アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

楽しみながら
中国語を学びましょう!

作成者 Yuki、公開日 28/03/2019 Blog > 言語 > 中国語 > ビデオを使って中国語を学習する方法
コンテンツ

私が学生だったときに、コンピューターで(それか私の携帯電話で)ビデオを見るだけで語学レッスンを受けることができると教えてもらっていたら、ベッドから喜んでビデオレッスンを受けていたことでしょう!高速インターネット、モバイルアプリ、デジタルツールの登場により、学校でも家庭でも、言語の習得方法が様変わりしました。

これは、教室で先生から教えてもらう必要がもうなくなったわけではありません。実際、教師や家庭教師から言語を教えてもらうのは、依然として言語を習得する最も効果的な方法の1つです。Superprofを用いて、日本中のプライベート中国語レッスン(東京で中国語を教えている先生を含む)を見つけてください。

さらに、中国語の学習はかなり複雑になる可能性があり、言語を学んでいるときに壁にぶつかっても誰も助けてくれる人がいないと、意気消沈してしまいます。

そこで、Googleで「中国語 学習」を検索するのをやめて、この記事でまとめられている中国語のレッスンピッタリなビデオをチェックしてみましょう。

中国語を学ぶためのYouTubeと教育チャンネル

「無知の知(本当の知は自分の無知の程度を知ることだ)」
中国のことわざ

中国語のレッスンを受けることはよく旅にたとえられます。その旅では、文法、声調と文字の習得状況が、学習進度を測るマイルストーンです。中国語が日本語とどれほど違うのかを考えたとき、中国語を話すことがどれほど複雑になるかと考えを巡らせて気持ちが沈んでしまうかもしれません。けれども心配する必要はありません。過去におびただしい数の人が中国語を学んできて、克服してきているのですから!

中国語のアプリやオンラインビデオのように、中国語を楽しく、面白く、そしてとっても簡単にしてくれるリソースがたくさんあることを忘れないでください。YouTubeが教科書に取って代わったように思われるかもしれませんが、教科書がすべてお蔵入りするまではいかないでしょう!

カフェ タブレット端末 中国語の単語は1つまたは複数の文字で構成できます。(ソース:Photo Mix)

中国語圏の政治的および経済的な影響力の高まりのため、現在、中国語を学ぶことに対する需要は信じられないほど高くなっています。YouTubeには、中国語を話す人の数とほとんど同じぐらいの数の中国語チャンネルがあります。

中国語、中国語の書き方、そして漢字を学び始めたばかりの人にとっては、中国語のクラスに出席しなくても、YouTubeのビデオが大いに役に立つでしょう。正式な試験の準備をしている人、リスニングの理解力や筆記力を向上させたい人、単に趣味で言語を勉強したい人も、YouTubeのような動画サイトを使って色々な方法で中国語を練習できます

ビデオを通して学べるようにした「eラーニング」(これは基本的にオンライン学習を意味します)のウェブサイトにも、コースがたくさんあります。

またeラーニングでは、動画にコメントを残したり、オンラインコースの運営者に連絡したり、ソーシャルメディアチャネルを介して連絡したり、メールを送信したりして、他の学習者や先生と交流することもできます

次に、中国語学習にぴったりのチャンネルをいくつか紹介するので、チェックしてみてください。

  • Learn Chinese with Emma(エマと中国語を勉強しよう):エマのオンライン中国語レッスンは非常によくできており、完全な初心者と上級者のどちらも対象にしています。ほとんどのビデオは英語でできていますが、完全に中国語で収録されたセクションもあります。けれどもそういったセクションには分かりやすい字幕が付いているので心配ご無用です。
  • Chinese with Mike(マイクと一緒に中国語):マイクのレッスンはいつもくだけています。けれども学ぶのに向いていないわけではありません。楽しみながら中国語を学べる素晴らしいビデオです。ビデオはそれぞれ10分から15分の長さで、学習者が無理なくついてこれるペースで進みます。マイク先生(Mike老子)の授業で退屈することはないでしょう。
  • Yoyo Chinese: Yoyo Chineseのホスト、ヤンヤン・チェン(程秧秧)はロサンゼルス在住で、英語、北京語、広東語が堪能です。チャンネルでのレッスンに加えて、他の中国のネイティブスピーカーとのインタビューや、彼女が行ったGoogleハングアウトのライブレッスンを収録したものもあります

中国語を学習するのにお勧めのオンラインリソースを見つけてみてください!

中国映画

映画を見ることは、特に発音やリスニングのスキルが非常に重要である中国語などの言語で、そのスキル向上に抜群の威力を発揮します。

本を読んで文章、読解力、構文や文章スタイルを向上させるのと同じように、中国映画(中国語の字幕が付いている場合もあります)を鑑賞すると、聴解力、発音や一般的なスキルを向上させるのに役立ちます。

オフィス風景 映画を見ると、聴解力向上にとっても役立つでしょう。(ソース:startupstockphotos.com

一度に約2時間、中国語の発音を聞くことに集中し続けると、聴解力を効果的に向上させることができます。さらに、映画を観ることは、中国文化や中国語会話のシャワーを浴びられる素晴らしい方法です。けれども、ストリーミングサイトに真っ先に向かうのは、ちょっと待ってください。

ほとんどの映画作品は香港で制作されているので、世界で視聴できる映画の多くは実際には広東語になるでしょう。広東語学習者には素晴らしい教材になるでしょうが、北京語を学んでいるならあまり役に立たないでしょう。そのため、下調べを行うことなしに、中国の映画をストリーミング配信しているウェブサイトに直接アクセスしても、かじったこともない広東語の映画に行き着くことになるでしょう。北京語の会話力を高めたい場合は、中国本土または台湾の映画を探すとよいでしょう。

でも、頭を抱えないでください!ますます多くの北京語の映画が上映されるようになってきていて、その世界発信の勢いは万里の長城をもってしても阻むことはできません。

中国の監督や脚本家も非常にクリエイティブで、その映画は見慣れた西洋や日本の映画のタイプとは一味も二味も違うものを提供してくれます。映画好きであれば、何かしらのお気に入り映画があることでしょう!

次に、お勧めの映画をいくつか取り上げます。

  • 图腾(邦題:神なるオオカミ)(2015):このフランスと中国の合作映画は、内モンゴルに送られて羊飼いを始めた中国人学生の物語で、中国の小説を題材にしています。
  • 武俠:伏龍・臥龍と同じ流れをくむこの歴史的なカンフー映画は、印象的な戦闘と空中アクロバットのシーンでいっぱいです。勉強のやる気を起こさせるのに最適です!
  • 人再囧途之泰囧(邦題:ロスト・イン・タイ):「ハングオーバー!」の中国語版のようなこの映画は、アクションとコメディーをうまく組み合わせています。中国語で会話する部分では、聴解力が試されます。中国語学習者にとっては、大きな試練になることでしょう。
  • 催眠大(2014):この映画は、「バタフライ・エフェクト」か「インセプション」のどちらかが好きな人にピッタリな中国のミステリースリラーで、恐怖で頭をかきむしることになるかもしれません。この映画は、狂気じみた要素と内省的な対話のシーンがあり、リスニングの理解力とスピーキングスキルを向上させたい人に恰好の題材になることでしょう。

こちらの素晴らしい中国語の本も読んでみてください。

中国語アニメ

どの世代も、成長していく過程で見たアニメには思い入れがあるものです。土曜日の朝に見たアニメ、学校から帰ってきてお茶を飲みながら見たアニメなど、すべてのアニメはそれが制作された時代を思い起こさせてくれます

ヒカルの碁』でも、『テニスの王子様』でも、はたまた『名探偵コナン』を見て育った人でも、アニメは子供時代を思い出させ、良い思い出を蘇らせてくれます。

おしゃれなオフィス風景 中国語を学ぶために本当にお金を使う必要があるでしょうか?(ソース:pixabay.com)

日本のアニメが西洋文化に浸透した一方で、中国はまだ『鋼の錬金術師』、『DEATH NOTE』や『カウボーイビバップ』のようにヒットするようなアニメを排出できていません。

アニメで話す中国語が子供向けのものであろうと、中国の街で大人同士の会話で聴く会話と違っていても、関係ありません。アニメは、楽しく、教育的で、中国語を磨くパワフルな方法になるからです。特に発音は世界の大学で中国語の授業で教えているようなものではありませんが、それでも中国語と漢字の理解を深めるのに役立ちます。

中国では、ニュース、漫画や広告には、1956年以来中国の公用語となっている普通話(プートンファ)の字幕が付けられています。これは、中国には広東語や呉語のような様々な中国語や方言を話す人たちがたくさんいるためです。

中国語の普通話はテレビで使う言語とされており、実際、人口の約70~80%に相当する約8億人の人が使う共通の基礎的な言語です。

中国はまた、子供を守るため、暴力的または性的なアニメ、テロ行為を促進するようなアニメなど、29種類のアニメを禁止しています。中国のチャンネルは検閲に加えて、中国で制作されたものを優先しなければなりません。日本のラジオで日本の音楽が優先されるのと同じですね。

次にあげるのは、チェックしてみる価値がある中国の古典的なアニメです。

  • 西遊記- 孫悟空の伝説を描いたこの1999年のアニメは、小説『西遊記』を基に制作されました。日本のアニメ『ドラゴンボール』も『西遊記』からインスピレーションを得ています。
  • 蔵羚王
  • 天眼伝奇
  • 西游記之大聖帰来
  • 黑猫警长之翡翠之星
  • 梁山伯と祝英台
  • 闪闪的红星 孩子的天空
  • 三国志

ロシアの漫画(『マーシャと熊』など)も中国で高い人気を誇っています。

おそらくこれは共産主義を介して二国間で歴史を共有していること、あるいはお互いの国が近いことによるのかもしれません。

また、これらのアプリを使って中国語学習ゲームを楽しんでみるのもお勧めです。

中国のテレビドラマ

中国が持つ日本への文化的影響について語るとき、エコノミストは「ソフトパワー」という用語を使ってそれを説明する傾向があります。これは、中国が軍事力ではなくその文化を活かして、近隣の国々の人たちに影響を与えることを意味します。

テレビに関しては、中国は毎年何千ものテレビドラマを生産し(年間約3万話が作られ、テレビドラマの世界の一大産地となっています)、中国では非常に人気があるのですが、世界に向けた発信力という点ではインパクトが低いようです。

日本ではほとんど知られていないようなものでも、中国で制作されたテレビドラマやテレビ向け映画には、何千万もの視聴者が鑑賞しているものも多くあります。人口が13億人もいる国なので、不思議ではないですね。自宅でくつろぎながら言語と文化を学ぶことができるなんて、本当に素晴らしいですね!東京でも大阪でも、お住まいの地域の中国語クラスを是非受けてみてください。

明や清に始まり、非常に人気のある漢王朝まで、中国文化と切っても切り離せない中国の伝説に関するシリーズがあります。

パソコン、タブレット、スマホ どのデバイスを使っていようと、中国語と中国文化について学ぶチャンスはたくさんあります。(ソース:pixabay.com)

中国の今の社会現象に焦点を当てた、より近代的なストーリーもあります。これらのシリーズは、日本の大河ドラマ9のドラマなど、日本で親しまれているドラマシリーズとはあまり似ていません。実際、中国文化の懐の深さから、西洋のコンセプトが入り込む余地はごくわずかしかありません。

そのため、言語の理解を深めるだけでなく、中国のテレビや映画を鑑賞することも、中国文化の理解を深めるための素晴らしい方法です

もちろん、格闘技が大好きな人には、カンフーのレジェンドの中国の伝記的なTVシリーズ、「ブルース・リー」があります。このシリーズは、ブルース・リーに対する海外の観点の影響を受けることなく、中国の観点から世界で最も強い男のストーリーをカバーしています。

新しい言語を学ぶためにメディアを使うことは、標準的な中国語を学ぶための一番の方法で、意図的に中国語オンリーの環境を作り出す素晴らしい方法です。中国に行くことができないのなら、メディアを通して見たり聞いたりするものがすべて中国語の情報源からのものになるようにしたり、中国語のレッスンを受けたり、中国語をオンラインで学習するリソースを見つけたりすることが次善策です。中国語の先生からおススメを聞き出すこともお忘れなく!

レッスンを補完するための教科書を探していたり、読書が大好きだったりする人は、中国語を学ぶのにピッタリな本を手に取ってみてください。

中国語の学習に最適なツールも是非探してみてください。

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar