アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

料理独学のすすめ

作成者 Ryoko、公開日 17/09/2019 Blog > アート・趣味 > 料理 > 料理初心者向けお役立ち情報

皆さんの中には、「料理など、さほど重要でない」と思っている人もいるかもしれません。しかし、ちょっと待った!フランス料理は、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されているんです。知っていましたか?

食前酒、チーズ、4~5品のコース料理は、ローマのコロッセオと同じくらい重要と見なされているのです。

さて、あなたの料理熱はどうでしょうか?

料理の鉄人など、料理をテーマにした人気のテレビ番組のおかげで、多くの人が料理をするようになっています。

あなたもその一人なら、個別指導の先生を雇ったり、料理の教室に通ったりすることもできるでしょう。また、適切なリソースを見つければ、自分で料理を身につけることもできます。特に予算が限られている料理初心者の場合、独学はいいオプションと言えるでしょう。

新鮮な野菜 新鮮な食材は、おいしい料理の秘訣。(出典:Sponchia)

料理を学ぶため、本屋さんやオンラインでリソースを見つけましょう。良いリソースなら、美味しい料理を作ったり、効率的に下ごしらえをしたりする方法や、目玉焼きの基本的な作り方、友達や家族のために料理するコツなどを身につけることができます。

肉や野菜、ちょっと難易度の高い一品やおつまみ。料理にはいろいろありますが、今回は上手く料理ができるようになるためのオススメのリソースをご紹介します。

オススメの料理本

家庭には、代々引き継がれてきた料理本やレシピがあったりしますよね。あなたのご家庭はどうでしたか?おばあちゃんの肉じゃが、お母さんの手作りハンバーグなど、考えるだけで、ほっこりした気分になります。もちろん、料理は男性向けではない、ということはありません。ここでご紹介する料理の本やリソースは、誰もが使えるものです。

男性でも女性でも、若者でも高齢者でも!料理が学べる本をご紹介します。

『オレンジページ The基本200』

『オレンジページ』の連載「料理のいろは」が一冊にまとめられた本。おにぎり、みそ汁などの基本の料理から、ハンバーグ、から揚げ、炒飯、旬の味や副菜まで200品が収録されています。Amazon のレビューには、以下のようなものがあります。

amazonの画像にも検索にも出ていないので、実際に紹介されている料理を書いておきます。鶏肉のから揚げ/豚肉のしょうが焼き/とんカツ/鶏肉の照り焼き/さばの味噌煮/ぶりの照り焼き/肉じゃが/肉野菜炒め/ゴーヤーチャンプルー/鍋しぎ/かき揚げ/肉豆腐/おにぎり/親子丼/三食丼/五目炊き込みご飯/そうめん/ソース焼きそば/ハンバーグ/ビーフステーキ/生鮭のムニエル/えびフライ/かきフライ/クリームシチュー/オムライス/スパゲティミートソース/ぺペロンチーノ/マカロニグラタン/卵サンドイッチ/フレンチトースト/チンジャオロース/回鍋肉/棒棒鶏/えびのチリソース煮/麻婆豆腐/五目炒飯/豚の角煮/ビーフシチュー/焼き餃子

上記以外にもきんぴらごぼうなどの小さなおかずや汁物、旬ものの調理や簡単なおせち料理4品など内容は充実しています。
おにぎりやソース焼きそばなど簡単な料理にも奥深いコツが紹介されていて、とても参考になります。

単に調理のやり方だけではなく、なぜそうするのが良いか、その理由について説明がされているので理解しやすいです。
例えば、味噌汁の玉ねぎは少し強火で煮ることで甘味を出せるとか、ゴーヤの苦味を取るために塩水に付けるとか。
料理初心者の私には重宝する1冊です。

パン生地 有名なシェフの作る生地はやっぱり美味。(出典:Webandi)

