一般教科 言語 アート&趣味 音楽 ヘルス&フィットネス
共有

毎日できる!歌声をよくするためのボイストレーニング

投稿者 Nana、公開日 08/06/2019 Blog > 音楽 > > 歌声をよくするために毎日行うボイストレーニング

有名になりたい。人気の歌手になりたい、ハリウッドの音楽業界でスターを目指したい。

そんな夢を抱いている人は少なくないでしょう。テレビやソーシャルメディアが発達したこの時代。才能があって美しい歌声をしていれば、誰でもスターになれるチャンスがあります。インターネットと運に味方されて、世界的に有名になったユーチューバーもいます。今日のポップシンガーの多くが、ソーシャルメディアと YouTube を活用しています。

海外では「ブリテンズ・ゴット・タレント」などのオーディション番組で有名になった歌手が多くいます。日本でも「今夜、誕生!音楽チャンプ」など似た趣旨の番組が2018年まで放映されていました。しかし、ただ有名な歌手になりたいと願い、パソコンのマウスをクリックしているだけでは、その夢は到底叶いません。

むしろ、昔のことわざにあるように「天は自ら助くる者を助く」もの。すなわち、神は自分で努力する人に手を差しのべるものです。明白なゴールがあれば、そのために何をすべきかがはっきりわかってきます。

歌を歌うのはとても楽しいことですが、たくさんの努力も必要です。その努力を毎日こなすにはどうしたらよいのでしょうか?

ボーカルテクニック向上を目指して ー 歌のレッスンをうけるメリット

どんなスポーツやアートもそうですが、成功するために隠れたヒントというのはありません。むしろ、目的のために時間や労力をささげ、忍耐強く取り組むしかないのです。歌についても同様です。学び練習し、習得し卓越するためには時間、そしてそのための場所が必要です。

ほぼ独学で歌唱力を身につけたルチアーノ・パヴァロッティについては例外と言えるかもしれません。彼には卓越した歌声と才能が備わっていたからです。

夕日 夕焼け 母親 子供 産まれる前の赤ん坊にも歌を教えることができるとか!(出典:pixabay.com)

しかし、指導を受けることでも、彼と同じだけの能力、さらには同じレベルの名声が得られるはずです。

普通の人がうまく歌えるようになるには、ボーカルテクニックに取り組み、声域を広げ、高音を適切に出せるようにならなければなりません。声のエクササイズにも多くの時間をかける必要があります。

声域を把握するには、ボイスコーチが役に立ちます。あなたの声がどのように改善されているかについても客観的に教えてくれるでしょう。音楽の学校が近くにない場合は、個別指導の先生に自宅に来てもらえば、歌やボイステクニックに取り組むことができます。

プロの歌手になりたいなら、クラシックか現代音楽かに関わらず、数多くのスキルを身につけなければなりません。例えば、人前で話す力、舞台での存在感、自信、演じ方等。個別指導なら、先生があなたにカスタマイズさせたトレーニングを用意してくれるでしょう。

オンラインの歌のレッスンで、歌唱力を向上させましょう。

歌は身体を使った芸術:体をしっかりケアすること

歌うためには、健康であること。これは鉄則です。マリア・カラス、エイミー・ワインハウスなど、必ずしも、良い歌手であることと健康が結び付かないケースもあるかもしれません。

しかし、美しい声を出したいなら、飲食に気を付けなければなりません。水をたくさん飲みましょう。また、含まれる酸が喉に悪影響を与えることがあるので乳製品は避けましょう。

さらに、歌う時に良い姿勢を保ち、背筋をぴんと伸ばせるよう、体格や体調の調整も重要です。喉頭の緊張を緩める歌のエクササイズや、喉を傷めないようにするためのウォームアップがあるのでやってみましょう。そういった身体のディテールに注意を払うことで、歌い続けるのがずっと楽になるはずです。

声のウォームアップ:上手く歌うためのコツ

毎日声を出しすぎると声が出なくなり、医師やスピーチセラピストにかかるという悲しい結果になってしまうことがあります。これは、短期間で多くのことをこなそうとする人にありがちで、結果的にあまり多くのことをできずに終わってしまいます。ですから、強制的に歌うのはやめましょう。歌うのは叫ぶことと同義ではありません!

声を傷つけないためにまずできることは、ウォームアップです。歌の先生は歌う前のウォームアップを強く勧めます。先生によって方法に違いはありますが、ウォームアップはレッスンで欠かせないメニューの一つです。

ウォームアップは楽しんで行うことができます。いくつか簡単なものをご紹介します。

  • 頭のウォームアップ:頭を上下、左右に動かし、さらに、円を描くように回します。スポーツでのウォームアップと似ています。
  • 噛むマネ:おおげさにあくびをしてみましょう。熱い食べ物を冷ますときのように、息を吹いてみましょう。
  • 胸の前で腕を組み、深い呼吸をしましょう。
  • 「ウ」の音を出して、口と声帯のウォームアップをしましょう。音量は最初は小さく、徐々に大きくしていきます。
  • 男性っぽい太い声からはじめ、柔らかい女性の声へと移行していきましょう。このエクササイズを自分のスケール(音階)で行っていきます。

さっそくやってみましょう!声の準備ができたら、数曲歌ってみましょう。

呼吸が大きなカギを握る

音程に合わせて歌い、音色を際立たせたいなら、呼吸の正しいコントロールが必要です。

バス、バリトン、テノール、アルト、メゾソプラノ、ソプラノ。どのパートかに関わらず、声の調子を保つには呼吸のコントロールがとても重要です。呼吸は思っている以上に大切です。呼吸の仕方は歌に大きく影響します。呼吸をしなければ、音も出ません。

ヴェルディの曲を歌うにしろ、コンテンポラリージャズを歌うにしろ、横隔膜呼吸が推奨されます。歌の場合、普通の呼吸は役に立ちません。ボイストレーニングの先生なら、一人でできる呼吸のエクササイズや上手く歌うコツを教えてくれるでしょう。

上手く呼吸できるようになると、空気を保つことができ、声を傷めずに歌うことができるようになります。この時、姿勢も大切です。呼吸のコントロールがうまくなればなるほど、息を吐くときに無理をして声を傷つけることがなくなります。

男性 ギター 弾き語り ボイストレーニングで、自分の声域を知ることができる。(出典:www.splitshire.com)

最低でも腹筋は鍛えるようにしましょう。横隔膜を使った呼吸により、空気圧を保つことができます。走っているときの呼吸のように、鼻から吸って、口から吐きます。

大げさに肺を膨らます必要はありません。腹筋の重要性を念頭に入れておけば、歌う時にリラックスした姿勢が保てます。ボイスレッスンでは、そのためのトレーニングを行うことができます。

アタックで声の良し悪しに違いが生まれる

アタックは、調和した呼吸を行うのに効果的なテクニックです。声の種類に関わらず、効果的なアタックかどうかでプロと素人の違いが分かるほど。音程に合わせて歌い、曲の最初から音を外さず歌えるようになります。

曲のはじめから適度な音量で表現力をもって歌えたら、聴く人に強く印象づけることができます。

グループレッスンでも、音楽の学校でも、個別指導でも、音程に合わせて歌えるようにアドバイスをもらいましょう。適切なアーティキュレーションと自信は必須で、それらがあれば聴衆を感動させることができます。

自分の声を聴いて次の課題とする

インターネットの普及により、オンラインで歌のレッスンが受けられるようになりました。

基礎的事項から理論、アコースティックギターのレッスンまで、インターネットで誰でも音楽のレッスンを受講できるようになっています。個別指導の先生を見つけ、Skype で個別に歌のレッスンを受けることもできますし、自宅に来てもらい、家のスタジオで音楽を録音するサポートを受けることもできるでしょう。

声を録音するのは、効果的な声のトレーニング方法の一つでしょう。最も能率的な方法ではないかもしれませんが(時間が2倍かかるため)。

声帯をリラックスさせる必要はあるか?

すでにお伝えしましたが、無理やり歌うのは、絶対的に避けたい悪い習慣です。力むことなく、声をしっかり出すにはどうしたらいいのでしょうか?

そのためには、いくつかの従うべき原則があります。集中して歌を歌った後に声帯が完全に回復するまでには、約6時間かかります。声がかすれてしまった場合、最低でも3日休ませる必要があります。

ハープ 野外ライブ ロマンチックな歌は時間を超越する。(出典:skitterphoto.com)

思春期には特別な注意が必要です。思春期に声を良くしたいという場合、多くても歌の練習は一日おきにしましょう。「向上には時間がかかるもの」という姿勢で臨んでください。

定期的な練習は、良い歌手になるための鍵なので、お風呂の中でアリアを歌うのもいいでしょう。やはり、継続は力なりです。

自分に合った曲を練習する

伝統的な音楽理論教育を受けたことがなく、先生の助けも借りず、音程に合わせて歌えるようになるにはどうしたら良いのでしょうか?

音楽的な面から言えば、自分に合った適切な曲を選ぶのはとても難しいでしょう。自分の能力について認識できていないことが多いので、難しすぎる曲を選び、結果的に最初の熱意を失って、なかなか上達せず苦戦するというケースも多々あります。

ぜひ個別指導の先生の助けを借りましょう。あなたの声を良く理解し、音楽の知識と兼ね合わせて曲を選んで、声や声域に関するテクニック、ビブラートの方法などを教えてくれるでしょう。

今すぐ歌のレッスンを始めませんか?東京や大阪、横浜の歌のレッスンや先生を探してみましょう。

自分だけでなく先生の力を借りれば、有名な歌手になる夢にぐっと近づけるでしょう。

共有

この他にもこんな記事があります
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...

コメントをお願いします

avatar