アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

コンピューターコース:よりすばやく入力するためのキーボードショートカット

作成者 Atsushi、公開日 26/08/2019 Blog > アカデミック > IT > Windowsユーザー向けのキーボードショートカット、トップ10

2019年のデスクトップに関しては、Windowsの市場シェアは88.3%、MacOSXが9.3%、Linuxが1.9%、ChromeOSの使用率は1%未満でした。

スマートフォンとタブレットは過去10年間で市場シェアを伸ばしてはいますが、デスクトップとノートパソコンはビジネスの世界で今も日常的に使用されています

簡単に言えば、スマートフォンやタブレットのタッチスクリーンキーボードで入力するだけでは、顧客との関係の構築、ブランドコミュニケーション、IndesignプロジェクトやPhotoshopプロジェクトの資料の作成に十分な効果を発揮しません。これは、標準型キーボードが引き続きPCの最も重要な周辺機器の1つであることを意味します。

Microsoft Officeでのドキュメントの作成、Adobe Photoshopでの画像の編集、ウェブサイトの開発などでは、すばやく効率的に入力できることが必要です。これを行うには、Windowsのいくつかの重要なキーボードショートカットを身につけておく必要があります

マウスを右クリックしてメニューを開き、左クリックしてオプションを選択することにうんざりしていませんか?

はたまた打ち間違えてしまったことも?単語の代わりに誤って大量のテキストを選択してしまい、あっという間にすべて削除してしまったという経験をしたことが誰しもあるのではないでしょうか?でも心配いりません!ctrl+zをすばやく押せば、すべて元に戻すことができます。

Windowsでの作業を高速化するための、Superprofお勧めのキーボードショートカット トップ10を以下にご紹介します。

Windowsのキーボードショートカットの意義

簡単に言えば、ショートカットは、作業をより迅速に行うのに役立ちます。これは当たり前のように思えるかもしれませんが、それらがどれほど便利で、どれだけの時間を節約できるかすぐにわかることでしょう。キーボードレイアウトには、文字、数字、スペースバー以外にも多くのものが含まれています。ファンクションキー(fn)、esc、ctrl、alt、Windowsキー(Macを使用している場合はCommand)などです。実のところ、そこに配置されているのには理由があります。

IT業界で働く場合、生産性は非常に重要です。(ソース:Jay Kunwar)

デジタル革命により、頭の中にオフィスが置かれるようになりました。業界全体について、フランスのジャーナルSciences Humainesは次のように述べています。

今後数年間で、仕事の42%がデジタル化で変革を余儀なくされるリスクにさらされるだろう。300万人の仕事が消滅する可能性がある。ロボット化は、[フランス人の]中産階級の不安を深刻にあおり続けることだろう」

これは日本でも同じことが起こり得ます!したがって、長く現役で働き続けたいのであれば、誰もがコンピューターに精通し、コンピューターを効果的に操作する方法を身につける必要があります。したがって、コンピューターを操作する際に使うショートカットをマスターすることは、どのユーザーも避けて通れないのです。ショートカットキーは、生産性を向上させるための迅速かつ簡単な方法です。

実際、ショートカットを知っていると、ショートカットを使用するたびに貴重な時間が節約され、1日の作業効率が大幅に改善されます

ウィンドウを開くなどの簡単な操作からテキストの編集(コピー、切り取り、貼り付け)、Windowsエクスプローラーの起動、テキストへの画像の挿入、ウェブサイトの編集や開発まで、キーボードショートカットを使用して、さまざまなデジタル作業の実行時間を削減できます

ショートカットに関するもう1つの重要な点は、マウス、トラックパッド、タッチパッド、ホイールが機能しなくなった場合でも、コンピューターを効果的に操作できることです。

コンピューターのほとんどのタスクは、矢印キー、エスケープキー、Enterキー、ctrlキー、altキー、テンキーのみを使って実行できます。

まだ納得できませんか?簡単なテストをしてみましょう。

マウスを使用して次の操作を行った後に、Windows(またはMac)のショートカットを使ってもう一度試してください。後者の方法を使用すると、所要時間が半減することでしょう。

  1. ブラウザを開く。
  2. Googleで検索する。
  3. 記事をクリックする。
  4. 段落をまるごとハイライト(選択)する。
  5. その段落をコピーして、Microsoft Word(またはOpenOffice)に貼り付ける。
  6. すべて選択して、テキストの色を変更する。
  7. ファイルエクスプローラーを開く。
  8. 画像を選択して、テキストドキュメントにインポートする。
  9. ファイルを保存してから、PDFファイルとしてエクスポートする。
  10. メールでファイルを別のコンピューターに送信する。

上記の操作の中でそのショートカットを知らないものが何かありますか?初心者向けのコンピューターチュートリアルから始めてみましょう。

次に、身につけるととっても役立つショートカットをいくつかご紹介します。

使えるWindowsキーボードショートカット、トップ10

以下紹介するショートカットは非常にシンプルですが、とても便利で、誰もが知っておいて損はないものです。

コピーと貼り付け

右クリックして[コピー]を選択してからドキュメントの挿入したい場所にカーソルを移動させ、もう一度右クリックして[貼り付け]をクリックする代わりに、Ctrlキーを押しながらこれらの操作を実行できます(Macではコマンドキーを使用します)。次のコマンドを押してみてください。

  • Crtl+c
  • Crtl+v

これは、ドキュメントをより迅速に編集したい人にとって便利です。コピーまたは切り取りを行うと、コンピューターはテキストをクリップボードに一時的に保存します。その後、挿入する場所までスクロールし、貼り付けのショートカットを使用するだけです。

Wordを頻繁に使用する方は、切り取りと貼り付けは瞬時に行う必要があります。(ソース:kaboompics.com)

切り取りと貼り付け

ctrl+xは何のショートカットでしょうか?

cntrlとxを押すと、選択したテキストまたは画像が消えますね。これは選択したものを削除するショートカットではありません。選択を保存し、「ctrl+v」を押してドキュメントの別の場所に貼り付けるためのショートカットです。

元に戻す

何かを誤って削除してしまった経験を誰しも持っているのではないでしょうか。

テキストを編集しているときに、誤って単語ではなく行または段落全体を選択して何かキーを押すと、選択範囲全体が削除されてしまう可能性があります。けれどもctrl+zをすばやく押すことで、最後に行ったステップを取り消すことができます。

便利だと思いませんか?

検索

特定の単語を何回使用したかを知りたい場合、テキストの特定の部分を見つけたい場合、またはドキュメント中に特定のトピックが出てくるかを確認したい場合、このショートカットが重宝するでしょう。

Windowsでは、ctrl+f(検索)のショートカットを使用します。この機能はブラウザでも使用できます。これはオンラインの「検索」と同じではないことに注意してください。この機能は、ドキュメントやブラウザウィンドウ内で完全に一致する単語を見つけるためにのみ使用します。

すべて選択

マウスで左クリックしながらページの一番上から一番下までスクロールする代わりに、ctrl+aのショートカットを使用してすべて選択できます。これは、ドキュメント中に異なるフォントが使用されている場合、ドキュメント全体をフォーマットするのに非常に役立ちます。

タスクマネージャーを開く

コンピューターをロックしたり、機能停止したプログラムを閉じたりする必要が生じましたか?

よく知られているショートカットctrl+alt+delを押すと、必要なダイアログが開きます。ctrl+alt+delのショートカットは、コンピューターの動作がおかしくなったときに助けてくれる安全弁と見ることができます。

Windowsを管理するためのショートカット

この時代、ユーザーが開いているさまざまなウィンドウやタブで迷子になることはよくあることです。見たいページを見つけることは、干し草の山から針を1本探すぐらい難しいことです。

この記事のヒントで、コンピューターの先生を雇う費用が浮くでしょうが、コンピューターの世界をさらに深く掘り下げてみたい方は、プログラミングコースの受講を検討してみてください。

ウィンドウの移動

Alt+Tabキーを押すと、すぐに次のアクティブウィンドウに移動できます。Altキーを押したままTabキーを押すと、押すたびに別のウィンドウに移動します。これは、設定、データベース、画像編集ソフトウェア、ウェブページなど、多くのウィンドウを開いている場合に非常に重宝します。

そのショートカットを知らなければ、あまりにも多くのウィンドウが開きすぎていて困ることになりかねません。(ソース:snapwiresnaps.tumblr.com)

これにより、タスクバーで目当てのウィンドウを見つける手間を大幅に節約することができます。

すべてのウィンドウを最小化してデスクトップに戻る

デスクトップに直接戻りたい場合は、Windowsボタン+dを押すだけで、タスクバーのすべてのウィンドウが最小化されてデスクトップに戻ることができます。Windowsボタン+dをもう一度押すと、すべてのウィンドウが最大化します。これは、多数のウィンドウを重ねて表示している場合に便利なショートカットです。

さらに、Windowsボタンを押すだけで、スタートメニュー(新しいバージョンではWindowsロゴのコンテンツ)が開きます。

ウィンドウを移動する

筆者が好きなショートカットには次のものがあります。これらは特に複数の画面で作業している場合に便利です。これを使用して、ウィンドウを移動することができます。Windows + Shift + 矢印キー(左または右)

仮想デスクトップを作成する

10インチまたは13インチのラップトップのような小さな画面で作業している方は、仮想デスクトップを作成すると便利です。仮想デスクトップは、現在のデスクトップの右側に作成されます。コマンドは簡単で、Ctrl+Windows+dです。これにより、デスクトップが乱雑になることを防ぎ、複数のデスクトップを行ったり来たりできるようになります。必要に応じてデスクトップ間を移動し、終了したらデスクトップを削除できます。ご想像のとおり、Windowsにはさまざまなショートカットが他にもたくさんあります

いくつかのボーナスショートカット

他にも次のような便利なショートカットがあります。

もちろん、これらはすべてのショートカットを網羅しているわけではありません。文字通り何百というショートカットがあるので…

ショートカットのおかげで、通常の本のページと同じぐらいの速さでウェブページを「めくる」ことができます。(ソース:Tirachard Kumtanom)

  • アクティブなウィンドウを移動する:Alt+スペースバー+ l +矢印キー
  • 全画面モード:F11
  • ファイルメニューを開く:Alt+f
  • タブを変更する:Ctrl+1、2、3など
  • ページの更新/更新:F5
  • ごみ箱に移さずにファイルを直接削除する:CapsLock+del
  • 新しいタブの作成:Ctrl+t
  • 新しいファイルの作成:Ctrl+n
  • 印刷:Ctrl+p
  • ウィンドウを閉じる:Alt+F4
  • 太字:Ctrl+b
  • 斜体:Ctrl+i
  • 選択したファイルのプロパティを表示する:Alt+Return

Microsoft Wordの特殊文字ウィンドウでは、使用したい文字のショートカットも見つけることができます。英語のキーボードにはアクセントキーがない傾向があるため、フランス語やドイツ語などの外国語を入力するときに特に便利です。

たとえば、文字「E」にアクセントを付けたい場合(「café」や「cliché」など)、Alt+144(タッチパッド上)を押してください。

最後に、Photoshopで作業して写真を編集する場合は、キーボードショートカットが不可欠です。効果的に作業したい場合は、キーボードショートカットを使用すると、単純なタイプライターよりもMacとPCの方がはるかに高速になりますよ。

より速く入力する方法を探ってみる準備はできましたか?

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar