることに続いて、人生ですべき重要なことのトップ6に入る活動となっています。 「To Do リスト」では一位なのでは? ギターを弾くことは、音楽活動をしていない音楽好きにとって、心を魅了する魔術のような存在なのです。この魔法を解くには、ギターを弾き始めるしかありません。 ギターを習得するには、まず初めてのギターを購入し、エレキギターレッスンや、オンラインギターレッスンを受講するという流れになりますが、数ヶ月して一定のレベルに達したら、その情熱がすぐに冷めてしまうことがあります。 そして、往々にしてこんな言い訳がなされるのです-「俺、音楽センスないわ」「指が太すぎるんだよね」「私にはできない」…
ギターレッスンを受けると良い5つの理由
01/03
楽器は先生に習うべき?それとも独学? コンテンポラリーアメリカンロック、クラシック、その他様々なミュージックジャンルがあり、多大な歴史を持つギターは、アメリカ人が最も好む楽器の一つであることは間違いありません。 クラシック、アコースティック、エレキといった種類を問わず、ギターはロックミュージシャンにとって欠かすことのできない楽器であり、夜、暖炉の前で弾いて語るのになくてはならないアイテムとなっています。 ギターは様々な形で利用でき、誰でも好きなように解釈して多様なレパートリーを楽しむことができます。 バイオリンを習いはじめて結果が出るのは何ヶ月もかかりますが、ギターは習いはじめてからたったの2~3ヶ月で、しっかり一曲弾けるフリができてしまいます。 実際「ギターを習う」ってどういうこと? 独学あるいはレッスンを受講するという二つの方法があります。 ソーシャルネットワークにより知識がどんどんシェアされるようになり、よく構成された動画のチュートリアルやフォーラム、グループなどが公開されています。しかし、良い先生の教授法と経験に触れるのはかなり効果的であることがわかっています。ピンチから救ってくれさえすることも! 長所・短所を検討するため、Superprof では今回、ギターレッスンをとるべき5つの理由をご紹介します。 ドライギター、エレクトリックギター、エレクロアコースティックギター…
ギターコードを弾く上で知っておくべきこと
01/03
ギターコードを弾くテクニック ギターは好きな曲をすぐに真似て弾けるようになるので、ビギナーがギターのトレーニングを行うことはとても効果的です。 ギターの基礎をマスターできたら、学びを先に進めるのは簡単。これは、完全な初心者でも同じです。 基礎的内容には、スケールや基本的なコードを知ることで、音符やタブ譜を読めるようになることが含まれます。ギターの基礎レッスンは、基本事項を学ぶのにとても効果的です。少し音楽の理論も学べたら、なお良いでしょう。 メジャーコード、マイナーコード、セブンスコード、ハーモニックコード、ペンタトニックスケール。コードは、ギターと耳の訓練に欠かせないものです。 ネックとフレットボードは重要なギターのパーツで、指を適切な位置に置いたり、弦を鳴らしたり、コード進行を覚えたりすることがかなり重要になります。 それができるようになったら、「私、ギター弾くんだ」と公言できますし、ギターのメリットを享受できるようにもなります! コード習得のための段階的なトレーニング 初心者の場合は特に、ギターのトレーニングは簡単ではありません。弦を押さえるので指は痛くなりますし、右手が左手と噛み合わないことも。バレーコードを使ってメロディーを奏でるなんて不可能にすら感じます。 使うギターの新しさに関係なく、ビギナーの場合、チューナーを入手し、ギタースケール、楽譜の読み方、フィンガーピッキングのようなテクニックを学ぶことをオススメします。さらに、基本的なギターコードを知りましょう。コード進行を覚えることで、全体的によりスムーズにメロディーを奏でていくことができるようになります。さらに重要なのがスムーズに弾けるようになること。そうなれば、指先に感じる痛みも軽減されていきます! 嬉しいことに、皆がよく知っている曲のタブ譜とコード表は、インターネットや専門誌でも手に入るので、それらを使って練習できます。簡単なギター曲やアルペジオは、すぐにできるようになるはず。その後、ジミ・ヘンドリックスのようにギターのリフやリックを操ったり、自分のソロを奏でることができるようになるでしょう! しかしその前に、ギターのリズムを維持しながら二つのコードを一緒に弾けるようになる必要があります。それがマスターできたら、さらに努力を重ね、曲を弾いていくことになります。 けれど、「コードを弾く」って実際どうやるのでしょうか?以下はそのための、ギター初心者向けアドバイスです。 コード間で、共通して押さえる箇所を見つける コードを識別し、よく知ろう。 F、Eマイナー、Cメジャーの違いを知りましょう。これにより、運指のテクニックが学べ、自信を持って弾くことに繋がります。 二つ以上のコード間をうまく移動するには、共通して押さえる指の位置を把握することがまず大切です。 連続した二つのコードで、一つでも同じ指を使うようであれば、フレット上ですべての指を移動させる必要がなくなり手の位置取りがスムーズになります。 二つのコード間で、指の位置が少ししか変化しない場合、手を動かすのは一部で済みます。 コードの位置が1フレットあるいはいくつかの弦の間を移動する場合も、指を一本一本動かす必要はありません。必要な弦の数に応じ、手が自然に動くからです。 連続する二つのコードが同じ順序に並んでいる場合、指をまとめて動かしスピーディーに音をとりましょう。 よく使われるコード進行の中で指使いがスムーズでない場合、一つのコードの指の置き方を変えましょう。すると、二つのコードでいくつか同じ指を使っているような印象になります。 コード間で、共通して押さえる位置がない場合、残念ながら近道はなし。二つのコードを別個に記憶し、スムーズに指を動かせるようになるしかありません。タブ譜をよく読み、もう一方の手で音を鳴らしながら行います。 以上のことが重要な理由 異なるコードを学ぶ中で、共通して押さえる位置を効果的に活かせるようになります。そして練習とともに、指を動かすことなく手全体を移動させることで、楽に滑らかに演奏できるようになっていきます。 効果的にコードを弾くエクサイズ 二つのコード間で、いくつかの指が同じポジションに留まる場合、他の指は動かしつつ、全く同じ位置に置いたままにします。 全体的な位置を変える必要がある場合、手は放しても指はその位置にキープするようにします。この練習で、左手をネックに置くことなく、スピーディーにコードの位置取りができるようになります。 このシンプルなエクササイズで、手が指の動きを覚え、流れよくスムーズに弾けるようになるでしょう。 動きを分析する 二つのコードに開放弦が含まれる場合、弦に指を置くことなく音を出すことができます。 人差し指と薬指は今度はどこに置く?といった形で、動きを分析できるようになれば、他の指では弦を押さえずにコードを弾けるかがわかるようになります。 自然なコード進行で、すばやく動かせるようになるでしょう。 自信を持って次のコードへ移る 二つのコードを弾くには、レベルによりますが平均6つのスモールステップが必要となります。 まず習いたいコードを暗記し、一つのコード進行ができるようにならなければなりません。 忍耐強くギター練習をしましょう!オンラインのギターレッスンを受講した場合ですら、一度でコードを弾けるようにはなりません。 以下で、コードの弾き方をステップごとに説明します。 左手で最初のコードを押さえる。 その位置をゆっくりと変えて、次のコードを押さえる。 指の動きをよく見て、二つのコードで共通して押さえる点があるか、指が互いに交差しないか、位置が全く変わらない指はあるか、といったことを確認する。 一つ目のコードから二つ目のコードに移ったら、その逆を行う。すなわち、ゆっくりとソフトな動きで、二つ目のコードから一つ目のコードに移る。指はできるだけリラックスさせ、動きを最小限に留める。指の筋肉を育てるため、コード間のこの「グリッサンド」をゆっくりと大げさな動きで行うことが大事。指の位置取りを習慣化できることが最も重要。そうなれば、連続した音のリズムやスピード、クレッシェンドなどを意識して弾けるようになる。 上記のステップを、必要に応じ約20回またはそれ以上繰り返す。この練習で、楽にリラックスした状態で、自然で直感的な動きが身につく。 最後のステップは、このエクササイズ全体のまとめ。右手で弦を鳴らしてみる。音の調整がとれているかを確認するため、各弦を一本ずつ鳴らしてみて音を確認する。 これは、アルペジオの演奏に役立ちます。 コード進行のためのヒント・アドバイス 定期的な練習 エリック・クラプトン、ボブ・ディラン、ベン・ハーパーといったプロのようにコードを弾けるようなるのに、一つアドバイスするとすれば、もちろん定期的なトレーニングでしょう。 これは何を意味するのでしょうか?ギターをなめらかに弾けるようになるには、どのくらいの時間練習すべきなのでしょうか?プロのギタリストは、毎日または二日に一回、10~15分練習することを勧めています。これにより、自然に手が動くようになり、体がコードと指の動きを「記憶」するようになるからです。オープンコードやメジャーコードといった言葉の違いもすぐ理解できるようになるでしょう。 ギターインストラクターのサポート 自分でやる気を出し、うまくコード進行できるようになるのが難しければ、ギターの指導者にサポートを依頼しましょう。個別指導やギターコースで、音についてのアドバイスをしてくれることでしょう。経験者の友達に無料のギターレッスンを頼むこともできるのでは? そうして見つけたギターの先生は、知らずに身に着けている悪いクセや間違いを指摘してくれます。 ギターの先生がいれば、指のフォームや弾き方、練習などについてすぐにフィードバックをもらうことができます。また、お手本となってくれるので、トレーニングが強化されます。 リズムをキープする ロック、リズム、ブルース、ジャズなど、ギターの種類に関係なく、うまく弾くにはリズムが非常に重要です。とりわけ、コード進行でリズムを失わないことがとても大切です。 […]
ギターを習うことの利点
01/03
ギターを弾くメリットとは? 人は思春期以降、ギターに楽器としての魅力を持ち続けます。人にはそれぞれ好きな歌手やミュージシャン、バンドがありますが、その多くが大抵ギターを使っています。 皆、ミュージシャンの曲をコピー演奏したり、聞いた曲を真似たりしたいと思うものです。その実現には、ギターを弾けるようになるのがベストの方法です。さらに、ギターが弾ければ友達に一目置いてもらえることでしょう。 ギターを学ぶことのメリットとは何でしょうか? 遅すぎないうちにギターをはじめましょう! 表現形式としてのギター 音楽は万人の言語であり、魂をなだめ、すべての人間をつなげてくれます。 そして、感情を表現し解釈し、センセーションを巻き起こすことができます。音楽は、感情との調和を高め、静けさの中に音を散りばめるアートです。 ギターレッスンを受けると決めることは、ギターが自分の体と感受性の一部になることを決心したということです。ギターは、あなたの芸術表現の手段となります。 弾いてみたい音楽のスタイル(ブルース、ロック、レゲエ、ポップ、クラシックやオルタナティヴなど)によって、あなたの新たな個性的一面を他の人に表現し、そのテイストや音楽・芸術的な好みを伝えることができるのです。 ギターを弾くメリット ギターにはたくさんのメリットがあります。シンプルなので理解しやすく、初めて習うステップも簡単で、練習すればどんどん上手くなります。 どこでも、誰とでも弾くことができる楽器です。どんな曲でも楽譜なしで弾くことができます。何千ものギターのスコアやタブ譜が、インターネットや専門店で手に入ります。 ギターは、若者にも高齢の人にも人気がある楽器です。ギターを弾き始めるのに、年齢は関係ありません。 最後に、ギターは様々な方法で学べる楽器です。クラシックの音楽学校や教室、コミュニティーセンターなどで、ギターの先生からレッスンを受けることができます。または、本や電子書籍、DVD、インターネットに公開されているチュートリアルを使って学ぶことも、音楽仲間と一緒に、あるいは、独学で学ぶこともできます。 ギターを学ぶべき理由 ギターを学ぶことで情熱が培われ、新たな世界を発見できます。 ギターに熱い想いを持っている これは、ギターなどの楽器を学ぶモチベーションとなる最高の理由です。情熱により学びが促進され、壁にぶち当たっても克服することができます。 音楽の世界を知る ギターを通して新たな音楽の世界を知り、違ったスタイルを身につけて、様々なレパートリーを奏でたり、いくつものテクニックを学んだりできます。 クラシックとヘビメタを両方弾ける楽器、ギター以外にあるでしょうか…
どうやってギターを弾くのか?簡単な方法で習おう!
01/03
ギターを学ぶのは難しいのか? 一見すると、世にあるすべての楽器の中で、ギターは学ぶのが最も簡単で手をつけやすい楽器に見えます。 どこにでもあり、すぐに手にとっていくつかのコードを押さえて弾くことができることから、ティーンネイジャーにも人気です。 もちろん、ギターが簡単な楽器だというのは半分真実で半分ウソです。バイオリン、ピアノ、ドラム、吹奏楽器に比べれば比較的簡単ですが、ギターを習得するのにも、やはり基本を知らなければなりません。 タブ譜に出会った日 「ギターに慣れることができそう」と思えた日は、ギターを本当に習い始めた日だと思ってください。 ギターについてよく知るまでは、ギターにはピアノのように黒と白の鍵盤がなく楽譜がどう対応しているかわからないため、難しそうと感じるかもしれません。 音楽や音楽理論の知識が少しでもあって楽譜の読み方を知っていれば、そうは感じないでしょう。その場合、ギターをしっかりと持ち、ピックを使って、音を鳴らす練習をするだけです。 しかし、完全な初心者で、音楽の世界に初めて触れる場合、スコアは全く意味をなさないでしょう。 ギターを学ぶべき理由すら疑いはじめるかもしれません。   ギターを学ぶ最大のチャレンジ。しかし、ギターへのアプローチをまるごと変えてくれる解決策があるのです。それは、タブ譜と呼ばれるものです。 楽譜の音符とは違い、タブ譜では6本の線がギターの弦を表し、その上に記載された数字は、ギターネックの何フレットを指で押さえるかを意味しています。 タブ譜は、ギターを図式化したものとも言え理解しやすく、ギターを学ぶことの恐怖を和らげてくれるはずです。 皆に人気のこの方法なら、だれでもギターを学ぶことができます。レベルを問わず、好きな曲を学べるのです。 楽譜を読む訓練なしでギターを学び始めるには? 自分の音楽のスタイルに合った種類のギターを選ぶようにしましょう。例えば、ロックを学びたいなら、クラシックギターは買わないこと。エレキギターに比べ、ネックやフレットの幅が広くなっているからです。 タブ譜を読むという基本事項の習得から始め(ウェブサイト、雑誌、電子書籍、チュートリアルなどがたくさん公開されています)、練習を重ねましょう。 タブ譜を使えば速くギターを学べます。定期的に練習して、気をつけて指を置くようにすれば、驚くほど簡単にギターを弾けるようになるでしょう。 ギターを簡単に弾けるようになるためのヒント ギターを学ぶ方法はたくさんありますが、どれも最低限の決意と意志、集中が必要とされるので、100%楽ということはありません。 個別指導を受けるにせよ、楽譜、タブ譜、音声ソフトウェア、ビデオ、ギター関連ゲームなどを使って独学するにせよ、簡単に最初の一歩を踏み出せるギターにも、特定の難しさは伴います。 学びは様々な場所で起こります。音楽理論を学べる音楽アカデミーや音楽教室などでは、譜面の読み方を習得し、自分でスコアを書けるようにすらなることでしょう。 また、個別指導を受けるという方法もあります。先生がアドバイスを通して、ギターという新しい世界に誘ってくれることでしょう。 あなたがよくできている点を褒め、もっと難しいタスクでは励ましてくれます。 もちろん、はじめからすべて上手くいくことはありません。弾き方がわからないと感じたり、どうやったら進歩するのかと途方に暮れる日もあるでしょう。そんな時、先生は仲間となって応戦してくれます。 他に、ギターを簡単に学ぶのにインターネットを使うという方法があります。動画を探して何度も見ることができ、特定の手の動きや指の置き方を一時停止して練習することができます。 この方法なら、とても速くギターを弾く経験を積むことができます。不可欠な学びのツールであると言えるでしょう。 概して、ギターは学ぶのが簡単な楽器ではありますが、適切な学びの方法を見つけることがとても重要です。 この「適切な方法」というのは、個人によって異なります。誰もが個別指導を受けられるわけではありませんが、ギターを学ぶための様々なオプションがあります。 それぞれの方法の長所と短所を検討し、ギターレッスンやメソッドの質、料金を確認しましょう。 ギターを簡単に学ぶためのアドバイス これは万人に共通のアドバイスではありません。人それぞれ使えるリソースや、問題に対処する形が異なるからです。そうではありますが、他の楽器同様、ギターを学ぶことにもある普遍的な基本事項があります。 それらを活用する方法がわかれば、ギターを学ぶのが楽しみになります。 ギターを練習する これは、最も重要なアドバイスの一つです。理論であれ実践であれ、ギターを習得するためには、定期的なトレーニングが必要になります。 フレーズやコード、あるいは、完璧なソロを弾けるようになるには、同じ動きを何度も繰り返し練習しなければなりません。脳と手が協調するには、自然に手が動き直感的に弾けるまでになる必要があります。 すべてが流動的かつ自然に動く-それが理想です。ギター習得に最大の効果を出したければ、一日に15~30分練習しましょう。 楽しむ 練習は重要ですが、ギターを弾くのは楽しいということを忘れないようにしてください。練習はテクニックを身につけるために必要ですが、ギターを弾いたり、作曲したり、楽譜を読んだり、即興で演奏するのを楽しいと感じることが大切です。 個別指導を受ける 音楽教室あるいは先生によるギターレッスンを受けるための時間と資金、意欲を誰もが持っているわけではありませんが、できるのであれば、ぜひ受けてみてください。 ギターと練習についてたくさんのことを学べますし、自分についても知ることになります。 先生はガイドの役目をしてくれ、質問に答えたり、良くない癖がつかないようにサポートしてくれます。 計り知れないほどギター習得の役に立ち、時間と労力の節約になることでしょう。 理論を忘れずに これは聞きたくないかもしれませんが、無視してほしくないアドバイスです。 音楽理論は、楽器を学ぶ上での欠かせない要素となります。ギターについても例外ではありません。 多くの初心者がこの面を無視しがちですが、それは間違っています。基本的な理論を学ぶことで、作曲、即興ができるようになり、何より弾いている曲に対する理解が深まります。 理論を学べば、ビギナーギタリストは初めてのギターの選び方をよく考えることができます。 音楽の耳を育てる 音楽の各音を分けて聴き、使われている楽器の音を区別し、どんなベースラインか、どんなリズムやストロークがよく使われているか、などという風に音楽を聴けるようになりましょう。 少しずつ他のスキルもついてきて、自分の間違いを直すのに役立ちます。 他の楽器を弾く仲間と一緒に弾く 音楽はシェアするためのものであり、他の人と音楽をすればそのことが実感できます。自分はビギナーだから人と一緒にはできない、などと思わないでください。皆、最初はビギナーなのですから。 […]
ギターを簡単に習うには?
01/03
人によってギタリストになる難しさは違うの? 楽器を習得するのは簡単ではありませんが、ギター習得も例外ではありません。けれど、習得することのメリットは無限にあります! ギターは比較的簡単に学べるように思えます。主要なメジャーコードとマイナーコードを覚え、ピックを使った弾き方を知り、どのようにネックに指を置くかを学び、コードやいくつかのバレーコードを弾き、初めてソロに挑戦するといった具合です。 重要なのは、学び方は人によって異なるということです。音を聞き取るセンスが優れている人、曲の解釈に役立つ音楽経験や理論知識を持っている人など、人はそれぞれに異なるからです。 すぐにギターレッスンの内容を吸収できる人もいれば、何時間も努力してようやく弾けるようになる人もいます。 一方で、手と指の動きが一致せず、弦を適切に押さえられず、ギターを弾き始めるのすら難しいという人もいます。 では、人によって、ギターを弾けるようになるのが簡単であったり、難しかったりする(あるいは不可能な)のはなぜでしょうか。 ギターを弾けるようになる:モチベーションの問題 誰もが遺伝的に学ぶ能力を備えています。私達の脳は 新しい習得メソッドを入手した瞬間から、学ぶというタスクを続けられるようにできています。 ギターを学び、コードや譜面、専門用語、参照事項などに触れてその新しい世界について知るには、考え方を変える必要があります。これは、モチベーションという重要な活力がなくてはできません。   