アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

歌声を洗練させるには?

作成者 Nana、公開日 08/06/2019 Blog > 音楽 > > 歌声の質を高めるヒント

芸術やアート分野の学生は、科学や数学の授業でギリシア文字や記号、公式に圧倒されてしまうことがあります。逆に理系の人が、古典音楽や音楽全般に触れた場合も同様です。

これは使われる用語が、日常耳にするものとは異なるからです。外国語のように感じられることすらあります。

難解な用語を使う音楽学者は、ただ知識をひけらかしているだけ?って、そんなことはありません!実際に、そういった用語を使わなければならない理由があるのです。

結局のところ、どんな楽器を弾くにも異なるテクニックとスキルが必要となります。これは、歌い方を学ぶときについても当てはまります。歌手の世界で私たちが思う以上に重要とされているものーそれは「音色」です。

テノールあるいはソプラノ歌手になりたい、コンテンポラリーシンガーになりたい。どんな夢を持つにしろ、音色は欠かせない要素となります。

音色とは?

この言葉は音について語るときによく使われます。

楽器が奏でる音、人の声(これも楽器ですが)が出す音のどちらについても使われます。テッシトゥーラと混同しないようにしましょう。テッシトゥーラは、自然に出る声の音域(音符とオクターブ)のことです。

テッシトゥーラは、バス、バリトン、テノール、アルト、メゾソプラノ、ソプラノなどを識別するのに使われます。ボイストレーニングでは、これらのうち1つの音域で歌うことが推奨されます。

野生 鳥 夕焼け 適切な歌のレッスンを受ければ、鳥のような歌声に。(出典pixabay.com)

一方、音色はピッチや強さではなく、音や声の質や特徴を意味します。

つまり、歌手や楽器を聞き分けることを可能にする音の種類とも言えます。例えば、ギターとピアノで中央ハを弾いたとしても、その音色により、どちらの楽器が出した音なのかを聞き分けることができるのです。これは、声についても同じです。異なるピアノを聞き分けることができるのも、音色のおかげです。音色には、各楽器とその音の個性を聞き分けるのに必要な、あらゆる音響情報が含まれています。

ピッチ、ビブラート、振幅、アタック(音の出だし)。これらは楽器の音色を決定づける重要な要素です。人の声はそれぞれに個性があります。音色は、その人間性を感じさせてくれるものです。音色は、器官学音響心理学(音の調和解析を含む)、 管弦楽(編曲)法の分野で発展した比較的新しい概念です。

音色は、声や楽器の色と関連するものと理解されていました。「きれいな声だね」と言われたことがある人は、歌手としての最初の一歩をすでに踏み出しています。次のステップは、音程通りに歌えるようになることです。

現代の歌手は、声について話すときに声の色に言及することがあります。人の話す声には声の色があり、低音と中音が混ざっていることが多いです。

自分の歌声を知るための3つのヒント

男性歌手でも女性歌手でも、その声の音色とテッシトゥーラは時間とともに変化します。高音ではなく低音の方へ移行する変化です。

音色は(喉頭、咽頭、声門、声帯などの影響で)自然に発生し、時間とともに変化するもの、と一般的には理解されていますが、ボイストレーニングを行い、声の質、音色を変化させることができます。

声を変えてものまねをしている人が良い例でしょう。音色にはニュアンスと複雑さが伴い、時間とともに変化するため、完全に変えることはできませんが、自分の音色についてよく知ればうまく操れるようになります。ただし、簡単ではありません。多くの練習が必要です。

音色を変える挑戦に挑むなら、以下の3つのことをオススメします。

1.声域とテッシトゥーラを見極める

自分が出せる一番低い音と一番高い音を知る必要があります。声域を知るには、まず胸声で最小限の力で完璧に出せる音を知りましょう。そのあと、頭声で大体出せる音を把握します。そうすると、どの音を練習すべきかがわかります。

すでにピッチが完璧であったり、音楽理論を知っていたりする人は、簡単に才能の限界に挑戦できるはずです。そうでない場合は、良いボーカルトレーニングの先生を見つけるのがおススメです。

2.歌のレッスンを受講する

歌えるようになるには、歌とボーカルテクニックの両方の面で多くの努力が必要です。悪い癖をつけて、時間を無駄にしたくはありませんよね。適切に歌えるようになるには、良い先生に教えてもらうのがやはり効果的な方法です。

歌や音楽の学校に行けば、先生を紹介してもらうことができるかもしれません。また、Superprof でも近くで教えている先生や、オンラインで指導を行っている先生を探すことができます。

Superprof ならとても簡単に東京の歌のレッスンやその他の地域の歌のレッスンが見つかります。

3.頻繁に歌う

お風呂の中、洗濯の最中、外に出かけたときなど、歌うチャンスは山ほどあります。

声帯のトレーニングに加え、日常の中でも歌うようにすれば、自分の音色に慣れ、レパートリーを増やすことができるでしょう。これは、声変わりを迎える思春期には特に大切です。

コンサート 歌 ジャンル 音程を外すのが許されない舞台。(出典:pixabay.com)

無理や燃え尽き症候群になるのを避けるため、どのくらいの練習をこなしているのか確認しつつ進めましょう。また、歌う前のウォームアップは、必ず行いましょう。ボイスレッスンでは、先生が役に立つ歌のエクササイズとテクニックを教えてくれるので、声を傷めずに正しく歌う方法がわかるようになります。

歌声の質を高める5つのヒント

1.声域を広げる

声域とは無理せず歌えるすべての音(音符)の範囲のことで、どのような練習をするかによって時間とともに変わってきます。

マリア・カラスは、ソプラノのみの歌手とされることに少しも満足していませんでした。声域は変わることはないのだと思い込めば、将来の可能性を狭めることになります。

スケール(音階)に取り組み、声域の高音または低音のどちらかの側のメロディーを練習すると、声域を効果的に改善できます。練習あるのみです。

音をどのように出すか、頭声で出すのか、胸声で出すのかという点についても取り組みましょう。

2.姿勢を正す

歌はそれ自体が身体的な活動であり、人間生理学と姿勢が重要な役割を果たします。ストレスはパフォーマンスと声によくないため、常にリラックスするようにしてください。

また、できる限りまっすぐ立つようにしてください。座ったまま歌わなければならない場合は、できる限り姿勢をまっすぐ正しましょう。正当なアプローチをとることにより、声量や、聴衆に与える印象に違いが出ます。

3.呼吸を改善する

苦労せずに声を調節するには、送る空気圧を一定させることが重要です。歌う時には、特定の方法で呼吸する必要があります。横隔膜呼吸を意識しましょう。横隔膜を使ってうまく呼吸できるようになるエクササイズはたくさんあります。

横隔膜を使えば、声を遠くまで届けられるようになり、ソリストになる夢に近づけます。

4.アーティキュレーションの練習をする

良い歌手と良くない歌手を分ける大きな理由に、アーティキュレーションがあります。有能な歌手は、どの母音も完璧に発音できなければなりません。アーティキュレーションのエクササイズにより、歌詞をうまく発音できるようになり、声を遠くまで届けられるようになります。

女性 歌手 声域を変えるのは不可能ではないが、かなりの難題。(出典:pixabay.com)ks

また、存在感を出しつつ疲れずに歌えるようになります。歌うことと人前でのスピーチには、想像以上に多くの共通点があります。人前でのスピーチでは明瞭な発音が必要とされますが、オペラでは歌にイタリア語やドイツ語、フランス語などの多くの言語が使われています。

オンラインの歌のレッスンを検索してみましょう。

5.レパートリーを選ぶ

歌手として今後やっていく上では、歌う曲の選曲も重要です。自分のテッシトゥーラや、伸ばしたい声域に合った曲を選ぶようにしましょう。定期的にボイストレーニングを受ければ、歌いすぎて声帯を傷つけるといった事態を避けることができます。

歌手への道のりを歩んでいる仲間はたくさんいます。毎日できるボイトレの他の方法についても読んでみてください。

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar