アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

生物学の勉強:生物学が日常生活に与える影響

生命科学としての生物学を学ぶ大切さ

作成者 Atsushi、公開日 17/09/2019 Blog > アカデミック > 生物学 > 生物学の復習:生物学が日常生活に与える影響

生物学は生命の科学であり、すべての人が自分に関係していることと捉えられるテーマであるため、本当に身を乗り出して打ち込める学問分野です。多くの人が、人類の起源など、ヒトという人種に堪えず興味を抱き続けてきました。生物学では、出産といった生命の不思議を探る一方、薬物などの危険性にも光を当てます。

そのため、生物学は人体、その機能し、そして人の身体を保護する方法について非常に良いレッスンを教えてくれます。生物学を履修する学生は、人体について学ぶだけでなく、環境の中での人間の立ち位置、生物が地球上で生き延びるための互いの依存関係、および捕食者と被食者を階層上に分ける自然の食物連鎖の神秘を紐解きます。

上記の紹介を読んで、生物学のレッスンに食指が動いたら、この記事を読み進めて具体的な中身を探ってみてください!

生物学の研究から期待できること

生物学の学生には多くの実験が待ち受けているので、実地学習を通して実践的なスキルを身につけることができます。学生は、生物学がどのように世の中で作用するかだけでなく、問題解決に科学的な要素をどのように当てはめられるかについても考察するように促されます。

生物学のどの分野で秀でていたとしても、生物学のコースは生物学のコンセプトとなる知識・教養を高め、科学史に残るようなブレークスルーをつぶさに研究するため、さまざまなキャリアにとって有用な素晴らしいテーマです。また、学習しながらためになる科学用語も覚えることができます。

さらに、個人の健康・衛生状態をどのようにケアするか、薬物やアルコール依存の過程で体の一部に何が起きているかなどなど、人生に関する基本的なレッスンを数多く教わることができます。

生物学は、他の科学とともに、健康分野でまたは科学者としてのキャリアを築くための足掛かりになる学問分野ですが、他の多くの職種にも役立ちます。薬剤師、動物園の管理者、微生物学者、その他の多くの専門家は、生物学の研究で学んだことから恩恵を受けることでしょう。

医療系のキャリアを追求する必要はなく、科学の先生になったり、生物学の分野で寄稿する評論家になったりすることもできます。さらに、食物の酵素や発酵について学ぶと、食料や飲料メーカーで勤務する場合に役立ちます。

生物学が日常生活をどう形作っているか

何もあなたは生物学を専攻する学生だったり、その専門的な科学者だったりする必要はありません。生物学など、科学に触れる機会は私たちの身の回りにたくさんあります。多くの人が科学をハイテクな研究所内で発生するものと想像していますが、真実は生物学的プロセスと発見は日々の生活に影響を与え、生きる上で役に立っています。生物学は創造的な芸術とさえリンクしています

まだ信じられない場合は、食料品、清潔な衣服、暖房、その他細菌・微生との共生なくしてどう生きられるかを考えてみてください。そうです、ご想像のとおり、日常生活の一部は、何らかの形で科学のイノベーションの影響を受けています。私たちの日常生活を形作る上で、生物学がどのように役割を果たしているかを具体的に見てみましょう。

食べ物の中の生物学

食べ物は人生に欠かせないものです。欠かせないのは食べ物が美味しいからだけではありません。それが私たちの身体の機能を維持するのを助ける燃料となるからです

ご存知のとおり、他の食品よりも栄養価が高い食品もありますが、買い物かごの中の基本的な食品でさえ、生物学的なプロセスなくしてスーパーの陳列棚に並べられることはなかったでしょう。

たとえば、牛乳とパンを例に取ってみましょう。登校前に朝食を取るとき、シリアルに注ぐミルクがどのようにボトル入りのミルクになるのか、小麦粉が最終的にどのようなプロセスを経てパンになり、バターとジャムを塗り広げて食べるか、フシギに思ったことはありませんか?

ミルクを生産するために、牛は植物を食べなければなりません。写真提供: StoiKNA via Visual Hunt / CC BY-ND

牛が私たちの食事に不可欠なミルクを生産するために、健康を維持し植物を食べなければなりません。これは光合成のプロセスのおかげでもあります。

また、ミルクの生産が生物学から多大な影響を受けていることは言うまでもありません。なぜなら、牛が1日に必要な量の牛乳を生産するためには、少なくとも年に1頭の子牛を産まなければならないからです。乳牛が約3年間ミルクを生み出した後、殺処分され、その肉はお肉屋さんやスーパーで牛肉として店頭出されます。

さらに、生物学的な発酵プロセスは、小麦粉をパン生地にしています。

パン作りの際、パン職人は酵母を使用して、パンが膨らむのに必要な二酸化炭素を生成します。酵母は砂糖を食べる単細胞の微視的真菌あり、パンの製造プロセスやアルコールの醸造プロセスに不可欠です。そのため、この生物工学は、私たちが食べたり飲んだりする方法に大きな影響を与えます。

生物学は家事の仕方を決定する

けれども、細菌の酵素は食物連鎖だけに関与しているのではありません。私たちの毎日の雑用も、たとえばメーカーは洗剤に酵素を入れて洗濯物の垢や汚れを分解するなど、微生物の力を活用しています。

毎日きれいな衣服を着れる贅沢がない生活は想像できますか?科学者が生物学を応用した洗剤を製造する方法を発見するまで、多くの人たちは衣服やシーツにしみ込んだ細菌がすべて撃退されたかどうかわからずに、はるかに効果の低い製品や処方で衣服を洗わなければならなりませんでした。

洗濯用洗剤には、暑い環境での生活に適した酵素が含まれており、この酵素は残した食べ物、汗、泥、草などの汚れや土中のタンパク質、脂肪やデンプンを分解します。

色あせを防いだり、白をより明るく見せたりするために特別な洗剤も開発されており、清潔さには直接影響しませんが、衣服を長持ちさせるのに役立ちます。

生物学は、衣服を清潔に保ち、長持ちさせるのに役立ちます。写真提供:Visualhunt.com

洗濯した物を着ることがとても勉強になるなんて、考えたことがあったでしょうか?これで家事を分担して手伝わない訳にはいきません。家事をすることで、生物学を勉強しているようなものだとわかったのですから!

そのため、次回テレビを見る際、お気に入りのテレビ番組にアタックなどの洗濯用洗剤のCMが流れてきたら、舞台裏では科学者たちが衣服の衛生状態を改善する新しい高度な方法を見つけるために日夜研究に励んでいるんだなと感じることができるでしょう!

生物学が私たちの身体に与える影響

生物工学には、ワクチン、アレルギーの予防接種、感染性病原体の血液ドナーをスクリーニングするテストなど、病気や疾病を予防することで私たちの生活を改善する製品を製造する領域も含まれます。

バイオロジックスとしても知られる生物学的製剤は、さまざまな天然のヒトおよび動物の細胞や微生物から作られているのが一般的です。この手の医薬品の主な利点は、病気や疾病を診断または予防することです。

10代で打つ破傷風、ジフテリア、ポリオという3大疾病から保護するワクチンなど、毎年インフルエンザのワクチンを打っている人は、次回ワクチンを接種する際、健康的な生活を維持するために過去数十年間行われてきた生物学的研究に、感謝の思いを抱くことができるでしょう。

生物学的研究により、保健産業は一般的なインフルエンザワクチンのような病気に対する予防接種を行えるようになりました。写真提供: NHSE via Visualhunt.com / CC BY

生物学は日々の生活に快適さをもたらしてくれる

最後に、ご家庭でどれほど生物学が活躍しているかをご存知でしょうか?再生可能エネルギーの使用はますます増えてきていますが、熱源を供給するために石油や石炭などの化石燃料を燃やし続けています

これらの燃料は数億年前に地球を彩った生物たちの残骸で、時を経て石油、天然ガス、石炭などのエネルギー源に変わりました。ところがこれらの化石燃料から廃棄物として放出される二酸化炭素の危険性の認識の高まりを受けて、現在、太陽光発電などの環境に優しい新しいリソースの調査が進み、屋根にソーラーパネルを設置する人が増えています。

生物学の研究の過程で、生物学の先生は間違いなく家庭内のエネルギー効率について教えてくれることでしょう。従来の熱源が残す大きな環境フットプリントを考慮し、家を建てる人のエネルギー効率への関心が年々高まってきています

暖房用の太陽エネルギー、断熱壁、二重または三重ガラス窓、熱を保持する密閉性の高い空間のおかげで、多くの家屋は現在、エネルギーを消費する代わりにエネルギーを節約して、エネルギーの全体的な無駄使いが少なくなるようにしています。

最も優れた生物学的発見について、もっと探ってみましょう。

高校の生物学の家庭教師を見つけましょう。

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar