アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発

ダンスを習いたいですか?

スーパープロフのダンスの講師は様々な種類のダンスに必要な専門知識を基にレッスンを行なっています。

スーパープロフには世界中に4000人以上ものダンスの講師がいます。

アクロバティック、バレエ、ブレイクダンス、フラメンコ、ジャズ、ポールダンス、ルンバなどの先生が世界中にいます。

ダンス初心者でも経験者だけど新しいことが習いたい!という方でも、きっと理想の講師が見つかるはずです。今すぐダンスレッスンを検索!

記事一覧 :

演劇レッスンを受講する理由
13/08
演劇レッスンを受講する3大理由 このブログ記事を読もうとした人は、演劇レッスンから生まれるドラマと、そこに秘められた驚くべき可能性、機会とメリットにもう興味を持たれているのかもしれません。その扉を開けるのに、このブログはいい手がかりになるでしょう! 時間を使って演劇のワークショップやセミナーへ参加することが趣味と実益を兼ね、参加を強くお勧めする理由をご説明しましょう。さらに芸能界で活躍することを夢見ている人は、スカウトの目にとまるような演劇クラスが数多くあります。 何よりもまず、演劇クラスで何を得られるか、クラスでは何を教えてもらえるか、そしてどれくらいの費用がかかるかをチェックしてみましょう。 演劇クラスの種類 (演劇スクールに通ったり、舞台芸術の学士号を取得するために通学したりする以外にも)演劇のさまざまな側面を伸ばすのに役立ついろいろな演劇キャンプやレッスンがあります。 クラスに参加申込する前に、どのような選択肢があるかをつぶさに調べ、個人的な目標と予算にピッタリなものを決定してください。 期待に沿わないクラスを高値でつかんでしまわないようにするため、参加する演劇クラスを探しているときにどのようなコースが見つかるかを以下に示します。 1.
ダンスのために柔軟性を高めるエクササイズ
15/07
しなやかな体をつくる方法 プロのダンサーになることを夢見ている人にとって、柔軟性は必須要素です。 柔軟性があれば、ダンサーは際立つ動きをとりいれ、優美で滑らかに踊れます。マイケル・ジャクソンに股関節の柔軟性がなかったら、あの有名なムーンウォークは生まれていたでしょうか? しかし、この記事はキング・オブ・ポップがテーマではありません。 理想の実現に向かって努力する前に、ダンスのために一連のエクササイズ、ウォーミングアップ、ストレッチを実施する必要があります。 具体的な成果を挙げるためには、できるだけ頻繁に練習しましょう。 この記事ではエクササイズ、ポーズ、使う筋肉などダンスについて知っておくべき情報をお伝えします。 柔軟性の大切さ 一流のダンサーになるため、または年末のショーで喝采を浴びるためにも、柔軟性を高めるためにはプロもアマチュアも毎日の練習が欠かせません。柔軟性をつけるには時間も努力も必要です。 1週間で柔軟性を飛躍的に高めることは、二重関節の持ち主でない限り困難です。年末のショーが差し迫っている場合は、無理をすると筋を痛めるので諦めましょう。 しかし、体が柔らかいと実際にどんなメリットがあるのでしょうか? ダンサーには柔軟性と同時に筋肉も必要です。二重関節の人に聞くと、柔軟性が極めて高い人は十分な筋肉がないと重い物を運ぶ時に靭帯を痛めやすいそうです。 従って、柔軟性と筋力の間の適切なバランスが必要となります。 しかし、ダンサーにとっては柔軟性が高いと様々な利点があります。開脚はもちろん脚のさばきやポーズなど特定の動作を簡単にできるようになります。 プロのダンサーに求められるのは柔軟性だけではありません。ヒップホップなど多くのジャンルのダンスでは俊敏性も要求されます。 柔軟性は開脚以外にも役立ちます。 柔軟性が高いと動きが滑らかになり、優美なポーズがとれるようになります。 更に、柔軟体操は健康にも有益なので、ダンスをやらない人にもおすすめです。 長時間オフィスで座っていると背中が曲がり、肩が前に突き出て姿勢が悪くなります。座りっぱなしの体勢は、健康面からはあまり良くありません。 背中が曲がりっぱなしにならないように、姿勢を真っすぐに保つために体を動かし、適度な運動を心がけましょう。 筋肉を伸ばすと体全体が快調になり、屈伸や階段をのぼることが楽になります。 ダンサーにとって柔軟性が必要な部位 柔軟性ということばは定義が曖昧です。実際、全身のあらゆる部位の柔軟性を高めることが可能です。アクロバットダンサーが良い例です。 それではダンサーを目指す場合にはどの部位の柔軟性を高めるべきでしょうか? 脚のストレッチ ダンサーの柔軟性といえば真っ先に頭に浮かぶのは股関節の柔軟性です。ほとんどの人が前後または左右の開脚を最初に思い浮かべるでしょう。t 脚の柔軟性が高いと、クラシックダンスできれいなジャンプだけでなく、サルサに必要な官能的な動きやヒップホップでの印象的な動作もできるようになります。 股関節の柔軟性を高めるためのエクササイズはたくさんあります。大切なことは、定期的にストレッチすることです。 背中のストレッチ運動 ダンスを始める場合も、プロのダンサーを志す場合も背中のストレッチは必ずやらなくてはいけません。 背中はダンサーのポーズを維持する重要な部位です。難しいポーズを維持するための筋力と、美しいアーチを描くための柔軟性が必要です。 腕と肩のストレッチ 優美な動作はひと晩では身につきません。 腕だけでなく上半身の基盤である肩の筋肉も伸ばすためには、長い訓練が必要です。 腕や肩の柔軟性を高めることで、両腕をほぼあらゆる方向に滑らかに動かすことができるようになります。 一流のダンサーになるためには、体全体を慎重に鍛える必要があります。全身が、感情を伝えるために鍛錬できる芸術的表現の手段となります。 全身の柔軟性を高めることも、決して不可能ではありません。 ヨガによる柔軟性の向上 柔軟性を高めるためにはヨガが効果的です。 ヨガの瞑想や身体強化のためのポーズの中には、難易度が高いものも含まれます。 近年、ヨガをはじめる人が増えていますが、ヨガは幸福感をもたらすと同時に柔軟性も向上することで知られています。 ヨガにより今この瞬間に生きている実感が得られ、また自分の内なる感情に耳を傾けることができます だから、ダンスで柔軟性の高い動きができるようになるためにヨガを採り入れることはとても良い考えです。例えば、ダンスレッスンの前に20分ほどヨガをやっても、ダンスとヨガのレッスンを交互に受けてもいいでしょう。 初めてヨガをやる場合には、不適切な動きで怪我をしないように知識や経験が豊富なヨガのインストラクターに指導してもらうことをおすすめします。 インストラクターは、ヨガを楽しむためには心身を解放することが大切だと説明されるでしょう。ダンスでも同じことが言えます。 ヨガは体と筋肉をリラックスさせるための手段で、体、心、魂がつながっている状態を感じとることが大切です。 心身をリラックスさせることで、変わったポーズもとれるようになります。 まるで最初から体が柔らかかったかのように、自然に柔軟性が身につきます。 「下向きの犬(ダウンドッグ)」のポーズでは、全身のストレッチ効果があります。「座位の前屈」ポーズでは、腰と脚の裏側に効果があります。 「牛の顔」のポーズや「合蹠(がっせき)」のポーズなど、多くの動きは柔軟性の向上に役立ちます。 効果的な柔軟体操 誰もが憧れるしなやかな体をつくるには、ダンスのためのストレッチ運動の反復を定期的に実施することが大切です。 首のストレッチ 背筋を真っすぐにして直立します。 首を左側に傾け、左手で右の耳に触れ、首と背中の上部が伸びる感じがするまで優しく引っ張ります。 […]
ダンストレーニング:ストレッチの方法と柔軟性の向上
11/07
ダンス上達のためのエクササイズ ダンスは芸術的表現である前にスポーツです。 スポーツの前には準備運動が必要です。 体を上手に動かし怪我を防ぐために、筋肉を慣らす必要があります。準備体操にはストレッチやリラックス運動も含まれます。 トレーニングの環境も大切です。適切な場所、服装、音楽を選んでベストな状態を確保しましょう。 ダンスを開始する前に、開脚やリラックス運動の他にどんなエクササイズをするべきでしょうか? セッション開始時のストレッチ運動 事前にストレッチをやらずにスポーツやダンスのレッスンを始めると、歩くのも辛いほどの怪我をする可能性があります。 ダンスの前のストレッチにより、筋肉を慣らして体の準備を整えましょう。早く上達したい人には、ストレッチは特に重要なステップとなります。 ウォーミングアップの前に準備を整えましょう。 最初にセッションで着用するフィットネスウェアを決めましょう。自由に動けるように生地が柔らかく伸縮性に優れたウェアを選びましょう。 ベストな環境でストレッチを行うためには場所も重要となります。自宅に適切なスペースがない場合、公園やジムに出かけましょう。 準備ができたら、どこの筋肉を慣らすべきでしょうか? 答えは全身です! ダンスの最中にはハムストリングや腰筋など他より使う筋肉がありますが、コレオグラフィー(振り付け)をこなすためには全身の筋肉を使います。 肩、首、背中、骨盤、膝、足首、手首などを重点的に伸ばしましょう。 簡単なエクササイズで全身の各部を効率的にストレッチできます。学校での体育の授業を思い出してください。 例えば、膝を曲げずに両脚の間を閉じたままでつま先を触る動作をします。首、手首、足首をそっと曲げます。 エクササイズ全体で約10~15分かけてください。各筋肉を十分に動かす必要があるプロのダンサーの場合、準備体操にもっと時間をかける人もいます。 少なくとも現時点でプロのダンサーではない人も、ウォーミングアップに時間をかければ筋肉への過負荷を予防できます。 またエクササイズをすることで、仕事で忙しかった日の疲れを癒し、リラックス効果が得られます。 柔軟体操 ダンスで求められる資質のひとつは柔軟性です。 体の可動域の増加、脚の筋力の強化、優美な動きのためには筋肉としなやかさのバランスが大切です。 リラックスには多くの有益な効果があります。 プロダンサーとしてのキャリア育成に役立つ上に、健康の改善にもつながります。 特にオフィス勤務の人は、デスクでもできる柔軟体操を定期的に実施するように推奨されています。 筋肉や関節を動かすことで全体の体調も良くなり、健康上の問題も防止できます。 柔軟性がつけば階段の昇降、ガーデニング、ハイキングも楽になります。筋肉がより活発に動くようになり、ボディーラインも引き締まります。 ダンサーとしてのキャリアのためにも健康のためにも、リラックス運動は常に効果があります。 ダンスでは、背中や脚など体の一部を他の部分より激しく動かす必要があります。この部分に十分な柔軟性があれば開脚もできるようになります。 柔軟性をつけるには、ヨガが最適です。 多くの場合、ヨガはリラックスや自分を見つめ直す目的で実施されますが、極めて高い柔軟性が要求される人間離れしたポーズができるようになることでも知られています。 ヨガの練習を続けていけば、柔軟性が身につきます。 ヨガは大きなリラックス効果も得られます。特に筋肉を弛緩させることで体の柔軟性は向上します。 適切な方法でダンスの練習を始めるには、プライベートでインストラクターをつけるか、ヨガのクラスを受講しましょう。自分がやっている動きを正しく理解していないと、エクササイズは難易度が高く危険でもあります。 もちろん、昔から実施されている柔軟体操もあります。 これはウォーミングアップに似ていますが、ひとつの姿勢を20~30秒間維持することが推奨されているため、ひとつひとつの動きが更に高度になります。 外転筋、脚、首、肩、全身をリラックスできます。 開脚のコツ 開脚はバレエ、サルサ、エアロビ、コンテンポラリーダンス、タンゴ、ズンバ、ヒップホップ、ポールダンス、バチャータ、ジャズダンス、キゾンバ、チャールストン、アフリカンダンス等ダンスのジャンルにかかわらず多くの振り付けで採り入れられている要素です。 若いときから開脚の練習を始めると、クラシックダンスの動きを含めた多くのポーズがとれるようになります。トップダンサーを志す人やクレイグ・レヴェル・ホーウッド(英国の有名ダンサー&振付師)に認めてもらいたい人は今すぐに始めましょう! 大半のダンサーは若い時から開脚を練習していますが、大人になってから始めても不可能ではありません。少し時間はかかりますが、モチベーションが高ければ開脚をマスターできるでしょう。 何事も練習が第一です。 頑張って開脚ストレッチを続けてください。この時、すぐにやめてしまうと練習効果が薄れるので、その姿勢のまましばらく維持しましょう。 早く開脚ができるようになりたい人は、頻繁に練習しましょう。週に2~3セッションが適切なペースです。 開脚に慣れていないうちに毎日練習しすぎると、筋肉や関節を痛める可能性があります。どうしても毎日やりたい場合は無理をしない範囲で続けてください。 この時にも、ウォーミングアップを忘れないでください。 ウォームアップは、特にセッション終了時の筋肉の状態など運動効果に直接影響を与えます。ストレッチにより、翌日歩くのも辛いほどの筋肉痛になることを防止できます。 ウォームアップが終わったら、すぐにエクササイズにとりかかりましょう。 前後開脚を行う場合、床に座り、伸ばした脚を広げて地面に水平になるように胸を前方に傾けます。 左右開脚の場合は、長い時間をかけて数回のセットを繰り返すと効果的です。 以前にスポーツをやっていた場合や、現在も定期的にスポーツをやっている場合、開脚は普通の人よりも簡単にできるようになるでしょう。 どんなスポーツにもウォーミングアップとストレッチは欠かせないため、スポーツ選手はスポーツをやっていない人よりも柔軟性があるでしょう。 毎回、自分の進捗を評価しましょう。進捗を確認するために床からの距離を記録するとモチベーションが上がります。 […]
ダンスレッスンの見つけ方
21/03
今日からダンスレッスンを始めよう! 「あなたが上手く踊れなくても誰も気にしません。ただ立ち上がって踊ればいいのです。偉大なダンサーはその情熱が素晴らしいのですから。」-マーサ・グレアム あなたはダンスを習いたいと思い立ち、ダンスの教室に通ったことがありますか? 創造的になれるダンスは、多くの人に様々なシーンで楽しまれています。あなたは、個別指導の先生やダンス講師にダンスを習ったことがあるでしょうか? ダンス教室でも個別指導でも、レッスンを通して様々なダンスのスタイルや芸術的なフォームを学ぶのは楽しいことです。 この記事では、日本でダンスレッスンを受ける方法や、年齢を問わない色々な種類のダンス指導についてご紹介しています。 ダンスを習う理由 ダンスにはたくさんのメリットがあります!ダンスは、スポーツであり芸術です。健康維持やメンタルの安定に効果的で、舞台で自信を持って踊ることにも役立ちます。 ダンサーの体つきは大抵細身で引き締まっているため、多くの人がその体型に憧れます。しかし、初心者が実際にダンサーのような体型になるには、モチベーションを持ち、ダンスを真剣に捉える必要があるでしょう。一度ダンスレッスンを受けるだけ、あるいは、週に一度クラスで踊り方を学ぶだけでは効果がありません。定期的に体を動かすことが大事です。 健康的で引き締まった体になるには、有酸素運動やダンス、ズンバ等のクラスを定期的にとって、足りない運動量を補足し合う必要があります。ダンスを学ぶことは、新体操と同じような健康的メリットがあるのです。   ダンスレッスンの見つけ方 ダンス教室、ダンスアカデミーなどでレッスンを受ける場合、運営会社に連絡してみましょう。また、個別指導を受けることも検討してみましょう。年齢層を問わずダンスのレッスンを提供している振付師や先生、ダンサーが数多く見つかるはずです。ドロップイン(一回のレッスン)を利用できる場所もあります。 ダンスを習う場所をしっかりと選ぶことが重要です。初心者が自分の合わないレベルや指導方法のクラスを選んでしまうと、ダンスに対する関心がすぐに失せてしまうでしょう。必ずコースの説明をよく読み、その先生のパーソナリティが自分に合うかどうかを検討しましょう。 グループレッスン、ワークショップなどでは、パートナーと上手く取り組み、口頭でコミュニケーションを取り、動き方を変えていく、といったことが身につきます。グループレッスンは、人に出会う良いチャンスでもあります。また、自分のレベルを見極め、一定期間のレッスンを踏まえ目的を立てるのに役立ちます。他の生徒と友達になれば、レッスンの内容をより良く理解でき、自分の目標だけでなく不安などを分かち合うこともできるでしょう。 日本では、次のような場所でダンスレッスンを受講できます。 専門学校 大学の学部 文化センター、体育館 民間の教室 ダンススクール こういった機関にはダンス用のスタジオがあるので、踊る場所の心配はいりません。優れた指導を受けることができることでしょう。 また、典型的なダンストレーニングより、速く習得できることから、個別指導を好む方もいるでしょう。 個別指導なら好きな時に受講できるので、一定の時間に通わなければならないスクールよりもスケジュールに柔軟性があります。 個別指導なら、あなたに合った指導を受けることができるのもメリットの一つです。先生からオンラインやプリントを参考にしたエクササイズを教えてもらい、次のレッスンまでに自分で練習することもできます。大人や若年層、幼児など様々な年齢に合わせて、レッスンを提供している先生を見つけることができます。 個別指導の先生を見つけるには、次のような情報をチェックしましょう。 先生のプロフィール(オンライン) 新聞広告 クラスを開講している民間の教室 口コミ 学校掲示板など 家でダンスを学べば、より自主性が増し、ダンサーとしてのスキルをつけ、振り付けや難しいダンス技法を練習できるでしょう。個別指導では大抵、レンタルのダンススタジオを利用しますが、先生が適切な用具を持っている場合、あなたの自宅でも受けることができます ダンスレッスンの料金 レッスンの受講は楽しそう。でも、料金はどのぐらいかかるのでしょうか?