アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

作成者 Chieko、公開日 02/08/2019 Blog > 言語 > ロシア語 > ロシア語の方言

ロシア語の歴史

日本とロシアとの関係は常に良好だったわけではありませんが、トルストイの作品を生んだロシア語を勉強する学生の数は増えています。

サンクトペテルブルクは人気の観光スポットとなり、ロシアと日本間の国際結婚の数も増えています。

ロシア語(Русский)は日本語とも一般的なロマンス諸語とも全く異なります。

ロシア語は、甘く優しく、抑揚が少ない印象があります。

また、ロシア語では特に魅力的なアクセントが印象に残ります。特に映画監督にとっては、ロシア語を話す女性には「魔性の女」のイメージがあるようです。

ロシア語には多くの接頭辞、接尾辞、語尾、母音変化があり、文法は複雑です

ロシア語では奇妙なアルファベットのような文字が使われていますが、ロシア語は耳に心地よい響きです。キリル文字はアラビア語のようにアート作品のような外見です。

この記事では、時代をさかのぼりロシア文学の発展を段階的にたどり、ロシア語の魅力の本質に迫りたいとおもいます。

£30https://www.superprof.co.uk/images/teachers/tutoring-native-russian-speaker-offers-russian-language-lessons-for-students-university-level-london.jpg£30https://www.superprof.co.uk/images/teachers/tutoring-flexible-russian-lessons-nottingham-covering-reading-writing-and-speaking-taught-language-graduate.jpg£18

Maria

ロシア語の民族的起源

シャルル=ジャック・ヴェランが著した『ロシア文法』は、ロシア文法を理解するために必要な情報の宝庫です。

スラヴ語は様々な人種から構成され、古代ヨーロッパの広大な民族文化や言語群を形成しました。

ホーマーは作品の中でイニーアスについて言及しています。言語学者レイモンド・ドラットルは論文『古代欧州人の言語と起源:現在の言語に与えた影響』の中で、このイニーアスということばはスラヴ語である可能性に触れています。

また、ドラットルはスラヴ民族の起源はウクライナとベラルーシの北部にあるドニエプル川の上流であることを突き止めました。

ローマにキュリロスとメトディオスがいなかったら現在のロシア語はなく、オンラインでロシア語のレッスンを受けることもできなかったでしょう

ジャン・ブレイヤールやステファン・ビエラールが共著『18世紀におけるロシア語の歴史』で指摘したように、このスラヴ語を起源として、現代のロシア語は徐々に発達していきました。

この本は、大学でロシア語を学習する学生に特におすすめです。実際の文書の美しい写真付きで、ロシア語の構文、辞書、語彙についての説明が記載されています。

スラヴ語派と古代ロシア語の台頭

「スラヴ祖語」として知られている言語は、現在使われている全てのスラヴ語派共通の祖先です。

バルト・スラヴ語派は、インド・ヨーロッパ語族に属し、ギリシャ語やトラキア語はスラヴ語派の従姉妹にあたります。

古東スラヴ語は古代教会スラヴ語に由来し、派生物または複数の方言であると同時に、強い外敵影響を受けていました。

言語学者は、古東スラヴ語は10世紀に登場して14世紀まで使われ、徐々に現代のロシア語に進化していったと考えています。

古代ロシア語はウクライナ、ベラルーシ、ヨーロッパロシアで話されていた東スラヴ語群に属します。

ロシア語は非声調言語ですが、多様な高低アクセントと短母音があります

皇帝が東に進出してセルビアを併合したのは、まだ近代または現代の出来事です。

キリル文字とロシア文字

宣教師だったキュリロスとメトディオス兄弟は、布教者としてビザンチン帝国からスラヴ諸国に派遣されました。

使命を果たすために、当然ながら兄弟は現地の住民と意思疎通をはかる必要性がありました。

しかし、スラヴ諸国には形式的な文字がなかったため、ふたりの宣教師はギリシア文字を使って自分たちが聞いた音(この場合はマケドニア方言)を書き起こしました。

キュリロスが書き起こした文字は特に表音的で、ジャンル、大小文字、数字により様々なバリエーションがありました。

スラヴ諸国をキリスト教に改宗させるという兄弟の目的は、彼らの死後にウラジミール1世(1015年没)が洗礼を受け、980年前後からキエフ大公国を統治したことで達成されました。

イタリア人学者ロベルト・デ・マッティ教授は著書『The Church in turmoil』の中で「rus(ルーシ)」という用語はキエフが統治した全領地と改宗させられた人民を表すために使われたと説明しています。

12世紀に修道士により書かれたロシア年代記には、ロシア国家の誕生、ロシアのアイデンティティ、関連する言語について記載されています。

33個のキリル文字も、何世紀もの間に大きく変化しました。

キリル文字の発音はラテン・アルファベットの音と全く違います

キリル文字は何度も修正されたため、現在では英語圏の人はキリル文字ではなくロシア語アルファベットを使っています。

インターネットを使えば、ロシア語の発音やアクセントを確認できます。

実際、キリル文字の発展が止まった後も、話し言葉としての言語は進化を続け、文語と会話の隔たりはどんどん大きくなっていきました。

時代と共に変化していった文字の形態や音の再改正が必要でした。

最近では、ロシア語アルファベットはロシア語の発音とは違う表記で書かれています。

ロシア語と宗教

スラヴ語はキリル文字の導入前から存在していましたが、キリル文字の導入前から存在していましたが、キリル文字の発展により現地語でのキリスト教聖書の翻訳や出版が可能になりました。

古代の翻訳書は、モスクワ総主教やロシアのカトリック教会の典礼言語として現存しています。

古代教会スラヴ語典礼所と呼ばれるこの古い翻訳書はスラヴ語で書かれています。聖書の翻訳版は、1000年前のキリスト教への改宗以来ほとんど変更されていません。

スラヴ語は、カトリック教会と正教会への分裂前の9世紀に、教会のために発明されました。

文字としてスラヴ語がロシアに広まったのは10世紀になってからでした。

ロシア正教会の言語は、教育水準が低い人たちが普段話していた方言よりも重んじられていました。

スラヴ語は17世紀まで、その知的水準や文学的卓越性を維持しました。中世以降に西欧でラテン語が使われなくなったように、ロシア正教会の言語も現代ロシア語にその座を明け渡すことになりました。

ロシア古典文学

ロシア文学が誕生したのは、西欧においてフランス文学が最盛期を迎えた18世紀のことでした。

ピョートル1世(1725年没)は、自国の西欧化のために言語の大改革に着手しました。

彼は古代教会スラヴ語の使用を典礼だけに制限すると同時に、当時使用されていた古ロシア語と類似性の高いロシア公用語の近代化に取り組みました。

近代ロシア標準語はロモノーソフ(1711-1765年)の文法とスラヴ語が組み合わされた言語で、当時の上流階層の間で使われていました。

プーシキン(1799-1837年)、ゴーゴリ(1809-1852年)、ドストエフスキー(1821-1881年)、チェーホフ(1860-1904年)その他弊社が選んだロシア有名人トップ10にランクインした偉大な作家たちにより、近代的なロシア文語が確立されました。

ロシア語圏で本格的にロシア語を勉強しましょう。ロシアに留学すればインタラクティブな方法でロシア語を習得できます。

パリ・ソルボンヌ大学が発行している『Revue des Etudes Slaves (196544No. 1ページ19-28)でボリス・ウンベガウンは、本格的なロシア現代文学が誕生したのは18世紀になってからで、初期のモスクワの作品はほとんど関係がないと説明しています。

しかし、彼はロシア語が突然変異したことを考慮しても、現代ロシア語と過去の言語が全く異なるという意見は極論だという見解も加えています。

変化した点よりも変わらない点の方がずっと多く、そうでなければ古ロシア語から現代のロシア語ではなく全く違う言語になっていたでしょう。

古典ロシア語のユニークな点は、他のスラヴ語やスペイン語、イタリア語(フィレンツェの方言が源)などのように時代を経て普及した特定の地方語から形成されたのではなく、古ロシア語とスラヴ語のハイブリッド言語であるという点です。

また、19世紀は領地拡大の時代でもあり、皇帝は軍隊を東部のアラスカまで行進させました。

実際、古典ロシア語の普及はソビエト社会主義共和国連邦の誕生によりピークを迎え、ロシア語は多数の衛生国や同盟国の国際共通語としての役割を果たし、同時に鉄のカーテン内のソビエト連邦国内でも一般的に使われるようになりました。

21世紀のロシア語圏

現在、14500万以上の人が母国語としてロシア語を話しています。その他、第2言語としてロシア語を話す人の数は13500万に達します。

ロシア語は欧州で最も多く使われている言語のひとつです。

ロシア語はインド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派に属します。スラヴ語派は西スラヴ語群(チェコ語、スロバキア語、ポーランド語、ソルブ語)、南スラヴ語群(ブルガリア語、クロアチア語、マケドニア語、セルビア語、スロベニア語)と東スラヴ語群(ロシア語、ウクライナ語、ベラルーシ語)に分類されます。

ロシア語は英語圏の人にとっても覚えるのが難しい言語です。日本人にとっては、中国語よりもロシア語の方が習得に時間がかかるでしょう。

ロシア語は中国語、英語、スペイン語、アラビア語と並び、国際連合の公用語のひとつで、世界主要言語としてランクインしています。

また、世界最大の国ロシア連邦の14200万人の国民の母国語です。

ロシア旅行ガイドもご覧ください。

ロシアの他にも複数のロシア語圏がありますが、その多くがアジア北部や欧州の極東に集中しています。

アブハジア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、沿ドニエストル共和国, ガガウズ自治区、南オセチア、ロシア連邦と独立国家共同体がロシア語を公用語にしています。

ロシア科学アカデミーが監修する正式なロシア語がありますが、下記の3種類のグループに大別できる方言も存在します。

1.   北部:「o」、「g」、「t」の発音が違うのが特徴

2.   中央:北部と南部の混合

3.   南部:くぐもった摩擦音が多く、アクセントが小さい

ロシアに行く前に知っておきたいことも読んで、ロシア語の知識を深めておきましょう。この新しい情報に基づいてロシア語のレッスンをインターネットで検索すれば、地元で素晴らしいロシア語講師が見つかるでしょう。

ロシア観光ビザを取得するための手続きもご覧ください。

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar