アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

今日からダンスレッスンを始めよう!

作成者 Nana、公開日 21/03/2019 Blog > アート・趣味 > ダンス > ダンスレッスンの見つけ方

「あなたが上手く踊れなくても誰も気にしません。ただ立ち上がって踊ればいいのです。偉大なダンサーはその情熱が素晴らしいのですから。」-マーサ・グレアム

あなたはダンスを習いたいと思い立ち、ダンスの教室に通ったことがありますか?

創造的になれるダンスは、多くの人に様々なシーンで楽しまれています。あなたは、個別指導の先生やダンス講師にダンスを習ったことがあるでしょうか?

ダンス教室でも個別指導でも、レッスンを通して様々なダンスのスタイルや芸術的なフォームを学ぶのは楽しいことです

この記事では、日本でダンスレッスンを受ける方法や、年齢を問わない色々な種類のダンス指導についてご紹介しています。

ダンスを習う理由

ダンスにはたくさんのメリットがあります!ダンスは、スポーツであり芸術です。健康維持やメンタルの安定に効果的で、舞台で自信を持って踊ることにも役立ちます。

ブレイクダンス ダンスは、筋肉強化や健康改善に役立つ。(出典:Donald Tong)

ダンサーの体つきは大抵細身で引き締まっているため、多くの人がその体型に憧れます。しかし、初心者が実際にダンサーのような体型になるには、モチベーションを持ち、ダンスを真剣に捉える必要があるでしょう。一度ダンスレッスンを受けるだけ、あるいは、週に一度クラスで踊り方を学ぶだけでは効果がありません。定期的に体を動かすことが大事です。

健康的で引き締まった体になるには、有酸素運動やダンス、ズンバ等のクラスを定期的にとって、足りない運動量を補足し合う必要があります。ダンスを学ぶことは、新体操と同じような健康的メリットがあるのです。

 

ダンスレッスンの見つけ方

ダンス教室、ダンスアカデミーなどでレッスンを受ける場合、運営会社に連絡してみましょう。また、個別指導を受けることも検討してみましょう。年齢層を問わずダンスのレッスンを提供している振付師や先生、ダンサーが数多く見つかるはずですドロップイン(一回のレッスン)を利用できる場所もあります。

バレエ ダンスの専門学校に入る場合には、オーディションがある場合も。(出典:pixabay.com)

ダンスを習う場所をしっかりと選ぶことが重要です。初心者が自分の合わないレベルや指導方法のクラスを選んでしまうと、ダンスに対する関心がすぐに失せてしまうでしょう。必ずコースの説明をよく読み、その先生のパーソナリティが自分に合うかどうかを検討しましょう。

グループレッスン、ワークショップなどでは、パートナーと上手く取り組み、口頭でコミュニケーションを取り、動き方を変えていく、といったことが身につきます。グループレッスンは、人に出会う良いチャンスでもあります。また、自分のレベルを見極め、一定期間のレッスンを踏まえ目的を立てるのに役立ちます。他の生徒と友達になれば、レッスンの内容をより良く理解でき、自分の目標だけでなく不安などを分かち合うこともできるでしょう。

日本では、次のような場所でダンスレッスンを受講できます。

  • 専門学校
  • 大学の学部
  • 文化センター、体育館
  • 民間の教室
  • ダンススクール

こういった機関にはダンス用のスタジオがあるので、踊る場所の心配はいりません。優れた指導を受けることができることでしょう。

また、典型的なダンストレーニングより、速く習得できることから、個別指導を好む方もいるでしょう。 個別指導なら好きな時に受講できるので、一定の時間に通わなければならないスクールよりもスケジュールに柔軟性があります。

個別指導なら、あなたに合った指導を受けることができるのもメリットの一つです。先生からオンラインやプリントを参考にしたエクササイズを教えてもらい、次のレッスンまでに自分で練習することもできます。大人や若年層、幼児など様々な年齢に合わせて、レッスンを提供している先生を見つけることができます。

個別指導の先生を見つけるには、次のような情報をチェックしましょう。

  • 先生のプロフィール(オンライン)
  • 新聞広告
  • クラスを開講している民間の教室
  • 口コミ
  • 学校掲示板など

家でダンスを学べば、より自主性が増し、ダンサーとしてのスキルをつけ、振り付けや難しいダンス技法を練習できるでしょう。個別指導では大抵、レンタルのダンススタジオを利用しますが、先生が適切な用具を持っている場合、あなたの自宅でも受けることができます

ダンスレッスンの料金

レッスンの受講は楽しそう。でも、料金はどのぐらいかかるのでしょうか?

踊る女性 舞台経験がある先生は、他の先生より料金が高くなる。(出典:Thibault Trillet)

市場の相場を知らないと、一時間あたりの個別指導料金を多くまたは少なく見積もりすぎたり、求めていたサービスを受けられないといったことになりかねません。少し調べて、明白な基準を定められれば、妥当な料金を見つけることができます。

ダンスの教室や協会では無職の人や学生、子供を対象とした割引が適用されることがあります。

ダンス協会では年間の会員費を課している場合もあります。ただし、まだ決めかねている場合は、個別指導の先生から最初のレッスンを無料で受けられることがあります。

協会や大学等ではダンスのコースが提供されていますが、費用はそれなりに高くなりますし、長期的に学ぶコミットメントが必要になります。よって、自分がそれを望んでいるのかをしっかりと確認しましょう。

先生が教えているダンスの種類(以下)も検討すべきです。

  • アルゼンチン・タンゴまたはキューバ・タンゴ
  • バチャータ
  • 社交ダンス
  • ベリーダンス
  • ブレイクダンス
  • ミュージカルダンス
  • チャチャチャ
  • コンテンポラリー・ダンスまたはモダンダンス
  • ダンスフィットネス
  • フラメンコ
  • ヒップホップダンス
  • ジャズダンス
  • ラテンダンス
  • メレンゲ
  • オリエンタル・ダンス
  • レゲエダンス
  • サルサ
  • サンバ
  • スウィングダンス
  • タップダンス
  • フォックストロット
  • ワルツ

人気があるレッスンほど料金も高くなります。社交ダンスの人気は先生にとっては嬉しいことですが、生徒にとっては料金が高くなることを意味します。

個別指導を望む場合は、レッスンを受ける地理的な場所も料金に影響することを覚えておきましょう。大都市では先生市場の競争がより激しいのですが、これは長所にも短所にもなり得ます。

地域の経済状態も影響します。生活費の高い都市では、よりレッスン料が高めに設定される傾向があります。先生の選び方を間違えて、損をしたくはないですよね。Superprof なら大部分の先生が、最初の一時間は無料でレッスンを提供しています。このトライアルレッスンは、生徒と先生の馬が合うかどうか、どういったダンスが自分に向いているかどうかを判断する恰好の材料となります。

初心者で、ダンスの基本的な動きを全く知らない場合、自信をがつくようにサポートしながら教えてくれる先生が良いでしょう。グループレッスンを望んでいたり、個別指導の料金を払う余裕がない場合は、初心者向けのワークショップを受けてみるのもいいかもしれません。

中級クラシックバレエクラスなら、多くのダンススクールやアカデミーでレッスンが提供されています。しかし、姿勢やフットワークから個人的に教えてもらいたいなら、個別指導を検討するのがオススメです。

中高生や子供向けのダンスクラスになると、話が全く変わってきます。先生の知識や指導法の充実はどのクラスでも求められますが、これらのクラスでは、子供や中高生の扱いに慣れ、練習に飽きさせないような工夫も必要になってくるからです。

Superprof で、あなたに合った料金の個別指導を見つけましょう!

予算に合わせてダンスを学ぶ

ダンスパーティーで注目を浴びたいという程度なら、ブロードウェイで経験を積んだプロを先生にする必要はありません。ダンスの世界へ導き、あなたのペースに合わせて教えてくれる先生を予算内で探すのが良いでしょう。

もしくは、オンラインで無料でダンスを学ぶ方法もたくさんあります。ダンスを無料で学ぶことのできる、ウェブサイト、アプリ、ゲームなどをチェックしてみてください。

ダンスの先生を探す

ダンスを学び始める前に、あなたに合った先生を見つける必要があります。学びたいダンスの種類、技術などについて、検討することも大切です。どのようなダンスでも、先生は見つけることができます。

子供 幼いころからダンスを学び始めてみては?(出典:pixabay.com)

初心者は妥当な料金を知らないために、適切な先生やダンスワークショップをなかなか見つけられないということがあります。ですから、その先生の生徒が書いているレビューや口コミを読んで、人気があるかを確かめることは大切です。

しかし、一人の生徒が高く評価する先生が、他の生徒にも合うとは限りません。よって、あなたに合った先生をしっかりと選ぶことが不可欠です。種類の多さから、ダンスの個別指導はどんどん人気が高まっています。

先生を決める際には、次のことを検討しましょう。

  • ダンス関連の資格
  • 評判
  • ダンスの先生としての経験
  • ダンサーとしての経験
  • 料金
  • 教えているレベル
  • 生徒に貸し出しているダンスの道具やリソース
  • レッスンの場所(ダンスホール、ジム、ダンススタジオなど)
  • ダンスの種類
  • 様々なダンスの応用度
  • 教え方

Superprof の無料のトライアルレッスンでは、先生を評価することが大切です。振り付けを学ぶのに、慎重に計算された教え方を好む人もいれば、より激しくスピーディーな指導で、詳細より全体的な動きにフォーカスして学ぶ方が良いという生徒もいます。

実際にどのような教え方をするのか、その先生に聞いてみましましょう。自分から先生へのオーディションだと思って、質問してみてください。

お得な価格で探したいなら、ダンスを学んでいる生徒でお小遣い稼ぎにレッスンをしている人がいないかチェックしましょう。

ダンスを学んでいる生徒は素晴らしいダンサーかもしれませんが、教え方については独学であるため、資格のある経験豊富な先生に比べると指導力は落ちるかもしれません。この点は念頭に置いておきましょう。

結婚式でダンスをするために先生を募集する未来の夫婦もいます。ファーストダンスのために魅力的な振り付けをしたいなら、熟練のプロからダンスを学ぶと良いでしょう。

ダンスをする理由は他にも!

最近ではバレエ・フィットと呼ばれる、新しいダンスのスタイルが登場し、クラシックバレエに代わるものとして人気を呼んでいます。

名前から想像がつくかもしれませんが、バレエ・フィットは、バレエを通して体を引き締めるダンスです。 伝統的なダンスの動きを学びながら、筋肉を鍛えられる良い方法です。レッスン中は活発な動きで肩、脚、腹筋が鍛えられ、たくさん練習すれば、ダンサーらしい体つきになってきたと実感できることでしょう

ストレスの多い一週間を過ごした後に、筋肉を緩められる方法でもあり、フィットネスセンターやジムで多くの夫婦や家族が一緒にクラスを受講しています。

もうお分かりかもしれませんが、ダンスほど身体に良い活動はなかなかありません!ダンスをする理由をもっと読みたい場合は、ダンスをする理由 トップ15をチェックしてみてください。

早速、プロダンサーの指導を受けてダンスを学んでみませんか?

日本のダンスクラスには様々な種類があります。一つ試してみて合わなかったら、また次の先生探しを続けましょう!

 

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar