アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発

ギターを習いたいですか?

スーパープロフの先生が、ギターの上達に役立つ記事を書きました。世界のギタリストや、ロック、クラシック、ジャズなどについて新たに発見しましょう。お近くのギターの先生を探してみましょう!

記事一覧 :

ギターを始めるには?
01/03
初めてギターを習うには? あなたがギターを学ぼうと決めたとします。これから「ギターレッスン」「何から始める?」などとインターネットで入力して検索し、詳細情報を読んでいくことになりますね。 この情報探しには数週間かかりますが、初めてのギターを購入するまでには数ヶ月あるいは数年かかることがあります。 ただし、考え過ぎている可能性もなくはありません。結局のところ、ギターを習うのは楽しむためですよね?ギターを、永遠の難題にしたくはないはずです。ですから、色々な質問や疑問はあっても大事なものだけに絞り込み、まずはギターという新しい楽器に対する感覚を味わうことが大切です。 では、まず何から始めたらいいのでしょうか?アコースティックギターかエレクトリックギターか、どちらを買うべきでしょう。先生から音楽理論を学ぶ必要はある?または、タブ譜を見ながら独学でギターを学べそうでしょうか? ギターの先生に習うべき?それとも、オンラインクラスに登録した方が良さそうでしょうか? ギターの弾き方を学び始めるには、数々の方法があります。ビデオゲームですら役に立つんですよ! ギターをやろうと決めた理由は? もう何ヶ月も、あるいはもう何年も、ギターをやってみようと考えているとします。 楽器を弾くというのはとても楽しそうに聞こえますが、音楽理論を一から学び、様々なギターテクニックを身につけたい-本当にそう思っていますか?オープンコードやペンタトニックスケールについて本当に学ぶ必要があるでしょうか?テクニカルなレベルまでギターを学ぶ理由はあるでしょうか? この点は検討したほうが良いでしょう。 音楽好きには、検討する必要のない質問かもしれません。ギターは、ロックンロールのキングたち、キース・リチャーズやジミー・ペイジ、ジミ・ヘンドリックスやエリック・クラプトンの楽器でもあります。 しかし、アコースティックギターはエレクトリックギターと同じくらい、大切な表現形式です。すべてのテクニック(音楽理論、タブ譜、楽譜、音符、アルペジオ、コード、バレーコード等)をマスターすれば、あらゆるスキルを即興的な演奏に活かせるようになります。ブルース、ロック、ハードロック、レゲエ、ソウル、ジャズ、ポップなどスタイルは問わず、ギターは自己表現そして感情を整理する方法になるのです。 さらに、ギターを学び始めることには様々なメリットがあります。街角、公園やパーティーなど、ギターはどこでも弾くことができます。ギターを手に取り、かき鳴らすチャンスは欠くことがありません。一定のレベルに達したら、グループで弾いたりセッションしたりもできます。さらに上手になったら、いつかギターを生徒に教えることもできるようになるでしょう。 またギターは、万人の楽器であるとされています。素人でもプロでも、だれでも弾くことができます。ギターは用途が広く、弾ける曲も山ほどあります。 思い切り弾き語るのもいいですし、何より自分のために弾くことから始めましょう。ですから、楽器店に行く前に、自分が何をしたいのか検討することをオススメします。 ビデオゲームを使ってギターを学ぶ! ギターを学ぶフツウの方法は多くありますが、少し意外な方法もあります。 ビデオゲームでギターを学ぶのもその一つです。ギターヒーローやロックバンドといったゲームは、世界の子供たちのギターへの関心を高めています。もちろん、最初のうち理論が多少必要かもしれません。しかし、これらのゲームでギターの形をしたコントローラを使い、初めてのロックンロールを嗜んでいる人がたくさんいるのです。 では、これらのゲームの内容はどうでしょうか?超初心者向けの音楽理論やコード、タブ、楽譜の読み方、指の使い方を教えてくれるものなのでしょうか?後で実際にアコースティックやエレキギターを弾くことができるようになるのでしょうか? ギターヒーローは、ギタリスト役の練習ができますが、ロックバンドでは、ドラムや歌も試すことができます。これら二つのゲームでギターの弾き方を学ぶことは、人気のギターソングに慣れたり、舞台度胸やリズム、さらには音楽センスを身につけたりすることに役立つはずです。 ギターを真剣に学びたい場合は、ロックスミスなら本物のギターをゲームのコンソールにつなげて弾く練習ができます。これは革新的なメソッドで、ゲームから学べるようになっています。試してみる価値はあるでしょう。しかし、世に出ているどんなビデオギターゲームもまだ、専門のギターの先生に教えてもらうことには及びません。先生は、隣に座りビデオゲームでカバーされる内容もされない内容もすべて教えてくれるからです。先生となら、ギターのチューニングの仕方、バレーコード、自分のレベル似合った曲の選定、シンクロさせた手の動き、弾き語りの仕方、指の置き方などを学べることでしょう。 まとめると、ビデオゲームは素晴らしいですが、先生を見つけることも有用です。自分に合ったビギナー向けのギターレッスンを見つけるには、自分の学びのスタイルについて考えましょう。あなたは、グループと一対一の指導と、どちらの方が学びが深まるタイプですか?理論と実践どちらを重視しますか?こういったいくつかの基準を決めると、自分に合ったギターレッスンと先生が見つかりやすくなります。個別指導の先生を見つけることもできますし、地元のコミュニティーセンターや音楽学校でグループレッスンを受けることもできるでしょう。あるいは、ウェブカメラを使ったクラスに登録して、自宅から快適にレッスンを受けるというオプションもありますね。 ギターは簡単な楽器? ギターをはじめたばかりという人、ご安心を。ギターは、学ぶのが簡単な楽器です! はじめてギターコードやフレーズを弾くときには、当然難しいと感じることもあります。しかし、多くのギタリストは何年もかけて独学でギターをマスターしているのです。ただし、比較的学ぶのが簡単な楽器ではありますが、大抵の場合、独学は理想的ではありません。先生に間違いを正してもらったり、課題をサポートしてもらった方がずっと速く進歩できます。 自宅で始めるのには、とても便利なタブ譜(タブ譜とは楽譜の一種ですが、音符の代わりに数字が用いられ、指を置く位置が示されています)の使用がオススメです。 ギターのタブ譜は音楽理論をわざわざ学ばなくてもギターを始められる方法です(ただし、理論はある程度学んだ方がいいです)。タブ譜の読み方を教えてくれるウェブサイトはたくさんありますし、YouTube でも見つかります。 一般的に、速く簡単にギターを弾けるようになる方法はたくさんあります。その代表的なものとして、個別指導や地元の音楽教室でのレッスン等で、音楽の先生に教えてもらうという手があります。 ギタリストが曲を音符ごと一つ一つ解説している、無料のミュージックレッスンやチュートリアルもオンラインでたくさん公開されています。ブラウザに「ビギナー向けギターレッスン」と入力して、検索してみましょう。 先生を見つけ、ビギナー向けギターレッスンを始めたら、定期的に練習することが最も重要です。ギターを弾けるようになるには、たくさん練習が必要なのです…