ホームページ ヘルプ
ヘルプ 先生になる

あなたにぴったりの先生を
みつけよう!

ゴルフ
英語
メイクアップ
バスケットボール
英語
就職活動コーチ
編み物
中国語 - 会話
その他のスポーツ
コミュニティ
6.208.088
個人レッスンの先生

学んで、自信をつける

検索 厳選された素晴らしい先生たちのレッスンの中から興味があるレッスンを探す。
予約 気になるマンツーマン、オンラインの先生にレッスンリクエストを送る。
管理 レッスンの時間や場所などを、先生と話し合って自分だけのレッスンプランを立てる。

151

意欲的な生徒による先月のレッスンリクエストの合計

先生になる

Live your passion!

自分なりに働く、自分の好きなように働く、自分で価格設定、手数料なし、意欲ある生徒たちと出会う!

学ぶよろこび

芸術的な書道をマスターしたり、料理を学んでシェフになる。

個人レッスンを受けて、成績アップをする。趣味を深く学んでプロになる。資格取得のためにプライベートレッスンで集中的に学ぶ。

プライベートレッスンやオンラインレッスンで新しく学びの冒険に出よう!!

どこでも学べる

ウェブカメラでのオンラインレッスンは世界中で受けられます。

151

意欲的な生徒による先月のレッスンリクエストの合計

Live your passion!

自分なりに働く、自分の好きなように働く、自分で価格設定、手数料なし、意欲ある生徒たちと出会う!

先生になる

Superprof ブログ

フランス帝国の事実
フランスについての面白い事実:フランス帝国 フランスは、イギリスがとても愛する国。その一方で、イギリスが嫌う国でもあります。愛される理由は、その料理とファッション。嫌われる理由は、フランス帝国とイギリス帝国の間で多くの戦争があったためでしょう。けれど、フランスはどのように帝国として這い上がったのでしょうか?以下で、その問いにお答えしています。フランスについての面白い事実もチェックしてみてください。 フランス植民地帝国:第一の試み フランスはその歴史上、王が統治する王国であった時代がとても長かった国です。最初のフランス国王は、5世紀に生きたフランク人のメロヴィクスであったと言われています。しかし、その当時中央ヨーロッパの大部分を支配していた(例えば、カール大帝のころ)にも関わらず、帝国と名乗るようになったのはナポレオンの時からです。 フランスは多くの植民地を支配する強国として存在。最初の植民地化の波は、主に17世紀に起きました。 ヌーベルフランス(ニューフランス) 16世紀、アメリカ大陸の発見後、スペイン人による誇大な騒ぎに便乗し、フランスも及び腰のまま、何回か新世界での植民地化を試みます。フランスは1605年にアカディア(後のカナダ、ノバスコシア)の新しい土地にポート・ロイヤルを設立。これが最初の真の植民地でした。 3年後の1608年、サミュエル・ド・シャンプランがケベック植民地を構築。ケベックは、ニューフランス植民地の首都となり、主に毛皮貿易で栄えます。フランス人探検家らがセントローレンス川沿いの西へ、次に、五大湖と川を経由した南へと領土を広げ(1699年に、ミシシッピ川西の広域を含むルイジアナの所有権を主張)、川沿いに新たな商館を設けます。しかし、フランス人は農業を確立させるよりも、地元の民族との毛皮貿易のネットワークを築くことに力を入れていたため、このアメリカの植民地で大幅に人口が増えるということは一度もありませんでした。 赤道の南 西インド諸島では、1625年にセントキッツ(フランスとイギリスが領有権を分かち合った島)に植民地を築いたのが最初でした。1635年、リシュリューがカリブ海諸島を支配しタバコプランテーションを築くため、無力であったセントクリストファー会社に代わる北アメリカ会社を設立します。影響が及んだ国には、サン=ドマング(フランスがスペインと分割し、それぞれの領土は後にハイチおよびドミニカ共和国となる)、クアドループ、マルティニークがありました。北アメリカでフランスは現地人とカリブ海のプランテーション運営に取り組み、最初はタバコ、後にサトウキビを対象としました。これは、現地の人の奴隷およびアフリカの奴隷貿易にほぼ頼った形行われていました。実際、連続的に反乱が発生して民族浄化の動きへと繋がり、1660年にはカリブ海の住民が虐殺され、マルティニークの島民がほぼ絶滅したと言われています。 [caption id="attachment_31064" align="alignnone" width="624"] ルイ13世の宰相を務めたリシュリューが北アメリカ会社を設立した。[/caption] 現地人とその他の植民地支配国の間で数多くの争いがあった後、1676年以降、今のフランス領ギアナ(ブラジルの北)に植民地が築かれました。 アフリカへの最初の襲撃 1664年、セネガル沿岸に商館が建てられてたことが、フランスによるアフリカ植民地支配のはじまりでした。フランスは主にアフリカ内地からの奴隷を、カリブ海の植民地に送りました。 フランス東インド会社は1665年、レユニオンとモーリシャスでの植民地構築に成功(ただし、フランスはこれより前に領土所有を主張している)。これらの場所は、東行きの船の供給地点として機能しました。1719年までにフランスはインドに最初の足場を築き、さらに、ムガル帝国の崩落を上手く利用し、インド現地の対イギリス派支配者を支援しました。 最終的に敗退したフランスは、ポンディシェリとチャンダンナガルのみ所有権を維持。そのどちらも1954年に、独立国となったインドに統合されています。 最初の植民地帝国の敗退 ユトレヒト条約は、アメリカにおけるフランスの植民地にとても重要な影響を及ぼしました。この条約の主な目的は、ハプスブルク家のチャールズ2世による王位継承失敗をうけ、スペインのその後の継承を規定することでした。この条約でルイ14世の孫にスペイン王位が認められましたが、フランスのいくつかの植民地の所有権が変わることになります。例えば、ハドソン湾近くのニューファンドランドとルパート・ランドは、イギリスに譲渡されました。 その後百年以上、フランスは主に戦争に負けたことが理由で、植民地の大部分を少しずつ失っていきます。オーストリア継承戦争 (1744-1748)、アメリカではフレンチ・インディアン戦争と呼ばれる七年戦争 (1756-1763)、そして、フランス革命 (173-1802) により、フランスはカナダとカリブ海の大部分の領土をイギリス帝国に譲ることになります。ルイジアナは、1762年に秘密裏に結ばれたフォンテーヌブロー条約により、スペインに譲渡されます(ただし1800年に、これもまた秘密のイルデフォンソ条約により、フランスがスペインから再度購入)。 フランス第一帝政:ナポレオン・ボナパルト フランス革命の後、アンシャン・レジームの崩壊をうけ、フランスは適切な政治のあり方を見つけようといくつかの体制を繰り返します。恐怖政治の後、総裁政府は帳尻を合わせようとしますが、ナポレオン・ボナパルトがブリュメール18日のクーデターで総裁政府を打倒(実際には1799年11月9日だった)。三人の統領から成る統領政府が立ち上げられ、ナポレオンは第一統領になります。1802年にイギリスとアミアンの和約が結ばれると、ナポレオンは生涯の統領となることが投票により可決されます。 [caption id="attachment_31066" align="alignnone" width="652"] 征服による統治でよく知られるナポレオン1世は、実はメートル法を導入した人物。写真提供:Fæ(Visual Hunt)[/caption] その間カリブ海では、元奴隷のトゥーサン・ルーヴェルチュールが率いるハイチでの暴動により、ナポレオンは1803年、アメリカへのルイジアナ領土の売却を強いられます。これによりフランスの植民地が大幅に削減されました。 1804年、国会はフランスを帝国とする法案に可決し、ナポレオンが皇帝に在位します。12月2日に戴冠式が執り行われました。 フランス帝国の全盛期 ナポレオンは、総裁政府の下で征服を開始します。対象となったのは以下の地域でした。 イタリアの大部分 スイス オランダ ベルリンからライン川西岸に至るまでの領域 第一統領であるナポレオンはイタリアの征服を続け、ライン川流域を超え、ドイツ北西沿岸のハノーバーとクックスハーフェンまでフランスの領土を広げました。 皇帝の座についてからは、ドイツ西部の大部分(バイエルン、バーデン、ヴュルテンベルク、ザクセンの各州)を併合し、スペインの征服に着手します。 困難と失脚 ナポレオン皇帝に対するスペイン人からの反乱が強まり、フンタと呼ばれるゲリラも発生します。数年のうちに、ナポレオンはイギリスのウェルズリー(ウェリントン公爵)に撤退を迫られることに。その間、プロイセンは秘密裏に同盟を築いていました。ナポレオンははじめアウステルリッツの戦いで勝利しますが、元同盟国であったロシアが間もなく対フランスの連合軍に加わると公表。ナポレオンは1812年にロシア戦役を開始します。しかし、その間も軍隊の大部分がスペインでの反乱の対応に追われていました。 優れた軍事力を発揮したものの、ナポレオンは何度も後退を迫られ、1814年、パリは敗北を表明します。ナポレオンは4月に退去し、ナポレオン戦争が終結します。 ナポレオンはエルバ島に追放されますが、1815年、新しい「7月王政」の王であるルイ18世(ルイ16世の弟)に対して、クーデターを試みます。その後百日間ほど統治しますが、ワーテルローの戦いで敗北。今度はセントヘレナ島へ追放され、1821に死去しました。 フランス第二帝政:ナポレオン3世 ルイ18世による王政復古の後、彼が1824年に死去すると、弟のシャルル10世が即位します。シャルル10世が1831年に退位すると、ルイ・フィリップ(ルイ16世のいとこ)がフランス国王に選出されます。 1848年の革命の後、ルイ・フィリップは退位し、孫に王位を譲りますが、政府により王政は廃止され共和政が返り咲きます。政府は、ナポレオン1世の甥であるナポレオン3世をフランス初の大統領に選出します。しかし、この政体では大統領二期を務めることができなかったため、彼は1851年にクーデターを起こし、1852年にナポレオン3世の名で皇帝に即位し(叔父のナポレオン・ボナパルトと同じ12月2日に)戴冠式を行います。 [caption id="attachment_31068" align="alignnone" width="700"] ナポレオン3世の時代は、建築および装飾の芸術が栄えた(エジプト風のものもあった)。写真提供:Boston Public Library(Visual Hunt)[/caption] ナポレオン3世は、最後の普仏戦争となったセダンの戦いでドイツに降伏する1870年まで君臨します。 こちらでフランスに関する事実をさらにご紹介しています。 フランス植民地帝国:第二の試み ナポレオン戦争終結後、イギリスは以下を含む海外領土の大部分をフランスに返還します。 フランス領ギニア セネガルの商館 インドの植民地 しかし、セーチェルとモーリシャスはイギリスが併合します。 シャルル10世はハイチ所有権を回復しようと試みましたが、最終的に独立を認めます。ただし、独立の際はハイチに対し、フランスのプランテーション経営者に賠償金を支払うように強制しました。 1830年、アルジェの太守とフランス領事の間で揉め事があり、フランスはアルジェリア侵略を決行。しかし、完全に征服したときにはすでに1847年になっていました。 その後、ナポレオン3世の統治下で、フランスの膨張主義が返り咲きます。今回の対象はヨーロッパではなく、植民地でした。ナポレオン3世は、ニューカレドニアおよびコーチシナ(ベトナム南部の地域)に植民地を築き、カンボジアの一部を保護国とします。さらに、アフリカの植民地化も進め、セネガルの商館から奥地へ進み、西海岸沿いを植民地化します。1848年に奴隷が禁じられますが、それに変わり、新たなアフリカの植民地では、アラビアガム、ピーナッツ、バンバラマメのプランテーションに力を入れるようになりました。 ナポレオン3世は南アメリカへの領地拡大も試みます。ベニート・フアレス率いるメキシコ臨時政府が、転覆した政府の外債支払いを拒むと、それを不満とするフランス、イギリス、スペインが武力干渉に踏み出します。フランスはさらに、マクシミリアン(オーストリア皇帝の弟で、ベルギー国王の娘婿)をメキシコ皇帝に即位させます。しかし、メキシコの抵抗はまもなく勢いを増し、ナポレオン3世は1866年に援護を停止。マクシミリアーノ1世は、一年後に処刑されています。 [caption id="attachment_31073" align="alignnone" width="667"]...
フランスの10の事実
フランスについての面白い事実 フランス語を学ぶため、レッスンを受けていますか?それとも独学していますか?バケットとベレー帽が生まれた魅力ある国、フランス。その国についての面白い事実を、大公開しています!今回、Superprof ではフランスについての知られざる面白い事実10選をご紹介します。 1.フランスの真ん中には火山がある フランスの中央は、古い山脈からなる中央高地が占めています。侵食が進み、名前もつかないほどの山地もあるほど。ローヌの谷がこの地とアルプスとを隔てています。アルプスやピレネー山脈よりも古く、中にはかつて活火山であった山もあります。しかし、ご心配なく。最後に噴火したのは、文字の発明や、鉄が精錬されるよりずっと前の紀元前4040年のことです。   中央高地は、死火山からなるフランスの山脈。写真提供:alpha du centaure(Visualhunt.com) 2.ローマ人による侵略の前、フランスで話されていた言葉はガリア語だった ユリウス・カエサルが回想録で言及し、ルネ・ゴシニやアルベール・ユデルゾが漫画にも描いていますが、紀元前58~50年にローマ人がガリアと呼ばれる領土を侵略します。それにより、今フランスとなっている全エリアを征服しました(全てかというと、そうではなく、ある小さな村だけは征服されませんでした)。そこに住んでいたのはケルト人で、彼らはイギリスとアイルランドのケルト人と遠縁関係にありました。よって、ガリア人はイギリスとアイルランドのケルト人と似た神を信仰し、似た言葉 – ガリア語を話しました。しかし、ガリア語はすでに、ブリトン語やウェールズ語、 コーンウォール語と似た独自の言語となっており、ケルト語とは違いがありました。ケルト語は後に、マン島語、スコットランド語、アイルランド・ゲール語へと派生します。 ガリア語は、今フランスとなっている領土の大部分で話されていました。ただし、アキテーヌ地域圏は例外で、バスク語の前身となる言語が話されていました。 フランス語に残っているガリア語はほんのわずかで(150-180語程度+派生語)、ほぼ全てがラテン語が語源となっています。かわいそうなガリア人。 一方、セーヌ川沿いにある、ガリアの最大都市ルテティアは今も健在で、パリのように栄えています。 3.フランス最初の王朝は一夫多妻制だった ローマ帝国の崩壊に伴う混乱から、様々なゲルマン民族がヨーロッパ全土を移動し、新しい国を建国しました。その中で最も栄えたのがフランク人で、最盛期にはフランスの大部分と、今のベルギー、オランダ、ドイツの大部分を支配する王国を築き上げました。 フランク王国における最初の王朝はメロヴィング朝でした。この名は、半ば伝説的な人物メロヴィクスにちなんでいます。メロヴィクスの孫、クロヴィス(現代フランス語のルイにあたる)が改宗し、キリスト教徒が存在したものの、フランク王国の王が一夫多妻制を止めるには至りませんでした。 学者たちの間で、この点は議論の的となっています。国王らは今の妻と関係を片付けてから次の妻と結婚した、と主張する学者もいます。しかし、王が二人目の女性と結婚した後も、最初の王妃の名が言及される文献が多いことから、王室では一夫多妻制であった可能性が強いと言えます。カール大帝が一夫多妻制を禁じるまで、この慣行は続けられました。 また、王家の髪に重要性が置かれていました。フランクの王たちは長くたなびく髪をしていましたが、これは王家の力を体現するものだと考えられていました。 4.ヴェルサイユ宮殿には入浴室とトイレがあった 「フランスの歴史に関する面白い事実」を検索すると、17世紀のフランス国王ルイ14世の時代のフランス宮廷は臭かったという情報が見つかるはずです。ルイ14世は、パリから少し離れた土地に新たにヴェルサイユ宮殿を建設します。これは、ルーヴル暮らしの幼少期に恐れたパリの暴徒を避けるのと、できる限り多くの貴族を監視するためだったと言われています。フランスでは、最大数の人が訪れる名所の一つとなっています。 新しい行政上の中心となったその宮殿はとても壮麗でしたが、衛生ではありませんでした。体を洗わない人や、尿、便が宮殿や庭園に溢れて臭かったという事実を、実際に目撃した人が書いています。 しかし、ヴェルサイユ宮殿にトイレはあったのです。 当時の人々が毎日入浴しなかったというのは本当です。水に長いこと浸かると、病気が感染すると信じられていたからです。しかし、水や香水で少し濡らしたタオルを使って体を洗うことは適切だと考えられていました。香水には衛生性に優れたアルコールが含まれています。入浴は娯楽とされ、フランス国王は自分用の浴室と、宮廷で使えるよう公共トイレを設けました。 [caption id="attachment_31051" align="alignnone" width="700"] ルイ14世によるヴェルサイユ宮殿建設時、衛生問題は大きな懸念で、公共トイレ、浴室、下水道が設けられた。写真提供:Jose Losada Foto(VisualHunt.com)[/caption] よって、廊下で用を足す必要はなかったのです。ヴェルサイユには300人に対応する公共トイレがあったからです。客人は召使いに合図し、主人用のトイレの椅子を持ってくるよう指示することができました。 水が流れる最初のトイレが設置されたのは1727年。パイプを通して汚水と汚物が宮殿の外、周辺の沼地へ流されました。 では、ヴェルサイユ宮殿が臭かったのはなぜか?大きな催しでは、人々は王を目にしたいがために自分の座席(場所)を取られてしまうのが嫌で、トイレを我慢していたのかもしれません。もしくは、客人がそれらの施設について知らなかったのか。また、汚物を排出する適切な方法があるとしても、全員がそれを実践したとは限りませんよね。 フランスを訪れたら、ヴェルサイユ宮殿をぜひとも訪れ、マリー・アントワネットが暮らした場所を見てみましょう。もう一つの観光名所、ロワール渓谷の古城も見ものですが、全く景観が異なります。 5.世界中にフランス語の学校がある フランス人は、フランス語は今も「リンガ・フランカ」であると考えたがります。リンガ・フランカとは、異なる国の人の意思疎通に使われる言語です。残念ながらフランス語はもうリンガ・フランカではありません。しかし、フランス語を話す人は世界中に驚くほど多く散らばっているのです。フランス語を母国語とする国や、フランス語が公用語の一つとなっている国の人はフランス語を話します。また、フランス語の外交官や、フランス経済に関わる多国籍大企業の社員(特に出張する人)はフランス語を話します。イギリスのチャンネル諸島にすら、フランス語を話す小さな領土があります。 そこで、フランス政府は、マルティニークやグアドループ、フランス領ギアナ、その他のアフリカ諸国といった植民地やフランス領土だけでなく、世界中のほぼすべての主要都市に、フランス語で授業が行われるフランス語学校の設立を開始しました。Lycées Français(フランス学園)と、その他のインターナショナルスクールの違いは、前者はフランスのカリキュラムに従っているという点です。よって、フランス人の海外駐在員が都市から都市へと移って勤務した後フランスに戻っても、我が子が、授業を飛ばすことになったり一年間同じカリキュラムを繰り返したり、といったことがなくなりました。 このような理由で、このフランス語の学校制度は、他の外交官(国連関係者など)や、定期的に都市を移動する人などにとても人気があります。 6.フレンチトーストは、古くなったパンを生かす方法だった 「フレンチ」と名の付いた多くのものは、フランス語ではありません(英語で「フレンチブレイド」と呼ばれる三つ編みの一種は、フランス語では「natte Africaine」と呼ばれる)。しかし、他国で人気のフレンチトーストは、フランスでもとても人気があります。この伝統的なフランスの料理は、「pain perdu(失われたパン)」と呼ばれます。食べられないほど固くなったパンを蘇らせるシンプルな方法だったので、「回復されたパン」と呼ぶこともできたでしょう。フランスでは貧しい家庭でも、少なくとも牛乳と卵は手に入れることができたので、それらの材料を混ぜた中に固くなったパンを浸して柔らかくし、焼いてから、バターやはちみつを添えて食べるようになりました。 カタツムリ(エスカルゴ)やカエルの足はフランス料理に使われていますが、誰もが食べるわけではありません。フォアグラはパリ祭(フランスの国民の祝日)などの祝祭日に食べます。そんな中、フレンチトーストは、クロワッサンほど人気はないものの、フランスの基本的な朝食の一つです。 7.エッフェルは、エッフェル塔の最上階に自分用の「秘密」のアパートを作った ギュスターヴ・エッフェルは、1889年の万国博覧会のために首都パリに元祖鉄製の塔を建てたことでよく知られます。彼は、自由の女神像が真っ直ぐ立つように鉄の骨組みを製作し、その記念碑建造プロジェクトの指揮をとった人物です。 フランス文化を代表する記念碑の一つとなっているエッフェル塔(凱旋門、ルーブル美術館のピラミッド、フランスのチーズやワインに並ぶ)は、もとは20年後に取り壊される予定でしたが、エッフェルは来客を迎え入れるのに塔の中に自分専用のアパートがあれば良いのでは、と考えました。その来客とは主に科学者や有識者でした(アパートの中に、専用のミニチュアラボもあった)。彼は、何千フランもの値段で貸し出してほしいという申し出を受けても、決して貸す出すことはなかったと言われています。 このアパートは、三階プラットフォームにあり、現在は公開されています。観光客は快適な部屋に置かれたエッフェルとトーマス・エジソン(大事な客人の一人だった)のワックス像を見ることができます。 8.パリのオペラ座では、トラウトとハチを飼育している 秘密のアパートといえば…オペラ座の怪人を見たり読んだりしたことのある人だったら、パリの有名なガルニエ宮の地下室に地底湖があることは知っているかもしれません。ただし、その湖は本物で、トラウトの飼育に使われてきたということは知らないでしょう。 オペラ劇場は重厚な造りであるため、建設には適切な土台が必要となります。しかし、パリのオペラ座の地域は水面が高く、高価な小道具や衣装、背景幕などを保管していた地下室が水浸しになることが頻繁にありました。ですから、建築家が敢えてこの建物を浸水している状態にしたわけです。丈夫な石製の柱で支えられた大きなアーチ型天井のエリアは、水面が高い時には水が貯まり、その上に、物を保管するための地下室が設けられました。悲しいかな、顔の歪んだ男がかつて暮らし恐ろしい曲を書いた秘密のアパートはありません。しかし、その怪人ボックス席(5番ボックス)を借りて、国際的に評価される舞台を見ることができます。 [caption id="attachment_31053" align="alignnone" width="700"] ガルニエ宮の土台部分にある貯水池への入り口。ガストン・ルルーはここをオペラ座の怪人の舞台とした。出典:FR (Own work) via Wikimedia Commons[/caption] トラウトがその湖に飼育されていた時期もありました。今は違うようですが、屋根には今もハチの巣があり、オペラ座のギフトショップでそのハチミツを買うことができます。フランスを訪問するなら、ぜひガルニエ宮を見に行くことをオススメします。ツアーには貯水池の見学は含まれていませんが、大抵の場合衣装展示があり、建築も壮観です。 9.インドの一部の地域ではフランス語が話されている フランスの歴史と植民地支配についてご存知でしょうか?そうであれば、アフリカや、カリブ海の諸島(また、カナダのケベック)などではフランス語が話されていると予想できます。けれど、インドはイギリスの支配下に置かれていたはずですよね。 それは、そうなのですが…インドのムガル帝国が崩壊し、お茶と綿による利益が期待できたことから、ヨーロッパの強国は、支配を試みました。その強国には、イギリス、オランダ、そしてフランスも含まれていました。この時インド人はというと、各地域の支配者がムガル帝国の正当な継承者の座を主張して争っていました。これにより、強国によるインド支配は妨げられるとともに、促進されてもいました。インドでは争いにより国内の力が弱まっていたため、目の前で金(ゴールド)をオファーしてくれるヨーロッパの使節や、ヨーロッパ陸軍の増員を受け入れることになったからです。 インドでの戦いは、インドの王家間の戦いだけではなくヨーロッパの強国同士の戦いでもあったのです。ウェルズリー(後のウェリントン公爵)は、この戦いの中で、初めて戦略的な経験を積むことになります。その混乱の中、イギリスが大半の勝利を収め、フランスはなんとか現在のポンディシェリとチャンダンナガルの地域を獲得・支配しました。 脱支配化の動きの中で、これら二つの地域は独立に伴いインドに譲渡されましたが、これらの二つの県では今もフランス語が公用語とされています。 10.フランス国旗は王家を讃えたものである フランス革命で最初にトリコロール(青、白、赤の花形帽章。後にフランスの国旗となる)が身につけられたとき、それは全く革命(画期)的な色ではありませんでした。 この最初の花形帽章は、パリ市の旗の色である青と赤だけでできていました。ラファイエット侯爵が、王家を象徴する白を加えることを提案しました。実際、王家の紋章には、過去のフランス国旗によく使われた青、白、赤の三色が採用されていました。 [caption id="attachment_31055" align="alignnone" width="700"] フランス国旗の赤、白、青はよくある色で、革命(画期)的ではない。写真:VisualHunt.com[/caption] 「à bas les...
フランス語を話す30の国
フランス語を話す国って? 「リンガ・フランカ」という言葉を聞いたことがありますか?これは、共通語を意味し、多くの人々に話されているために通商語として受容されている言語のことです。今日のリンガ・フランカは英語です。 しかし、リンガ・フランカは実は「フランス語」を意味するのです。 イギリス帝国について多く語られる一方で、フランスも顕著な植民地帝国を築いたという事実は忘れられがちです。アフリカと南アメリカの一部、オセアニア諸島などが主でしたが、当時は、広範な地域を占めていたため、他国の人との会議に用いられた言語はフランス語だったのです。 ここでは歴史の話は後にして、フランス語とその学習法について見ていきましょう。 フランスとその言語についての面白い事実もチェック。 フランス語を話すために 周知の通り、フランス語はラテン語から派生したロマンス語です。よって、フランス語の単語の多くは、ロマンス諸語(いわゆるヨーロッパの方言)との近似性が見られます。英語はその特色の多くが共有されていませんが、今もいくつかの英単語と表現はフランス語が起源となっています。ですので、英語話者がフランス語を学ぶのは比較的簡単です。 よく使われるフランス語のフレーズ「déjà vu」「je ne sais pas’」「‘c’est la vie’」なども、英語の会話でよく使われています。 「tion’」や「sion’」で終わるフランス語の単語は、英語のスペルとほぼ全く同じで、その意味することも大抵同じ。学習者には嬉しいことです。 フランス語を学ぶのであれば、ジェンダー、動詞の活用、鼻音の発音を理解する必要があります。また、いくつかの母音にはアクセントがあり、よく使われる動詞には「不規則」に分類されるものがあります。実際、深く学べば学ぶほど、すべての動詞の活用のきまりには例外があることがわかります。 以下は、最も一般的な動詞です。 être – ~である、~になる avoir – ~を持っている、~を手にする aller – 行く・進む venir – 来る フランス語を学べば、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、カタルーニャ語などの他の言語の習得が楽になります。 フランス語を話す国(ヨーロッパ) フランス語話者と言われると、パリやバケット、こじんまりとしたカフェ、石造りの家…などと、六角形をした国土フランスを想像します。しかし、ヨーロッパには他にもフランス語を公用語としている場所があるのです。 ベルギー ベルギーは、オランダが現在のオランダ、ベルギー、ルクセンブルクに分割された1839年にようやく独立しました。これは、オランダがフランスから脱した1814年後まもなくのことです(オランダはフランス革命後フランスの一部となった)。 この地域はその歴史の大部分で、様々な権力がゆらいで存在し、人々はオランダ語、フランス語、ドイツ語を混ぜて話していました。 ベルギーは北のオランダ語圏(フランダース)と、南のフランス語圏(ワロン)に分かれます。オランダ語とフランス語の両方が公用語とされています。 ベルギーで話されるフランス語は、フランスで話されるものとよく似ており、バリエーションは数えるほどしか存在しません。最も顕著な違いは、80と90の数え方。ベルギーでは octante と nonante ですが、フランスでは quatre-vingts、quatre-vingt-dix と数えます。ベルギーは、タンタンのクリエイターであるエルジェ、そしてフライドポテトが生まれた地です。 ルクセンブルク ドイツ、フランス、ベルギーに隣接するルクセンブルクは、ヨーロッパに存在するいくつかの小さな主権国家の一つで、576,249人の人口を抱えています。 ルクセンブルクには、西暦963年に遡る長い歴史があります。ルクセンブルクは広大な領土を支配していたことがあります。その領土はしばらくの間、神聖ローマ帝国にあたり、何人もの皇帝がこの地から生まれました。やがてオランダの一部となった後、ベルギーの統治下に置かれます。1839年のベルギーでの反乱の間、ルクセンブルク大公国は独立国となります。 ルクセンブルクの公用語は、フランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語(ドイツ語と近い関係にあるのでドイツ語の一方言だと考える人、それ自体で一つの言語だと考える人とがいる)です。ルクセンブルクは、欧州連合の拠点都市の一つになっています。 モナコ モナコ公国は、フランス語を公用語とした2つ目のミニ国家です。地中海沿岸のフレンチリヴィエラ沿いにあり、その君主制のはじまりは13世紀に遡ります。フランス語は、38,400人の住民に話される主要言語となっています。現地の言葉、モナコ語も存在します。 ヨーロッパの残り2つのミニ国家に関しては、リヒテンシュタインではドイツ語が主に話されていますが、アンドラではカタルーニャ語を公用語としながらも、多くの人がフランス語を話します。そして、忘れてはならないのがバチカン。 バチカン バチカンでは、フランス語を話す人口は多くないかもしれませんが、フランス語が外交用の公式言語の一つとなっています。 スイス スイスには3つの公用語があります。フランス語、スイスドイツ語、イタリア語です。スイスは中世の時代から神聖ローマ帝国内で緩やかな連邦制(「盟約者団」)を発達させていました。独立したのは1648年です。 スイスの住民の大部分は二ヶ国語話者です。学校で最低一つ他の言語を学んでいます。フランス語が話される割合が高いのは西部で、約20%のスイス人がフランス語を話します。 イギリスの二つのフランス語のとりで [caption id="attachment_31038" align="alignnone" width="700"] サーク島はガーンジーの一部。住民の一部は今も、ノルマンディーで話されるフランス語方言の変種を話す。写真提供:James.Stringer(VisualHunt.com)[/caption] フランスの近く、チャンネル諸島のガーンジーおよびジャージーでは多くの人がフランス語を話します。ノルマンディー沿岸近くのイギリス王室属領で、欧州連合には正式に加盟していません。英語が公用語ですが、サーク島ではノルマン方言(ノルマンディーで話されるフランス語)であるサーク語が話されています。 フランス語を話す国(アフリカ) フランスの歴史において、植民地拡大には2つの波がありました。最初の波は、南北アメリカ大陸での植民地化です。しかし、フランス革命の余波とナポレオンの財政的な必要性から、その多くは手放されました。第二の波が起きたのは、その後しばらく経った1830年。しかし、世界で最も大きな植民地化の動きの一つとなりました。 ベトナムとアルジェリアでの戦争の後、大部分の植民地は60年代に極めて平和裏に脱植民地化されました。その多くはアフリカ大陸で、今も植民地支配の影響でフランス語が公用語とされている国があります。 西アフリカの植民地 植民地拡大が最盛期だった頃、フランスは、中央アフリカにまで及ぶ北西アフリカの広範な地域を支配していました。1624年に、フランスが今のセネガルの沿岸に商館を設立したことが、すべてのはじまりでした。19世紀になるとフランスは保有地の拡大に取り組み、セネガル川流域を支配し、アラビアガム、ピーナッツ、奴隷の貿易を行います。フランスの奴隷貿易は、ポルトガルやオランダよりは規模の小さいものでした。 以下は、今もフランス語が公用語とされている、あるいは、多くの住民に話されている西アフリカ諸国の一覧です。 ベナン ...
フランスの面白い事実
フランスの国、歴史、言語についての面白い事実 言語は歴史によって形作られますが、フランスの歴史には、興味深い事実がたくさん含まれています。Superprof では、フランスの文化についてできる限りたくさん知ってもらいたいと考えています。 フランス語にまつわる面白い事実 フランス語を学びたくて仕方ない?アリアンスフランセーズや Superprof のレッスンをもう予約しましたか?フランス語についての面白い事実を、以下に並べてみました。 フランスはロマンス語の一種であり、主にラテン語から進化した言語である。 ユリウス・カエサルがガリアを侵略し、ラテン語が行政言語となる前、ガリア人が話していた言語はガリア語であった。 カール大帝は子供のとき、読むことを学ばなかった。大人になってから学び、識字向上のため学校の設立を推し進めた。 中世には、フランス語には主に二つの方言があり、一つはオック語(「Langue d’Oc」-フランス南部のラングドック=ルシヨン地域圏の名前の由来となった)、もう一つはオイル語(Langue d’Oil)であった。これらの言語名は、それら二つの言語において「はい」を意味した。 フランス語で小説を意味する言葉は「roman」。ラテン語ではなくフランス語(「Roman」とも呼ばれる)で書かれた最初の本で、騎士道と冒険の物語であった。 フランス語と現地の言語の文法と語彙を合わせたフランスのピジン言語は、「クレオール」と呼ばれる。マルティニーク、グアドループ、フランス領ギアナ、アフリカ諸国で話されているクレオールがある。 最初のフランス語辞書は1606年、最初の文法書は1531年ににさかのぼる。 [caption id="attachment_31022" align="alignnone" width="678"] 著名な像「瀕死のガリア人」は、ガリア語を話したはず。フランス語は主にラテン語から進化した。写真提供:Xuan Che(Visual hunt)[/caption] 歴史:王国、フランス共和政、帝国と植民地支配 フランク王国 ローマ帝国の崩壊に伴い、ゲルマン民族がヨーロッパ全土に新たな国家を設立しました。その民族の一つが、メロヴィング朝が支配するフランク族でした。フランク王国最初の正式な王はおそらくキルデリク1世でしょう。彼は、メロヴィング朝の伝説上の創設者の息子とされています。キルデリクの息子クロヴィスは496年にカトリックに改宗したことでよく知られます。 メロヴィング朝に続いたのはカロリング王朝で、事実上初のフランス帝国となりました。ただし、当時は帝国とは呼ばれていませんでした。カロリング王朝の下、フランク族はヨーロッパ本土の大部分に力を及ぼし、東はバルト三国、北はデンマークとの国境、南西はスペインを除く全土を支配しました。 フランスを支配した最後の王朝は、ブルモン家でした。987年に即位したカペー家の分家であるブルモン家が、1589年に即位しました。 共和政、総裁政府、統領政府 革命後の1792年に明確な計画があったアメリカとは違い、フランスはよろめきながら民主主義へと進んでいきます。民衆が人民評議会での十分な代表権を求めると同時に、貧困とインフレに対する不満を抱いたことから生じた数々の暴動は、マラーやロベスピエールのような扇動家をリーダーとしたバスティーユ牢獄の襲撃へと急速に展開。それらの扇動家らは、フランス革命中にフランス民衆を駆り立て、自由に反対する人々の迫害を扇りました(「自由に反対する」という曖昧な概念により、ギロチンで多くの人が死刑にされた)。 最初、フランスは立憲君主制を目指していました。ルイ16世をベルサイユ宮殿からパリのルーブルへ移動させ監視を強めましたが、彼は妻のマリー・アントワネットとオーストリアへ脱出しようとして信頼を裏切り、ギロチンにかけられ処刑されました。 その後、総裁政府が設立されますが、ほとんど機能せず。そこで、ナポレオン・ボナパルトが登場し、クーデターを扇動し、3人の連合政治を樹立。第一執政官となります。 最初の帝国 政治的な動きの中で、ナポレオンは選挙を実施。コルシカ出身の若い少将ナポレオン1世を初の正式な皇帝として、フランスを帝国とすることがほぼ満場一致で決定されます(この時点ですでに総裁政府は、イタリア侵略、ベルギーとオランダをの併合に勤しんでいた)。 [caption id="attachment_31024" align="alignnone" width="700"] ナポレオン・ボナペルトは、イギリスではとても嫌われている人物。しかしフランスでは、征服地域で人を低質に扱ったにも関わらず、彼のビジョンが称賛されている。写真提供:Onasill ~ Bill Badzo(Visual hunt)[/caption] ナポレオンは膨張主義を継続し、ドイツ南部を併合し、イタリアでも軍事を推し進めることになります。それまで同盟国だったロシアの援助を受け、ナポレオンはスペインを侵略します。 そこで最終的にウェルズリー少将により撃退を強いられる一方、ロシアと、プロイセン率いる対抗同盟により、1814年に敗北することになります。 フランス第二帝政 フランスはまだ目指すべき方向性が定まらず、再び王政が返り咲きます。ルイ16世の弟ルイ18世が立憲君主として即位。しかし、コルシカ島出身のあのナポレオン・ボナパルトがまもなく力を取り戻したことにより、治世が乱れることに。ナポレオンはワーテルローの戦いで破れ、セントヘレナ島に流されました。 その後二度の王制(シャルル10世、ルイ・フィリップ)の後、フランスは共和政に戻ります。ナポレオンの甥であるルイ=ナポレオンが最初のフランス大統領に選出されます。 残念ながらこの新しい体制では、第二期任務に向けた立候補ができなかったため、彼は自らを皇帝であると宣言します。 フランスは今、第五共和政が続いています。 植民地支配の栄枯盛衰 17世紀におきた植民地化の最初の波は、北アメリカ(ケベックとルイジアナを含むヌーベルフランス)、南アメリカ(カリブ海地域、フランス領ギアナ)、そして、インド貿易の中継地とするためのマダガスカル周辺の島々を中心としており、限定的ではありましたがフランスはインドにも入植しました。 戦争と不利な条約の締結が重なり、フランスの植民地は激減しましたが、セーシェルなどはナポレオン戦争後も領有権が保持されました。 [caption id="attachment_31026" align="alignnone" width="668"]...