フォトジャーナリズムでの活躍が有名なニュースレポーター、ストリートフォトグラファー、スターの撮影を担当する著名なファッションフォトグラファー。キャリアとしての写真の魅力を高めるプロのカメラマンはたくさんいます。

写真機材が容易に利用できるようになり、ソーシャルメディアが人気を博したことにより、かつてないほど簡単に美しい写真を撮ってシェアできるようになりました。

ツールや編集ソフトウェアを簡単に使えるようになったことから、正式な写真のトレーニングを受けていなくても誰もが「カメラマンです」「写真家です」などと自称できるようになりました。

では、プロの写真家になるには写真のクラスを受講する必要があるのでしょうか?

写真のコース受講― 本当に必要?

当然ながらプロの写真家は、写真の美的要素に関心を持つだけでなく、撮影術や写真技術についてよく理解していなければなりません。

プロの写真家にとって写真はただのアートでではなく、そのアートをマスターするのに必要なあらゆる作業、経験、学びを含む一つの分野なのです。

本当のプロ、あるいは、素人のフォトグラファーでも、Adobe Photoshop Lightroom などのソフトウェアを使ってレタッチされた写真と、撮影時のテクニックにより効果的に写された写真とを見分けることができます。

山と古城を撮る女性
本当にうまくなりたいなら、練習は不可欠。(出典:Visualhunt)

今後写真のビジネスを開業したいと考えている新人フォトグラファーがそういった特徴を見分けられるようになるには、多くの練習を重ね芸術的視点を磨く必要があります。

Aquira/アキラ
Aquira/アキラ
Prof de 写真
5.00 5.00 (1) ¥6000/h
初回レッスン無料!
Yuta
Yuta
Prof de 写真
0.00 0.00 (0) ¥3000/h
初回レッスン無料!
Yamazoe
Yamazoe
Prof de 写真
5.00 5.00 (1) ¥5000/h
初回レッスン無料!
八木
八木
Prof de 写真
0.00 0.00 (0) ¥2500/h
初回レッスン無料!
Otaki
Otaki
Prof de 写真
0.00 0.00 (0) ¥2000/h
初回レッスン無料!
Mura
Mura
Prof de 写真
0.00 0.00 (0) ¥4000/h
初回レッスン無料!
田中
田中
Prof de 写真
0.00 0.00 (0) ¥2000/h
初回レッスン無料!
真早流
真早流
Prof de 写真
0.00 0.00 (0) ¥2000/h
初回レッスン無料!

写真家になるための資格とは?

他の職業と同様に、写真でキャリアを積んでいくにはいくつかの方法があります。

中学高校、大学、専門学校に通う人、あるいは、学校を辞めて就職した人。各個人のレベルに合った写真のコースが提供されています。

写真のレッスンやコースはそれぞれ期間も様々で、特定のスタイルや一定のゴールにフォーカスしているクラスもあります。よって、個人的な興味に合わせて数ある選択肢の中から選ぶことができるのです。

まず、受けたいレッスンの期間(長さ)や指導のレベル、そして、受講後にどの程度の専門性を身につけたいのかを考える必要があります。また、最終的なゴールに近づくために、その受講がどのように役立つのかを考えてみることが大切です。メリットは無限大!

キャリア充実に役立ついくつかの資格を、以下にご紹介します。

  • オンラインのフォトレッスン

「オンラインでの東京のフォトレッスン」とGoogle 検索すれば、あらゆるレベル、関心、予算に合った写真のレッスンが見つかるはずです。

遠隔指導は、自分のスケジュールに合わせて受けることができ便利です。Lyndaなどのサイトでは、フォトショップの使い方など特定のスキルについて学べるチュートリアルが公開されています。

  • フォトマスター検定

日本にもいくつかの写真関連の検定があります。

例えば、フォトマスター検定事務局が実施するフォトマスター検定があります。

フォトマスター検定、通称「フォト検」は、3級、2級、準1級、1級の4階級と、1級合格者のみ受験できる認定コース「EX」で構成されています。試験は全国各地で開催されています。出題形式は、正誤問題、多肢択一問題をはじめ、別紙図版用紙に示された写真・図等を見ながら解答する実践問題もあります。内容は、撮影方法、レンズ等の光学問題、露出の決定方法、ライティング、被写体観覧知識、関連法規、写真史など多岐にわたります。

  • 写真を学べる大学・専門学校

大学や短期大学、専門学校などで写真専門の学科やコースを選ぶことができます。

学校によって、修了に必要な年数やフォーカスする内容が異なってきますので、各校のオプションをよく検討しましょう。

オープンキャンパスや体験入学を実施している学校もあります。

キャリアの種類

写真には、多様で幅広い領域が含まれます。

言い換えれば、様々な職種を兼ねています。「カメラマン」「フォトグラファー」「写真家」。こういったシンプルな肩書きだけでは、何のプロなのかは語れません。

美しい風景を撮る
一言で「写真」と言っても、風景写真からフォトジャーナリズムまであらゆるジャンルが含まれる。(出典:Visualhunt)

写真という職業には数えきれないほどの肩書きがあり、それぞれに特有の仕事内容が含まれます。よって、すべてを紹介するのはほぼ不可能ですが、以下にそのいくつかをご紹介します。写真のキャリアを積んでいきたいという人のインスピレーションになりますように。

  • 芸術写真

芸術写真家は、独創性と創造性を持っています。芸術写真では、写実的にではなく独自の抽象的な方法で風景や人を写し出します。

ですから、様々なテクニックをマスターするだけでなく、世界を芸術的視点で見つめ、創造性を発揮することが不可欠です。

しかし、芸術写真は最もお金になる職業ではありません。ですので、多くの芸術写真家は、芸術写真を撮りながらも商業写真やフォトジャーナリズムにも従事して生計を立てています。

  • ポートレイト写真

ポートレイトは、大抵スタジオで個人やグループを被写体として撮影されます。

最近では、誕生日やクリスマスのプレゼントして写真撮影を行うことが増え、ポートレイト撮影がますます人気を高めています。

撮影場所はスタジオに限られず、野外でもよく行われます。(ビーチでの家族の撮影など)

  • フォトジャーナリズム

名前の通り、フォトジャーナリズムは報道写真を手掛ける人のことです。

大抵、ジャーナリストと同じ特権を与えられます。つまり、最新のニュースや事件現場を最初に目にすることができます。フォトジャーナリストは、新聞社やニュース報道機関に雇用されますが、写真の掲載が多い雑誌社で活躍することも多くなっています。

  • イベント撮影

様々なシーンで活躍できる可能性のあるジャンルです。

イベント撮影カメラマンは、結婚式や授賞式などのイベントで撮影を行い、大切な瞬間を写真に残すお手伝いをします。よくあるイベントには、音楽フェス、ナイトクラブのイベント、誕生日パーティーなどがあります。

  • ファッションフォトグラフィー

ファッションフォトグラフィーの世界には、アニー・リーボヴィッツ、ヘルムート・ニュートン、パトリック・デマルシェリエなどたくさんの有名な写真家がいます。

新人ファッションフォトグラファーは、世界で最もよく知られたセレブ、大手ファッションブランドまたは雑誌の撮影を夢見ることでしょう。しかし、そこに伴う責任は大きく、何十年もの経験が必要とされます。

また、高収入のファッションモデルと仕事をすることがすべてではありません。ファッションフォトグラファーの仕事は、モデルが着る服を最大限魅力的に写し出し、デザイナーが顧客を獲得できるようにすることです。

そのため、ファッションフォトグラフィーは、商業写真の一種と捉えることもできます。

写真家になる前に検討したいこと

  • プロの写真家からフィードバックをもらったか?

一人で写真家としてやっていく前に、プロの写真という観点から自分の作品を評価することがとても大切です。写真のプロから、自分のスキルに対するフィードバックやアドバイスをもらうことで、ビジネスを成功させていける可能性が高くなります。

フリーランスのフォトグラファーになりたい場合は特に、適切なビジネススキルを身につけることも必要です。異なる写真業界に対する理解も不可欠です。

フィードバックをもらうには、様々な方法があります。例えば、作品のスタイルを人に見てもらうため、作品展示会を開催することもできるでしょう。

  • 作品を見てもらう方法を理解できているか?

作品を人前に出して見てもらうことで、お客様を獲得できます。

写真自体が物語る場合も多いですが、自分でも言葉で表現する必要があります。

パソコン編集
ウェブサイトを作成すれば、作品を見てもらえ、顧客獲得のチャンスが生まれる。(出典:Visualhunt)

オンラインギャラリーやウェブサイトを立ち上げて作品を掲載すれば、自分のスタイルや技術面のスキルを見てもらうことができます。

  • パートタイムかフルタイムか?

今フルタイムで勤務しているにしろ、学生であるにしろ、キャリアに関係する今の状況により、選択する写真のコースや目指す専門性のレベルが変わってきます。

  • どんなサービスを提供したいのか?

写真のキャリアにおいて、自分の持つ専門性を糧にして入れる世界と、実際に入りたい世界とが大きく異なってしまう場合があります。その場合、さらにトレーニングを受ける必要が出てきます。ただ写真を撮って売りたいだけなら、それをキャリアにすることは可能ですが、ウェディングフォトグラファーになりたいなら、それ相応のトレーニングを受けなければなりません。

写真は美しいもので、他の多くの趣味的活動とは異なり、比較的簡単にキャリアへと転換させることができます。しかし、業界における競争率は高いので覚悟が必要です。写真の仕事はすぐに受注先が見つかってしまうことが多く、本当に成功したいなら、時間とモチベーションが必要になります。

しかし、プロの写真の世界に完全にコミットする前に、知っておくべきことがいくつもあります。例えば、写真技術をマスターしなければ、一人前の写真家となるのは無理です。つまり、様々な種類の写真技術を学んで使用し、写真編集ソフトウェアについて理解し、適切な機材を使えるようになる必要があります。

情熱をキャリアへ転換させたいと願うなら、写真のレッスンを受けるというオプションがあります。

写真のレッスンやコースに登録してみましょう。ビギナーや上級者など今のレベルにかかわらず、プロの指導者のサポートを受けて、写真の知識やスキルを次なるレベルへと高めることができます。

最後に、写真を撮ることに熱い思いがあり、キャリアにしたいなら、今すぐ行動に移しましょう!自分がどんな種類の写真に興味があるのかを考え、コースやレッスンに登録してみましょう。

 

Besoin d'un professeur de 写真 ?

この記事を気に入って頂けましたか?

0.00/5, 0 votes
Loading...

Yuki

Hi :) I like learning new languages and dancing. Let's share knowledge beyond borders!