アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発

ライフコーチを始めましょう

ライフコーチは新しいことを発見する機会になります。

スーパープロフのライフコーチはあなたの力を引き出し、個人的な成長や職業において成功を納める手助けをします。

 

記事一覧 :

ライフコーチとは一体何?
22/07
日本でライフコーチを探す方法と具体的なサービス 個人的な目標またはキャリア上の目標を達成する手助けにライフコーチを雇うことを検討しているなら、コーチング料金も考えどころです。 ライフコーチングは、余裕のある高収入の人たちだけが雇えるものというイメージがあるかもしれませんが、あらゆるニーズや予算に合った選択肢がきっとあります。あとはどこをどう探せばよいかをつかむだけです。 ライフコーチングサービスの料金は、コンサルティングの種類、セッションまたはコーチングプログラムの期間、所在地、そして対面式またはオンラインのどちらを選択するかによって異なります。 ライフコーチングの世界は広く多様です。自分にとって最良のコーチングの種類と形式、そして達成したいと思うことの範囲で、予算に合った数々のオプションを見つけることができるでしょう。 そのため、利用できるオプションについてもっと知りたい方、自分にとって最も費用対効果が高いオプションを見つけたい方は、このライフコーチングガイドを読めば、知りたいことがわかるはずです! ライフコーチングとは何か? 「ライフコーチング」という言葉を聞くと、東京のおしゃれなオフィスで仕事をする裕福なビジネスマンやOLが仕事帰りや余暇に受けるサービスのようなイメージを持たれているかもしれませんが、ライフコーチングのセッションでは実際何を行っているか、ご存知ですか? ライフコーチとは、特定の目標を達成するか、または人生に変化をもたらすのに発破をかけてもらいたいときに側にいてくれるプロのモチベーターです。ライフコーチは、クライアントをやる気にさせるためだけに存在するのではなく、現実的で効果的な行動計画を作成し、進捗状況をトラッキングするのを助けてくれます。 多くの人たちが、自ら律するのを難しく感じているときに自分の夢を実現するのを後押ししてくれる役割をライフコーチに求めています。ライフコーチングを利用して変革のムーブメントを起こすと、成功への正しい道を突き進む道しるべになってくれるだけではなく、クライアントが自分以外の誰かと話すことで方向確認を行うことができます。これが、多くの人がライフコーチを求める理由です。 ライフコーチは、専門家として、ライフコーチのトレーニングと心理学の研究で得た専門知識を応用して、クライアントが自信を持っている(または持っていない)エリアと個人的な強みを特定し、そのマインドセットを調整し、実現できると考えていたことよりもさらに高みへと引き上げてくれるような存在です。 この方法にはさまざまな効果があります。個人が自分の目標を達成するだけでなく、自らのスキルセットに自信を持ち、何を学ぶかを戦略的に考えてモチベーションを維持することで、変化の効果を大いに高めて生涯にわたってその結果を持続させることができます。これにより自信が全体的に高められ、人生の他の分野に伝播させられるかもしれません。たとえば、キャリアチェンジや何か情熱を注ぐものをやり遂げたいときに力を得られるかもしれません。 利用できるパーソナルコーチングやプロフェッショナルコーチングサービスには色々な種類があります。クライアントのゴールが何であれ、進みたい方向の道標となり、親身にサポートしてくれるコーチがきっといることでしょう。 ライフコーチングサービスの種類 ライフコーチングサービスは、基本的に何でもあります。パーソナルコーチングからプロフェッショナルコーチング、さらにその中間に位置するコーチングまで、成功するために自分に合ったコーチングスキルを備えたコーチを探している人のために、公認ライフコーチがいます。 次に、一般的に利用できるライフコーチングサービスのほんの一例を取り上げます。 パーソナルコーチング パーソナルコーチングは、文字通りパーソナル、つまりその人に焦点を当てたコーチングサービスです。パーソナルコーチは、クライアントがより高いレベルで幸せをつかむのを助けるために、個人的、感情的、さらには精神的なレベルでクライアントのプライベートをサポートするスキルを身につけています。他の分野のコーチングと同様、(健康とワークライフバランスを助ける)ウェルネスコーチングのようなパーソナルコーチングにも数多くのサブカテゴリーがあり、また人生の一大イベントがあったときに前を向いて歩を進めるのを助けてくれるコーチも多数います。トークセラピーやカウンセリングもいわばパーソナルコーチングの一種と見ることもできますが、必ずしもパーソナルコーチがセラピストにもなれることを意味しません。コーチングを受ける前に、医療上のニーズがあればそれを必ずコーチに伝えましょう。 キャリアコーチング キャリアコーチングは、職業上のパフォーマンスを向上させたいと思っている人のためのサービスです。キャリアコーチはリーダーシップコーチングの専門知識を活かし、キャリアを前進させるため、または成功裏にキャリアチェンジするためのガイダンスを提供して、成功への障害を克服するのを手助けしてくれます。 キャリアコーチングはクライアントがキャリアを進展させるのを手助けすることに関わっていますが、パーソナルコーチングともかぶる部分もあります。キャリアコーチングの一面に、個人の目標を達成するために必要なことに合わせたマインドセットを手に入れるのをサポートすることで、クライアントが人生で自己実現することに力を貸す面も含んでいるからです。 コーポレートコーチング コーポレートコーチングは、チームを対象にする場合はグループコーチングの環境で、または1対1で行う場合もあります。コーポレートコーチングの目的は大まかにいうとやる気を起こさせることです。いわば会社のエンジンとなる人たちのケアをすることで、会社の繁栄を助けているのです。企業がその収益を新たな高みへと引き上げたり、新たな組織システムを導入したりする際に、コーチが呼ばれることがあります。 ビジネスコーチング ビジネスコーチングは、企業のリーダーを対象としています。起業家でビジネスを拡大しようとしている人や、多国籍企業の経営陣の立場にある人にも、ビジネスコーチは組織を次のレベルに引き上げるためのツールを提供できます。クライアントのニーズに応じて、ビジネスコーチはリーダーシップコーチング、エグゼクティブコーチング、さらに社員と会社の両方がメリットを受けられる個人の能力開発セッションを設けることもできます。 日本のライフコーチ 以上から、どのようなライフコーチを利用できるかについて理解できたと思います。では、コーチングサービスを見てみましょう。 電話やSkypeでセッションを受ける形でもいいという方や、ライフコーチを探し始めたばかりの方は、ライフコーチ・ディレクトリをのぞいてコーチを探してみてもいいでしょう。 ライフコーチングサービスの価格設定を把握するためのベストな方法は、さまざまな組織が提供するサービスを調べてみることです。 以下、日本で利用できるパーソナルコーチングとプロフェッショナルコーチングの参考例を示します。 株式会社ファインネットワールド 利用可能なコーチングの種類:メンターコーチング、ライフコーチング、エグゼクティブコーチング、 ウェブサイト:https://www.
ライフコーチングはダイエットに役立つか?
15/07
ダイエットをサポートしてくれるダイエットコーチ ダイエットの決意を固めて一歩踏み出すのは簡単ではありません。結果は努力とライフスタイルの改善でゆっくりついてくるものなので、それを一人で行うとなると、目標体重を達成するモチベーションを維持し続けることは一層困難なものになるでしょう。 たくさんの人が流行のダイエット法や奇抜なルーティンを取り入れては失敗してきましたが、これは減量に対する向き合い方に根本原因があります。ダイエットはキツイものです。そのため、楽ちんに痩せられると銘打たれた、効果があるのか定かではない方法が編み出され、楽々と目標体重を達成できそうな方法を求める人々を惹きつけています。 ダイエットを一人でやろうとする人が多いのは、それが身体の状態を変えることに関係しているため非常にパーソナルな目標のように思えるからです。けれども計画をしっかり守るということになると、自分自身が自分のトレーナーになって懸命に自制することの方が、誰かとその困難な道を一緒に歩むことよりもよっぽど難しいでしょう。 そのため、ダイエットを志す人たちのグループに参加して取り組む方が、自分自身で計画を立てて体重をチェックして取り組むよりも5倍も体重を減らせるという話を聞いてもビックリはしません。 よく、人と問題を共有すると、問題が半減すると言います。そのため、困難な旅路に誰かをお供につければ、健康上の目標を達成できる可能性が高くなるということ請け合いです。では、ダイエットをする上で、どのようなサポートが受けられるのでしょうか? ダイエットを助けてくれるサポートの選択肢は数多くあります。食事療法を好むか、カロリー計算を緻密に行う方法が合っているかにかかわらず、定期的に参加できるグループセッションが見つかるでしょう。 グループコーチングで驚くほど成功する人もいますが、人によってはもっと個人に焦点を当てた伴走の方がいいという人もいます。一対一のウェルネスコーチを見つければ成功のチャンスが広がるだけでなく、自分に合った減量プログラムを見つける上で効果的であるかもしれません。ウェルネスコーチはライフコーチの一種として、達成可能な目標を設定し、計画上の困難な段階や障害を克服する手ほどきをしてくれるでしょう。 ライフコーチの役割について、そしてそれがダイエットを助けるのにどう役立つかをもっと知りたい方は、このまま読み進めてみてください! ライフコーチングとは何か? ライフコーチングは、簡単に言えば一種の会話療法で、数多くの人がライフコーチングを利用して生活を向上・改善させるのに役立てています。ライフコーチはコンサルタントの一面もあり、クライアントに人生の新しい視点を提供し、その経験を活かして自分自身の成功を導くリーダーになれるよう力を与えて(エンパワメント)、なりたい自分になれるようにすることに焦点を当てます。 私生活や職業人生の一助としてライフコーチを雇う人もいるかもしれません。たとえば、プロとして前進しようとしている人は、キャリアコーチ、エグゼクティブコーチ、ビジネスコーチ、リーダーシップコーチやコーポレートコーチを雇おうと思うかもしれません。個人として飛躍するための支援が必要な方は、ウェルネスコーチングやリレーションシップコーチングといったパーソナルコーチングサービスを探すといいでしょう。 どのようなコーチングを提供しているかにかかわらず、ライフコーチは変革を忍耐強く成功させるために必要となる継続的な励ましと動機付けを行い、最終的に目標を達成できるようにクライアントをサポートします。 ライフコーチは、コーチングのテクニックを活かし、プラン通りに物事を運ばせるための戦略をクライアントに教えることを通じてガイダンスとサポートを提供し、各クライアントがやろうとしていることを成就する力を与えます。 では、ダイエットのためのライフコーチングはどうしょうか? ダイエットコーチングにはさまざまなタイプがあります。ダイエットコーチングの最も一般的なタイプはグループコーチングセッションです。グループコーチングセッションの参加者は健康的な食生活を送るためのヒントを学び、自分のニーズに合った方法を模索し、経験を分かち合える他の人たちと会うことができます。 グループコーチングコースはあまり気乗りしないけれども、効果的でやりがいのあるダイエットコーチングプログラムを探している人のために、マンツーマンのコンサルティングサービスを提供することを専門にしている人もいます。 また、時間が足りない人には、健康上の目標を達成できるように支援することに特化したオンラインコーチングサービスも多数あります。 ライフコーチを見つけることは必ずしも簡単ではありません。個人的な目標に適したコーチを見つけるのは、クライアントであるあなたの肩にかかっています。特にダイエットコーチに関しては、コーチを探すときに注意すべき点がいくつかあります。 Women’s Health誌は、ダイエットコーチを検討する際に気をつける点として以下を挙げています。 未認定のコーチ:コーチングのトレーニングや資格(栄養やコーチングに関する資格など)がない人のアドバイスは科学的な裏付けがなく、そのサービスの効果に疑問符が付くかもしれません。 ニーズを理解していないコーチ:悩みを抱えている人に送るアドバイスは、どの分野を治療したらよいのかを念頭に置いてその人に合わせたものにすることが最も大切です。 過度なトレーニングを強いるコーチ:極端なやり方はメリットよりもデメリットをもたらしがちです。一時的に詰め込んでダイエットをして、一見効果的に見えても想像以上に身体に害悪を及ぼしてしまう恐れがあります。 そのため、ライフコーチングには考慮すべき点がいくつもありますが、規制が難しい分野では慎重に選ぶことが重要です。 ダイエットコーチング:ダイエットの一歩先 減量というと、最適な食事と運動法を研究して効果を持続させることに余念がありませんが、減量は食事・運動メニューに厳格につき従うことよりも多くのことが求められるとダイエットコーチは考えています。 非常に多くの人が体重を減らすのに苦労しているのは、体重を落とすという決断をした後は、目標達成までそれをやり抜く必要があるからです。目に見える結果を得るためには、途中で息抜きをしたり再開したりといった悠長なことはしていられません。 ダイエットは日常生活の一部となり、あらゆる決定に影響を与えます。それこそまったくダイエットをしてこなかった生活から24時間ベースで努力する生活へ急転直下で変わることで、多くの人がその縛りからくる困難に圧倒されてしまいます。 ここにダイエットコーチングとサポートグループの出る幕があります。ニーズ、目標、ライフスタイルに合った行動計画を作成することで、食事や運動の仕方を新たに身につける上で大きな違いを生み出すことができます。さらに、まったく新しいライフスタイルへの切り替えに伴うストレスの反動で、好きなものばかりを食べてしまうことになりかねず、減量の成功の足かせになるという悪循環に陥りがりです。成功を持続させる可能性を高める上で健康に気遣ってくれるライフコーチを雇うもう一つの理由が、ここにあります。 ライフスタイルを一気に変えるのではなく、現在のライフスタイルをベースに健康に気遣った意思決定が行えるようにすることに焦点を当てることで、減量の目標達成がより間近に見えてくることでしょう。 そのため、多くの人が考えるだろうこととは反対に、体重を減らすには、健康的なライフスタイルだけでなく、それを促進する健康に気遣うマインドセットと、軌道から外れないようにするための外部からの動機付けが必要になります。 このため、栄養に関するアドバイスに加えて、ウェルネスコーチングには以下も含まれます。 カスタマイズされたフィットネスプラン メンタリング 進捗状況のトラッキング 健康的なレシピ やる気を保つためのヒント ダイエットのライフコーチが用いる方法 減量のコーチングは食事をしっかり管理することにとどまりません。体重を減らすのを助けるため、俯瞰的な視点から健康を改善するための包括的なアプローチを取ります。 では、ダイエットコーチングセッションから何を期待できるのでしょうか? ライフコーチのアプローチは人により異なりますが、セッションで何が行われる可能性があるかについて、次に例を挙げてみます。 目標の設定:最初の数回のミーティングで、コーチはクライアントが何を達成したいのかについて熱心に耳を傾けることでしょう。そしてあなたに合ったアクションプランを作成するのを助けてくれることでしょう。そしてクライアントの強みを識別するために、自信を持てる分野について話をしてくれるかもしれません。それにより、自分を伸ばすのにその長所をどのように使えるかを形作ります。 食事および運動プラン:プランはダイエットプランの基礎となるもので、クライアントの必要性、目的、ライフスタイルや好みを加味して設計されます。ライフスタイルが大きく変わるのを最大限に楽しむことがポイントです。ジムに行くのに尻込みしてしまうようなら、代わりにもっと楽しめるエクササイズをするようアドバイスをしてくれることでしょう。 やる気の源泉の特定:ダイエットの大海原に漕ぎ出すと、何よりも精神的な力強さが試されます。その過程でモチベーションを維持し続けられることが最も重要なのは、そのためです。ダイエットコーチがアドバイスする方法に、自分の目標を他者と共有することがあります。それが友人だろうと家族だろうと、目標を共有して進捗状況を話し続けるのです。あるいはクラブに入会して新しい友人を作り、健康作りのインスピレーションを得るのも一つの手です。エクササイズクラスでも、パークランなどのジョギングイベントでも、はたまた健康志向の料理教室でも、一番大きな動機付けになるのは「楽しむ」ことです。 減量にライフコーチングは役立つかという質問に対しては、数多くのメリットがあると答えることができます。それはフィジカル面だけでなく、メンタル面での強みもそうですし、アドバイス、エンパワメント、モチベーションをもらえるメンターが近くにいることで、大きな違いが生まれることでしょう。 お近くのライフコーチを見つけてみませんか? ライフコーチはうつ病の手助けになってくれるでしょうか? ライフコーチングで自信を持つことはできますか?
ライフコーチングは自信をつけるのに役立つか?
15/07
自信を高めたい人の力になってくれるライフコーチ プロの世界の仕事は日々スピードが求められ、人とのネットワーク作りの大切さは社会的なつながりを持つことの意義を一層高めています。自分自身と身につけているスキルに自信を持つことが、かつてないほど重要になってきています。 けれども、人と会話をするのが苦手だと感じていたらどうしますか?あるいは公の場で人からあれこれ言われるのが怖かったらどうしますか? 職場での会話だろうと、友人同士の会話だろうと、日常生活で出会う人々との会話だろうと、自分の考えを相手に伝達する上で四苦八苦していたら、どうすればいいだろうかと思い悩んでいるかもしれません。 内向的な性格で社会的な関わり合いの量を少なくしている人もいますが、そういった性格はよくシャイな気質と結び付けられることはあったとしても、自信がないことに直結するわけではありません。実際、内向的な性格な人も私生活や仕事人生をいたって快適に過ごすことはできますが、自信の欠如はそうすることを著しく困難にしてしまうでしょう。 では、自分自身に対する自信を高めることで、人生の過ごし方をどのように変えることができるのでしょうか? 自信を高めたい理由は色々あるでしょう。キャリアを積み上げることから新しい趣味に取りかかることまで、自分自身にもっと自信を持つことでチャンスの扉が何枚も開くだけでなく、人生の楽しみをさらに引き出すのにも役立ちます。 自信たっぷりに行動することは、自信を持つことと同義ではありません。そこで、(行動に自信があるように見せる方法というよりも)自信を持てるようになりたいと考えている人は、目標を達成する一助にライフコーチを雇うことを考えてみてください。 ライフコーチングは、ライフスタイルを変えることについてガイダンスをもらいたい人が使う一種の会話療法(トークセラピー)です。ライフコーチングはさまざまな目的のために使え、キャリアや仕事の目標を達成するのを支援してくれるコーチングサービスも各種あります。たとえば、キャリアコーチングプログラム、ビジネスコーチング、リーダーシップコーチング、コーポレートコーチングサービス、エグゼクティブコーチング、起業家のためのビジネスコーチング、転職やワークライフバランスのコーチングセッションなどです。 それ以外にも、ウェルネスコーチングなど、パーソナルコーチングサービスを提供して人々を助けているコーチやトレーナーもいます。 パーソナルコーチングは、職業上の成功というよりも、私生活に関わる自己啓発を行うことに焦点を当てています。 パーソナルコーチングサービスを求める理由は人によってさまざまです。たとえば、ライフスタイルの根本的な変化に向けて取り組んでいて、モチベーションを高めて目標に向かって先に進み続けるために誰かを必要としている人もいるかもしれません。他にも、目標が念頭にあるにはあるけれども、それを達成する方法がわからない人もいるかもしれません。この場合、ウェルネスコーチが軌道修正するのを助け、夢を成功させる一助になってくれるかもしれません。 パーソナルコーチングサービスを使うと、自信を高めることができるかもしれません。自信を高めるためだけでなく、ニーズに合ったライフコーチの探し方を、この記事を読み進めて見つけてみてください! ライフコーチが提供するサービス お話したように、さまざまな種類のライフコーチングを雇うことができます。けれども、個人的な成長のため、より具体的には自信を深めるためのライフコーチを探すことで、何が期待できるのでしょうか? ライフコーチ・ディレクトリーは、自分に自信を持つことにはいくつかの側面があると説明しています。その側面は、次の点です。 自己信頼感(自信):自信は広義で使用されていますが、自分自身を信頼することは、自分自身を信じることと考えることもできるかもしれません。高いレベルの自信を持っている人は、タスクを完了したり他の人と話したりするときに、自分の能力に対して安心感を感じられるでしょう。 自己肯定感:自己肯定感(または自尊心とも)は、人生の中で出会う他の人々と比べて、自分自身についてどう感じているかと関係しています。それはあなたが自分自身をどのように評価しているかを反映しているので、自己価値の概念と密接に関係しています。自己肯定感のレベルが低い人は、満ち足りていない感覚や孤立感さえ感じるかもしれません。 自己イメージ:自己イメージは、自己信頼感と自己肯定感の両方の観点から説明することができます。自己イメージは、外の視点から自分自身を見る側面と、他の人に自分自身を見せる側面があります。 どのライフコーチを選ぶかは、自信のどの領域に取り組みたいかで変わるかもしれません。最終的な決断を下す前に、個々のコーチと相談し、体験談に十分目を通すのが賢明です。 ライフコーチが自信について提供するサービスの例をいくつかご紹介します。 前向きな考え方を構築する:自信や自己イメージに苦しんでいる人が自分自身に対する否定的な感情を持つルーツを探ると、その見通しに原因がある可能性があります。ライフコーチングでは日々の生活を違った角度から見る視点も提供できます。そうすることで、物事に対する否定的な反応をポジティブな反応に置き換えることで、自分自身の見方にプラスの効果をもたらします。 自己肯定感を築くためのアドバイス:ライフコーチは問題の根本を見つけるためにできる限りクライアントのことを知るように努めるでしょう。自己肯定感を向上させる方法はクライアントごとに異なるため、コーチは常に各クライアントのニーズに合わせたアドバイスを行います。 自信のある自己イメージを思い描く:自分自身に対するイメージが悪い人は、たとえば、新しい人と出会ったり、公の場で皆の前に出て話したりするのを恐れているのかもしれません。ライフコーチは、ボディーランゲージを変えることで、外面から自信を持って見えるようにする方法についてアドバイスできます。そうすることで、自己イメージの改善につながることも多々あります。 ライフコーチサービスは必ずしも一対一である必要はありません。多くのコーチは充実したグループコーチングセッションを提供しています。そこでも、グループ環境の中で認定ライフコーチのアドバイスを受けて、エンパワメント、やる気の向上、そして才能の開花といったメリットを享受できます。 自信をつけるためにライフコーチが用いる方法 ライフコーチを雇うのはスーパーから商品を買うのとは違います。目に見える効果を上げるには、コーチからの提案を実行に移す多大な努力が必要です。これはつまり、ライフコーチのアドバイスを聞き、割り当てられた方法と計画を実践することを意味します。 ライフコーチが特定の分野に特化しているかどうかにかかわらず、また通常包括的なアプローチをとるかどうかにかかわらず、ライフコーチはクライアントの低い自己評価に寄与している特定の感情を克服するのを手助けするためにさまざまな方法を駆使します。手法によっては新しいスキルを学び練習することを含んだり、社会における立ち位置を振り返ってみることに焦点を当てたりするアプローチもあります。 以下、低い自己信頼感、自己肯定感または自己イメージを持っている人に対して、ライフコーチがコーチングセッションで使われるだろう方法をいくつかご紹介します。 内省 自分自身の価値を認識しやすくするのにコーチが用いている方法に、エンパワメントの手段としてその人の長所に光を当ててその棚卸することがあります。たとえば、(自己肯定感が低い人が決まってそう考えるように)キャリアの落とし穴にはまったと感じている人は、何を達成してどのような長所を活かしたことで今の立場につながったかをリストアップしてみるようにアドバイスを受けるかもしれません。 個人的な資質、功績、自分の前向きな性格、これまでに達成したこと、それに自分がすでに自信を持っている分野を振り返ることで、精神力が高められ、そこから上積みするしっかりとした土台になることでしょう。 否定的な考えを遮断する 自信が低い根底に、自分自身のことを考えたときに否定的な考え方を持っているということが多々あります。ライフコーチは、クライアントが自己認識を変えるのを助けるためにいくつかのエクササイズを取り入れるよう進言します。これには、クライアントの朝の習慣の一部として、鏡の前で自分を非難することなく他の人の肯定的な評価を受け入れたり、自分を承認したりすることも含まれるかもしれません。 人生の否定的な原因を特定し、取り除く 個人的な経験について話し合うとき、コーチはあなたの自信に悪影響を及ぼしているモノ、状況や人々を特定するかもしれません。 問題を解決するのを助けるために、それらのいくつかを人生から切り離すことができるかどうかについてライフコーチから尋ねられるかもしれません。そうするには困難が伴い、時には不可能なことに取りかかっているようにも感じられるでしょう。そして、これらの否定的な原因を封殺するかどうかは各自の判断に委ねられます。 チャレンジ精神を発揮する 自信の有無は自己の信念のレベル、そして自身の能力を信じているかに関係してきます。これが、コーチがクライアントの自信を高める上でクライアントの個人的な目標について学ぶことに身を乗り出す理由です。 どのクライアントが何を達成し、より良くするために何を学ぶべきかを見つけることによって、コーチはコーチングセッション外で取り組むことの計画を立てることがよくあります。この背後には、自信は、その人が自分の能力を自分自身に証明するときに湧き出るものだという考え方があります。 自信を高めるスキルを使う 自己肯定感や自己イメージの低い人の中には、他者から否定的な見方をされていると感じてしまう人が数多くいます。これらの感情を持つことで、仕事上そして同僚によって貶められていると感じてしまうこともあることから、ライフコーチはよくポジティブな自己イメージの構築に寄与する習慣を身につけることを勧めます。その習慣には、たとえば、特定の分野の知識を広めることや、自分自身をケアするセルフケアを日常生活に取り入れることがあります。 さまざまなテーマに触れ、新しいことを学ぶことで、内気な人が他の人と共有できる何か新しいことが持てるようになり、自信をつけるのに役立つかもしれません。その一方で、セルフケアを実践することで、自分自身で時間を過ごすことの楽しさを覚えさせ、それによって自身の価値を高めるのに一役買うことでしょう。 ライフコーチはうつ病にどう効くのかを見てみましょう。 さらに、ライフコーチングはダイエットにどう役立つかをご覧になってみてください。
ライフコーチを探す理由
08/07
ライフコーチングとは何か? ライフコーチの探し方 ライフコーチングは21世紀に隆盛し、近年ますます身近になってきました。けれども、ライフコーチングは一体何をすることなのでしょうか?ライフコーチングが対処する問題は何でしょうか? 「ライフコーチング」というと、何か人生を何でも立て直してくれるような響きもありますが、具体的に人生のどのような局面を助けてくれるのでしょうか?そして、ライフコーチングでライフスタイルにどのような変化を起こせるのでしょうか? 「ライフコーチング」は、端的に表現すると、個人的かつ専門的な指導を求めるクライアントに対する一種の会話療法です。ライフコーチは、ライフコーチングのプロセスを通してクライアントの自信を高める手助けをすることで、自らの人生の目標を達成するために必要な変化を起こせるようにはっぱをかけます。 ライフコーチングの大半は、ディスカッションによるエンパワメントを伴います。ライフコーチングのエンパワメントでは、クライアントに新しいスキルを教えるのではなく、すでに持っているスキルの真価を理解し、そのポテンシャルを最大限高められるようにします。 コーチングセッションによってクライアントが自分自身に対する自信を深められたら、その最終目標に向かって次のステップを踏み出せるようにライフコーチがアドバイスします。 ライフコーチングに興味がある方は、直面している困難を乗り越えたい人でも、ある目標を達成したい人でも、あるいは人生をやり直したい人でも、この記事を読み進めてライフコーチがどう助けてくれるのかのヒントを見つけてみてください。 ライフコーチングはうつ病に効くか? ライフコーチングは、自分自身を磨くことで目標達成を可能にし、それを後押しする心のあり方を身につけることに尽きますが、それは精神疾患にも効果があるのでしょうか? うつ病は単なる感情以上のものです。人生を乗っ取り、ごく簡単なことも克服できないような気持ちにさせる力のようなものが働きます。うつ病は人生のある経験からトラウマを負った、幼少期に虐待にあったなど、さまざまな原因が考えられます。人によっては、それが原因だと指摘できるような原因がない人もいます。結局、うつ病は脳内の分泌物がアンバランスになることで発症するからです。 そのため、ライフコーチングはうつ病を克服し、思い描く人生を送るのに役立つかと問われると、単純にイエスかノーで答えられるものではありません。それは、あなたの状況次第だからです。 特に「うつ病コーチング」と呼ばれるうつ病ややる気の減退を抱えて生活している人のためのライフコーチングの分野があります。ライフコーチングをカウンセリングや薬に代わるものと捉えることはあまり賛成できませんが、他の治療を受けながらライフコーチングを受けることにはメリットがある可能性があります。 けれども、うつ病の人用のライフコーチングセッションの計画を立てるときは慎重になった方がよいでしょう。医療の専門家は、精神科を受診する患者は一度に1種類の会話療法のみを試してみることを勧めているからです。カウンセラーからのカウンセリングも受けながらライフコーチングのセッションに参加してもよいですが、ライフコーチングはうつ病のための推奨される治療法ではありません。そのため、そうする前に専門家とライフコーチングを受けることがよいかどうか、話し合ってみることをお勧めします。 うつ病を抱えて暮らす人は、ライフコーチが違った視点を提供することで、個人の目標に向かって推進するための希望や動機が得られるでしょう。 ライフコーチングは自信をつけるのに役立つか? 企業の第一線で働く人たちは自分の中の潜在能力を開花させたり伸ばしたりするためのガイダンスを求めている人も多くいるため、ライフコーチングは仕事面でも深いつながりがあります。 一方、コーチングセッションは、社会で生活していく上で困っている人にも役立ちます。 パーソナルコーチングとプロフェッショナルコーチングはどちらも、自分の強みを認識し、自分の力やスキルセットに対する自信を深めて人生の進みたい方向に進むための動機付けを行うことができます(エンパワメント)。 コーチングコースを始める前に、自分のニーズに合ったライフコーチを選ぶことが大切です。自分の予算とスケジュールに合ったコーチを見つけたら、自分の目標とそのコーチのコーチングスキルがピッタリ合っているかを確かめてください。 自信を深める大きな後押しをコーチに求めている人は、何を改善したいのかを具体的に検討してみる必要があるでしょう。たとえば、自信を持って助けを求めるのではなく、援助を必要としている自信がない側面について考えてみてください。 社会的に置かれている状況に不安を感じていたり、シャイな性格のため人生を楽しめず、助けを求めていたりする場合は、そのようにライフコーチに伝えてください。そうすることで、ライフコーチは社会生活を送る上で自信を深めることに焦点を当てることができます。 もしかしたら、シャイというより、物静かな性格なのでしょうか?外向的な人から「物静か」と見られている人たちは、グループディスカッションの場で自分の意見を伝達するのに苦労することがよくあります。すると、職場で大きなフラストレーションを抱えることになりかねません。このようなタイプの人は、仕事で成功を収めるのを支援してきた経験を持つ認定ライフコーチを雇うとよいでしょう。職場でより自信を持つことについてアドバイスを受けられ、同僚もあなたに自信を持てるようになることでしょう。職場で成功を収めたい人は、リーダーシップコーチを雇うと、職場で困難に立ち向かうために必要なスキルを開拓する手助けをしてくれるでしょう。 自信を持つことについてアドバイスが欲しい人は、自信をつけることで人生の何を向上させたいかを自分自身に問いかけてみてください。目標をしっかりと持つことと同様に、何が問題なのかについて明確な考えを持つことで、ライフコーチと力を合わせて前に進むのに役立ちます。 ライフコーチはダイエットを助けてくれるか? ライフコーチは、励まし、ガイダンス、そしてメンタリングを提供することで、クライアントが特定の目標に向かって進む背中を押してくれます。それにより、クライアントは長続きして満足のいく結果を達成する糧が得られます。 ライフコーチングは裾野が広く、ビジネスコーチング、リレーションシップコーチング、エグゼクティブコーチング、キャリアコーチング、リーダーシップコーチングやコーポレートコーチングといったコーチングサービスを提供することに特化した認定トレーナーが数多くいます。 ウェルネスコーチングは、健康コーチがライフスタイルを変えるのを助けて、ウェルネス(心身の健康)にまつわる自分の目標達成に近づけるようにすることで、広い視点から見て健康的なライフスタイルが送れるようにする一種の変革トレーニングです。目標は、漠然ともっとアクティブになりたいという目標から、よりバランスの取れた食事を採り入れたいという目標までさまざまです。 ダイエットを行う上で助けを借りたいと思っている人の中には、ウェルネスコーチを見つけることでダイエットの一歩を踏み出し、目標達成までよい習慣を維持できるようにするための指針を見出せる人も多くいます。 このように、健康コーチングはスポーツのコーチングとよく似ています。クライアントはコーチと定期的に向き合い、行動することで身につく変化が日常生活の一部となれるようにします。 では、ウェルネスコーチングは本当にダイエットに効果があるのでしょうか? ダイエットをしている人に共通の悩みは、減量した後にそれをどう維持するかです。 頻繁なジム通いやカロリー計算のために多大な時間を費やしたあげく、目標体重に一度到達して通常の食事を取り始めると、努力が水泡に帰してしまう人がたくさんいます。 ここが、ウェルネスコーチングの効き目がある場面です。 ウェルネスコーチの指導の下でダイエットすることの利点は、外部の視点を入れることでダイエットをより効果的に行い、その結果を持続可能なものにできる点にあります。コーチは、マインドセット(思考法)の中で目標を達成する上で支障になっている可能性がある点を見極めます。 ヘルスコーチとウェルネスコーチは、ダイエット自体から視点をずらし、代わりにライフスタイルに小さな変更を加えることで、どうすれば副次的に減量できるかに着目してクライアントと協力します。そうするメリットは、クライアントがダイエットを達成するだけでなく、トレーニングプログラムが終了した後も目標体重を維持できる可能性がはるかに高くなることにあります。 ライフコーチングの料金 「ライフコーチング」というと、キャリアを積み個人的な自己開発と専門的な能力開発に十分な時間とお金をかけられる人たちをすぐに思い浮かべるかもしれません。けれども日本でライフコーチを雇った場合に実際にかかる金額は一体いくらなのでしょうか?そして対象者はどのような人たちなのでしょうか? ライフコーチングにかかる金額は、受けるライフコーチングの種類と、コーチングの提供方法によってまちまちです。 ライフコーチの中には対面セッションを行う人もいれば、電話やメールを介してクライアントとやり取りする人もいます。 ある有名な新聞紙は、ライフコーチングを受けるのに月約30
ライフコーチングはうつ病に効果的?
08/07
ライフコーチングはうつ病に効く? うつ病は、さまざまな形で現れる複雑な精神疾患です。うつ病を抱えて暮らしている人の中には、洗濯など日常の家事をこなすのに苦労している人もいますが、中には絶望感や暗澹とした気持ちに打ちひしがれている人もいます(普段の生活は気丈に振る舞っているかのように見えても)。 うつ病の治療法は数多くあります。科学的に証明されているものもありますが、中にはより抽象的な方法もあり、通常それを使ったことのある人たちの体験談で支えられています。 心の健康の治療はあらゆる形態で行われます。特にうつ病の治療に関しては、カウンセリングや認知行動療法(CBT)などの会話療法と同様に経口薬を処方されることもありますが、治療法は患者の状態や症状の程度によってさまざまです。 人によっては、かかりつけ医が処方した治療の効果が思うほど上がらず、代替医療の選択肢を求めている人もいます。うつ病の人たちが検討するそのようなタイプの治療法の1つが、ライフコーチングセッションです。 ライフコーチングは一種のマンツーマンの会話療法(トークセラピー)で、パーソナルコーチがクライアントの心のあり方を探るとともに、自分の見方を改善し、考え方を改めることで、自分の目標を達成する方法について話し合います。そうすることで、なりたい自分になれるようにします。 ライフコーチングにもいくつか種類があり、またライフコーチングが心の悩みを抱えている人にうってつけの選択肢であるかについての賛否も多く聞こえてきます。 うつ病を軽減・対処するのにライフコーチを探そうとお考えでしょうか?この記事を読み進めて、そうすることの長所と短所を見つけてみてください。 ライフコーチングとは何か? ライフコーチングは、そして患者の生活のあらゆる側面を考慮に入れて、定期的な話し合いを通した総合的なアプローチを取ることによりクライアントが自分の目標に向かって進む力を与えて、人生の目標を達成する上で手を差しのべます。 セッション中、コーチは目標達成の支障になっていることを克服するチカラをクライアントが持てるようにするための方法を模索します(エンパワメント)。支障は、たとえば、自信などクライアントの心に根差しているケースもあれば、食事などのライフスタイルに関連しているケースもあります。 パーソナルコーチング(メンタリングとは違います)は継続的なマンツーマンのトレーニングプログラムで、ライフコーチがクライアントと協力して、最終的にはクライアントが人生を変え、人生の目標を達成するのに役立つ戦略を実行に移します。それは目標がワークライフバランスを見つけることにあるか、個人的な強みを活かすことにあるか、全体的な視点から人生の可能性を切り拓くことにあるかを問いません。 コーチに専門的なアドバイスを求める理由は数多くあり、そしてクライアントの多様なニーズに合わせてライフコーチングのスタイルもさまざまあります。 次にご紹介するのは、出会うかもしれないコーチングの種類のほんの一部です。 プロフェッショナルコーチング:キャリアコーチングとしても知られるプロフェッショナルコーチングは、キャリアを積み上げて前進したいけれども、飛躍を試みる前に自分自身と専門スキルに自信をつける必要がある人を対象としています。どのようにしてキャリアを前進させ成功させるかについて指導を求めるプロフェッショナルコーチングのクライアントはたくさんいます。プロフェッショナルコーチングのサブカテゴリーには、リーダーシップコーチング、ビジネスコーチング、エグゼクティブコーチング、コーポレートコーチングなど数多くあります。 リレーションシップコーチング:長期的な関係の構築や結婚生活に悩んでいる人たちのために、リレーションシップコーチング(リレーションシップカウンセリングと相通じるところがあります)は両者が問題に取り組み、前向きに進むのをサポートします。二人が関係を続ける上で新たな問題に直面した場合は、リレーションシップコーチに相談するのもよいかもしれませんが、過去のトラウマやカップル内の心の病が原因である場合は、カウンセリングを受ける方が適切かもしれません。 ウェルネスコーチング:健康コーチングとウェルネスコーチングは幅広い問題をカバーしているので、サービス内容はコーチごとにまちまちです。一般的に、クライアントがダイエットのコーチングを探していのるか、健康的な食生活にしてより活発になりたいのかにかかわらず、ウェルネスコーチはクライアントのライフスタイルをどのように変えたらよいかについてアドバイスを行い、クライアントが長くより健康的な生活を謳歌できるようにするお手伝いをします。 「コーチング」というと、コーチングを受けているスポーツ選手を思い浮かべるのではないでしょうか。では、スポーツのコーチングはライフコーチングとどのように関係しているのでしょうか? 答えは難しくありません。スポーツのコーチングには、3種類のアプローチがあります。独裁的(選手はコーチが計画したトレーニング計画に従うアプローチ)、民主的(選手とトレーナーが目標に向かって取り組むために協力するアプローチ)、および自由放任的(選手が自ら決定を下してコーチは監督役に徹するアプローチ)の3つです。これらのアプローチのうちの最初の2つ、独裁的と民主的コーチングは、ライフコーチングにも存在するアプローチです。 ライフコーチを探すときは、自分で下調べを行い、各コーチの手法やコーチングテクニックについて適格な質問をすることで、自分のニーズに合ったコーチを選んでいると感じられるようにすることが大切です。 コーチングはうつ病をコントロールするのにどう役立つか? 心の病を抱えている人たちを助けるのにより適したアプローチは何か具体的にありますか?それとも各クライアントの個人的な好みによるのでしょうか? 自己肯定感を改善し、人生の軌道修正をし、自分の目標達成の邪魔になっている障害を克服するのを助けるライフコーチングの用途はさまざまです。 うつ病を抱えている個人は、得てして自己肯定感の低下、極度の不安感、絶望感の他に、モチベーションの欠如や、普段楽しめていたことへの興味の減衰といった症状を経験します。 そのため、ライフコーチングを受けることでうつ病の症状がいくらか緩和され、やる気を起こさせて目標を設定するのを助けるメリットがあることは想像に難くないでしょう。うつ病は肉体的にも精神的にも疲弊している状態である場合もあります。そしてその状態で暮らす人の中には、うつ病がライフスタイルに深く侵食してさらに精神的に疲弊するという先の見えないスパイラルに陥ってしまっている人も多く見かけます。 ライフコーチングは一種の会話療法として、自分自身の見方とライフスタイルの根幹に光を当て、根本的な問題を解決するのを助けることができるという点で、有益であるかもしれません。 けれども、うつ病は人の特徴、性格、自信の度合いと関係があるのではなく、むしろ人によって大きく異なる精神疾患であるため、うつ病を抱えて生活している患者は、ライフコーチの助けを求める前に、少なくとも精神科医や心理カウンセラーの診断を受けた方がよいでしょう。 ライフコーチの中には、クライアントがうつ病を克服するのを助けることを専門としている人もいます。うつ病コーチングは、他の治療法と併用することができ、さらにそれを強化する効果もあるかもしれません。それでも、うつ病コーチングを選ぶ前に専門家の意見を求めることが賢明です。 うつ病がある人はライフコーチを見つけるべきか? うつ病を患っている人の中には、医者の処方すべてを試したけれどもダメだったという人も少なくありません。人によっては、ライフコーチングが伝統的なカウンセリングや会話療法のセッションに代わる有望な選択肢になる人もいるでしょう。 ここで注意をしたいのが、心の病の治療に関しては、複数の会話療法を併用しないことを医者は勧めている点です。これは、異なる治療法を同時に試すと方向性がまとまらず、それぞれの手法の成否に影響してきてしまうためです。 ライフコーチングが自分の状態に適しているかについて、医者、セラピストやカウンセラー、さらに検討しているライフコーチに話してみると、とっても役立つかもしれませんよ。 医者、心理カウンセラーやセラピストは、医療の専門家としてうつ病とその治療の分野で高度に訓練されています。さらに、医療の専門家はうつ病の症例を数多く見てきて、従来の治療法を実戦する人や、他の選択肢を取り入れている人もいます。そのため、ライフコーチを見つけることが合っているかについて質問してもビックリはされないでしょう。 もちろん、うつ病に一番近い距離にいるのはあなた自身です。ライフコーチと定期的に連絡を取り合うことで、うつ病のコントロールに役立ち、生活の質を改善できると感じた場合は、医者や心理カウンセラーのアドバイスがどうあれ、最終的に決めるのは、あなた自身です。 ライフコーチを求めることのもう一つのメリットは、うつ病予備軍の人たちにも効果があるかもしれない点です。ただし正式にうつ病と診断されてはいないけれども、うつ病の可能性がある症状を経験している場合は、ライフコーチングについて考える前にかかりつけ医に相談するための予約をするのが一番です。 症状がまだ軽いと感じていても、症状の悪化を防ぐには、認定医による診察を受けることが大切です。医者はうつ病に役立つことが実証されている治療法を処方することができますが、ライフコーチにはそのような病気の治療法を診断または助言する資格がありません。 では実際のところ、ライフコーチングはうつ病に役立つのでしょうか? うつ病を手助けするためにライフコーチを雇うことに対しては賛否両論があることも確かですが、うつ病のケースはどれも同じではなく、うつ病のライフコーチを雇う前に医療の専門家の助言を受けた方がよい点は覚えておいてください。