ギター習得を諦めないで! 皆さんが思っているのとは違い、ギター習得とは、音楽教師の言ったことを暗唱したり、友達の前で弾いたりするために理論知識を単に積み重ねることではありません。人からのサポート、技術面でのサポートを必要とする活動なのです。 ギターを本当に身につけるには、考え方、理論知識、練習、他の人とのコラボレーションといった、いくつかの面での働きかけが必要になります。 やる気が高まっている、情熱を追いかけたい、ギターやギター音楽という広範な世界についての知識を深めたい、新しいジャンル(ロック、ブルース、カントリー、ポップ、ファンクなど)について知りたい、などと思っている場合、実現できることでしょう。 もちろん、一夜でギターをマスターすることはできません。結果を出すには定期的かつ熱心な練習が必要ですが、努力する意思があれば、成功に向けて踏み出すことができます。 自分がなぜギターを学びたいのかを知ることは不可欠です。楽しみのためか、部屋で一人で弾くためか、バンドを結成するためか、弾き語りをするためか、あるいは、音楽の鑑賞力を豊かにするためか。 その問いに対する答えが具体的であればあるほど、ギターを習得する真の原動力が理解でき、習得プロセスがより的確で効率的になります…
ギターを始めるには?
01/03
初めてギターを習うには? あなたがギターを学ぼうと決めたとします。これから「ギターレッスン」「何から始める?」などとインターネットで入力して検索し、詳細情報を読んでいくことになりますね。 この情報探しには数週間かかりますが、初めてのギターを購入するまでには数ヶ月あるいは数年かかることがあります。 ただし、考え過ぎている可能性もなくはありません。結局のところ、ギターを習うのは楽しむためですよね?ギターを、永遠の難題にしたくはないはずです。ですから、色々な質問や疑問はあっても大事なものだけに絞り込み、まずはギターという新しい楽器に対する感覚を味わうことが大切です。 では、まず何から始めたらいいのでしょうか?アコースティックギターかエレクトリックギターか、どちらを買うべきでしょう。先生から音楽理論を学ぶ必要はある?または、タブ譜を見ながら独学でギターを学べそうでしょうか? ギターの先生に習うべき?それとも、オンラインクラスに登録した方が良さそうでしょうか? ギターの弾き方を学び始めるには、数々の方法があります。ビデオゲームですら役に立つんですよ! ギターをやろうと決めた理由は? もう何ヶ月も、あるいはもう何年も、ギターをやってみようと考えているとします。 楽器を弾くというのはとても楽しそうに聞こえますが、音楽理論を一から学び、様々なギターテクニックを身につけたい-本当にそう思っていますか?オープンコードやペンタトニックスケールについて本当に学ぶ必要があるでしょうか?テクニカルなレベルまでギターを学ぶ理由はあるでしょうか? この点は検討したほうが良いでしょう。 音楽好きには、検討する必要のない質問かもしれません。ギターは、ロックンロールのキングたち、キース・リチャーズやジミー・ペイジ、ジミ・ヘンドリックスやエリック・クラプトンの楽器でもあります。 しかし、アコースティックギターはエレクトリックギターと同じくらい、大切な表現形式です。すべてのテクニック(音楽理論、タブ譜、楽譜、音符、アルペジオ、コード、バレーコード等)をマスターすれば、あらゆるスキルを即興的な演奏に活かせるようになります。ブルース、ロック、ハードロック、レゲエ、ソウル、ジャズ、ポップなどスタイルは問わず、ギターは自己表現そして感情を整理する方法になるのです。 さらに、ギターを学び始めることには様々なメリットがあります。街角、公園やパーティーなど、ギターはどこでも弾くことができます。ギターを手に取り、かき鳴らすチャンスは欠くことがありません。一定のレベルに達したら、グループで弾いたりセッションしたりもできます。さらに上手になったら、いつかギターを生徒に教えることもできるようになるでしょう。 またギターは、万人の楽器であるとされています。素人でもプロでも、だれでも弾くことができます。ギターは用途が広く、弾ける曲も山ほどあります。 思い切り弾き語るのもいいですし、何より自分のために弾くことから始めましょう。ですから、楽器店に行く前に、自分が何をしたいのか検討することをオススメします。 ビデオゲームを使ってギターを学ぶ! ギターを学ぶフツウの方法は多くありますが、少し意外な方法もあります。 ビデオゲームでギターを学ぶのもその一つです。ギターヒーローやロックバンドといったゲームは、世界の子供たちのギターへの関心を高めています。もちろん、最初のうち理論が多少必要かもしれません。しかし、これらのゲームでギターの形をしたコントローラを使い、初めてのロックンロールを嗜んでいる人がたくさんいるのです。 では、これらのゲームの内容はどうでしょうか?超初心者向けの音楽理論やコード、タブ、楽譜の読み方、指の使い方を教えてくれるものなのでしょうか?後で実際にアコースティックやエレキギターを弾くことができるようになるのでしょうか? ギターヒーローは、ギタリスト役の練習ができますが、ロックバンドでは、ドラムや歌も試すことができます。これら二つのゲームでギターの弾き方を学ぶことは、人気のギターソングに慣れたり、舞台度胸やリズム、さらには音楽センスを身につけたりすることに役立つはずです。 ギターを真剣に学びたい場合は、ロックスミスなら本物のギターをゲームのコンソールにつなげて弾く練習ができます。これは革新的なメソッドで、ゲームから学べるようになっています。試してみる価値はあるでしょう。しかし、世に出ているどんなビデオギターゲームもまだ、専門のギターの先生に教えてもらうことには及びません。先生は、隣に座りビデオゲームでカバーされる内容もされない内容もすべて教えてくれるからです。先生となら、ギターのチューニングの仕方、バレーコード、自分のレベル似合った曲の選定、シンクロさせた手の動き、弾き語りの仕方、指の置き方などを学べることでしょう。 まとめると、ビデオゲームは素晴らしいですが、先生を見つけることも有用です。自分に合ったビギナー向けのギターレッスンを見つけるには、自分の学びのスタイルについて考えましょう。あなたは、グループと一対一の指導と、どちらの方が学びが深まるタイプですか?理論と実践どちらを重視しますか?こういったいくつかの基準を決めると、自分に合ったギターレッスンと先生が見つかりやすくなります。個別指導の先生を見つけることもできますし、地元のコミュニティーセンターや音楽学校でグループレッスンを受けることもできるでしょう。あるいは、ウェブカメラを使ったクラスに登録して、自宅から快適にレッスンを受けるというオプションもありますね。 ギターは簡単な楽器? ギターをはじめたばかりという人、ご安心を。ギターは、学ぶのが簡単な楽器です! はじめてギターコードやフレーズを弾くときには、当然難しいと感じることもあります。しかし、多くのギタリストは何年もかけて独学でギターをマスターしているのです。ただし、比較的学ぶのが簡単な楽器ではありますが、大抵の場合、独学は理想的ではありません。先生に間違いを正してもらったり、課題をサポートしてもらった方がずっと速く進歩できます。 自宅で始めるのには、とても便利なタブ譜(タブ譜とは楽譜の一種ですが、音符の代わりに数字が用いられ、指を置く位置が示されています)の使用がオススメです。 ギターのタブ譜は音楽理論をわざわざ学ばなくてもギターを始められる方法です(ただし、理論はある程度学んだ方がいいです)。タブ譜の読み方を教えてくれるウェブサイトはたくさんありますし、YouTube でも見つかります。 一般的に、速く簡単にギターを弾けるようになる方法はたくさんあります。その代表的なものとして、個別指導や地元の音楽教室でのレッスン等で、音楽の先生に教えてもらうという手があります。 ギタリストが曲を音符ごと一つ一つ解説している、無料のミュージックレッスンやチュートリアルもオンラインでたくさん公開されています。ブラウザに「ビギナー向けギターレッスン」と入力して、検索してみましょう。 先生を見つけ、ビギナー向けギターレッスンを始めたら、定期的に練習することが最も重要です。ギターを弾けるようになるには、たくさん練習が必要なのです…