やはり、なんといっても「継続は力なり!」。この本で基本の料理を作って、練習を重ね、腕を上げましょう。

『料理の基本(オレンジページ 男子厨房に入る)』

料理の基礎を押さえられる一冊。野菜の切り方、下処理、魚介の下準備、肉の下ごしらえ、調味料の説明、火加減、ご飯の炊き方など、大きな写真とシンプルな構成でわかりやすく紹介されています。料理初心者はもちろん、「もっとおいしく作りたい」、「基本を再確認したい」という人にもおすすめです。Amazon のレビューには、次のようなものがあります。

叔父が料理をする時に、叔母の使う料理本では、専門用語がわからないことが多いというのを聞いてこちらをプレゼントしました。
基本の切り方や、さじ加減など、知っていて当然的な事がキチンと説明されていて、家事を何気無くしている私や叔母も知らないことが結構ありました。
主婦にとっても、基本に立ち返る良い機会となりました。

料理が苦手な主人のために購入しました。写真で細かく説明されていて、とてもわかり易く、主婦の私でも参考になる本でした。

料理の基本をまずマスターできれば、どんな食材を使おうかと楽しみになることでしょう。

『世界一わかりやすい!料理の基本』

材料(野菜、魚介、肉、卵、とうふ、大豆製品、乾物、パスタ、めん、だし、ごはんなど)別に下ごしらえ、切り方の基本が紹介されているほか、レシピもあり、「読んでから作ると味が必ずやおいしくなる」という本。食品の洗い方、切り方、ゆで方などがていねいに写真で紹介されています。料理では、やはり下ごしらえや切り方がおいしさに影響するとの考えをベースに、食品ごとに必要とされる切り方とそのポイントがくわしく解説されています。Amazon のレビューには、次のようなものがあります。

今まで何となくやっていた下処理今更人にも聞けずにモヤモヤ。
この本のおかげで正しいやり方を簡単かつしっかり学びました。
正しい調理をすることによって料理の味もワンランクアップしそうです。

Kindle版をダウンロード。レシピ通りに麻婆豆腐を作ってみました。
めちゃめちゃ好みの甘辛な美味で大満足です!
でも何の説明もなく「スープ135ml」(最終ページの鶏ガラスープのことと思われ)などと書いてありますので、全くの初心者では「?」になるかも。
でも某大手のレシピ本より具材や行程もシンプルに纏まっていて好きなタイプの料理本です。

食材を丁寧に切りそろえることで、火の通りも均一になり、おいしさが増す、というポイントには納得できます。ぜひ、読んでおきたい一冊。

材料 何世代にもわたり、受け継がれてきたレシピがある。(出典:Moigram)

『お料理1年生 The基本(生活の友生活シリーズ)』

料理ビギナー500人のアンケートをもとに、「うまく作れない」「これから作ってみたい」レシピが数多く掲載された一冊。和食、イタリアン、洋食、中華まで、大きな写真で、料理初心者でもおいしく作れるコツがひと目でわかるようになっています。Part 1 から Part 5 までの構成で、以下の内容がカバーされています。

●Part1・絶対覚えたい! 人気のおかずBEST10
(ハンバーグ、豚肉のしょうが焼き、肉じゃが、鶏のから揚げ、カレーライス、餃子、麻婆豆腐、肉野菜炒め、オムライス、鮭のムニエル)
●Part2・毎日食べたい和・洋・中の定番メニュー(肉・魚・卵・とうふ)
●Part3・ほめられ確実ごちそうメニュー(ローストビーフ、生春巻きなど)
●Part4・カンタン副菜&スープ
●Part5・意外と知らない超基本レシピのコツ
●料理の基本「だしのとり方」「おいしいごはんの炊き方」「野菜の切り方」など。

Amazon のレビューには次のようなものがあります。

この本のレシピ通りにお料理を作ったら、美味しいといわれれました。生まれてから23年間、料理をしたことがありませんでしたが、今では楽しく料理しています。

お料理1年生のタイトルにふさわしくわかりやすく書かれていて非常に参考になります。(基本の道具や調味料を揃えることや野菜の切り方、
料理を作る上でのポイントなどわかりやすい)

がんばらなくてもできちゃう!基本のおかず100(実用No.1シリーズ)

タイトルがとても魅力的な一冊。大きめの写真を見ながら、作業をスムーズに進めることができるよう工夫されています。

Amazon のレビューには次のようなものがあります。

一人暮らしを始めるにあたり購入しました。お肉や野菜、きのこなどの切り方をはじめ、料理に必要な道具など初心者にも丁寧で分かりやすい内容になっており、同じようにこれから一人暮らしを始める方にオススメです。

1、2、3とすっきり書かれているので、見た目がわかりやすく、写真が多く、さらに切ったものの実物大の写真があるなんて、なんて丁寧なんでしょう。どれも作りたくなるものばかりです。

オススメの料理動画

YouTube のチャンネルの登場により、新しいスキルの学び方が変わってきています。ギターや化学、歴史などを学べる動画を見たことがありますよね?

料理初心者向けの動画もたくさん公開されています。

料理動画 自分で料理すれば、身体にもいい影響ばかり!(出典:Explorerbob)

また、料理の仕方を学べるウェブサイトもあり、たくさんのレシピにアクセスすることができます。タブレットがあれば、料理をしながら見るのにも便利です。

Facebook にも、様々な料理動画を紹介しているページがあります。ビデオの長さはほとんどが2分以下。上から撮影されたシェフの手だけが映る動画で、早送りの編集も手伝って料理のプロセスをテンポよく把握することができます。

オススメの料理サイト

料理方法を学べる数多くのウェブサイトがあり、パスタやおかずをはじめ、どんな料理を作るときにも大きな味方になってくれます。

調理道具を取りだし、コンピューターを開き、優秀なレシピを使って料理をしてみましょう。

友達に連絡して、料理を振舞ってみるのもいいかもしれません。

卵 初めて作った卵料理は感慨深いもの(出典:Alexas_Fotos)

タパス、ローストチキン、クッキー。どんなものを作るにしても、インターネットなら様々なレシピが見つかって、料理を習いたい人には便利です。

以下は、オススメのサイトです。

  • クックパッド:2019年9月現在、316万件のレシピを掲載しているレシピサイト。材料からレシピを検索できる機能が嬉しい。作った料理は、「つくれぽ」に投稿することで、自分のアカウントに保存できるレシピの数が増える仕組みになっています。1000件以上のつくれぽが届いているレシピは、やはりハズレなし?!f
  • Rakutenレシピ:様々な種類のレシピが見つかるサイト。作った人からのフィードバックは、「リピートしたい」「簡単だったよ!」「節約できた」と、比較的詳細に分類されて公開されています。
  • Nadia レシピサイト:レシピを投稿するには、運営会社の審査通過が必要で、レシピや写真の品質にこだわっているサイト。「旬のレシピ」「検索ワードランキング」なども、レシピを考えるヒントになりそう。
  • オレンジページnet:プロの料理家によるレシピを見ることのできるサイト。おすすめ記事などのリンクも豊富に貼られており、何時間でも費やせてしまいそうな、コンテンツ充実のサイトです。
  • また、一般あるいはプロが公開しているブログも参考になります。オンラインで、野菜炒めや、ゆで卵など、基本的な料理のコツが覚えられます。また、ベジタリアンやビーガン向けのブログも多く公開されています。

健康な食生活を目指して、料理をはじめるという人が多いと思います。実際、料理を習う理由としては、これが第1位。第2に、友達や家族との楽しみ、充実などがあるようです。料理を学ぶ理由を問わず、多様なリソースがあることがお分かりいただけたと思います。

野菜、パン、健康的な食事。どのようなものを作るにしろ、料理の本、動画、サイトなどのリソースは、家庭的な食事を作る際にとても有用です。あとはあなた次第。もし、初めて作って失敗しても、そこで諦めないで!失敗から学ぶことが、学ぶための一番の方法なんです!

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar