アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

自信を高めたい人の力になってくれるライフコーチ

作成者 Atsushi、公開日 15/07/2019 Blog > 職業能力開発 > ライフコーチ > ライフコーチングは自信をつけるのに役立つか?

プロの世界の仕事は日々スピードが求められ、人とのネットワーク作りの大切さは社会的なつながりを持つことの意義を一層高めています。自分自身と身につけているスキルに自信を持つことが、かつてないほど重要になってきています。

けれども、人と会話をするのが苦手だと感じていたらどうしますか?あるいは公の場で人からあれこれ言われるのが怖かったらどうしますか?

職場での会話だろうと、友人同士の会話だろうと、日常生活で出会う人々との会話だろうと、自分の考えを相手に伝達する上で四苦八苦していたら、どうすればいいだろうかと思い悩んでいるかもしれません。

内向的な性格で社会的な関わり合いの量を少なくしている人もいますが、そういった性格はよくシャイな気質と結び付けられることはあったとしても、自信がないことに直結するわけではありません。実際、内向的な性格な人も私生活や仕事人生をいたって快適に過ごすことはできますが、自信の欠如はそうすることを著しく困難にしてしまうでしょう。

では、自分自身に対する自信を高めることで、人生の過ごし方をどのように変えることができるのでしょうか?

自信を高めたい理由は色々あるでしょう。キャリアを積み上げることから新しい趣味に取りかかることまで、自分自身にもっと自信を持つことでチャンスの扉が何枚も開くだけでなく、人生の楽しみをさらに引き出すのにも役立ちます。

成功したい人も、単に自分自身に自信を持ちたい人も、ライフコーチがあなたの助けになってくれることでしょう。ソース:Pixabay – ernestoeslava

自信たっぷりに行動することは、自信を持つことと同義ではありません。そこで、(行動に自信があるように見せる方法というよりも)自信を持てるようになりたいと考えている人は、目標を達成する一助にライフコーチを雇うことを考えてみてください。

ライフコーチングは、ライフスタイルを変えることについてガイダンスをもらいたい人が使う一種の会話療法(トークセラピー)です。ライフコーチングはさまざまな目的のために使え、キャリアや仕事の目標を達成するのを支援してくれるコーチングサービスも各種あります。たとえば、キャリアコーチングプログラム、ビジネスコーチング、リーダーシップコーチング、コーポレートコーチングサービス、エグゼクティブコーチング、起業家のためのビジネスコーチング、転職やワークライフバランスのコーチングセッションなどです。

それ以外にも、ウェルネスコーチングなど、パーソナルコーチングサービスを提供して人々を助けているコーチやトレーナーもいます。

パーソナルコーチングは、職業上の成功というよりも、私生活に関わる自己啓発を行うことに焦点を当てています。

パーソナルコーチングサービスを求める理由は人によってさまざまです。たとえば、ライフスタイルの根本的な変化に向けて取り組んでいて、モチベーションを高めて目標に向かって先に進み続けるために誰かを必要としている人もいるかもしれません。他にも、目標が念頭にあるにはあるけれども、それを達成する方法がわからない人もいるかもしれません。この場合、ウェルネスコーチが軌道修正するのを助け、夢を成功させる一助になってくれるかもしれません。

パーソナルコーチングサービスを使うと、自信を高めることができるかもしれません。自信を高めるためだけでなく、ニーズに合ったライフコーチの探し方を、この記事を読み進めて見つけてみてください!

ライフコーチが提供するサービス

お話したように、さまざまな種類のライフコーチングを雇うことができます。けれども、個人的な成長のため、より具体的には自信を深めるためのライフコーチを探すことで、何が期待できるのでしょうか?

ライフコーチ・ディレクトリーは、自分に自信を持つことにはいくつかの側面があると説明しています。その側面は、次の点です。

  • 自己信頼感(自信):自信は広義で使用されていますが、自分自身を信頼することは、自分自身を信じることと考えることもできるかもしれません。高いレベルの自信を持っている人は、タスクを完了したり他の人と話したりするときに、自分の能力に対して安心感を感じられるでしょう。
  • 自己肯定感:自己肯定感(または自尊心とも)は、人生の中で出会う他の人々と比べて、自分自身についてどう感じているかと関係しています。それはあなたが自分自身をどのように評価しているかを反映しているので、自己価値の概念と密接に関係しています。自己肯定感のレベルが低い人は、満ち足りていない感覚や孤立感さえ感じるかもしれません。
  • 自己イメージ:自己イメージは、自己信頼感と自己肯定感の両方の観点から説明することができます。自己イメージは、外の視点から自分自身を見る側面と、他の人に自分自身を見せる側面があります。

鏡をのぞき込むと何が見えますか?ソース:Pixabay – kaboompics

どのライフコーチを選ぶかは、自信のどの領域に取り組みたいかで変わるかもしれません。最終的な決断を下す前に、個々のコーチと相談し、体験談に十分目を通すのが賢明です。

ライフコーチが自信について提供するサービスの例をいくつかご紹介します。

  • 前向きな考え方を構築する:自信や自己イメージに苦しんでいる人が自分自身に対する否定的な感情を持つルーツを探ると、その見通しに原因がある可能性があります。ライフコーチングでは日々の生活を違った角度から見る視点も提供できます。そうすることで、物事に対する否定的な反応をポジティブな反応に置き換えることで、自分自身の見方にプラスの効果をもたらします。
  • 自己肯定感を築くためのアドバイス:ライフコーチは問題の根本を見つけるためにできる限りクライアントのことを知るように努めるでしょう。自己肯定感を向上させる方法はクライアントごとに異なるため、コーチは常に各クライアントのニーズに合わせたアドバイスを行います。
  • 自信のある自己イメージを思い描く:自分自身に対するイメージが悪い人は、たとえば、新しい人と出会ったり、公の場で皆の前に出て話したりするのを恐れているのかもしれません。ライフコーチは、ボディーランゲージを変えることで、外面から自信を持って見えるようにする方法についてアドバイスできます。そうすることで、自己イメージの改善につながることも多々あります。

ライフコーチサービスは必ずしも一対一である必要はありません。多くのコーチは充実したグループコーチングセッションを提供しています。そこでも、グループ環境の中で認定ライフコーチのアドバイスを受けて、エンパワメント、やる気の向上、そして才能の開花といったメリットを享受できます。

自信をつけるためにライフコーチが用いる方法

ライフコーチを雇うのはスーパーから商品を買うのとは違います。目に見える効果を上げるには、コーチからの提案を実行に移す多大な努力が必要です。これはつまり、ライフコーチのアドバイスを聞き、割り当てられた方法と計画を実践することを意味します。

ライフコーチが特定の分野に特化しているかどうかにかかわらず、また通常包括的なアプローチをとるかどうかにかかわらず、ライフコーチはクライアントの低い自己評価に寄与している特定の感情を克服するのを手助けするためにさまざまな方法を駆使します。手法によっては新しいスキルを学び練習することを含んだり、社会における立ち位置を振り返ってみることに焦点を当てたりするアプローチもあります。

以下、低い自己信頼感、自己肯定感または自己イメージを持っている人に対して、ライフコーチがコーチングセッションで使われるだろう方法をいくつかご紹介します。

  • 内省

自分自身の価値を認識しやすくするのにコーチが用いている方法に、エンパワメントの手段としてその人の長所に光を当ててその棚卸することがあります。たとえば、(自己肯定感が低い人が決まってそう考えるように)キャリアの落とし穴にはまったと感じている人は、何を達成してどのような長所を活かしたことで今の立場につながったかをリストアップしてみるようにアドバイスを受けるかもしれません。

ライフコーチはよく、自分自身の好きな点を書き出してみるように提案します。ソース:Pixabay – StockSnap

個人的な資質、功績、自分の前向きな性格、これまでに達成したこと、それに自分がすでに自信を持っている分野を振り返ることで、精神力が高められ、そこから上積みするしっかりとした土台になることでしょう。

  • 否定的な考えを遮断する

自信が低い根底に、自分自身のことを考えたときに否定的な考え方を持っているということが多々あります。ライフコーチは、クライアントが自己認識を変えるのを助けるためにいくつかのエクササイズを取り入れるよう進言します。これには、クライアントの朝の習慣の一部として、鏡の前で自分を非難することなく他の人の肯定的な評価を受け入れたり、自分を承認したりすることも含まれるかもしれません。

  • 人生の否定的な原因を特定し、取り除く

個人的な経験について話し合うとき、コーチはあなたの自信に悪影響を及ぼしているモノ、状況や人々を特定するかもしれません。

問題を解決するのを助けるために、それらのいくつかを人生から切り離すことができるかどうかについてライフコーチから尋ねられるかもしれません。そうするには困難が伴い、時には不可能なことに取りかかっているようにも感じられるでしょう。そして、これらの否定的な原因を封殺するかどうかは各自の判断に委ねられます。

  • チャレンジ精神を発揮する

自信の有無は自己の信念のレベル、そして自身の能力を信じているかに関係してきます。これが、コーチがクライアントの自信を高める上でクライアントの個人的な目標について学ぶことに身を乗り出す理由です。

どのクライアントが何を達成し、より良くするために何を学ぶべきかを見つけることによって、コーチはコーチングセッション外で取り組むことの計画を立てることがよくあります。この背後には、自信は、その人が自分の能力を自分自身に証明するときに湧き出るものだという考え方があります。

  • 自信を高めるスキルを使う

自己肯定感や自己イメージの低い人の中には、他者から否定的な見方をされていると感じてしまう人が数多くいます。これらの感情を持つことで、仕事上そして同僚によって貶められていると感じてしまうこともあることから、ライフコーチはよくポジティブな自己イメージの構築に寄与する習慣を身につけることを勧めます。その習慣には、たとえば、特定の分野の知識を広めることや、自分自身をケアするセルフケアを日常生活に取り入れることがあります。

さまざまなテーマに触れ、新しいことを学ぶことで、内気な人が他の人と共有できる何か新しいことが持てるようになり、自信をつけるのに役立つかもしれません。その一方で、セルフケアを実践することで、自分自身で時間を過ごすことの楽しさを覚えさせ、それによって自身の価値を高めるのに一役買うことでしょう。

ライフコーチはうつ病にどう効くのかを見てみましょう。

さらに、ライフコーチングはダイエットにどう役立つかをご覧になってみてください。

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar