アカデミック 言語 音楽 ヘルス&フィットネス アート・趣味 職業能力開発
シェア

ネイティブのように話せるようになるには

投稿者 Nana、公開日 29/03/2019 Blog > 言語 > 英語 > バイリンガルになるには

英語を上達させる最善の方法は、毎日練習して英語に浸ることです。そうすれば、最もスピーディーにスキルをアップさせ、世界の英語話者と流暢に話せるようになることでしょう。

履歴書に「二ヶ国語を話す」と書けるのは大きなメリットであり、新たな文化があなたの前に広がります。

バイリンガルになるには、学校の英語の授業を受けるだけでは到底不十分です。英語を毎日話す必要があります。そして、英語の会話を聞き、その文化に身を投じ、発音の向上に取り組まなければなりません。今回は、そのためのアドバイスをご紹介します。

英語圏の国へ留学する

英語のスピーキングを向上させたい、英語を流暢に話したい、あるいは、ただ英語のネイティブスピーカーと出会いたいという場合でも、イギリス、アメリカ、オーストラリアといった英語圏の国へ行くことを検討しましょう。将来的なキャリアのために英語を習得したい場合、英語圏に行きその文化に浸れば毎日、英単語やフレーズを聞くことになるため、文法やスピーキングがずっとマスターしやすくなります。本気でバイリンガルになりたいなら、最低1年は英語圏で過ごしたいものです。

オックスフォード大学 オックスフォード大学!(出典:elsalvador.com)

なぜ海外に行くべきなのでしょうか?それは、英語話者に出会えるだけでなく、英語環境に浸ることで英語で考える力がつき、結果的にスピーキングの向上に役立つからです。ある朝、目が覚めたら「I’m going to have a shower」などと(英語で!)考えている自分に気付くかもしれません。この時がまさに、バイリンガルに近づいていると感じる瞬間なのです。

間もなく、第二言語で夢を見る日が来るでしょう。英語圏の文化に完全に浸れば、大抵3週間から3ヶ月でこの段階に至ります。英語を話すのは簡単ではないので、語彙力を高め、英語の発音を向上させるのには6ヶ月から9ヶ月かかります。

英語を学習する人の年齢に黄金期はありません。英語のスキルは、一日にして無くなるものではないのです。事実、リスニング、スピーキングを練習して、空いた時間に英文法を勉強すれば、何歳でもたちまち英語が話せるようになるでしょう!

ホストファミリーと暮らしたり、海外留学プログラムに参加したりすることもできます。英語の学校に通い、ホストファミリーと暮らせば、現地の文化や習慣を受け入れる良いチャンスになります。全体的として英語圏のあり方に触れて暮らすことで、速くバイリンガルに近づけます。

国際教育文化交流協会等が提供する交換留学プログラムを利用すれば、海外で英語を学ぶことができます。この機関では、ホームステイをしながら現地の小中学校等でインターンをするといったプログラムも用意されています。

海外で仕事しながら英語を学ぶ

勉学が好きではないなら、仕事をするのはいかがですか?英語圏の国で一時的に仕事を見つけて働くことはできますし、もしかしたら、正規の仕事が見つかるかもしれません!

興味のある仕事に就ければ、仕事に関連したビジネス英語や、少なくともいくつかの英語の言葉を学ぶことになるでしょう。

海外に行った人は、様々な種類の仕事をしています。生活費を稼ぐためです。主な目的は英語環境に浸り、バイリンガルになるためなので、仕事の内容はそこまで重要ではありません。ネイティブレベルの英語が求められないような学生向けの仕事に応募してみましょう。ただし、毎日英語を話す仕事を探し、実際に毎日英語を話しましょう。そうでなければ、英語環境に浸ったとは言えません。ファーストフードのチェーン店や映画館などは、採用されやすいでしょう。

休暇を使って海外へ行く

かかる費用や家族の状況などから、他の国での長期滞在が不可能であることもあるでしょう。その場合、休暇を利用して英語圏の国を旅し、現地で英語を練習するのはいかがでしょうか。

次の休暇をロンドンなどで過ごしてみては?首都には興味がないなら、イギリスの他の場所やスコットランド、ウェールズ、アイルランドなども良いでしょう。英語話者のガイドと文化的な名所を巡り、そのアクセントを聞いて、現地での時間を最大限活用しましょう。滞在中に自分のアクセントを磨くのも良いですね。

ジャージー島 旅行にはジャージー島もいいかも!(出典:Wikimedia Commons)

予算がある場合、あまり一般的でない行き先を検討してみましょう。英語圏の場所はたくさんありますし、あまり知られていない行き先は、人気のロケーションよりも安い傾向があります。必ずしも、ロンドンやニューヨークに行く必要はないのです。

英語でニュースを見る

地方、国、国際と、ニュースには主に3つの種類があります。Sky News(スカイ・ニュース)BBCで世界のニュースを聞いてみよう!

ニュース 英語でニュースを見よう!(出典:SkyNews)

個別指導の先生の多くが、ニュースを録音したものをリスニング教材にしています。また、異なるアクセントに注意して聞いたり、ある国で放映されるニュースを他の国のものと比べながら聞いたりすることもできます。

表現をリピートしてみたり、アクセントとイントネーションを真似てみたりするのも良いでしょう。

最初は全てを理解できないかもしれませんが、要旨をつかめないかチャレンジしてみましょう。

上達してきたら、自分の英語レベルを評価することも大事です。

MP3 プレーヤーで英語のレッスンを聞く

車やバスでの通勤・通学中にクラウドのライブラリまたはオンラインの英語レッスンを聞き、時間を有効活用してみましょう。

MP3 ファイルダウンロードして聞くことができます。集中しやすい朝に聞くのがオススメです。

今日では英語話者の近くに住んでいなくても、英語のラジオ番組を活用して英語を聞くことができます。ポッドキャストも良いオプションです。

英語の映画や TV シリーズを観る

世界のますます多くの映画館が、元の音声で映画を上映するようになっています。できる限り、吹替版の利用は避けたいものです。しかし吹替版に慣れている場合、その俳優の実際の声を聞くと変な気分になるかもしれません。映画を使って英語を学びましょう

笑う俳優 バイリンガルになれれば、オスカー受賞者と同じくらい嬉しいハズ。(出典:Behance)

なんだか慣れないという場合、まだ吹替版で聞いたことがない俳優が出ている、新しい英語の TV シリーズを見てみてはいかがでしょう。

バイリンガルになれば、さっぱりわからないということがなくなります。

DVD や BlueRay を購入し、元の音声のまま観てみましょう。最初は英語の字幕付きで見るのがオススメです。

ヤングアダルト小説で英語を習得する

「ハリーポッター」や「トワイライト」を知っていますか?すでに読んだことがあるなら、英語でも読んでみてはいかがでしょう。小説が販売された時、ハリーポッターファンは翻訳版が出版されるまで何ヶ月も待たなければなりませんでした。待ちきれなかったファンは英語版を購入したため、売上が伸びたほどです。大人の場合も、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編が販売された時、同じことが起きました。

今は新しい本が次々に販売されるので、英語の文学は語彙力アップの方法になります。ヤングアダルト小説で使われる言葉は、他のジャンルほど形式ばっていないので、言語習得を目指す人には向いています。また、内容も若い世代の恋愛ばかりではありません!ホラーやファンタジー、歴史なども扱われています。

英語を話す Skype 友達を見つける

Skype 友達はペンフレンドととてもよく似ています。しかし、Skype の方がずっとスピーディー。

現代はテクノロジーの進歩により、Skype 越しに友達を作れるようになりました。快適な家から出る必要すらないのです!

ソーシャルネットワークは、相手を見つけるのに最適です。

Facebook Twitterを使って、Skype 友達になってくれる英語話者がいないか、聞いてまわりましょう。一週間に1時間ほど会話ができれば、発音向上に高い効果が期待できます。

英語の機関やクラブを見つける

母国を離れて暮らしている英語話者が、グループを形成していることがあります。実際、彼らが現地(渡航先)の言語を学ぶのは難しいのです。

料理グループ、スクラップブッキング、ピクニック、編み物などのグループがあるかもしれません。こういったグループは、趣味を共有しながら英語話者に会えるとてもよい機会です。好きなことをテーマに英語を話すチャンスが得られます。自分の言語を相手に教えてあげることもできるでしょう!
さらにクラブでは、英語圏の国のホリデーにイベントを企画したり、旅行を計画したりすることがあるかもしれません。

できるだけ若いうちに始める

何歳でも外国語は学べます。つまり、学校を卒業した後でも学べるということです。「年齢的にもう遅すぎる」と決めつけてしまう人もいるようですが、あなたに子供がいるのなら、中学校に入る前に英語を教え始めた方が良いでしょう。むしろ、できる限り早いうちに教えることを検討しましょう。

子供はゲームや歌、物語を通して、4、5歳から英語を学び始めることができます。7、8歳になる頃には、英語を使って演技をしたり、発音練習をすることができるように。10~12歳になる頃には、英語で歌を作ったり、人前でのパフォーマンスもできることでしょう!これを読んで、英語のライティング力を上げよう

有名なバイリンガルになったら、目立ち過ぎないように気をつけて! 

英語を学び始めたら、クイズで自分のレベルをチェックしたり、TOEFL や IELTS などの公式な ESOL テストを受けるようにしましょう。

シェア

最も読まれている記事
この記事は役に立ちましたか?

役に立つ情報がありませんでしたか?次はもっと良くなるように気をつけます!充分です!他に何かありますか?ありがとうございます!質問があればコメント欄に記入してください!お役に立てて良かったです :slightly_smiling_face: (最初に投票する)
Loading...
avatar