アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

英語で論文を書く方法

作成者 Atsushi、公開日 19/10/2019 Blog > 言語 > 英語 > 英語で考える力を身につけるためのヒント

何かに長けるには、練習を積み重ねることが肝心です。言語を学ぶときは、読み、書き、話すことすべてのスキルを積極的に伸ばすようにすることがその最良の方法です。これは、英語で論文を書く必要がある場合に特に当てはまります。

言語スキルを向上させることができれば、人生の扉が大いに開かれます。世界中で働き、英語圏の市場にアクセスするチャンスが手に入り、この目標を達成するために一生懸命努力する自分自身を誇りに思うことができます。

英語で長文のエッセイを書くことを学ぶ理由

論文は、大学が生徒に卒業論文として書くように求める長文形式のエッセイです。学生は課題を与えられる前に論文を書く方法の訓練を受けて、論文を書くことで議論を深め、新しいアイデアを披露することが期待されています。

英語のライティングとスピーキングを身につけると一生のスキルになります。写真のソース: Unsplash

このようなエッセイを書くことは非常に困難です。また、英語で書くことを学ぶことは、より流暢にコミュニケーションをとるようになる上で非常に貴重な練習になります。書く作業が困難に感じるときもあるかもしれませんが、論文を書いた後は、どんな文章を書くときも自信をもって書けるようになっていることでしょう。

英語で論文を書くことがいかに難しいか

英語で書くことが英語学習者にとって困難な理由は枚挙にいとまがありません。
英語でエッセイを書くのが難しいのは、次の理由が挙げられます。

  1. 読者に伝わる内容のある論文を書くために調査しなければならない。
  2. 英語で書くのは、母国語で書くのとは異なり、母国語ならどの単語を使用すれば雄弁に、自分の主張を明確にできるかが分かるが、英語ではそうはいかない。
  3. 英語で物事を表現する方法を見つけるのに苦労する。

英語で考えとアイデアを膨らませる方法

英語で論文を書くのを学ぶことは、何も大学の勉強に役立つだけではありません。英語論文でライティングを磨くことで、自分の考えを発展させ、あらゆる種類のトピックについてアイデアを表現する方法を身につけることができます。さらに、英語力を向上させ、英語のスピーキングで自信を高めることができます。

時間をかけて、頭に思い浮かぶことを何でも書いてみてください。写真のソース:Unsplash

英語で文章を書くスキルを発展させることで、アイデアを英語で伝えることを学べ、人生の色々な分野で閃く助けになってくれることでしょう。ポイントや主張を伝える必要がある場面で、力になってくれます。

論文の書き方:エッセイの内容を膨らませるためのヒント

語彙を習得する

語彙がどれほど制限されていても、論文を書くときは新しい単語やフレーズを習得する必要があります。語彙が限られていると、うまく書くことができず、自分の考えを英語で表現することもできないからです。

新しい語彙を習得する最善の方法は、辞書を調べたり、翻訳したり、英語の先生やネイティブの人に語彙面でサポートしてもらったりすることです。

英語で物事を言う方法は何通りもありますが、メッセージを伝えるための最も効果的な方法を探らなかったために、言葉に力がなかったとしたら残念なことです。言語の習得は、高いレベルで執筆する上で欠かせない部分です。英語のネイティブスピーカーでも、特に外国人英語学習者でも同じことが言えます。

論文の書き方の提案:文章の構造と形式をマスターする

英語で高いレベルの文章を書くには、文章の組み立て方を習得することも欠かせません。文法、単語の一致・同格、動詞の時制、一般的な構造は、英語のあらゆる側面で必要です。

文章を理解してもらい、完全に受け入れてもらうためには、文章構造を完璧に整えつつ、首尾一貫した複雑な文章を書く方法を学ぶ必要があります。論文の書き方を学ぶことで、ライティングスキルを急速に高めるチャンスにもなります。また、興味のあるトピックをより深く掘り下げることができます。

文章の改善:英語のスペルをマスターする

エッセイを書いている間に、新しい単語の綴り方を学べます。綴りは不可欠です。綴りが間違っていると、論文の雰囲気が悪くなり、論文の構造全体の説得力も失われてしまいます。

英語の論文の構造

英語で上手に書けるようになるには、書いているものの構造をはっきりとイメージすることが不可欠です。書きたいトピックが見つかり、それに関連する問題について考え始めた時に、論文の構造を考え始めます。

論文の構造のヒント、輪郭、戦略

  1. 序論 – 論文やエッセイの内容の基礎となる部分。
  2. 論文の本論は、提示したい主張や議論を展開します。読みやすくするために、エッセイの本論を編集して、小見出しをいくつか作って構成することをお勧めします
  3. 小見出しを使用すると、次に来る内容の先触れになり、論文全体を読む前にエッセイの小見出しの内容をイメージしてコンテキストのアイデアを得ることができます。
  4. 最後の段落、または結論は、エッセイの重要な部分で、主張や議論を閉じ、それに関して自分の最後の考えを表明するパートです。
  5. 論文に道筋をつけた後、トピックとそれに対する自分の考えに何らかの結論があることが読み手にアピールするのに不可欠です。

エッセイは常に序論から始まります。ここでは、主題やトピックを適切に紹介し、注意・関心を喚起することを行います。これは、エッセイのテーマを明示するのに役立ち、読者に本論で述べられる内容の軽い予告を行うことができます。また、序論に引用符を追加して、自分の主張に角度をつけることもできます。数段落以内で、簡潔に話したいことのポイントに到達する必要があります。

論文内のトピックを分ける優れた方法は、小見出しを質問形式にすることです。または、魅力的な見出しを使用してもよいでしょう。エッセイをパートに分けることも大切です。なぜならエッセイを書くのが簡単になり、読みやすくなるからです。パートは、読者があなたのアイデアの発展を追うのを助けるのにも役立ちます。

エッセイの本論が書けたら、結論を立てる必要があります。結論は、エッセイの序論と同じくらい重要です。結論はエッセイの答えを導き出し、何らかのまとめで議論を締めくくる部分です。

論文の書き方:学生への最高のアドバイス

構造が固まったら、ペンをとるってください。手紙の形にせよ、ブログの記事にせよ、自分の考えをまとめたものを書き始めることが肝心です。これから何千何万という言葉を書き綴らなければならず、眼前の山は遥かに高くそびえているかのように感じるかもしれませんが、千里の道も一歩よりです。適切な言葉を見つけることができれば、英語のエッセイを書くことで素晴らしい学習体験ができます。

英語はほとんど世界の公用語であると考えられています。写真のソース:Unsplash

まだ英語に慣れていない場合、特に考えを表現するための言葉を見つける必要がある段階にある場合、自身にとって最も自然な経験とは思えないかもしれません。文章に力を与え、話がそれないようにするため、エッセイの構造と自分が言いたいことは何かに意識を向けてください。言いたいことが何であるかをはっきりと描くことができれば、考えを言葉に置き換える方法をすぐに見つけることができます。

英語の動詞などの活用は簡単ではありません。流暢に書くためには規則と動詞の時制に注意を払う必要があります。素晴らしいことの一つは、自分の主張のポイントを打ち立て、読者にとって興味深いテキストを綴ることで、英語でクリエイティブになれる点です。

過去時制、現在時制、単純時制、完全時制、補助動詞、不規則動詞、形容動詞、定動詞・不定動詞・・・。学ぶことはたくさんありますが、時制のすべてが文章で素晴らしく機能し、それらを適切に活用する方法を知っていれば、動詞の活用を色々と駆使することができるでしょう。

論文の執筆:英語論文執筆のヒント

ご自身の傑作を書く準備ができたら、次のヒントがアイデアを明確にするのに役立つでしょう。英語でエッセイを書く際は、これらのヒントを参考にして、論文の執筆に取り組んでみてください。

  • 辞書を駆使する。
  • 何を執筆するかの構造をしっかりと組み立てる。
  • 短文を使用する。
  • 自分の執筆スタイルを早い段階で確立する(書き続けるのが苦ではなくなります)。
  • ガイドラインとガイダンスに従う。
  • 句読点を修正・工夫する。
  • 必要な場合は、教授に助けを求める。
  • トピックから外れることは避ける。
  • 論文のトピックについてよく調査する。
  • 最後にエッセイを読み直す。
  • エッセイのパートを関連する部分に分割します。
  • 英語を話す教師やネイティブにお願いできるなら、エッセイを読んでもらえないかと尋ね、執筆の流れを良くするためのヒントをもらう。
  • 主張のポイントを練り上げ、ポイントをサポートするための補助的な情報を付け加える。
  • 引用・参考文献を使って研究テーマを明確にする。
  • 大学院生から手引きしてもらう。
  • 書いたものをすべて校正する。

英語でエッセイと論文を書くことは難しい作業だとしても、練習を重ねると、書くことがはるかに自然なことになるでしょう(最初はその境地に到達するのに時間がかかるでしょうが)。それまでの間、英語の論文を集中して書き続けることです。試験期間が近づく前に、時間があるときに論文を書くようにしたらよいでしょう。考えが行き詰ってスランプに陥らないようにしましょう。

こちらのブログを読んで友人に手紙を書く方法を学び、英語のライティングの練習をしてみてください。

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar