アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

ダンスレッスン-どこで習う?

作成者 Nana、公開日 21/03/2019 Blog > アート・趣味 > ダンス > どこでダンスを習う?

「ダンスは、一瞬一瞬が言葉となる詩である」– Philippe Collas

音楽や劇団に熱い想いを持っている?ダンスを習いたい?

新しい種類のダンスについて学び、音楽に合わせて体を動かしてみませんか?

芸術の一種であるダンス。今の時代、知識を生徒に伝えたいと願う経験豊富な有資格ダンサーに、レッスン受講を問い合わせることができます。いくつかレッスンを受ければ、初心者でも新たにダンスステップを学び、音楽レパートリーを広げることができるでしょう

サルサ、ラテンダンス、ズンバ、タンゴ、社交ダンス。ダンスには色々あります。リズム感のない初心者や、ワークショップを受けたい中級レベルのダンサー、あるいは、一流のダンススクールに入りたいプロのダンサーでも、このブログを読んだり、日本のダンスクラスを検索したりすることはオススメです。

学校でダンスクラスを受講する

学校のダンスレッスン

芸術分野の発展により、カリキュラムの一部としてダンスを受講できるようになりました。

小学校、中高、大学で、子供や若年層向けにダンスのクラスが提供されています。そして、様々な種類のダンスが展開されるようになっています。

ダンス 学校や大学でのダンスの授業で、ダンスへの情熱が目覚めるかも。(出典:pixabay.com)

こういったカリキュラムに組み込まれたダンスクラスでは、他とは違い必ず資格を持った先生が教えています

さらに、まだ若い生徒たちは試験を通して、自分のダンスへの情熱の高さを示すこともできます。中学校ではダンスが必修化項目の一つに数えられています。

今、教育課程のどの段階にいても、 近くのダンスクラスをとってみるのはオススメです!

民間のダンススクール

ダンスに情熱を持ったダンサーらが、自分のダンススタジオを開いたり、ダンス関連会社をスタートさせています。

今のあなたのレベルに関わらず、経験や指導力の豊富なダンスの先生からレッスンを受けることができます。当然ながら、指導のレベルや振り付け、または先生によって、民間のダンススクールやアカデミーのクラス受講料は様々に変わってきます。

一般的にダンススタジオでは、月、学期あるいは年単位で受講料を支払うようになっています。多くの場合、トライアルレッスンを受けたり実際に先生に会ったりといったプロセスを通し、先生があなたのレベルを判断し、適切なクラスを勧めてくれます。

さらに、子供向けの夏期ワークショップ、ダンス初心者への入門セッション、技術を高めたい人のための上級クラスなどが提供されています。

これらの機関でダンスのレッスンを受ける主なメリットは、提供されているダンスの種類の幅が広いという点です。生徒になれば、様々なダンス(ルンバやウィンナ・ワルツ、パソドブレなど)について学べるのはもちろん、音楽のレパートリーを増やすこともできます。

専門学校でダンスを学ぶ

専門学校に入る

ダンスを極めるなら、やはりダンスに特化した専門学校がオプションになるでしょう。

専門学校に入りたいなら、日頃からしっかりと取り組み、魅力的な出願書を出せるようにしましょう。出願者の中で、あなたのプロフィールが目立つようなら理想的です。

出願が終わったら、オーディションもあるはずです。一般的に、あなたの出願書に魅力を感じれば、審査側はあなたのダンスを見たがるはずです。自分の力を証明するという点では、学校によって出願時の提出書類は異なり、また、オーディションでは様々な質問が飛んでくるでしょう。期待している解答も学校によって変わってきます。

ダンスの能力と情熱があることをしっかりと示し、その学校でダンスを学びたいのだということを伝えましょう。

ダンスをする男性たち ダンスを学ぶ方法は本当に様々!(出典:Dana Tentis)

ダンサーを目指せる日本の専門学校

日本でダンサーを目指せる学校として、以下の専門学校が紹介されています。

  • 専門学校東京アナウンス学院
  • 専門学校舞台芸術学院
  • 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校
  • 専門学校 名古屋ビジュアルアーツ
  • 東京工学院専門学校
  • 東京ダンス&アクターズ専門学校
  • 専門学校アニメ・アーティスト・アカデミー

これらの学校に入れば、専門的にダンスを学び、スキルを高めていくことができるでしょう。海外では、ダンスやパフォーミングアーツの修士・博士課程を提供している機関もあります。

ダンスするカップル 優れた機関でダンスを学んでみては?(出典:Silvio Barbosa)

専門学校は、ダンサーとしてのキャリアを真剣に考えるなら良いオプションと言えるでしょう。

ダンスの個別指導を受ける

ラテンダンス、アフリカンダンス、ロックンロール。どのようなダンスでも、個別指導を受けることは可能です。

個別指導のダンスレッスンを受講することには多くのメリットがあります。まず、クラスやワークショップで得られるより多くのサポート得て、自宅という快適な場所でダンスを学ぶことができます。

バレエ 舞台のため、結婚式のファーストダンスのため、フラッシュモブに参加するため。様々な目的を受け、個別指導の先生が振り付けのサポートをしてくれる。(出典:pixabay.com)

個別指導なら週に一度、効果的かつ面白いエクササイズを通してダンスを学ぶことができる上、学校と違って、特定の時間にクラスに行く義務感に追われることもありません。

次のようなダンスを学ぶことができます。

  • アルゼンチン・タンゴ
  • バチャータ
  • 社交ダンス
  • ボリウッド・ダンス
  • チャチャチャ
  • キューバのサルサまたはプエルトリコのサルサ
  • ダンスフィットネス
  • フラメンコ
  • ヒップホップダンス
  • ラテンダンス
  • オリエンタル・ダンス
  • ダンスホール・レゲエ
  • スウィング・ダンス
  • タップダンス
  • フォックストロット
  • ワルツ

個別指導の先生をつけたいなら、先生の検索サイトに登録し、個別指導を手配してもらうことができます。ただし、そういった機関の多くは、モダン・ダンス、ジャズ、バレエなど人気のある種類のダンスしか提供していません。けれども、そういった機関はあなたのために先生を見つけるのが仕事ですから、適切な先生を見つけてきてくれるかもしれません。

また、求人広告などを見て自分で先生を探すこともできます。Superprof では、日本全土あるいは世界の(ウェブカムを使ったオンラインでのダンス指導)先生を検索できます

ダンスの個別指導では、初心者向けレッスンから集中コースまで様々な内容から選べます。個別指導を受ける一番の利点は、その柔軟性でしょう。ダンスの先生に教えてもらう時間やレッスンの種類、あるいは、レッスンをするダンススタジオの場所を自分で決めることができます。

ダンスフロアで自信を持って踊れるようになりたい、いくつかの新しい動きを身につけたいという程度なら、安く、楽しいレッスンを提供している先生を見つけましょう。一度もダンスをしたことがなくても、あなたをダンスの世界に導いて、励ましてくれる先生が見つかります。

未来の夫婦向けに結婚式用ダンスレッスンを提供している先生もいます。結婚を控えていて、ファーストダンスに磨きをかけたいなら、そういったダンスの指導を専門にしている先生を探しましょう。

合わない先生を選んで損をしないように Superprof では多くの先生が最初の一時間のレッスンを無料で提供していますので、利用してみましょう。この時間を最大限活用して目標を設定し、先生と馬が合うかどうかを確認し、料金や日程、ダンスを学ぶ上でのその他の詳細について了承し合うようにしましょう。

特定のイベント(結婚式など)のためにダンスを習いたい場合、個別指導が最適です。先生に目的を伝えれば、レッスン中にはそのための動きに特化した練習をしてくれるはずです。もちろん、先生はダンスの専門家ですから、先生に教え方を指示するようなことはしないでくださいね。

優れたダンスの指導は、教育的で、励ましを得られ、エネルギッシュで楽しいものです。ダンスを習っていても楽しくないと感じる場合、他の力量のある先生に教えてもらった方が賢明かもしれません。合わない指導を受けて時間とお金を無駄にしないためにも、先生をよくよく検討して、好ましい選択をしましょう。

Superprof で個別指導の先生を検索し、自分に合った先生を探し、プロのようなダンススキル獲得を目指してレッスンを開始しませんか。ダンスレッスン料金についても読んでみてください。

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar